とき色で笑顔を表現 上海万博日本館のシンボルマーク

上海万博は「より良い都市、より良い生活」をテーマに、
来年5月1日から10月31日まで開催の予定。
「日本館」の事業費は約130億円と過去最大で
、うち民間企業・団体の協賛金が約62億円となっている。   
                                                        
sankeiNewsLogoより抜粋


ちなみにアメリカは以前、万博にお金を使いすぎて国政に困った経緯があり、
すべて企業からの協賛金でまかなっているらしい、、、
(しかし結果、着工が一番遅かったのがアメリカのようです、、
  fnc0904201323010-n1                 




ちなみにデザイナーは
 岡室 健 (おかむろ けん)
株式会社HAKUHODO DESIGN




日本館のシンボルマーク“笑顔のつながり”
(中文訳:微笑相联/英文訳:Smile to Smile)は、
日本館のメッセージのキーワードである「つながり」、
特に「こころのつながり」を大切にする気持ちを表現しています。
大人も子供も見るだけでやさしい気持ちになれる曲線が描くのは、
笑顔のつながりです。そして色合いは、日本と中国の友好のシンボルとして日本館の展示に登場する朱鷺(トキ)の色でもあります。
              2010年上海国際博覧会日本館公式サイトより抜粋
    
そういえば
台湾館 はリンチーリンをイメージキャラクターにしています。
そのリンは、木村拓哉とのドラマを上海で 現在撮影 

日本も芸能界のプッシュ、、、遼君や北野武さんに広報を頼めば??



ブログ村に参加中 応援クリックお願いします
にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ    ただいま102がベスト!!
人気ブログランキングへ  ←← 孫ステファニースンです