迷惑

2012年07月19日

中部管区警察職員を逮捕。のぞきで住居侵入容疑―福井

福井市の民家敷地内に侵入したとして、福井県警福井署は19日、住居侵入の疑いで、中部管区警察局福井県情報通信部職員の容疑者(35)を逮捕した。同署によると、「風呂場をのぞくために入った」と容疑を認めているという。
逮捕容疑によると、容疑者は18日午後11時50分ごろ、福井市の男性宅に侵入した疑い。

時事通信 2012年7月19日

bouhan_s at 22:47|Permalink

2009年12月03日

駐車違反150回の無免許男、違反金230万円

神奈川県警駐車対策課は2日、横浜市の建材販売業の容疑者を道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕した。自宅マンション前の市道で、無免許で乗用車を運転した疑い。

容疑者は1992年7月に、違反が累積して免許を取り消されている。だが、06年に乗用車を購入し、自宅マンション付近で駐車違反をしたとして、昨年1月から今年9月までの間に計約150回放置車両確認標章が張られた。籠田容疑者は出頭せず、放置違反金計約230万円も納付していなかった。

容疑者は「仕事で使うので無免許で乗っていた。違反金は払う」と供述しているという。

12月3日 読売新聞

bouhan_s at 06:30|Permalink

2009年02月19日

振り込め詐欺、信販大手かたりDM、2億円詐取 5人逮捕

ダイレクトメールを使った振り込め詐欺で金をだまし取ったとして、熊本県警と警視庁の合同捜査本部は18日、東京都世田谷の無職の容疑者5人を詐欺容疑で逮捕した。県警によると、被害は九州を中心に全国で約200件、2億円に上るとみられるという。

逮捕容疑は、信販会社大手ライフをかたって低利の融資申し込みを募るDMを家に送りつけ、200万円の融資を申し込んだ佐賀県の71歳女性に「手数料がかかる」などと約120万円を振り込ませ、だまし取ったとしている。

2月19日 毎日新聞

bouhan_s at 22:33|Permalink

2009年02月02日

職質に「関係ねえだろ」、警官の急所蹴った65歳逮捕

職務質問した警察官に殴る蹴るの暴行を加えたとして、千葉県警市原署は1日、公務執行妨害の現行犯で、市原市の土木業の容疑者を逮捕した。容疑を否認している。

調べでは、容疑者は同日午前1時ごろ、同市の市道で、道路上に車を斜めに止めていたことを不審に思った県警地域部自動車警ら隊の男性巡査部長に職務質問された際、「関係ねえだろ」などと叫びながら巡査部長の胸を窓越しに2回突き、さらに車を降りて下腹部をけり上げた疑い。巡査部長は軽傷。容疑者は当時酒に酔っていたという。

2月1日 産経新聞

bouhan_s at 06:39|Permalink

2008年11月01日

東横イン 不法投棄容疑で前社長逮捕…松江の硫化水素発生

松江市のホテル「東横イン松江駅前」地下から硫化水素が発生した事件で、島根県警は29日、東横イン(東京都大田区)の創業者で前社長の西田憲正容疑者が、硫化水素の発生源となった建築廃材の投棄を指示したとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した。「投棄の伺いに同意した」と容疑を認めているという。県警は組織的事件とみて追及する。

調べでは、西田容疑者は04年10月〜12月にホテルの新築工事をした際、内装工事をしたグループ会社「東横システム電建」元副社長らに指示し、ホテル地下配管室に建築廃材約30トンを投棄した疑い。

今年5月28日、投棄されていた石こうボードと雨水が化学反応し、硫化水素が発生。住民ら8人が気分が悪いなどと訴え病院で治療を受けた。配管室からは人の致死量に相当する最高約2000ppmの硫化水素が検出された。

10月29日 毎日新聞



bouhan_s at 08:18|Permalink

2008年08月04日

パチスロ会社社長逮捕、改造IC使い製造販売−茨城、新潟県警

パチスロ機製造会社(東京都中央区)が大当たりの出る確率を高めに調節するなどしたIC(集積回路)チップ入りのパチスロ機を製造、販売した事件で、茨城、新潟、愛知、三重、沖縄各県警の合同捜査本部は3日、商標法違反の疑いで、同社社長を逮捕した。容疑を否認している。 
8月4日 時事通信

bouhan_s at 06:45|Permalink

2008年07月21日

探偵トラブル、苦情6年連続1000件超

探偵業者や興信所の届け出を義務化し規制を強化した探偵業法が施行されて1年。高額な解約料を請求されたり、調査内容が不十分といった苦情相談が02年度から6年連続で1000件を超えたことが、国民生活センターのまとめで分かった。背景には、業界に料金設定に関する基準がないという事情があり、法規制の強化だけで、トラブルを防ぐのは難しい実態が浮かんでいる。

国民生活センターによると、07年度の苦情相談は1205件。
内訳は
浮気調査を興信所に依頼し翌日解約を申し出たが、調査費の3割の違約金を請求された
支払いをしているのに調査報告がない
調査中止を申し出て全額返金の約束をしたのに履行されない
で、調査費や解約料など金銭をめぐるトラブルが大半を占めた。


探偵業者や興信所を巡っては、高額な調査費や口止め料の請求など、依頼者とのトラブルが続発したため、探偵業法が昨年6月施行された。都道府県の公安委員会への届け出を義務付けたほか、契約書の作成や暴力団が関与しているとみられる業者の排除などが盛り込まれた。警察庁によると、届け出業者数は約2700社(昨年6月現在)に上る。

しかし、業界には料金設定の目安となる規定や基準などはなく、調査費用は業者側の裁量で決められるケースが多いとされる。全国の440社が加盟する日本調査業協会(東京都千代田区)によると、契約の3〜5割分の法外な違約金を請求する悪質な業者もいるという。鈴木司朗専務理事は「法律や実務の知識が乏しい業者もいる。こうした業者が高額な違約金を請求をしている可能性がある」と指摘する。

警視庁生活安全総務課は「(法律で取り決めがないため)料金トラブルに介入し捜査するのは難しい。業者側の説明をよく聞いた上で、内容を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

7月20日 毎日新聞




bouhan_s at 00:01|Permalink

2008年04月26日

特定商取引法違反:リフォーム業の2人を容疑で逮捕−鳥取

倉吉署は22日、住宅の白アリ駆除工事を受注した際に必要なクーリングオフ手続きの書面を渡さなかったなどとして、倉吉市の住宅リフォーム業の容疑者と従業員を特定商取引法(不備・虚偽書面の交付)違反容疑で逮捕した。
2人とも容疑を認めているという。

容疑者は昨年6月、同市内の女性宅を訪れ、カメラ付き携帯電話で撮影した床下の写真を見せて信用させ、白アリ駆除の工事契約を結んだ。床下に乾燥剤をまく工事代金として36万5000円を受け取ったが、クーリングオフ手続きの書面を渡さなかった疑い。領収書には県内の別の住宅リフォーム業者名を記入していた。同署は2人に余罪があるとみて調べを進めている。

4月23日毎日新聞

bouhan_s at 06:22|Permalink

2008年01月12日

私立探偵業者に営業廃止命令 福井県公安委

福井県公安委員会は10日、福井市内の探偵業者「有限会社ゲンプランニング」に、
探偵業法に基づく営業廃止命令を出した。同命令は昨年6月の法施行後で初めて。

今月9日、脅迫と詐欺の罪で同社社長に対する懲役2年が確定。
判決などによると、昨年6月、浮気調査の対象だった20代の主婦に、
「示談にしてやる」などと脅して性的関係を求め、
依頼人からも現金をだまし取った。
同法では、法人の役員が禁固以上の刑に処せられた場合、廃止命令が出せる。

1月11日 毎日新聞

bouhan_s at 08:52|Permalink

2007年12月23日

ホームから警部補突き落とす=中国人2人逮捕−JR御茶ノ水駅で重傷・警視庁

22日午後11時20分ごろ、東京都千代田区神田駿河台のJR御茶ノ水駅で、男性が線路に突き落とされ、電車にひかれて重傷を負った。駅員が中国籍の会社役員ら2人を取り押さえ、駆け付けた警視庁神田署員が殺人未遂の現行犯で逮捕した。
男性は警視庁通信指令本部の警部補で、右足切断と頭部骨折の重傷。夕方まで勤務し、帰宅途中だったとみられる。3人とも酒に酔っており、同署は詳しい経緯を調べる。 

12月23日 時事通信

bouhan_s at 11:36|Permalink
最新記事