ボヤッキーの勉強部屋

上下水道部門の技術士を目指すものの、7度目にしてやっと合格。あきらめず受験を試みたことがよかったのかもしれません。今後は、資質向上をめざして。どうなるボヤッキー・・・。

いよいよ受検申込

 この一年、総合技術管理部門の受検を見送ってきたところですが、いまだに総合技術管理の思考イメージにいたりません。普段管理職として、立場上五つの視点をもって業務にあったっているはず。それをいまだにイメージできないというのは、まだまだのかもしれません。
 不合格を恐れているのか。
 どうするボヤッキー!

二次筆記試験合格者のみなさんおめでとうございます

ご無沙汰して大変に申し訳ありません。
昨年度技術士試験に合格後、ずっと放置していたこと反省しています。

昨年から次へステップを考えながらも、総合技術管理部門へのイメージがつかめず、ずっと迷っております。実際には管理職として総監の視点で仕事をしているはず?、、、でありながら、昨年の願書記入時の業務内容の詳細から躓いておりました。また、記述問題の解答イメージがまったくうかばづ、どうしたらいいものかと。これも、まったく勉強の準備には至ってはおりません。
自己研鑽に努めていかなければという思いに反し、なかなかモチベーションが上がりません。
どこかでスイッチを入れないと。仕事の迷いも総監受験で解決に結び付けてくれるかもしれない。
と思いつつ、スイッチを探している最中でございます。

試験お疲れさまでした

気がつけば、あれから一年。
早いものです。
ところで新制度による受験いかがだったでしょうか。
技術士登録後、自己研鑽どころか仕事に余裕がなく、ブログもとどこおり大変もうしわけありません。
また、今年の試験問題を入手し傾向分析したいと思っています。
受験生のみなさん、今日はゆっくり休んでください。

公務員技術士についてあらためて思うこと

今日は、政令都市さんに出向き、技術的連携を進めるため協議を進めているところです。

お会いした課長さんの名刺には“上下水道部門・総合管理部門”と平気で記されています。

某技術士応援サイトの掲示板では、「独立開業有望資格第2位 技術士」「自治体職員の名刺」こういったスレッドが賑わっていますが、改めて公務員の技術士について考えてしまいます。

 そもそも、なぜに技術士を取得するのか!必要なのか!

二次口頭試験では用意していた答えは・・・技術士ビジョンにあるとおり



「公務員技術者としての技術士」は、行政サービスにおいて、技術面での知識や判断を必要とする業務を行うだけでなく、関係機関との協議や地域住民との折衝などの職務を担う技術士のことをいう。このような業務や職務を行う技術の責任者は、技術士が務めることが社会的信頼の向上につながる・・・云々。



まさに関係機関との協議において社会的信頼につなげるもの。今年の私の名刺には当然技術士の表示を記しています。でも、はたして「技術士」資格で飯が食えるのか!苦労して取得したものの、検討業務を受託し成果品をまとめるスキルもなく、独立開業などあり得ない。民間に転職しても生産性のある役割がはたせるはずもなく。


ネットでこんなサイトがあります↓

http://const.ten-navi.com/%E4%B8%8A%E6%B0%B4%E9%81%93%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%94%A8%E6%B0%B4%E9%81%93/

結構安いな〜



資格を取得したからといって独立したり転職したり…あり得ないはなしだ。では、これから公務員技術士としどうふるまっていくべきか。

・・・本当は、仕事で思い悩んでいる私。



がんばれボヤッキー!


 


 


 


 

日本の海外水ビジネス展開

昨日、6日(土)は母校大学技術士会に初参加しました。講演として「日本の海外水ビジネスへの取り組み」から、アジアで水利用の需要が非常に高まってきていること。これらに対し、国が支援していること「国土交通省:インフラPPP協議会、環境省:水タスクフォースチーム、総務省:規制緩和(公務員の海外派遣)、外務省:インフラ担当官、経済産業省:水ビジネス国際展開研究会、地方自治体…」

 民間企業では、水ビジネス展開のための「水分科会」が発足され、タイ・中国・ベトナムと事業展開が進んでいるとのことです。

 

なんとも無知な自分が、本当に恥ずかしい。

普段の仕事も満足にこなせていない私に、今後どう水道技術に接していくか、よく考えていかなくてはなりません。自分に何ができるか、今何をすべきか。

資質向上にむけて

 将来は海外で何らかの技術的支援の貢献ができればと考えております。実際にはどなるかわかれいませんが…。技術士を取得したのも、一つの通過点でもあります。
 JAICAにより海外支援を試みる場合、また日本水道協会でも同様ですが、語学のスキルは必須で、英検2級、TOEIC500点以上、国際英検C級が取得されていることとされているようです。英語の資格を取得する以前に、まず実際に英会話ができることのほうが大事なのかもしれません。いろいろと技術士関連のブログを拝見させていると、英語力のスキルアップに努めておられる方がおられるようです。
私も、すこしづつでも…、微力ながらもコツコツと…。
 
 ということでこんなアプリを見つけました。(ちなみに私はIPHONE5)

 いかがでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=vemY2i-gDf4

http://www.youtube.com/watch?v=Z_GqcPSJgB0

人的資源開発

  本日、本会議最終日。庁議が開かれて内示が公表されました。

ある程度は予測していたが、はっきり言って戦力ダウン。トップが退職、内部移動に新人に新任・・・。今年も難しい課題を抱えている中、どうなることやら。
  組織の人材育成においては、研修や教育が重要になってくる。しかし、研修をおこなったところですぐに身につくわけでなく、実際の実務経験の積み重ねこそが経験値と成熟されていくものだが、気長に待ってはいられない。即戦力として部下をどう指導(教育)していっていいものやら。


 
  総合技術管理とは、どのようなものか。


課長塾 ~部下育成の流儀~ (日経BPムック 日経ビジネス)
課長塾 ~部下育成の流儀~ (日経BPムック 日経ビジネス) [大型本]

人的資源計画とは

本日、日本水道新聞で技術士二次試験の合格者が掲載されていました。そのせいか、他事業体からおめでとうメールをいくつかいただき、本当にありがたい限りです。


 そんなよろこんでいるのもつかの間、頭をなやませているのが、4月の人事異動だ。3月半ばを過ぎて人事担当部局では、その調整で山場を迎えているはず。水道事業は、一般行政職である市長部局との交流も大事であるもの、水道に長く在籍する場合がおおい。私も平成元年から水道に配属になってから(出向を除き)本庁の床を踏ませてはもらえない。優秀な人材を水道部局に引っ張れるか、それとも抜き去られるか攻防が続く・・・。

4月からは組織改正もあり、退職者による異動などから大きく人が動くことになる。現状から増強となるのか戦力ダウンとなるのか・・・この1週間で決められる。

人的資源計画とは、人事管理とは異なるものだろうが、仕事を円滑かつ効率的に進めていくには、人材とその人間関係が大きく左右するため軽視できない。特に管理職としては人間関係管理が最も重要な視点を求められる。

管理職としては、チームをけん引する立場としてプロジェクト管理をどう考えていくかを求められているというのでしょか。

管理職・技術管理者1年生!・・・がんばれ、ボヤッキー!


部下を持つ人の教科書 課長塾 (日経BPムック 日経ビジネス)
部下を持つ人の教科書 課長塾 (日経BPムック 日経ビジネス) [大型本]

技術士登録が完了しました

 先週9日(土)に郵送した申請に対し、本日、日本技術士会より「技術士登録書」が届きました。登録日は、3月12日となっています。 この登録書は、B4サイズで、少し硬めのクリアファイルに挟まれて送られてきました。
 技術士登録書を眺めながら、やっと合格した実感が湧いてきたような気がします。

 さて、これからどうするかな。資質向上の責務から、どう自己研鑽に務めていくか。

 どうするボヤッキー

 さて、B4サイズの額縁を買いに行ってきます(^^♪

総合技術監理部門の合格者

技術士の合格発表から、約10日ほどにもかかわらず、総合技術監理部門の意識が高まってきます。

今日、官報の合格者を見渡してみると、上水道及び工業用水道の総合技術監理部門の合格者は、なんと・・・政令指定都市の水道局の方がほとんど。やはり政令市の職員となると技術に関する意識レベルが高いのでしょうか。

総合技術監理部門にふさわしい受験資格とは?!?


このたびの合格を報告した大学の先輩から、来月予定されている大学技術士会のセミナーの案内をいただきました。はれて私も母校の大学技術士会のメンバーになれそうです。長い道のりでした。

 

訪問者 2007.1.28〜
技術士受験参考書
上下水道技術者へ
プロフィール
Recent Comments
最新記事
  • ライブドアブログ