2017年03月

2017年03月25日

FullSizeRender

新作の帽子たち。さりげなくちょこっとロゴ刺繍を入れてみました。
HIRORIN-BOWのイニシャル"HB"とも言えますが、それだけではありません。


小学校入学の時、筆箱に母が入れてくれたのはHBの鉛筆でした。スケッチブックを持つようになると2Bや3Bを使うようになって、精密画や図面を描くようになるとHや2Hを使い、普段使いはFにして、にわかに大人になったような気分でいたけれど、基本はHBだとずっと思っていました。だからペンケースにはHBの鉛筆が必ず入っていましたっけ。

ある頃から鉛筆だったらHBみたいな帽子を作りたいなぁと思うようになりました。私の帽子作りの基本になるようなHBみたいな帽子。硬すぎず柔らかすぎず、素材もデザインもベーシックでありながら遊び心のある帽子。そして被る人に寄り添うほっこりするような帽子。そんな帽子を作れるようになりたいと。



ところがです!

今やHBの鉛筆は隅に追いやられ、柔らかい2Bや3Bが主流だとしりました。子どもたちの握力がどんどん弱くなって、HBで書いた字は薄くて読めないのがその理由だとの事。鉛筆売り場では棚の一番下の隅っこで出番はほとんどないと聞きました。

これを知った時の驚きとショックといったら、自分が化石になったようなおいてきぼりを食ったような気分でした。それ以来、私の中でHB計画はお蔵入りになりました。そして私の中の基本さえも定かではなくなっていたような気がします。



ここの所、スリランカから持ち帰った手紡ぎ手織りのBAREFOOTの生地を帽子に仕立てる毎日が続いています。

CIMG6475



そんな中、再び「HB」という文字が私の頭の中に浮かんできました。

被りやすいベーシックな形に、温かみのある手紡ぎ手織りの生地、そして遊び心のある色遊び。
かつて私が作りたいと思っていた帽子のHBの形。

そして遅まきながら気づいたのは、
HIRORIN-BOW と BAREFOOT の頭文字を並べたら「HB」になるということ?!

例え鉛筆の主流が今は主流じゃなくても、私の基本はHB。それに変わりはないのです。
世の中に合わせすぎて自分の指針を見失う必要はないのだと。

帽子にHBと刺繍を入れるとき、スリランカの青い抜けるような空が浮かびます。

あなたにも届きますように〜!

CIMG6485






boushist at 11:00コメント(2) 
作品紹介 

2017年03月14日

帽子小屋に待ちに待った外看板が付きました!

IMG_1596





今年初めにサプライズで頂いた看板。
腕利き左官職人いーさんからのプレゼントです。

IMG_1459


どう見ても木にしか見えないけれど、なんとモルタル造形。
ディズニーランドの夢いっぱいのお城や樹やベンチなどの造形は、実はみな左官職人さんのお仕事。
最近ではオシャレな店舗や個人宅でも、アート感覚を取り入れた左官技術を目にすることが増えてきました。この看板もそんな職人技が光ります。

ちなみにいーさんの左官屋さんはコチラ。
帽子小屋の漆喰壁もコチラで施工して頂きました。
ナチュラワイズ→http://www.naturalwall.jp/



頂いた看板を一目見て、念願の外看板にしたいと思った私。
しかも、自分で出来る方法で!
コレって、私にとってはとっても大切な事。
自分が手を掛けた分だけ、愛着が湧いて特別な存在になるからです。
その代り、プロの意見にはしっかり耳を傾けます。
その上で、自分でできる所は自分でやるのが私流。



そこで、
お隣の GM..ジーエムツー の設計士 木本さんに早速相談。
GM..HP→http://www5.plala.or.jp/GM2/

GM..さんは帽子小屋の設計も手がけてくれているので、私の意図も直ぐに理解してくれて、ササッとスケッチを描いて手渡してくれました。
頼もしく有難い存在!本当にお世話になっています!

IMG_1467






久しぶりの大工仕事に腕が鳴った帽子屋のわたくし(^_-)

IMG_1534


どんな音が鳴ったのかは想像にお任せするとして…(^^;)
カッコいい緑の額縁仕立てにしたいという気持ちだけは満載の看板が出来上りました。



一度取り付けて見たところ、風で揺れるのが気になります。
そこで、梁にバッチリ固定した方が良いという事になり、
試行錯誤で支えを準備し、いよいよ最終仕上げです。

IMG_1601




春一番が吹いてもビクともしないようにしっかり取り付けてくれたのは、再登場のGM..さん!

17264505_1481924678484253_2736651398332791681_n


ありがとうございます!
みなさんのお陰で、素敵な看板になりました。

この看板がたくさんの方の目に留まり
帽子小屋がたくさんの皆さんに愛されますように〜(^o^)/

boushist at 10:49コメント(0) 
帽子小屋リニューアル | 手作りいろいろ
☆☆☆ お知らせ ☆☆☆
2020年も
素敵な年にしましょうね❣️

*********************
★帽子小屋 kita-kamakura★
information
*********************

<アトリエ&ショップ>
OPEN:水・木・金・土
13-16:00(コアタイム)



<帽子教室>
原則 第234水木金土
10:00-12:30(予約制)

〒247-0062
鎌倉市山之内1386
TEL:0467-23-1130

北鎌倉駅表口を出て鎌倉方面に徒歩3分。東慶寺を超えて5軒先の角を右に曲がって2軒目です。


*********************


*日々の様子はfacebookページ&instaにてアップしていきます。
どうぞご覧ください(^^)

★facebook「帽子小屋」ページは
こちら


★instagram「帽子小屋」は
こちら


★帽子小屋のHPはこちら❗️
boushigoya.com



☆ ひろりんの帽子教室 ☆
***************

★帽子小屋にて帽子教室開催中!

<詳しい帽子教室情報は
こちらをクリックしてください>



www.flickr.com
hiromikato's items Go to hiromikato's photostream