2017年11月17日

フェルトの型入れWS

葡萄屋ギャラリー(大森)での「巻きものと帽子の2人展」も無事終了し、早くもフェルト帽子の型入れワークショップが始まりました。

昨日のワークショップにご参加頂いた方のご厚意に甘えて、素敵な帽子が完成するまでの過程を撮らせて頂きました。




今回選ばれたのは、中折れ用の木型にビリジアンの帽体。
C1C293F2-CF9F-4BE8-808E-434B67343533



先ずは帽体にスチームをたっぷりかけます。
スチームはとっても熱いので、自分の手にはかからないように避けながら、でもフェルトが柔らかくなるまでしっかりとかけていきます。
0A634CFB-06E7-45BF-996D-BF6926FA8AA9



次にフェルト生地を伸ばしつつ木型に沿わせていきます。
柔らかくなったフェルトの水分が熱いうちに、優しく、時に力を込めて引っ張った押さえたり、力加減とスピードが大切です。
6709DFB1-9A94-476F-A523-6A16F8B2E625



この作業を繰り返していくと、こんなにぴったりと木型に沿って、帽子の形が浮き上がってきます。
DDE04A9E-E717-455D-962C-794FEA3EABA7



形が整ったら乾燥機に入れてしばし放置。
その間に私たちは腹ごしらえなど(^_-)
97EAD180-2E5E-41EE-9C04-2047F3A8C45D



さて、帽体が乾燥したら、先ずは内側に頭周りのサイズにリボンを付けてサイズを固定。縫いにくい部分ですが、せっかく型入れした形が崩れないように、取り扱いはお手柔らかに〜。
ECF15CE5-9C2B-4611-8613-0FC9DA960269



後はブリム(つば)の長さをカットして、飾りリボンを縫い付けます。
実はこの作業が一番個性の出るところ。最後まで手は抜けませんよ〜。

完成したこの帽子のリボンの真ん中に付いている丸い飾りは、ブリムの裾をカットしたひも状のものをクルクルっと丸めてザクザク縫ってボタン状にしたものなのですよ。
ステキなアイディアで個性的な帽子が完成しましたね!
01783012-2AAA-4435-BA46-36078B6448C2 hspace=



あなたもあなただけの帽子を完成させてくださいね〜!




WS初日に完成した帽子たちも登場!*\(^o^)/*

F7436940-CA12-4DA9-8500-506CD243FC42


957D6671-D553-460D-B1D4-E8C6024E778E

                                                 
boushist at 16:17コメント(0) 
帽子教室 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
☆☆☆ お知らせ ☆☆☆
帽子小屋のHPが出来ました❗️
boushigoya.com



*********************
★帽子小屋 kita-kamakura★
information
*********************

<アトリエ&ショップ>
OPEN:水・木・金・土
13-16:00(コアタイム)

<帽子教室>
原則 第2&4水木金土
10:00-12:30(予約制)

〒247-0062
鎌倉市山之内1386
TEL:0467-23-1130

北鎌倉駅表口を出て鎌倉方面に徒歩3分。東慶寺を超えて瞳瑠さんを右に曲り2軒目です。


*日々の更新はfacebookページにてアップしていきます。
どうぞご覧ください(^^)

★facebook「帽子小屋」ページは
こちらです


☆ ひろりんの帽子教室 ☆
***************
★帽子小屋教室開催中!

<詳しい帽子教室情報は
こちらをクリックしてください>



www.flickr.com
hiromikato's items Go to hiromikato's photostream