2017年06月24日

小柄もイケマス!

昨日、仕事の帰りに¥100SHOPへ
寄ったんです。
お目当ての物はスグに見つかり
レジへ行こうかと思った矢先・・・

同じく仕事帰りと思われるスーツ姿の
坊主さんを発見しました!
当然、レジへは行かずに彼の周りを
(さりげな〜く)ウロウロとしながら
チェック入れました!(笑)
長さは3mmくらいだったのですが、
どことな〜く刈りたてっぽく見えました。
かなり小柄なタイプで、30歳くらいかな〜

”なんか、カワイイ〜”

出来る事ならこのままお持ち帰りして、
風呂場で一緒に五厘に刈り合って
布団の中でナデナデしたいわ〜
それから、ウフフフフ・・・

オッサン、溜まってます!(笑)

376e9577.jpg
bouzman at 18:50|PermalinkComments(4)坊主 

2017年06月21日

賀集利樹似

ぶつけた頭ですが、だいぶ良くなりました!
腫れもひいたし、見た目にもわかりません。
でも、力を入れて触るとまだ少し痛いかな〜

昨日、街中でチョットしたイケメン君を
見掛けました。
俳優の賀集利樹さんに似た感じで
爽やか〜な雰囲気を醸し出していました。
まぁ、残念ながら坊主じゃなくて、
ロン毛でしたけど・・・
別に賀集利樹さんのファンではないのですが、
コチラの彼は俺のハートに刺さりました(笑)。
坊主頭も似合いそう!
観察している内に何だか無性に坊主頭に
してあげたくなってきちゃいました。
と言っても、向こうからお断りされるのは
確実ですけどね・・・(笑)

8e15b27f.jpg
bouzman at 23:58|PermalinkComments(6)坊主 

2017年06月17日

ガッキ〜〜〜ン

「ガッキ〜〜〜ン・・・」

昨日のお話です。
何だか今週は色々とパッとしない状態が
続いていました。
気持ち的にもドンヨリ状態・・・
コレは夜にスカッとスキンにしよう!
と思っていたのですが、現時点(土曜日23:30)で
ロン毛です・・・
(と言っても3mmチョイかな)

金曜日、職場で資料室へ行ったんです。
お目当ての資料を探しながら
「この辺だったような?
 イヤ、コッチかな」
とやっていたのですが、
「ア〜、そうだ!
 アッチに移動させてたっけ」
と頭を上げた瞬間です。
冒頭の
「ガッキ〜〜〜ン・・・」
となるのです。

扉をきちんと閉めていなかったらしく
扉が静かに俺の背後に忍び寄っていたんです。
それに気づかずに俺はドアノブにおもいっきり
ケンカを売ってしまいました。
一瞬ですが、意識が飛びましたよ!
三途の川が見え、亡くなった祖父から
「お前はまだ来てはダメだ」
と言われた様な言われてないような・・・
まぁ、それくらい激痛だったって事です。

その後、ぶつけた箇所はボッコリと腫上がり
内出血してしまいました。
触ると痛いし、見た目もグロイ・・・
こんな状態では剃るどころか、刈るのもキツイです。
ってなワケで今週は大人しくロン毛でガマンしています。

ア〜、何かイライラする〜
刈りた〜い、剃りた〜い!(笑)

6e0056d5.jpg
bouzman at 23:43|PermalinkComments(6)坊主 

2017年06月11日

後ろ髪

先日、仕事で某食品工場へ視察に行ったんです。
食べ物を扱っている為、当然ながら衛生面には
気を使い過ぎるくらい気を使っていました。
まず、工場内へ入るまでが一苦労・・・
爪の長さやら体温をチェックされ、ピアスとか腕時計
なんかをしていたら外さないといけません。
荷物も持ち込み不可で携帯もNG。
その後、渡された白い作業服(?)を着たのですが、
コッチの裾は中に入れて、コッチの裾は出しておく、
コッチのボタンはどうで、コッチのボタンはこう・・・と
超〜〜〜面倒くさい。
最後にマスクをして帽子を被り着替えは終了!
コレでいざ工場内へかと思いきや、最後に空港みたいな
検問所が在り、おばチャンから金属探知機で
ボディーチェックされてしまいました。
(コックリングとかしてたら危なかったな〜(笑))

この時なんですが、
「ア〜、後ろ髪が出てますね」
って言われたんです。
思わず気の抜けた声で
「ヘッ・・・?」
と言ってしまいました。
坊主、しかも五厘刈の俺のどこに後ろ髪が
有るってのよ!?
(まぁ、正確には有るけど0.5mmとかでしょ)

俺はてっきり冗談を言われたんだと思ったのですが、
そうではありませんでした。
実際に俺の後ろ髪は出ていたんです。
被っていた帽子には肩までのネットが付いていたのですが、
それが作業着の中にきちんと入っていなかったんです。
どうやらこのネット部分の事を”後ろ髪”と言うみたいでした。
(隠語なのかな?)

結局、そのネットを作業着の中に納めるには
また半分くらい脱いで再度ア〜だコ〜だと・・・
全く後ろ髪のせいでエライ目に合いました。
もう、後ろ髪なんかいりませ〜ん!

92449547.jpg
bouzman at 23:43|PermalinkComments(4)坊主 

2017年06月05日

花と坊主

週末に少し遠出をして花をいっぱい
見てきたんです。
帽子を被ってはいたのですが、
天気も良かったので予想以上に日焼けをしてしまいました。
そんなに”真っ黒”ってワケではないのですが、
それでも”焼けたね!”って、ひと目でワカルくらいに。

さて、本日の俺と職場のKさんとの会話です。
K 「焼けてるよね。どっか行ったの?」
俺 「○○○(地名)に花を見に行きました」
K 「花〜!?花なんか見にわざわざ出掛けるの?
   似合わないね〜」
俺 「ダメですか?」
K 「ダメじゃないけど、そんな頭してるのにさぁ〜」
俺 「頭で見るワケじゃないし」
K 「そうだけど、なんか気持ち悪いよね」
俺 「・・・・・」

この人、いつも失礼な発言が多い人なんだけど、
今日はいつにも増して失礼千万でした。
この人に今更腹も立たないけど、客観的に見て、
五厘坊主やスキンヘッドが花を見てるのって、
気持ち悪いのかな〜?

2dd61c6f.jpg
bouzman at 23:35|PermalinkComments(6)坊主 

2017年06月03日

不良じゃないよ!

前回からの続きです。

「何で俺の名前を知ってたの?」
この問いの答えは、
「だって、K中学校では有名人だったよ!」
でした。

言われて見れば、入学当初に声をかけてきた
連中って全員K中学校出身だったかも!?
でも、俺がK中学校に何をしたってんだよ〜

その後、友人の説明を聞いて何とな〜く
納得しました・・・
実は俺がS中学校へ通っていた時、道路の都合上、
1kmくらいK中学校の生徒達と接触しなければ
いけないエリアがあったんです。
彼らがA地点からB地点へ向かっているのに対し、
俺は一人、その流れに逆らって登校していました。
当時、K中学校は荒れている学校って有名だったし、
男子は学ランで坊主頭だったので、そんな黒い集団の中を
一人で突っ切って行くのに正直ビビッていました。
小心者の俺としては、
”K中学校の生徒は危ない人達 → 絡まれたらお仕舞い
 → 舐められないようにしなくては”
とか思っていました。
まぁ、だからと言って何をするでもなく、
只、目を合わせないようにし、且、俺に近づくな
オーラ全開で急いでいただけだったんですけど・・・

しかし、それが誤解を招く素になった様でした。
いつしか、S中学校の中では俺は一匹狼の不良で
目が合ったりしたらボココボコにされる・・・
そんな危険人物ってキャラになっていたみたいです。
しかも、80年代中頃はまだ田舎では
”不良はインナーに赤いシャツを着ている”
ってイメージがあったんです。
俺は学ランの下に学校指定の赤いジャージを
着込んで登校していたのですが、チラッと見えていた
それが更に余計な誤解を生んだみたいでした・・・

それと、彼等とは違い俺はロン毛だったので
彼等からしてみれば、”いいなぁ〜”って感じ
だったんでしょう。
そりゃ、イヤでも目立ちますよね。

ここからは俺の想像ですが、
俺と同じS中学だった誰かが塾か何かで
K中学の奴に俺の名前を教えたんじゃないかな〜
そうでなきゃ、俺の名前までバレるワケないもの。
きっと、そいつが面白半分で
「○○(←本名)はヤバイ奴」
とか適当な事を言ったんじゃないかな〜
(まっ、別の意味では危ないけどね!(笑))

さて、その後の高校生活ですが・・・
俺が不良だった伝説は誤解だったと理解してくれた
みたいでした。
が、一部からは相変わらず敬語&”さん”付けが
続いていました。
その後、俺が二年生となり後輩も出来たのですが、
「○○さん(←本名)って留年してるんですか?
 だって同級生から敬語で話しかけられてるし、
 ”さん”付けで呼ばれてるから・・・」
と何度か言われました。

もう、好きなキャラ付けしていいよ・・・(笑)

全然、坊主話ではなかったですね。
スミマセン・・・

dbc9c3af.jpg
bouzman at 00:15|PermalinkComments(4)坊主 

2017年06月01日

ボウズアーカイブス 2017.06月号

4月の「ボウズアーカイブス」で
徒歩5分で行ける坊主校則のK中学校ではなく、
自転車で50分かかるロン毛OKのS中学校に
通っていたと書きました。
今日はその続きです。
と言っても話は高校入学まで飛びます。

中学校って結局は小学校のメンバーが
そのままって感じだったんですけど、
高校になるとアチコチの中学校から
集ってきていたので、知らない顔ばかりで
とても新鮮でした。
さて、入学したその日から不思議な現象が
起き始めたんです。
見知らぬ奴から
「S中学校の○○さん(←本名)ですよね!?」
って声をかけられるんです。
それも一人二人じゃないんです・・・
中には握手を求めてくる奴もいました。
俺が中学生時代とかに何かのスポーツで優勝した
とかってならワカリますが、そんなのとは無縁の
普通の子だったんですよ!
(寧ろ地味な方)
なのに、何でそんなに俺の名前を知ってるのよ?
って言うか、何で同級生なのに敬語で
話しかけてくるのよ?
多分、10人以上には同じ様に声をかけられました。
まぁ、一週間くらいでそれも無くなり静かな
生活になったのですが、俺の中では
”何なんだったんだよ・・・?”
ってモヤモヤしたのがありました。

高校生活も1ヶ月くらいすると、そこそこ仲良くなった
奴も出来ました。
その中には入学当初から俺の名前を知っていた
奴もいたので何で俺の名前を知っていたのか
聞いてみました。

すると・・・

続く。
(ので、コメント欄はクローズします)

81a57e8f.jpg
bouzman at 11:40|Permalink坊主 

2017年05月27日

枕カバー

昨日の朝、起きてフッと鏡を見たら、
なぜだか大量の糸クズが頭に付いていたんです。
朝シャンでもして、タオルで拭いたってんなら
”タオルの繊維かなぁ〜”
って考えますが、そんな事はしていません。

”不思議だなぁ〜”

と思いながらも、その後はスッカリと忘れ
一日が終わりました。
さて、就寝時間となりました。
いつも寝る直前に布団を敷きなおすのですが・・・

”なんじゃこりゃ〜!!!”

枕カバーに大穴が空いていて、その穴から枕本体が
「コンニチハ」と顔を出していました!
通常は週一で土曜日に枕カバーを代えます。
前回、代えた時には異常はなかったハズ・・・
犬や猫でも飼っているのなら、そのせいにも出来ますが、
ウチにはそんなのいません。

なぜだ?

ンッ、そうか、ワカッタぞ!

「犯人はお前だ〜!」

って言うか、

「犯人は俺だ〜!」
(そりゃ、そうだ)

俺の剛毛五厘頭が長年に渡り、枕カバーを
痛めつけていたんです。
昨夜、俺が寝ている間に、ついにその寿命を全うし、
その屍が俺の頭に付着したってのが真相でした。
枕カバーの寿命なんて、他人と比べた事ないから
ワカラナイけど、きっとロン毛やハゲ(←失礼)の
人達と比べたら酷使しているんでしょうね。

ゴメンヨ〜、枕カバー。
これに懲りてもう、こんな頭は止めるよ〜・・・

ってワケにはいかないので、これからもガンバッテ
くれたまえ!(笑)

34717851.jpg
bouzman at 23:13|PermalinkComments(4)坊主 

2017年05月20日

チラ見の技

先日、友人の車に乗ってお出掛けしたのですが、
その帰り道でのお話。
軽い渋滞にはまってしまい、隣の車とほぼ並走しながら
チョット進んでは止まり、チョット進んでは止まりを
繰り返していました。
俺は運転手の後ろに座っていたのですが、
並走している車の助手席には中学生くらいの
男の子が座っていました。
その子なんですが、あきらかに俺をチラ見しているんです。
正確に言えば、俺ではなく俺のスキンヘッドを!
俺がその子の方を向くと慌てて
”見ていませんよ〜”
的な態度をとるのですが、俺が彼の方を見ていないと
ワカルとまた俺を見始めるんです。
何回か試してみたので間違いないと思います。

もしかしたら将来の坊主フェチ君なのかな〜
まぁ、別に見られるのはカマワナイのですが、
もう少しバレないようにしないとね!
チラ見するのにも技が必要なのよ〜(笑)

a544f623.jpg
bouzman at 19:00|PermalinkComments(3)坊主 

2017年05月13日

ピンクに迷彩

数日前にコンビニの前で、30歳くらいの
マッチョな五厘坊主さんと遭遇しました!
ややピッチリなTシャツだったので、
乳首の位置がワカルくらいムキムキでした。

”アラッ、美味しそ〜う”

なんてコッソリと観察していたのですが、
彼は頭と身体だけでなく、ファッションも
イケてました。
無地の薄ピンクのTシャツに迷彩柄のハーフパンツ
というシンプルな格好っだたのですが、
とってもカッコ良かったんです。

「ピンク+迷彩」
こうやって文章にすると、
”ソレ、カッコイイのか!?”
ってなるかもしれませんが、
実物を見るとカッコイイんですよ!

迷彩柄のハーフパンツは持っているから
後は無地の薄ピンクのTシャツさえ買えば
俺も彼と同じ様にイケて見えるかな!?

アッ、身体がプヨプヨだった・・・(汗)

750ccc53.jpg
bouzman at 15:00|PermalinkComments(4)坊主 
Recent Comments