バイト・求人情報で注意すること

カテゴリ:

求人情報で誤解しやすい点

ホスト・ボーイズバー求人で誤解すること

ホストクラブ・ボーイズバー共に女性をもてなす男性従業員を随時募集しています。
似た業種は他にもありますのでそれらの求人情報をチェックする際に注意しておいたほうが良い点をまとめました。

求人情報の注意点

ホストクラブ
出張ホストは全く違う業種である。
ボーイズバー
店側がボーイズバーを名乗っていても営業内容がホストクラブと同じ店がある。
男性客専門の店も中にはある。

解説~類似の業種の求人~

類似の業種、勘違いしやすい求人内容についてまとめています。

ホストクラブに似た業種で、近年出張ホストというサービスが多く見かけられるようになりました。
これはその名のとおりホストを派遣するサービスで店舗を構えて営業しているわけではありません。
ネット上でホストの写真とプロフィールを公開し、お客が気に入ったホストに連絡してデートなどをします。
基本的にお客はホストに時間当たりの料金・交通費・食事代などを支払います。
サービス内容には特に制限はなく、中には性的関係を結ぶホストと客もいます。
サイト側は仲介料やサイト掲載料で運営していますが中には最初から女性を紹介するつもりも無く、登録料や必要な道具を求人に応募してきた男性に支払わせる詐欺があるのも事実です。

ボーイズバーの中にはそのリーズナブルなイメージを利用してホストクラブとほとんど変わらない営業をしている店もあります。
ホストクラブ形式で営業をする届出を出していれば問題は無いわけですが求人情報を探し、バイトを始める場合はそういったこともありうることを知っておいてください。
そして、重要なのが男性客用の店、はっきり言えばゲイ専門の店もある、という点です。
給料に関しては一般のボーイズバーよりも高収入が期待できますが性的なサービスまで含む場合があります。
大概の店ではサイト上や求人情報上で男性客相手であることを示していますが、悪質な店ではそれを隠して募集をしていることもあるので注意してください。

同伴・アフター制度の違い

カテゴリ:

店の外で行うサービスの有無はどう違う?

ホスト同伴

お客さんとお店に行く前に2人きりでデート。
仕事終わりにもうちょっと一緒にいたいから…
時間外サービスについてホストクラブとボーイズバーではどのような違いがあるのでしょう?

同伴・アフター比較

ホストクラブ
制度としては基本的にあり。
但し、実際にやる・やらないはホスト個人の判断で。
同伴に関してはそのままの流れで店に呼べるので積極的に行うべし。
ボーイズバー
基本的になし。
お客さんとの付き合いとしてのアフターはあり。

解説~同伴・アフター制度~

同伴とは客と食事などをした後に来店することで、電話・LINE・メールなどに比べて即売上に繋がる有効な営業方法です。

ホストクラブでは日常的に行われています。
店舗によっては所属ホスト全員で同伴出勤をするイベントを開催することもあります。
その日に同伴出来ないと困ったことになるので事前にお客に話して都合をつけてもらうことも。
アフターは直接的に店にメリットがないので基本ホストの自由に任せています。ホスト個人の営業努力の一環として行う場合が多いです。
ホストの営業方針(お客への対応の仕方)は様々ですが、一般的には恋愛感情を相手に持たせて惚れさせて来店を促します。
2人の関係をより進めるためにアフターを積極的に行うホストは結構多いです。
どちらもホスト個人の時間を使います。
これを単なる拘束時間と考えるのか、より大きな収入を得るための投資と考えるかで取り組み方は変わってくるでしょう。

ボーイズバーでは同伴はそれほど多くはありません。
特に店から強制されることもありません。
しかし、より多くの収入を得るために指名・来店してくれるお客さんを増やす必要があるならばアフターは積極的に受けましょう。
その営業努力がいつか大きな収入となって自分に返ってくることでしょう。
収入も大事ですが、健康も大事。
副業での勤務など時間の余裕があまりない場合は無理にする必要はありません.。

料金・給料システムの違い

カテゴリ:

支払う料金が違えば給料は違ってくる

お金

働く理由、それはお金を手にするため。
どんなきれいごとを言っても最終的にはこれです(笑)
だとするともっとも気になるのは給料システムではないでしょうか。

ホスト・ボーイズバーの給料比較

ホストクラブ
・完全歩合制or日給+歩合制
・最低保障制度がある場合も
ボーイズバー
・時給制+歩合制
・時給のみの場合も

解説~給料制度~

ホストクラブは「完全歩合制」か「日給+歩合制」かを選べることがあります。
自信があるならば前者を選んでも問題ありませんが、最悪給料が0円になることもあります。
給料0円を回避する
※歩合・最低保証金についてはこちら
※ホストの給料システム解説

ボーイズバーは時給制+歩合制の店が多いです。
時給のみの店は普通のショットバーとあまり変わりません。
時給自体もそれほど高くはありませんので高収入を得たい場合にはあまりオススメできません。
その代わり、お酒の知識を得たい場合などには向いている専門的店舗であることが多いです。

解説~料金システム~

セット料金(席料)
ホストクラブ・ボーイズバー共に発生する
各種割引サービスやクーポンで無料になることは多い。
サービス料(TAX)
飲食代に加算される料金。
ホストクラブ約20%から30%
ボーイズバー10%から20%ほどで若干安い。
ただし、ボーイズバーの中にはサービス料をとらない店もある。
初回料金
初めて店を訪れた際に適用される料金。
ホストクラブには基本的に設定されている。
逆にボーイズバーには無いことも多い。
その代わり新規の客へのサービス料金を別途設けている場合もある。

歩合の違いと最低保証金

カテゴリ:

給料額を決める仕組みはどんなもの?

ホストクラブ・ボーイズバーの給料システムに深く関わる歩合と最低保証についてまとめました。
大金を稼ぎたい人は要チェックですよ。

歩合・保証制度比較

ホストクラブ
・歩合率は約40%~60%
・スライド式の店が多い
・最低保証金がある
ボーイズバー
・時給+αで歩合が設定されていることが多い
・歩合率は約10%~50%で様々。
※歩合の割合が高い店舗はホストクラブと制度が同じことも。
・最低保証金はない事が多い

解説~給料制度~

歩合給とはホストクラブ・ボーイズバーにて自分を指名したお客が飲食した代金(小計)に対して一定の%をかけて算出される給料のことです。
【例】
店内で5000円分飲食したお客がいたとします。
歩合率が50%の場合2500円が給料となり、支払われます。

この歩合の%が小計額(1ヶ月単位)の増加に応じて変化するシステムをスライド式(制)といいます。
【例】
小計50万未満→歩合40%
小計50万以上~100万未満→50%
小計100万以上→60%

最近のホストクラブ求人でよく見かけるようになったのが「最低保証金」制度です。
店によって金額がまちまちですが、基本給+歩合の合計がその金額よりも少なかった場合に最低保証金が支給されます。
【例】
・最低保証金が20万の場合、
基本給で10万、歩合で8万だと最低保証金に達していないので給料は最低保証金が適用されて20万になります。

逆に基本給10万、歩合で15万稼いだ場合最低保証金は適用されず25万が給料になります。

この最低保証金は歩合で計算した給料が極端に低い場合の救済措置です。
あくまで救済なので最初の数ヶ月だけ行うホストクラブもあります。
しかし、自ら完全歩合の給与体系を選択した場合はこのシステムは受けれない場合がほとんどです。
最低保証金目当てではなかなか高収入は望めません。
ホストクラブの給料のメインはあくまで歩合給ですので。

指名制度の違い

カテゴリ:

お客さんに選ばれるとメリット多数!

ホストクラブとボーイズバーの指名制度の違い

指名とは、お客さんに接客担当として選んでもらうこと。
名誉の他に金銭的メリットが多いので積極的に自分をアピールしましょう

指名制度比較

ホストクラブ
基本的に永久指名制
ボーイズバー
指名変え自由

解説~指名制度~

「指名」とは女性客が自分を接客する男性従業員を決めることです。
歩合給の計算は自分が指名をもらっている女性客が支払った額を元に算出されます。

ホストクラブの場合、基本的に永久指名制を採用しています。
指名するホストはお客が初回来店時、もしくは2回目の来店時に決めます。
※例外できにずっと指名ホストを決めずに遊ぶ事もできます。
永久の言葉の通り、基本的に指名ホストの変更はできません。
ただし、指名したホストが退職した場合や長い間店を訪れていない場合などに指名ホストを変更することができます。
この永久指名制というシステムはホスト側からすると、一度指名をもらえれば他のホストに指名変えされることが無いので安心できますが、逆に他のホストの指名客にも手を出せないというジレンマを抱えるシステムです。
だからこそ、まだ指名ホストのいない新規客に対してどれだけ自分をアピールできるかが、担当の客を増やし、歩合を稼ぎ、高収入を得るために鍵になります。

給料にも影響アリ?ホストの指名制度とは

ボーイズバーの場合、指名変えは自由です。
その日の気分などでお客は指名変えが可能な分、固定客をつかみにくいのが難点です。
逆に自分に指名を変えてもらえるチャンスもあるので利点もあります。
歩合給を稼ぐには常に良質な接客を心がける必要があります。

オススメボーイズバー求人(大阪エリア)

カテゴリ:

ボーイズバーの求人情報を紹介

バー

大阪エリアを中心に関西のボーイズバーの求人情報を紹介しましょう。
男性スタッフ限定でないバーも含めています。
詳細な情報や問合せ先は参照リンクを辿って下さい。

大阪のボーイズバー

大阪ではボーイズバーも人気。
ややホストクラブに近い形態のお店もあります。

Kurohige(クロヒゲ)

大阪のボーイズバー「クロヒゲ」の店内画像
給料
月給20万円~(時給+売上バック)
待遇
日払い可能
有給、公休制度有
交通費支給
髪型自由
ピアス・タトゥーOK
など
求人チェックポイント
ホストクラブよりも稼げちゃう!?
というボーイズバー。
仕事は21時から翌6時までのガッツリ深夜勤務。
毎日仕事してくれる人は優遇ですが、条件としては週2日以上出勤できれば働けます。
時間もだいたい5時間~8時間で調整可能とのこと。
ナイトワークに興味はあるけどホストはちょっと不安、と言う人にオススメ。
求人参照元リンク
ボーイズバー「Kurohige(クロヒゲ)」の求人詳細ページ

Astro(アストロ)

大阪のボーイズバー「アストロ」の店内画像
給料
保証給+歩合バック 50%~
※月給40万以上、狙えます
待遇
寮あり
スーツ無料貸出あり
ノルマ無し
日払いOK
体験入店可
など
求人チェックポイント
おしゃれに稼ぐがモットーのボーイズバー。
保証給(固定給)がしっかりあるので安定した収入を得やすいです。
その上で歩合給を加えることで月給40万も現実のものに。
レギュラー出勤とバイト出勤で歩合が異なってきますのでその点は注意が必要です。
お店の雰囲気をしる、実際の仕事を知るための体験入店が可能です。
ただ働きなんてことはなく、10,000円~の給料が支給されるのでメリット大きいです。
まず業界を知りたい人にはちょうど良いかも。
求人参照元リンク
ボーイズバー「Astro(アストロ)」の求人詳細ページ

営業・就業時間&接客スタイルの違い

カテゴリ:

働く前にチェックしておきたい時間と仕事内容

就業時間

時間・仕事内容。
求人情報において重要度の高い項目。
ホストクラブとボーイズバーではどのような違いがあるのでしょうか。

営業・就業時間比較

ホストクラブ
・深夜営業不可
・2部制(夕方から深夜までと日の出から昼まで)
※例外的に昼からの営業を行っている店舗もある
ボーイズバー
・深夜営業可能
・開店時間が深夜の場合もある

解説~営業・就業時間~

最大の違いは深夜営業の可否でしょう。
これは、そもそも営業の届出の種類が違うためです。
ホストクラブは接待飲食等営業
ボーイズバーは深夜酒類提供飲食店営業です。

ホストクラブは基本的に深夜営業ができません。
そのために複数の営業時間を設けて対応しています。
基本は1部(夜)2部(明け方)ですが、新しい市場を開拓するためか3部という日中の営業を始めるホストクラブも現れています。
1部営業は24~25時までなのでタイミングが合えば終電で帰ることも可能です。

ボーイズバーはあくまでバーの一種なので営業時間に縛りはありません。
その中から特にお客さんが見込める夜間・深夜帯に営業しているお店が多いです。
開店時間がそもそも24時以降というお店もあります。
そのため終電前に帰ることができないこともあるので注意しましょう。

接客比較

ホストクラブ
・接待(客の隣に座っての接客)
・基本的に飲酒あり
・シャンパンコールなどの派手な演出あり
※参考⇒ホストの接客スタイルを解説
ボーイズバー
・カウンター越しの接客
・飲酒は基本的にないがお客に勧められることはある

解説~接客~

ここでも法律上の違いが影響してきます。

ホストクラブは接待(歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと)が可能です。
隣に座ってちょっとしたスキンシップをしながらの接客。
より親密な関係を築きやすいです。
お酒はお客だけが飲むのではなく、一緒に飲むのが基本。
むしろホストの方がメインで飲むこともザラです。
高級なお酒を注文してくれたお客さんには複数のホストが集まってシャンパンコール。
派手な演出でお客さんを楽しませます。

前述しましたがボーイズバーは基本的には一般的なバーや居酒屋などと同じです。
従業員はカウンター越しにお客さんと対面してお酒の提供、ちょっとした会話などを楽しみます。
お酒はお客さんが一緒に飲むように誘ってきたら対応、という感じ。
無理に飲む必要はありません。

補足

ボーイズバーと名乗りながら接待をしている店もありますがホストクラブと同様の届出を行っている場合もあるので一概に法律違反とは言えませ。
しかし深夜営業も同時にしている場合は法律違反の可能性が高いです。

女性をもてなす2つの仕事の違いとは

カテゴリ:

ホストクラブ・ボーイズバー働くならどっち?

ホストクラブとボーイズバーの違い

ホストクラブとボーイズバー。
男性スタッフが主に女性客をもてなす飲食店です。
似ているところもあればまったく違うところもある。
こういったお店に興味がある、またはこれから働こうと考えている方は参考にしてみてください。
求人・バイト情報を見るうえでの参考にどうぞ。

バイト・求人情報で注意すること

一昔前はあまり見かけなかったボーイズバーやホストクラブのバイト情報
今では気軽に雑誌やwebサイトでチェックすることが可能です。
求人情報を見るうえでの注意点を説明します。
⇒バイト・求人の注意点をチェックする

営業・就業時間&接客スタイルの違い

女性のお客さんをもてなすのが共通する仕事。
ただし、両者には明確な接客スタイルの線引きがあります。
それは営業時間にも絡んでくるのです。
⇒営業・接客の違いをチェックする

指名制度の違い

ある意味人気商売であるボーイズバー・ホストクラブ
お客さんから接客担当として「指名」されるかどうかが重要です。
上記の給与関係ともからんできます
⇒指名制度の違いをチェック

このページのトップヘ

見出し画像
×