2006年11月29日

海外療養中

11月に走ったフルとハーフで膝を激しく壊したオイラは只今ドイツで療養中?

で今日は夕方までオフだったので、滞在中のDusseldorfにある古城見学に行って来ました。

路面電車ホテルの人に聞いたら、路面電車を使えば簡単に行けるとの事だったので、取りあえず言われた駅で路面電車に乗った訳ですが・・・
行き先の違う電車に乗ってしまったらしい。 (゚◇゚)~ガーン

で焦って適当なところで降りた訳ですが、近くに居る人に目的地のベンラート城にはどうやって行けば良いですか?と英語で聞くも、返ってきた言葉は。


「おxdkくぇhふぉうhるおjhwぉあえjdq・・・」


ドイツ語わかりましぇ〜〜〜〜ん!


って言うか、俺の言うこと頷いて聞いたって事は理解してただろアンタ! 英語で話してるんだから英語で答えてくれよ!
ドイツ人は殆どの人が英語を理解するって聞いたのに嫌がらせか?

って事で、訳が判らなかったので、違う人に聞くも・・・


同じ

って言うより、さっきの人より訳が判らない。


何だか、人に聞いても辿り着ける雰囲気ではなかったので途方に暮れて地図を見ていたら、そこから目的地まで結構近そうだったので膝痛のリハビリを兼ねて歩くことに。

田舎道しか〜し、世の中そんなに甘くない。
って言うか、この地図の縮尺は明らかにおかしい!
って言うかこんな田舎を歩いて移動してるヤツいね〜って!





ベンラート城歩いても歩いても辿り着かないけど、意地になって歩いた結果、ベンラート城に着いたのは歩き始めて2時間半。 時速6キロほどだと思うので、15キロも歩いたことになる。 リハビリには丁度良かったかな。

ちなみに、このベンラート城ですが1700年代に建てられたものなので歴史は有るみたいです。 でも妄想でドイツの城ってのはみんな山の上に建ってると思ったので、正直期待外れ。 


で、その後だけど・・・
これだだけではBoykins流リハビリは終らない!

ホテルに帰るのには路面電車に乗れば良いのに、先ほどの乗り間違えの悪夢よりは歩いた方が良いと思い、帰路は最初から歩き!

田舎道2しかも途中で道を間違えたりして、結局ホテルまで3時間も掛かった俺は本物のバカ。
って言うか、こんな淋しげな道をよく一人で歩いてたな俺。 実は孤独好きなのか?




合計5時間半。 推定歩行距離33キロ。
こんなに長時間連続で歩くのは生まれて初めてかもしれない。 って言うか、同じ距離を走るよりも長い時間歩くことの方が辛い!


だって
少し膝が痛いし
股関節が痛いし
足にマメができたし・・・ (;´_`)トホホ



で何が言いたいかと言うと、リハビリのつもりで歩いたのに逆効果になったっていう、全くもってどうしよ〜もなく馬鹿げた話でした〜。




アディダス科学的診断プログラムそ〜言えば全く話は変るけど、日曜日に名古屋アディダスで「ランニング科学的診断プログラム」ってのを受けてきました。 って言うか、科学的診断って言うのは大袈裟では?
と、別に文句を言っている訳ではありません。 受けて良かったです! ず〜っと独学を頼りに走ってきましたので、人にアドバイスされるのはこれが初めて。 自分の走りに癖が有るってのは予想していましたが、それがハッキリと判って良かったです。

当面はフォーム改造に努めます。 って言うかフォーム改造って何だかアスリートみたいでカッコ良いな。


よ〜し、東京マラソンに向けて調整するぞ〜。





そんな事より早く膝直せよ俺!

この記事へのトラックバックURL