占いの上手な使い方

2009年03月13日

占いは人生を幸せに生きるために上手く使うもの

「占いに行ったら今年は運勢が良くないと言われて落ち込んだ」という話を聞くことがあります。

僕は基本的に良くない運勢というのはないと思っています。

もちろん衰退期というのはあります。

リズムの中で生活しているのですから当然といえば当然です。

でも、衰退期イコール良くない運勢ではありません。

活動期の時には積極的に行動することで運気が開けてきて、消極的になると運気があまり開けません。

同じように衰退期の時には心身ともにゆっくりと休めることで運気が開けてきて、無理に活動して気分を変えようとしてがんばりすぎると運気があまり開けません。

その時にどのように過ごしたら運気が開けるかという違いであって良い悪いではないのです。

積極的に活動できなかったり、気分が上がらなかったりすると「イヤだ」って感じるかもしれませんし、もどかしさを感じるかもしれません。

でも、そういうときにこそ出来ることもあるのです。

活動期には忙しくて出来ないようなことを衰退期に行ったりすることで底上げが出来て全体のバランスが取れてきます。

僕は占いの時に衰退運回避の方法を伝えますが、それは衰退期が良くない時期だからではなくて衰退期には衰退期なりの開運方法があるからです。

ですから毎年毎年が開運の年なのです。

占いは人生を幸せに生きるために上手く使うものだと思っています。

占いにしてもなんにしても今自分や自分の周りがどういう状態なのかということを客観的に理解することは人生を幸せに生きるためのヒントになりますし、なによりも納得して前に進むことが出来るようになりますので「自分を知る」というのはやはり大切なことなのだなぁと思います。



bouzunikki at 23:58|Permalink