• アポリオンNW
  • やっときたぜ
  • ふと考えついたこと その2
  • 有益なのかどうでもいいのかよくわからんデータ
  • 致命的なことに気付いた

September 24, 2006

アポリオンNW

前に「アポリオンソロについてはそのうち記事書く」なんて言っといてすっかり忘れてた。

ソロでのリンバスは丁度一年前くらいにアポリオンNEに行ってみたのが最初だったんだけど、
ってかこのブログもうすぐ一周年じゃん。更新頻度低いけど一応続いてるなー。
そういえばこのブログのデザインってなんか秋っぽいんだけど
丁度去年の秋頃に作ったからそんな感じになったんだろうけど
まあ春とか夏頃はもうちょっと季節相応な感じにしようかと思っていたんだけど
もう秋に差し掛かってるのでやっぱこのままにしよう。
僕の文章ってやたらと「だけど」を多用しようとするのが気になる今日この頃。
全然関係なかった。
そうそうそれで、アポリオンNEは4回ほどチャレンジしたんだけど
最も進めた時でも2層目を少しかじった程度で時間切れだった。

ソロでリンバスを攻略、この場合より奥へ進むのを目的とすると、最大の敵は制限時間になる。
そりゃあ18人まで入れるエリアをソロでやろうとしたらどうしてもペースは遅くなってしまうものだ。
じゃあ限られた時間内でより奥へ進むにはどうすればいいかって言うと、
制限時間自体を増やすか、進行速度を上げれば良い。
リンバスでは時間箱を開ければ制限時間を増やすことができる。
一方、進行速度というのは殲滅速度と次の層への渦の出現条件に影響される。
赤の場合は原動力がMPなので回復箱を使えば殲滅速度を上げることができる。
つまり、時間箱、回復箱、渦の湧かせが容易なエリアほどソロで攻略しやすいということになる。
最初から渦が湧いているエリアは無いけど、時間箱と回復箱が初めから置いてあるエリアはある。
アポリオンNEとNWだ。

そういう訳でソロで突っ込むならNEかNWだなーという感じだったんだけど、
NWはHNM系のモンスターが多くてきつそうな気がしたので
NEに挑戦してみたのが一年前。
このエリアは各層のボス格モンスター数匹のうちのどれかを倒すと渦が湧く。
1層目のマンドラやグーブーはHPが多いだけでそこまで強くはないけれど、
2層目の大鳥はかなりやりづらい。
そんな訳で数回挑戦した後、まあ運良くても3層目行ける程度だろうなーくらいに
自分の中で結論が出てしまったのでアポリオンソロはしなくなった。

その後しばらくはリンバスLSやフレといろんなエリアをまわった。
その中でNWにも何度か行ってみた感じ、イメージほど手強くはないと思ったので
NWにソロで行ってみることにした。
正直NEの挑戦で大分限界は感じていたのであまり期待せずにやってみたんだけど、
初挑戦で最後の5層目まで到達してしまった。
「うはなにコレw敵弱いなwwwってか古銭ウマーーーwwwwwww」
なんて調子にのって一週間後に再び挑戦。
が、今度は序盤の層でなかなか渦が湧かず2層目で時間切れで強制退出。

NWは各層の雑魚を何匹か倒すと渦が湧く仕様なのだけど、
この渦がすぐに湧くかどうかが運によるところが大きい。
特に1層目と2層目でなかなか渦が湧かないときつい。
何故って、NWは4、5層目の雑魚より1、2層目の雑魚の方がHPが多いのだ。
なんで序盤の層の方が強いのかわからないけど、
1、2層目の渦湧きの運でどこまで進めるかがほぼ決まると言って良い。

そんな感じで何度か挑戦した結果、流石に「どこまで進めるか」ってのは飽きてきたので
「何枚古銭を取れるか」に照準を合わせることにした。
と言っても4層目のワイバーンが古銭を最低2枚、
5層目のベヒーモスが最低5枚ドロップするので
ワイバーンx5、ベヒーモスx3を全滅させれば25枚は確定なのだ。
僕の今までの経験だと1、2層目の渦が合計4匹以内に湧けば
4、5層目の雑魚をほぼ全滅させることができる。

戦術に関しては、とにかくMP効率と時間効率を考えるだけで特筆するようなことはありません。

現在はリンバスLSが週2活動になっているのでちょっと古めの動画しかないけれどこんな感じ
時間の使い方が重要だからノーカットにしようかと思ったけど
やっぱり長過ぎだし見てて退屈なので編集しましたw
この時は1層目の渦が3匹目、2層目が1匹目で湧いて、
4層目のワイバーンを一匹残して5層目に行ったのかな。
古銭無視しちゃって運が良ければエリアクリアもできそうな気がする。

Posted by bozecaitsith at 14:59Comments(6)TrackBack(1)
September 19, 2006

やっときたぜ

Wilhelm
ホマムコッシャレ
リンバスLSで活動し始めてもうすぐ一年、ようやく一つ目の装束を手にしました。
いやーマジでうれしい。超うれしい。
裏や空には縁がないし、僕は自他ともに認めるアイテム運のないヤツなので
こういうものを手に入れる機会は滅多にないのです。
どうでもいいけどこのゲームでレアアイテムを入手した時って
あんまり喜びを表に出さない人が多いように思うんだけど何故だろう。
恥ずかしがり屋のシャイボーイシャイガールが多いのだろうか。
やっぱこういうのは喜びを前面に押し出した方が周りの人も嬉しいじゃない?
と思ったので僕は喜びを前面に、前のめりに押し出そうとしたのだけど
実際は前のめりとまではいかなかった。僕もシャイなのだろう。

ところでこのホマムコッシャレのどこが良いって、
パラニンの脚装備でトップクラスなのだ。
HPもMPも増えるのは嬉しいし、命中もちょっとだけど増えるし、
そしてなんとファストキャスト効果アップ、何%縮まるのかは詳しく知らないけど
きっとものすごいのだろう。うん多分きっとものすごい。
そしてヘイスト、これ。
今流行のヘイストが付いてるとは、なんて小洒落たコッシャレなのだろう。
そういう訳でLv75まであと一歩、パラニンのレベル上げをがんばりたいと思うので
明日からLv70〜73の人は積極的に希望を出しておくように。
Posted by bozecaitsith at 00:43Comments(4)TrackBack(0)
September 12, 2006

ふと考えついたこと その2

最近はナ/戦の肉盾でレベル上げをする時も、完全防御指向じゃなくて
ある程度は攻撃性能も考えた方が良いっていう流れになってきている。
要はオートリフレシュ追加や盾の性能アップなんかで連戦性能は忍盾と比べても縮まってきたので
今度は与ダメージの面も伸ばそうじゃないかってことなんだけど、
そこでサポ青なんてどうよっていう話。

なんでサポ青かというと、まずナ/戦で攻撃性能を考える場合、
装備、食事、ディフェンダーの有無の三点で
命中、攻撃、防御のバランスが変わってくる。
今のヴァナで総合与ダメージを伸ばすにはとにかく命中を上げるのがセオリーだ。
が、命中ばかり高くてもあまりに攻撃が低いと一撃のダメージが下がり総合ダメージは伸びないし、
与ダメージ/与TPという点から見ても好ましくない。
かと言って命中と攻撃を両立させようとすると、今度は防御が疎かになってしまう。
攻撃性能を意識するといっても、まず第一に盾としての役割を果たした上での話なので
防御性能が極端に落ちてしまうのは本末転倒だ。

装備に関しては、命中装備でも防御特化装備でも防御自体にはそこまで差がないので
基本的には命中装備になる。
そういう訳で食事とディフェンダーの組み合わせをいろいろ考えてみるのだけど、

命中装備+命中食事+ディフェンダー有
命中○/攻撃×/防御△

命中装備+命中食事+ディフェンダー無
命中○/攻撃△/防御×

命中装備+防御食事+ディフェンダー有
命中△/攻撃×/防御○

命中装備+防御食事+ディフェンダー無
命中△/攻撃△/防御△

命中装備+攻撃食事+ディフェンダー有
命中△/攻撃△/防御△

命中装備+攻撃食事+ディフェンダー無
命中△/攻撃○/防御×

まあ大分曖昧な評価だけど、こんな感じで中々うまいバランスにするのは難しい。
そこでサポ青なのです。
サポ青だとコクーンが使える。
サポ戦のディフェンダーが攻撃-25%、防御+25%なのに対して
コクーンは攻撃ダウン無し、防御+50%というものすごい性能なのだ。
で、コクーンを使って例えばこんな組み合わせをすると

命中装備+命中食事+コクーン有
命中○/攻撃△/防御○

こんな感じになる。
これだけ見るとサポ青サイキョーwってことにもなるのだけど、
そうそううまい話は転がっていないものでデメリットもある。
挑発がないのだ。

つまり問題は挑発なしでタゲを取れるかってことなんだけど、
実際サポ青でやったことないのでわかりませんwww
ただ、攻撃装備パラニンでの経験では殴りだけでも相当のヘイトを稼げてたし、
開幕フラッシュ→WS→ケアルIVくらいしてその後もフラッシュやたまにケアルしていれば
戦闘終盤までは剥がれないんじゃないかと思う。
与ダメとケアルフラッシュ両方でヘイトを稼いでいく感じ。
でもかなり攻撃装備が揃ってないとちょっときついかもしれないなー。

という妄想。
Posted by bozecaitsith at 01:43Comments(0)TrackBack(0)
September 05, 2006

有益なのかどうでもいいのかよくわからんデータ

Amikiriの劇毒ドロップ記録
4/29(全てトレハンなし)
Posted by bozecaitsith at 21:39Comments(2)TrackBack(0)
September 02, 2006

致命的なことに気付いた

もうこれ使えないじゃん
Posted by bozecaitsith at 06:31Comments(2)TrackBack(0)