元ボクサーのトレーナー日記

日常生活での気付きや身体の事を中心に自分の感じたこと等を 書いています。 パーソナルトレーナー(人)として気持ち(心)効率の良い動きの質(技)理想の肉体作り(体)を大切にし「みんなで明るく、楽しく、元気良く!」を目指して色々な事に挑戦し続けることをモットーに「根本」と「バランス」を考えながら人間全体を捉え、動作改善、体型改善について勉強中の元プロボクサーのパーソナルトレーナーです。まだまだ駆け出しですがよろしくお願い致します。 。

ブログお引っ越しのご案内

こんにちは、いつもお読み頂きありがとうございます。


本日をもちましてこちらの「元ボクサーのトレーナー日記」のブログは閉鎖させて頂きます。


大変長らくご愛顧頂き誠にありがとうございましたm(__)m






つきましては新しくアメブロの方にお引っ越しする事になりましたのでお知らせ致します。


その名も…





(新)元ボクサーのトレーナー日記!!


すいません、気分一新のためと遊び心です…


こちらのブログも消さずに置いておく予定ですが今後はそちらの方でよろしくお願い致します。



新しいブログは下記のURLになります。

http://ameblo.jp/boxer-kf/




よろしくお願い致しますm(__)m

身体観

身体って本当にうまく出来ているな〜と学校で身体の構造や機能を勉強しているとよく思います。


何かをした時に身体の中でどういった反応が起こっているかを知ると色々繋がってきますし応用出来るような気がします。


もちろん身体だけではなく、動作や心理や環境などの影響も興味があるのでそういった所も深く学べると面白いな〜と思います。


今は学校の勉強でいっぱいいっぱいですがそのうち(笑)

11月になりましたね

昨日は朝から尼崎まで行き理学療法士の方がされている「general conditioning頸部、体幹編」というセミナーに参加し、その後は長居にて魚住廣信先生による「ウォーミングアップと体操」の勉強会に参加してきました。


内容の濃い1日だったので文章も長めです。


お時間があるようでしたら読んでやって下さいm(__)m


前半の「general conditioning頸部、体幹編」では頸部や体幹部の自動運動を促すハンドリングについての実技を行いました。


臨床の場で患者さんに対して運動療法の関節可動域練習を行う時にその運動が実際の動作に繁栄されていない事が多いらしく、どうすれば実際の動作に繁栄されるのだろう?と考え、生み出されたものらしいです。

その理学療法士の方の考えでは正しい関節運動が起こっていれば疼痛は起きず、また他動的な運動ではなく自動運動を行う事で動作にも繁栄されるのではないか?と言うことで自動運動を行う時に正確な関節運動を促すように誘導していくハンドリングテクニックについて行いました。



誘導はするのだけれど自動運動を行ってもらうということで力加減や手の使い方が難しかったですが臨床の場で結構結果が出ているという評価が参加者から多く声が上がっているようです。


僕は誘導の仕方が中々掴めなかったのでまた練習していきたいと思います。


そして終了後はそのまま長居へ朝は晴れていたのに尼崎を出るときは雨が…

最近雨がちょこちょこ降りますね。


雨は好きになれません…

さて長居では定期的に参加させて頂いている魚住廣信先生の勉強会


今回のテーマはウォーミングアップと体操


フィットネスクラブでの一般的なウォーミングアップはバイクやトレッドミルで体を温めてストレッチングをするのがウォーミングアップとしている所が多いかと思います。


昔は日本でウォーミングアップといったらストレッチングではなくラジオ体操などの体操が主流だったと聞いたことがあります。


しかし最近は「体操」という言葉をあまり聞かなくなった気がします。


ストレッチング、またはトレーナー業界ではダイナミックストレッチという名称の方がよく聞くような気がします。


この業界は横文字が多いです(笑)


さて本題ですが、まずウォーミングアップとは平たく言うと準備体操。


準備とはこれから行うメインの運動の準備です。


その準備が体を温める作業→ウォーミングです。


体の何を温めているの?というと筋肉です。


筋肉の温度を高めるには筋肉に血液をたくさん送り込む事が必要です。


その為に心拍数を約120拍くらいまであげます。


筋温が高まる事で筋肉が緩み神経と筋の連絡もスムーズになります。


また体を温める為には動かないといけません。


動くとは関節が動くと言うことで動きを繰り返すと関節の動きがスムーズになってきます。


その為に動くというのが体操です。


そして昨日はその体操の指導法を色々やりました。

首、体幹、肩、股関節…

まず10分で実際に体操を指導するということから始まりましたが「ことば」「リズム」「組み立て」「時間」「回数」についてもっと考えないと行けないなと思いました。


また指導する際の立ち位置、体操を行う時の足幅、重心による違い、五感の利用などなど…


四股が一瞬であんなにしゃがめるようになったのは圧巻でした。


4時間があっという間でした。


終了後はお馴染みの近くの居酒屋で懇親会。


ここの料理はかなり美味しいです。


ここで聞ける魚住先生のお話もかなりおいしいです。



いつも世界のトレーナー事情や歴史、地域による違い、それによる言葉、普段の疑問点の魚住先生による解説など本当に身になるお話を聞かせて頂けます。


昨日も終電まで色々な話をして頂けました。


最近疑問に思っていた、自然体についての先生の考え方や先生の指導法についても聞かせて頂けました。


いや〜充実の1日でした。

そして僕は難波で近鉄線の終電を逃したので人生二度目の朝まで一人カラオケをして始発で帰りました。



まだまだ若いです(笑)

谷町線はよく揺れる

こんにちは、電車に揺られながら学校に通う藤本です。


いや〜それにしても谷町線の運転は荒いですね(^o^;


そんな中僕はバランスについて考えています。


この荒い運転の中でこけないようにする為にはどうすれば良いか?


1つは動かないように足裏で床を掴み、体幹を固定し筋力でガチッと固める


1つは足裏で傾きを感じて微妙に重心をコントロールする


1つは結構力を抜いて大きく揺れておもいっきり揺れて戻る


1つは揺れたら足の位置を変える



まだまだあるのかもしれませんがコケない事が目的ならこんな感じの方法があります。


もっと言ったら吊り革につかまればもっとこけにくくなると思います。



というような感じで考えていくとよく言われる「転倒予防=下半身の筋肉をつけましょう」


という最もらしい言葉も考えてみると違うこともあるかもしれませんね。


あ、ちなみに筋力がいらないと言っているワケではありませんのでご注意を



バランスって何だろう?って考えると色々出てきて面白いですね。

久々にボクシングジムへ

行ってきました。


学校やら仕事の都合で中々いけてなかったのでかなり久しぶりでした。


プロテストにも1人合格していました。


1ラウンド30秒くらいで倒したみたいです。

すごいな〜


というわけで久々のジムに向かったわけですが…



昨日は選手が1人も来ていなかったので、これまた久しぶりに1人でがっつりジムワークをしました。


シャドーボクシングやってパンチングボール打ってサンドバッグ打ってロープ跳びました。


昨日感じたのは間違いなく現役よりスピードとパンチ力があがっているなと思いました。


ただスタミナは…



もし今試合やったらもって2ラウンドやな〜(笑)


お陰様で今日は肩から背中にかけて筋肉痛です。


やっぱりボクシングは良いですね!


気持ちもスカッとしました。


そして12月5日に八尾ジムの川瀬選手のデビュー戦が決りました。


お時間のある方はぜひ見に来てやって下さいm(__)m

プロフィール
訪問者数

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ