2007年12月

2007年12月31日

え〜19%!

642cadf8.jpg私は継ぎ足し充電があまり好きではありません。

で、予備バッテリーを購入してとっかえひっかえ・・・。

で、その時点で利用してないバッテリーはもう一台のadvancedW-ZERO3[es]を使って充電します。

充電が終了したら、本体から外してビニール袋に入れて鞄に入れてあります。

ところが先日充電終了後予備のadvancedW-ZERO3[es]本体に着けたまま鞄に放り込んでいてそのままでした。

いざ、通常利用のadvancedW-ZERO3[es]がバッテリー切れをおこしそうになり、入れ換えたところいきなり19%!

え〜でございます。

よく考えれば電源オフでもいろいろ動いてはいるんですよね。

ということは(通信こそはしていませんが)、二台同時に利用していたということ・・・。う〜んもったいないことをしてしまった。

まぁ、予備バッテリーはもう一つあるのでなんとかなるっしょ。


2007年12月30日

2007年の相棒たち

52248291.JPGそして2008年の相棒と・・・。

やはりadvancedW-ZERO3[es]は今年最高の相棒でした。

そしてそれをサポートするNX80V。

手書きはROHDIA。

さらに筆記具たち。

来年もよろしく。


2007年12月29日

いや、だから、おれは

0f67b101.jpgやらないんだっ!

南国生まれの、南国育ちだぞ!


さすがに圏外

ceb2facc.jpgスキーに・・・。

さすがに会津田島の山の中、圏外です。

まぁこんなところでは電話しないけど、ネット接続はしたいなぁ。


高価な充電器

de81d072.jpg二度の落下実験を経験し、予備機を手に入れたのはよかったのですが、なぜかまもる君を装着したところ、スライドキーボードの不具合が改善されてしまい、結局非常に高価な充電専用マシンになってしまった弐号機。

まぁ、「なんかあってももう一台ある」という安心感はあります。

ただ、バックアップで初号機のデータを移し替えることは出来ないので、どうにか現在の環境を丸ごと移し替える術はないものかとつれづれ思っております。

まぁあまりそういう人はいないんでしょうなぁ。

大概の人は他機種への乗り換えはあっても同一機種への乗り換えは、選択肢が少ない時代ではあったとは思いますが、需要はないのかもしれません。

というわけで本格的に壊れることを夢見ながら(違!)、弐号機デビューする日が来るのを待ちます。
それまでは充電器として待機させるしかありませんな。


2007年12月28日

継ぎ足し充電しますか?しませんか?

9e350167.jpgみなさんは継ぎ足し充電しますか?しませんか?

日常的に・・・という意味ですが。

私は「出来るだけからになってから充電」派です。

ですから、バッテリー警告(なんかどっかの渓谷みたい)の出現は結構頻繁に目にします。

最近のZaurusは分かりませんが、SL-C700やSL-C1000では警告が出てから、落ちるまではそれほど余裕がありませんでした。

しかし、advancedW-ZERO3[es]は結構踏ん張ってくれます。
なんか車で言うところの「エンプティランプが点いてから概ね20キロは走れます」みたいな感じです。

ですが、やはり気が気ではなく19%の表示が出て、概ね5回くらい警告が出て予備バッテリーと入れ換えます。

一説によるとipodなんかは「あまり空近くまで使うと良くない、できるだけ頻繁に充電を!」と言われているとか、そうでないとか・・・。

どうもメモリー効果を気にして通話中にブッツリ、なんてことも何度か経験したので、まぁ自分の中で「このへんで」と決めて充電をしています。

ただし、これは予備バッテリーを持ち歩いていることで出来る技、さらに先日来「日常使わないadvancedW-ZERO3[es]」をも持ち歩いていることでできることです(高価な充電器と化しています>advancedW-ZERO3[es]弐号機)。

結局常に電源につながれていないマシンたちにいつもつきまとっているのは、それが何時間モツのかモタナイのかはありますが、「コンセントはどこだぁ」ということ。

こりゃぁ本気でフリーエネルギーでも探すかのぉ(笑)


2007年12月27日

LunaScapeMobileもいい感じ

1d853aa0.jpg結局advancedW-ZERO3[es]に導入しているブラウザはこれで4つめ。

そんなにブラウザばっかり入れてどうするよ?というつっこみは無しにしていただいて・・・。

LunaScapeMobile結構いい感じです。

設定しようでは可能なのかもしれませんが、十字キーがうまく動作しなかったり(10キーで動くので良いんです)、ぱっと見た目ソフトキー非対応のように見えますが、左のソフトキーはしっかり使えますし・・・。

ネフロもそうですが、IEMobaileのお気に入りをちゃんと引き継いで(というか「使って」というか「参照先」としてあるというか・・・)、いちいち登録しなくても良いし・・・。

フリーだし。

まぁ、PC版LunaScapeもそうですが「なにごとも『慣れ』るまでは使いづらいもの」という視点に立てば、慣れてしまえば何ともない程度の使用感(故に「慣れ」は恐ろしいものですなぁ〜)。

特に「ユーザーが使いやすいようにカスタマイズ可能」なんてウタわれているものは、逆に深く入り込まないと「使いづらい」と感じることも多々ある場合が多いかもしれません。

そういう意味ではスマートフォン。
「目的に応じて使いやすいアプリを入れ換え可能」なことは、「馴らされて」しまうと逆にデメリットに見える、かもしれません。

まぁ、今回はスマートフォンの話ではないので・・・。

というわけで、IEMobaile、Opera、NetFrontTPにLunaScapeMobileが加わったというお話しでした。


2007年12月26日

1%は初めて

343fdcdc.jpgいつもはバッテリー残量9%あたりで我慢できなくなって、充電もしくはバッテリーの交換へとすすむ私ですが、ふとしたことから1%を目撃。

そうなってみないと分からないものですね、1%という表示がされるのは。

まさか「0%」の表示はないと思いますが。でもって私の性癖からいうときっとこれからも1%表示を見ることはまれでしょう。

というわけで記念にパチリ。


2007年12月25日

最近はIEMobileがお気に入り

5d88279c.jpgこれまであまり気にせずソフトウェアキーの方を押して「お気に入り」から目的のサイトに行っていましたが、ふとしたきっかけからブラウザそのものの「お気に入り」を押してみました。

おお!なんと訪問頻度が高いサイトがちゃんと上位に来ている出はないですか。

(設定次第なのかもしれませんが)ソフトウェアキーから行くと名前順になってしまうようで、下〜の方にあるところはもう面倒で面倒で・・・。

しかし、最初の頃これ(ブラウザ上の「お気に入り」)押してみたとき南下上手く動かなかったんだよなぁ。

あ、あとlunascapeMobaileを入れてみました。これでブラウザが4つです。

まぁこれ!というのがないので時と場合によって使い分けていきたいと思います。


2007年12月24日

紙の手帳も欲しかったりして・・・

先日のクライアント訪問は会社トップと同行訪問でした。

彼はvisorユーザーですが、ぽろっと「紙の手帳が欲しいんだよね」とつぶやきました。

「あ、いや、手帳と言っても予定表ではなく、純粋な手帳が欲しいんだ」と。

実はこの年末にかけて私も同じことを考えていました。

で、紙の手帳を新調しようかと考えています。

Moleskin辺りが良さそうです。

今悩んでいるのは大きさと中身。それともう一つ、あれに合う筆記具です。

大きさは以前ラージを買ってその重さに持ち歩きを断念した経過があります。

ですから今回はポケットサイズをチョイスしてみようと思います。

中身は白紙タイプと格子。

フリーハンドで自由に書けるのは魅力的ですが、フリーハンドは最初の一筆に結構な勇気が必要です。

そして最大の悩みは、紙にマッチした筆記具。

鉛筆(メカニカルペンシル含む)、ボールポイントペン、万年筆・・・。

この手帳と添い遂げさせようとする筆記具です。

後から見ても「この筆記具で良かった」と思えるものが良さそうです。

ボールポイントペンも、水性や油性、顔料インクや・・・といろいろありますし、鉛筆も濃さ(柔らかさ)やメカニカルペンシルでは芯の太さ。

悩みます。

特に時間軸におかない「記録」ですからら耐水性や耐油性も必要かもしれません。

しかし、「適度な滲み」も欲しかったりします。

なんか尽きませんね(笑)

こんな時間がもっとも至福の時間かもしれません。

しかし、先ずは悪筆を何とかせねばなりませんね。


2007年12月23日

ケータイ

息子がケータイをなくしてから早2週間。

文明の利器に慣れてしまうと、こうも不便なのかと思ってしまいます。

まぁそれはそれで良いとして(なにが?)、その絡みでいわゆる一般的なケータイの話題が我が家でよく話になります。

とはいっても、docomo信仰の強い息子のこと、当然905iの話題と買い方のことが中心。

分割プランに対して「結局は借金なんでしょ?」と一言。

そうそう、あれは借金なんですよ。

で、途中で解約した場合は残金を支払って、初めて所有権が移る(のかな?民法上の物権の考え方だとそうなると思うのですが、イマイチよく分からん)。

で、この買い方の是非は別にしてここまでコミュニケーションの道具として一般化しているのであれば、どうにかならんのでしょうか?あの価格。

確かに昔の家電。

これは高かった。

でも、(BS=バランスシート上は)資産でした。

質にも入れられた。

それより何より、その価値が減ることは想定されていなかった。

まぁ、それを上回る利器が出たのだからそこはそこ、歴史の発展ということで良いのでしょうが、5年前のあるクライアントさんの一言。

「たかが電話になんで1万も払わにゃならんのだ」

技術の価値と言えば、多分妥当なのかもしれません。

原価から計算すれば妥当なのだと思います。

しかし、老若男女、そしてビジネス上必要で、前提で(あるお客様から)「ポリシーとしてケータイを持たないのは分かるが、こういう仕事をしているんだったらモツのはシャカイジンとしてジョーシキでしょう」とまで言わせてしまうケータイ。

考え方はそれぞれです。

しかし、あらゆる情報が(とは言い過ぎでしょうが・・・)そしてコミュニケーションの重要な道具としてここまで普及したとすると、塩や水と同じとは言わないが、もう少し安くなると嬉しい。

そんなことをふと思ったつぶやきでした。


2007年12月22日

GmailをpocketIEで使う

aa21d3c5.jpg以外と便利な(ではなく)本当に便利なwebmailのGmail。

基本はクライアントさん用のGmailアドレスと、プライベート用アドレスを使い分けていますが、W-ZERO3メールのアカウント設定でGmailを使うという方法もありますが、私はそのままGmailのモバイル用をpocketIEで使っています。

check*Padではモバイル用(ケータイ)と認識してもらえなかったpocketIEですが、Gmailではちゃんとモバイルと認識してもらえます。

ブラウザを立ち上げますので、W-ZERO3メールよりもバッテリーの減りは早い気がしますが、それでもそれほど頻繁に立ち上げなければそれほどバッテリーがもたないということはありません。

ただし、私のadvancedW-ZERO3[es]のW-ZERO3メールノアドレスをご存じのクライアントさんもいらっしゃいますので、
クライアント→ビジネス用Gmailアドレス→W-ZERO3メールへ転送→W-ZERO3メールからadvancedW-ZERO3[es]のmailアドレスで返信
ということもあります。

私は同じ目的のアプリを2〜3advancedW-ZERO3[es]に入れてあります(例えばデフォルトの予定表、officeneilDate、oyazinapp他予定表アプリなどが代表的ですが・・・)。

TPOに合わせて使い分けをしています。

W-ZERO3メールとGmailをweb上で使うのもTPOに合わせてシェアリングしています。


2007年12月21日

こういう使い方をする時がくるのでしょうか

a675a69f.jpg何となくメール作成画面でソフトウェアキーボードを出してみました。

WMの標準仕様ですから、当然出てきます。

advancedW-ZERO3[es]は「(なんちゃって)ストレート端末」ですが縦長(もしくは横長)の液晶を持っています。
X02HTの液晶は縦は短いです。

そういえばX02HTって画面の回転って可能なんでしょうかね?

まぁそれはおいといて、ソフトウェアキーボードって使う日がくるのでしょうか。

自分で出しておいてなんなんですが、ちょっと不憫なソフトウェアキーボードさんでした。


2007年12月20日

Xcrawlキーが効かない

00dffb4c.jpg表題の表現は正確ではないのかもしれません。

Xcrawlキーと言うより矢印キーと言った方がよいと思います。

画像は弊blogをpocketIEで表示したところなのですが、最下部が文字化けしています。

右端の上下スクロールバーにはまだまだ余裕があります。

で、Xcrawlキーを使って(といっても私は上下左右の4方向のみの設定です)、さらにその下を見ようとしたのですが、上手いこと行きません。

リンク先に飛ぶための「選択」が出来る状態でさらに下方向に押すと、選択範囲を示す囲み線が消え、さらに再度下方向に押すと、囲み線が復活します。

うーん・・・自分のサイトなので「下に、下に」と読んでいくことはありませんが、どういうことなんでしょうかねぃ?


2007年12月19日

W+infoもお休み?

7581dd19.jpg最近たま〜にW+infoが見えなくなります。

まぁ12月になって何かと忙しく、大活躍のadvancedW-ZERO3[es]ですが、頻繁に予定表とTodayを行ったり来たり。

さらにデスクについている時にはactive syncを繰り返しますので休む暇もないのでしょう。

そういえば昨年の年末「ひげ」さんを囲んでの忘年会の日、待ち合わせ場所に到着時、会社のTopから突然の電話、結局年末休みの第一日目をお客様訪問でつぶれたことを思い出しましたが、一年たってやっと受注しました。

その際もadvancedW-ZERO3[es]大活躍。

まぁどう活躍したかはまた後ほど・・・。


2007年12月18日

右のソフトキーをsandglassに変えました

a18a3a08.jpgいよいよ繁忙期突入をひかえ、右のソフトキーをKtPocketLunchからSandGlassに変更しました。

従来はToDayから各種アプリへのアクセスが非常に多かったのですが、繁忙期ともなると先ずは予定表のアラーム表示が15分前に表示され、それを合図に、その予定開始までの15分が今やっている業務の終了15分前となります。

デスクに座っているときは、デスクのPCではほとんどagendus outlook ediが立ち上がっていますので、advancedW-ZERO3[es]はToDay表示のままです。

ですから、KtPocketLunchからSandGlassを立ち上げるのではなく、ダイレクトにSandGlassを立ち上げられれば便利です。

でこれまでは右のソフトキーは予定表にしていましたが、しばらくの間SandGlassに変更しました。

では、KtPocketLunchはどうしたかというと「文字キー長押し」で対応しています。

よく考えるとKtPocketLunchはこの「文字キー長押し」の方が良さそうです。

他のアプリを立ち上げていたときも「文字キー長押し」であれば、そのアプリの上にKtPocketLunchが立ち上がります。

しばらくはこれで運用です。

ちなみにその他を含めてどうしているかというと・・・
左ソフトキー=W-ZERO3メール
右ソフトキー=SandGlass
文字キー長押し=KtPocketLunch
画面縦横変更=キャプチャボタン
にしてあります。

もうすこしボタンの類が多く、ダイレクトに起動できるアプリが多ければと思うことも多々ありますが、それよりも私の場合は「ケータイらしい大きさ」の恩恵の方が多いので後は工夫で乗り切ることとしますかね。


2007年12月17日

R*PADを使い始めようかと・・・

advancedW-ZERO3[es]がWM6になって困ってしまったのが、ユーザーエージェントの変更が出来なくなってしまったことにより、check*padの確認がケータイモードで出来なくなったことでした。

一応予定表への入力は・・・
デスクのPC=母艦で入力する際のデフォルトはアラーム無し。
advancedW-ZERO3[es]で入力する際のデフォルトはアラーム有り。
で運用しています。

これは私の業務スタイルが「外での業務スケジュールの確認」<「デスクでの業務スケジュール確認」と変わってきつつあることが起因しています。

ですから、母艦の予定表は何度もリスケジュールするためにその周辺業務もいつの間にか認識されていますが、activesyncで母艦に移された予定はそれまで見ていなかったものが追加されるわけですから、見る回数は明らかに少ないこととなります。

advancedW-ZERO3[es]で入力されてから、実行されるまでの間の期間が長ければそれでも何度も見ることになりますのでいつの間にか「セル」とか「チャンク」として認識することが出来ますが、日がないと忘れてしまうリスクが発生します。

で、今回新たにリマインダーとしてR*PADを導入してみました。

これは(一応)ケータイのメールで「1224クリスマスパーティ」と件名を入れて、指定されたメールアドレスにメールを送ると、リマインダーとして登録されて先頭の数字を月日として認識して、その日にメールにてその内容を送ってくれる、というもの。

「ケータイのメールで」とウタわれていましたが、advancedW-ZERO3[es]のW-ZERO3メールでも大丈夫です。

これで、advancedW-ZERO3[es]の予定表のアラーム、プラスR*PADによる二重の防止線を打つことが出来るんではないでしょうか。

まぁ癖になるくらい使い込んでみてまたレポートしてみたいと思います。


2007年12月16日

まもるくんを着けてみた

e93b5bc5.JPGさすがに二回も落としてしまうと(さらにゆがんでしまうと)2年モツのだろうか?と本気で心配になってしまいます。

さらに交換となると3万円くらいの実費負担が必要になります。
これは痛い。

で、まもるくんを買って着けてみました。

先ずは旬を過ぎてしまった感もあり、在庫無しのカラーも多く選択の余地はあまりありません。

で、ちょっと納得の色ではありませんでしたが黒(なんかラメっぽい)を選んでみました。

で、装着。

う〜ん引き締まって、は見えます。

ただツートンカラーのパンダのようです。

まぁ、守ってくれればそれでよいのです。

贅沢は言いません。

困っているのは、以前エントリーしたとおり私の親指捌きでは右の親指がスライドした液晶の端に爪が引っかかってしまうことです。

今回まもる君装着に伴って、それらの症状はありませんがやはりほんの一回り厚さが増したためか、最上段のキーが押しづらい。

もうミスタイプ頻発です。

護ってもらうことと、「素」で使いやすく作られていることはなかなかn両立は難しいものですね。


2007年12月15日

両手親指でバシバシ打ちたいんじゃ!

電車の吊革につかまってふと回りを見渡すと、各々方、自分のケータイを見つめる姿、姿、姿、姿、姿。

なんと多いことか。

まぁ中にはDSやPSPを両手でグワシっ!もしくは右手でスタイラス、シャカシャカ!の方もいらっしゃいますが、概ねケータイを片手でしっかり握りしめ「超高速10キー入力」をされている方がヒッジョーに多い。

確かに2年前の沖縄出張時にvoiceBlogをエントリーする際に、
1genioで録音
2genioでUP
3SL-C1000でテキスト打ち
4返コメ等はケータイで・・・
を繰り返す内に「片手で入力&送信」は便利かも〜、などと思いその後「それでもQWERTYキーボードは必須」と思い、treo650をメインに使っていた時代もありますが、約1年で終了。

treoでも両手打ちは可能ですし、安定するであろう大きさ(横幅)としては爆速マシンで名高いT|Cがありますが、それでも今使っているadvancedW-ZERO3[es]は抜群に打ちやすい幅であります。

DSやPSPも「小さくしようと思えば」きっと小さくできるでしょう(液晶の大きさと、携帯しやすさがトレードオフになりますが・・・)。

しかし、(多分・・・ではありますが)DSのあの大きさ(横幅)は、概ね両手で持った時に、もっとも安定して両手が無理無く使える横幅として設定されていると思われます。

故に私のように「両手でガシガシ入力したいんじゃぁ!」な人は今はWMマシンであるadvancedW-ZERO3[es]か、softbankなX01HT、X01Tを選ぶことになります。

で、この二機種。残念なことに10キーはソフトウェア的に(スライドキーボードを開けばハードウェア的にできる)行うことになります。

私にとってはadvancedW-ZERO3[es]の10キー利用率は格段に悪いのですが、それでも「連絡帳」から選んで発信するまでもない、例えば「自宅」や「会社」、「(頻繁に連絡をとる)クライアント様」等は電話番号を覚えているだけに、10キーで入力する方が早いです。

ただし、それらの連絡先は概ね「リダイヤル履歴」や「着信履歴」にあることはあるので、結局そこから選んで発信することも多い。

しか〜しっ!先の3つ(カテゴリーとしては3つですが、クライアント様は概ね5件ほどは記憶しているので結局7件ほどですが)は着信履歴や発信履歴にその内の3つほどが何度も出てくると、履歴の欄外に行ってしまいます。

以前使っていたケータイには、「頻度の高い番号」や「頻度の高いアドレス」を表示してくれました。advancedW-ZERO3[es]にも是非!

あれれ?10キーじゃなくって「両手親指でガシガシ入力したい!」っていう話だったはずなのに、違う話しになってしまいましたね。

まぁいっか。


2007年12月14日

真っ白

f6cb9053.jpg私のadvancedW-ZERO3[es]、かなりお疲れのようです。

ストライキに入ってしまいました。

リセットをかけてあげたので、すぐに「スト解除」となりましたが・・・。

使ってなんぼでしょうが、使いすぎると真っ白になってしまう(違!)なんて、人間の頭のようです。

やっぱりリフレッシュ(=リセット)は必要なことですね。

さ〜って、年末年始のリフレッシュとその次の8月(お盆)のリフレッシュをきちんとリフレッシュ出来るよう、仕事にプライベートにガンガンadvancedW-ZERO3[es]を使って・・・ん?


2007年12月13日

smartphoneはやっぱ便利・・・とまた思った

先日山登りに行きました。と言っても「山」なのかどうか???な山ですが。

さらに、それが決まったのが前日の夜。配偶者の思いつきにて・・・。

それから大わらわです。

仕方がないので先ずはその山へのアクセスルートを切り取ってワードに張り付けて添付ファイルにしてadvancedW-ZERO3[es]のメールアドレスへWebメールから送信っと。

それから電車等のルートや時間は・・・まぁこの辺りはケータイやsmartphoneが得意とすることなので、下調べ程度ですませてあとは途中での変更にはその都度対応することにしました。

で、朝!しゅっぱ〜っつ、っていきなり子ども共々寝坊をかましてしまいました。

しかしそこはadvancedW-ZERO3[es]。時間等は調べつつ順調に乗り換えをすませていきます。

さて、あと数駅で目的の登山口の最寄り駅ということで昨晩送ったメールに添付したルートを張り付けたメールそのものを・・・無い!

どうやらうっかりメールアドレスを間違えて送信してしまったようです。

で、仕方はないので(実はadvancedW-ZERO3[es]のバッテリーが心配でした)advancedW-ZERO3[es]でwebmailのアクセスして、再度正確なアドレスを記して再度送信。

無事手元にきました(何をやっているんだか・・・)。

そこからは、時々advancedW-ZERO3[es]のpocket wordでルートを確認しつつ、ヒィヒィ言いながら登頂。

山頂付近では見事圏外で、いわゆる一般的なケータイユーザーが会話しているのを見てちょっとうらやましかったのですが、こんなところに来てクライアントさんから電話なんかかかってきた日にゃ、絶景も霞む!と開き直りました。

さて、ケータイでも概ね機種を選べばこれらのことは出来るとは思いますし、事前準備をしっかりやっておけば、昔ながらに紙の地図を用意して、予定通りの電車に乗れば問題無しです。

しかし、小さな子どもと共にさらに次々といろいろなモノに目を奪われまくる配偶者と共に、さらに途中で食事をして帰ろう!という移り気な配偶者の欲求を満たす為にも私にはsmartphoneが必須です。

いやぁ便利です。


2007年12月12日

あえてオフラインのPDAをもつメリット

表題は過日のpocketbookの章仁さんのエントリーを読ませていただいて以来ず〜っと考えていたことです。

章仁さんは「北海道での営業」ということを問題意識の源泉にされていましたが、私の場合の今朝のシチュエイションは、smartphoneについて一考させられました。

詳しくはかけないのですが、込み入ったコンサル事案をお客様が直接私のadvancedW-ZERO3[es]にかけていらっしゃったのです。

込み入った事案ですから、できればデスクで受けたかったのですが、相手は入院中・・・。ここで一度連絡を切って再度というわけには行かない状況でした。

相手も出来れば早々に状況を報告して、会える日程の詰めをしたがっていました。

幸いにも、私のスーツの右側の内ポケットにはTH55が入っていました。

これがUX50やNX80VではなくTH55でよかった。

通常NX80Vは私は液晶面を中に入れていますし、UX50でもそうです。

TH55だったからこそ、片手で出して片手で左端のカレンダーを立ち上げて、片手で背面にあるジョグダイヤルを操作して、右手でadvancedW-ZERO3[es]、左手でTH55という操作が出来ました。

たまたまではありますが、それらを片手で出来たのです。

緊急でなければ、相手に「少々お待ち下さい」とことわって、イヤフォンを取り出してadvancedW-ZERO3[es]の予定表を見て会話を続けたと思いますが、とっさの出来事に対応できたのは、複数のデバイスで同期をとっていたから、それと、一方はsmartphoneではなく純粋にビュアーとして利用していたからにつきると思いました。

実はadvancedW-ZERO3[es]とTH55を持つようになって結構こういう、advancedW-ZERO3[es]で通話しながら、TH55で確認するということが多々あります。

その場合感じるのは、確かにsmartphoneだと一台でまかなえるということがあり、荷物も減ってさらにいろいろな情報をネットワークを通して共有できるという利点があります。

一方で、その端末が「通話」等でふさがってしまった場合、何らかの手を打たないと使いづらいと思う場合があるということです。

そういう意味では「ケータイ+EM・ONE」あたりが最強かもしれません。

まぁこんなことはそうそうあるわけではありませんがね。

しかし、今はTH55からNX80Vに戻っています。
うーん・・・あいかわらずですね。


2007年12月11日

リセット回数

d6758ce4.jpgadvancedW-ZERO3[es]を使っていると、とにかくリセットをしまくりたくなります。

以前に比べてToDayを多少いじっていてもそれほど不具合があるようなことはなくなりました(と言っても私がWMを使っていたのはwindowsCEのころですからかなり前です)。

それでも通常運用時ちょっとしたきっかけでもリセットをします。

ToDay画面から簡単にリセットできることも頻回なリセットに繋がっていますが、それ以上に「なにかある」ことが出来るだけないようにしたいという意識の現れかと思います。

たまたまpocketの手の初期画面を見ると369回のリセットをしているとカウントされていました。

4ヶ月ちょっとで369回ですから(取りこぼしもあるでしょうが、工場出荷状態には一度ももどしてはいませんので、ほぼ正確かと思います)、一日2回〜3回のリセットをしていることになります。

まぁこれで不具合無く使えるのですからいいんです。

でもちょっと多いかな?


2007年12月10日

持ちやすい大きさ・・・

advancedW-ZERO3[es]を使っていてふと「ん?」と思うことがあります。

それはスタイラスを使ってのタップをするとき。

以前(かなり前ですが・・・)もエントリーしたことがありますが、「電話」としてのスタイリングに軸足を置いたadvancedW-ZERO3[es]&[es]は持ったときの重心が下にきます。

その様に持ったときにスタイラスでタップするのはちょっと安定感が乏しい。
初代W-ZERO3は10キーがないので液晶を両脇から「グワシッ!」と握ることが出来るのでタップするにはバランスがとても良い。

しかし今回感じたのはNX80Vとの比較です。

タップ云々ではなく横幅そのもの。

実は紙の手帳でもっともメモを取りやすいと私が感じているメモ帳が100均で売っています。

この縦横の比率がNX80Vとほぼ同じなのです。

一方advancedW-ZERO3[es]はチト狭い。

まぁ言い始めればきりがないのではありますが、やはり(ちょっと重いかもしれませんが)NX80Vは私にとってはちょうど良い幅なんでしょう。

ただ、重さがねぇ・・・残念


2007年12月09日

せめて後1枚

a7207278.jpgせめて後1枚でいいんです。

advancedW-ZERO3[es]ではバッテリー残容量が19%になると画像のようなメッセージが出て撮影不可になります。

メールの送受信やwebの閲覧では「充電しないとデータ飛ぶかもよ」的なメッセージが出ることは出ますが、それらの操作は可能です。

しかし、写真は「その一瞬を切り取る」もの。

デバイスのバッテリーが完全にアウトでしたらあきらめもつきますが、カメラ機能のみ「そこから先には進まない」というのはちょっとモヤモヤ感が残ります。

かといってadvancedW-ZERO3[es]はsmartphoneですから、本来の目的は、
通話>通信>PDA的使途>その他
であるとしたならば(あくまでも仮定です)、当然その他に含まれる「撮影」はその上位目的を達成するためにその機能は制限されるべきモノとして考えないといけないのだと思います。

でも、せめてあと1枚・・・。


2007年12月08日

結局QWERTYキーボードを使ってしまう私・・・

7e92ca56.JPGadvancedW-ZERO3[es]が出たとき、そして初代W-ZERO3が壊れて修理に出したときにお借りした無印[es]を使い始めの頃「これで、10キーでも文書入力が結構快適に出来るかも」とか「電車の中で吊革につかまったままでもメールの返信が出来るかも」とか思っていました。

が・・・。

結局文書を打つときには吊革から手を離しても、スライドキーボードをシャッキーンと出してQWERTYキーボードで入力して、送信をFn+←で「送信」をする時にスライドを閉めて、縦に持って送信状況をじっと見る私がいます。

ほとんど10キーで返信することはありません。

唯一と言って良いのは、電車の中で思いついた予定や備忘的なスケジュールを予定表入力する時くらい。

たぶん私の中では5文字以上は親指タイプでないと入力を拒否するようです。

treo650の時もそうでした。

ただしtreo650はそれこそ本当に長文はほとんど入力せず、先ほどの予定表に入力程度ですから、ストレートタイプの狭い幅にQWERTYキーボードがついていても左手一本でガシガシっ!(ガシガシガシガシっではない)と入力して終わり!となっていたのでそれほど不便に感じませんでした。

しかし、advancedW-ZERO3[es]やZaurus、UX50を使って一定の長文入力の快適さを覚えてしまうとやめられません(ほとんどかっ○え○せん状態)。

というわけで、X02HTの線は私の中ではなくなりました。
行くとすれば(行かないけど!)X01T位でしょうか。しかし今更感もあるのでやっぱadvancedW-ZERO3[es]とNX80Vがベストチョイスのようです。

でもNX80VのQWERTYキーボードでの入力は購入して累計で概ね1時間も使ってませんなぁ。


2007年12月07日

Plaxo残念

af0ec020.jpg過日購入した週刊アスキーの特集でPlaxoという便利そうなサービスがありました。

まぁOutlookとwebカレンダーを同期するというサービスなのですが・・・。

データが多すぎてダメと言われてしまいあえなく断念。

やっぱり予定表は「予定」なので過去情報を大量に保有するということは想定されていないのでしょう。

しかし、紙の手帳や容量の少ないPDAと違いwebにはそれを上回る容量が(個人のデータ保管場所の容量としては・・・という意味ではですが)あるのにそこで容量不足と言われるとちょっと残念。

たしかにサービスを利用しようとする人が多ければ多いほど、サーバの容量は膨大になり、維持費を含めて間接・直接問わず費用はかなりのものとなると思います。

同時にそれを維持しようとして有料ということとなると、今度は利用者が思ったように集まらず、さらに「広告収入」という副収入(どっちが主で、どっちが副でも良いのですが・・・)も利用者が少なければ営業上マイナスとなるでしょう。

ですからこの辺りのバランスと組み合わせが絶妙となれば新しい(新しくはないかもしれませんが)ビジネスモデルが生まれるかもしれません。

う〜んしかし返す返すも残念。

当面はadvancedW-ZERO3[es]とNX80Vの二台体制は必須のようです。


2007年12月06日

SandGlassをいれました

62d53113.jpgいよいよ師走も佳境の様相を見始めているであろうこのエントリーアップの日(事前の隙間時間に作成しているため予想がつきません)、それに備えてタイマーアプリをadvancedW-ZERO3[es]に導入しました。

私の仕事は年末の12月から翌年3月をピークとして一気に駆け抜けないとなりません。

以前はpalmアプリであるK-timerをclieで利用して乗り切っていました。

W-ZERO3を手に入れてからもその起動の早さや、ToDayという考え方のないpalmOSでのダイレクトな起動ということからこの時期に無くてはならないアプリとして重宝していました。

でも今年は違います。

起動が早くなったadvancedW-ZERO3[es]を武器に、このSandGlassを武器に時間に追われます。

いや、不思議なものでこれらタイマーアプリを利用すると結果として「時間を追いかける」ことになります。

単に壁掛け時計や腕時計で「残時間」を認識してしまうと次に見たとき「あ!もう○時○分だ!」と思ってしまいますが、タイマーアプリでカウントダウンすると、「あ〜あと○分ある」と思い、次に業務終了時には「リミット手前」で終わらせている自分に気がつきます。

不思議なものです。

そして、新たなカウントダウンを設定して「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」を繰り返しているとなんとか目標の業務を達成していることが多いようです。

たぶんこれらタイマーアプリは私にとってのベルトコンベヤーの役割をし、そしてそのベルトの上を業務が流れてくるというイメージなんでしょう。

さ〜って隙間は終わりです。次の隙間目指してポチッとな。


2007年12月05日

久しぶりの、ネフロTP版

cd482b54.jpgネフロの3.4TP版が提供されたと聞いて入れてみました。

初代W-ZERO3のころはネフロばっかでした。

それからしばらくしてadvancedW-ZERO3[es]を使い始めてからはopera&IEで十分でしたがここに来てなんとなく・・・。

使用感などそのうち・・・(そのうちそのうちと言いながら年を越してしまうかもな感じがしています)。


2007年12月04日

mail送ったよって電話するのも変だけど・・・

プッシュ式のmailが当たり前で、ケータイのmailが一般的になってしまうと表題のように違和感を覚えますが、これが何らかの事情でmailが遅延してしまうと困りものです。

過日平日に休日を労働日と振り替えた関係で、その日が休みということがありました。
とは言っても、世の中は平日ですから当然平日モードで世界は回っています(というか日本ですね)。

一応この日が納期指定の仕事があったのですが、前日中に終了させて休みに入ったまでは良かったのですが、急遽訂正!かつ資料の訂正依頼が電話連絡されてきました。

さ〜て現場では部下が「指示を出してくれればやりますっ!」と構えてくれます。
というわけで、変更内容をmailで指示し、出来上がった資料をD-FAX宛てに送ってもらって確認し、時間に間に合わせることとしました。

ご存じの通りD-FAXはfax内容を画像データとしてmailに添付して送ってくれます。
登録しているアドレスはadvancedW-ZERO3[es]ではなくwebmailなのですが、そのmailが届いたことを教えてくれるのは、そのwebmailの転送先のadvancedW-ZERO3[es]のmailアドレスなんです。

これがこの日詰まりまくりました。なんだか上手く行きません。挙げ句の果てには、「電話も通じないですよ〜」といった内容のmailがどどっと後から押し寄せる始末。

あまり過信してはいけませんね。

まぁ結局何事もなく、無事終了。
って、あんまり休んだ気がしなかったなぁ。


2007年12月03日

電池来た

b068f97c.jpgさーこれで電池3つです。とりあえず圏外にならなければネットワークからとぎれることはなさそう。


2007年12月02日

予備バッテリーの需要は高いらしい

先日のW-SIMの不具合でwillcomプラザに行ったときのこと。

気を良くしたオイラは予備バッテリーを購入して帰ろうと思い「サポートコインで・・・」と言ったところで「プラザではオプション品は現金かカードで」と言われて手に入れることが出来ませんでした(その後オンラインでサポートコインを使って購入済)。

その時の会話の中で・・・。

私「概ねいつ来ても予備バッテリーの在庫はありますか?」

店「出来るだけ切らさないようにしています。が、企業さんなんかが『がさっ』とまとめ買いされますと一時的に店舗在庫がないこともあります」

おぉ〜、「ないこともある」というよりそれだけ「売れてる」(当然、バッテリーだけでは運用できないので本体が売れてるんですよね)ことに素直に喜んでいます(いや、回し者ではありません)。

いろいろ言っても「金は天下の回りモノ」でしょうから、循環してアンテナの増設へ再投資されたり、サービスの向上に再投資されたり、新しい端末の開発に再投資されたり・・・。きっといろいろと充実されていくことでしょう(頼みますよ!)。

というわけで、一ユーザーですが企業でのまとめて導入も進んでいくと我々も嬉しいっす。

でも、これ一般的にはならんだろうなぁ>smartphone


2007年12月01日

2つめゲッツ

2ae342dc.JPG何のかんのと言いながら、advancedW-ZERO3[es]気に入っております。

で、先日の2度目の落下にて大きくゆがんでしまった筐体(正確には、液晶部分とキーボード部分のズレですが・・・)や、あっちコッチの傷の具合から「こりゃ二年持たないかも・・・」と言う思いをしていたところ、とある方よりのお申し出により非常に安価にて譲っていただきました(どうもありがとうございます。しかし、時を同じくして1stがすねてしまったのにはびっくりです)。

たぶん単体では私の使いたいようには使えないかもしれませんが、NX80Vとペアになることによって本当にいかんなく威力を発揮してくれます。

今後次々と新しいsmartphoneが提供されるかもしれませんが、当面(二年間)はこのペアで使っていこうと思いました。

と言うわけで色も形も一緒の二台のadvancedW-ZERO3[es]。

まずは環境を整えて、そして「また落としても大丈夫なように・・・」と、とりあえずの保険として購入した「まもる君」を装着してばりばり使っていこうと思います。

しかし、便利だわぁ>smartphone。

というところでふと思ったこと。

smartphoneでなくてもQWERTYフルキーボード付きケータイ(by章仁さんのpocketbookでも言われていましたが)でも僕は満足かもしれない。

だって、ほとんどアプリを使って作業をすることはなく、どちらかと言えばビュァーとしての役目しかなく、QWERTYキーボードがあって嬉しいのはメールを打つときくらいだもの・・・。

ただ、このちっちゃな端末で、「あんなこと」や「こんなこと」や「そんなこと」をしたくなると「やっぱsmartphoneだね」と言いたくなるのかも。

といったところでbutuyokumaniaさんに「二台ゲッツ者一覧」というコーナーでも作ってもらって入れてもらお〜っと。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログリスト
カウンタ
カウンタ
SEOホームページ制作
でし。
palmObserver
w-zero3応援団

activation
あし@
PDAonMovie
声ブロ
QRコード
QRコード
手裏剣花
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
PDf会参加申込先