大阪から♪Backpackerかく語りき♪

2012年までに101カ国訪問、47都道府県制覇した元バックパッカーが語る

大阪で大地震発生

6月18日午前7時58分、大阪で震度6弱の地震が発生した。4人が犠牲になった。
私は、通勤のためにJR大阪環状線に乗車していた。あちこちで、緊急地震速報のアラームが鳴ったと追う間もなく、電車が停車した。さらに、車内灯がすべて消え、冷房も止まった。
1時間の間、車内に閉じ込められた。
その後、車両を降り、線路を歩いて、近くの駅にたどり着いた。
事情が事情だけに仕方のないこと。とにかく無事でよかったと思う。
鉄道がほぼすべて運休になったため、結局、歩いて自宅に引き返し、自宅待機した。

ポケ丼

ホノルルポケ丼ホノルルの中心にあるショッピングモール、アラモアナセンターへ行った。
観光客も多く訪れるが、ただのショッピングモールで、観光名所というほどではなかった。それでも、土産になりそうなものは多く売られていて、妻はハワイの服を買った。
ホノルル最大のショッピングモールというだけのことはあって、フードコートは充実している。
そこで、ホノルル料理の一つである、ポケ丼をいただいた。
マグロなどの刺身が乗ったどんぶりであるが、おそらく移住した日本人が考案し、ハワイで発展したものだと思う。わさび醤油で味付けしたので、和風だったが、辛子味噌や酸味のきいた味付けもできる。
帰国してからも、たまに食べてみたくはなるのだが、鉄火丼などは、日本では割と高価だからなあ…。

カメハメハ大王像

カメハメハ大王個人的にハワイに来た以上、見ておきたかったものがあった。
それは、カメハメハ大王像だった。
KCCファーマーズマーケットから、バスで州政府ビルまで移動。ここから州政府ビル、イオラニ・パレスというハワイ王朝の宮殿跡を抜けて、たどり着くことができた。
ハワイ州最高愛番所の前にそびえたつイケメンの像。金色の服をまとい、威厳を誇るかっこよく出来ている。

結果はどうであれ、これを見ておかないとハワイに来たという実感がわかなかったので、妻子をそそのかして、訪れた価値はあったと思う。

GWの終わり

今年のゴールデンウィークは、小笠原諸島で過ごした。飛行機がなく、船で24時間かかる遠い島。のんびりと過ごすことができ、リフレッシュできたのだけど…のんびりしすぎた分、気持ちの切り替えができていない。明日から仕事なのだが…頭の中はまだお休みモード。
職場に行きたくないという気持ちが強い。

今までは、旅から終わるとすぐにでも、仕事モードに切り替えることができたのだが。
旅好きリーマンとしては当たり前と思っていた。
自分としては、切り替えは早いほうだったのだが、年のせいかな。

小笠原の環境が、そうさせてしまったのか。

南島

南島父島の南にある南島。ツアーでガイド同伴でないとは入れない秘境の島。自然豊かな島で、海も真っ青で美しい。白い砂浜は、ほとんどはサンゴが細かくなったもの。そこには、カタツムリの殻がいっぱい。もう絶滅しているが、カタツムリが世界遺産登録の決め手の一つになったらしい。

ちなみに、画像に移っている扇池という入江。入ることができます。

小笠原諸島へ

小笠原海運1今年のGWの旅行として、小笠原諸島へ行くことにした。久々に鉄道のない旅、しかも24時間船に乗る長い船旅である。
嫁が船に乗りたいという一言で、あれこれ検討したうえで、小笠原諸島に決めた。独身時代の私には全く思いつかなかった場所である。ただ、海外をたくさん訪れた私には、この島が日本本土から最も行きにくい所というのに魅力を感じるようになり、船で行ける様々な目的地の中で、ここしかないと思い、決断した。
南米やアフリカへ行くより時間がかかる秘境の地。しかも、交通費だけで、ハワイを超えた…。
とにかく、日本の秘境でリフレッシュしてきます。

KCCファーマーズマーケット

2月3日、この日は土曜日。ダイヤKCCfarmmarketモンドヘッドの麓にあるカピオラニ・コミュニティ・カレッジの駐車場で毎週土曜日に開催されるKCCファーマーズマーケットKCC Farmars' Marketへ朝早くから出かけた。ホテル近くのバス停から、The Busという路線バスに乗って移動。連接バスに長男は大興奮。
8時30分ごろに到着したのだが、すでに多くの人でにぎわっていた。農産物だけでなく、お土産品、軽食もとることができる。
そこで、ボリュームのあるハンバーガーを買って朝食とした。
KCCfarmburger妻のリクエストで、訪れたのだが、十分満喫できた。フレッシュなフルーツや野菜、アワビなどの海産物まであり、楽しむことができた。ハワイ産のコーヒーも飲めたので、大満足だった。

パウハナ・マーケットで夕食

パウハナマーケット1ワイキキの西部にあるパウハナ・マーケットPau Hana Marketで、ハワイ初日の夕食とした。妻の友人がハワイに来ており、ここで合流することになっていた。
ここは、フードドラックというリーズナブルな価格で食べられる店が集結している。移動できるトラックが店舗になっており、10ドル程度からメニューがあり、物価の高いハワイでは人気のあるスポットである。

ハワイといえば、ロコモコ。ご飯の上にハンバーグや味付け肉等が乗っかった料理で、日本でもなじみのあるが、ボリュームが多い。それと、名物であるガーリックシュリンプをシェアして食べた。
パウハナマーケット2なかなかおいしく、満足できる晩餐になった。

初めてのワイキキビーチ

ワイキキビーチ2月2日、生まれて初めて、ホノルルのワイキキビーチを訪れた。あいにく天候は曇り、天気予報では次の日は雨。
どんよりとした曇り空で、イメージと異なっていた。青空の下で見たかったなあ。
それでも、ビーチには大勢の人がビーチを堪能していた。

100劼鯆兇┐襯蹇璽ル線・JR三江線が廃止

JR西日本は江津本町駅2018年3月31日をもって、広島県の三次駅と島根県の江津駅を結ぶ三江線を廃止した。100kmを超える配線は、JR以降本州では初めてである。

旅番組やニュースの特集で何度か三江線を見たことがあるが、地元の人ですら普段は乗らないのが実情。沿線の人口が少ないということもあるが、1日に4往復しかなく、利用したくても列車が少なすぎるので、利用できないという問題もあった。
山陽と山陰を結ぶ鉄道の一つとして、1975年に全通したものの、急行はおろか直通列車すらなかったため、当初から大赤字路線だった。国鉄末期には廃線対象になったものの、道路の整備が不十分ということで廃止を免れた経緯がある。
このまま存続しても改善の見込みはないので、廃止は、仕方ないのかもしれない。

ちなみに、私は昨年の3月に三江線に乗車した。画像は、乗車した列車から撮影した江津本町駅。1日の利用客は平均一人だったらしい。江の川に沿った美しい路線だっただけに、観光としてもう少し活用できなかったのか。ちょっと残念ですね。

ホノルルのトロリー

ホノルルバス停ホノルル市内では、基本、徒歩かバスで移動していた。まず、The Busというホノルルの路線バスがあるが、他に観光客対象のバスも多数発着している。キャンペーンとして、JCBカードを持っているとトロリーというユアー客向けのバスに無料で乗車できるという特典があった。まず、JCBプラザでトロリーの情報を入手。無料で乗車できるのは、ピンクラインというホノルル市内を1周するばすで、他のブルーラインやレッドラインは対象外という。まず、このバスで1周するのも悪くない。
ホノルルピンクラインバスに乗ってワイキキビーチを通過、そしてDFS内にある楽天ラウンジで、休憩。ワンドリンクフリーで、子供用の遊び場もあったので、長男は退屈しなかった。
JCBプラザ、楽天ラウンジで普通に日本語が通じることもあって、ここまでは日本と大して変わらないハワイの旅。乗り物大好きな長男はピンクラインに大興奮!とりあえず、楽しんでいる様でまずは良かった。

インターナショナルマーケットプレイス

ホノルルインターナショナルホノルル中心街に着き、予約していたホテルに荷物を預けた。チェックインは午後3時からだったので、取り合えず、街を散策することにした。最初に訪れた場所は、ホテルから近い、インターナショナルマーケットプレイスだった。中国系の人が多いのか、旧正月を祝う提灯の飾りつけが沢山、飾られていた。
空港から、ホテルに直行していたことで、まだ何も食べていなかった。そこで、ここで遅い昼食をすることにした。
ホノルル最初の昼食は、長男のリクエストで、ピザでした。

ホノルル国際空港

ホノルル国際空港入国審査を無事に終え、パスポートにアメリカの入国スタンプが押されていた。4歳の長男は、自分のパスポートを見てはしゃいでいた。理解しているんだろうか?

荷物を取り、税関を抜けてようやく空港外に出ることができた。真冬の日本から一気に夏のような気候のハワイに来た。体が変になりそうである。バックぱっかのころなら、バスでホノルル市街へ向かうのだが、家族旅行となると…さすがにそういうわけにはいかず、ホテルまで送迎してくれるシャトルバスを利用した。これは、あらかじめ日本で予約しておいた。チケットカウンターへ行くと、日本語で対応して、バス乗り場まで案内してくれた。貝殻のレイを首にかけてくれた。ハワイに来た実感を少し感じた。いや…すでに暑さで実感していたのだが。

ホノルル到着

エアアジアX32月2日に関西国際空港を離陸したエアアジアX1便は、定刻より約40分も早い午前11時25分にホノルル国際空港に着陸した。深夜便ということもあり、早々と就寝してしまった。なので、エアアジアについて触れることはあまりない。残念ながら。

あいにく、天候は曇り。朝は雨が降っていたようだが、到着した時にはやんでいた。
入国審査は、幼児連れのファミリには優しく、優先レーンに通してもらった。一人だと難航する米国の入国審査だが、我々ファミリーには、滞在するホテルと滞在日数を聞かれ、指紋と目を撮影しただけですんなり終わった。
雨が降りそうな天候で、幸先が今一つ。果たしてどうなることやら。

初めてのハワイ

エアアジアX22月2日仕事を終えて、関西国際空港へ向かった。バックパッカーをやっていた時は、一人旅がほとんどだったが、結婚して子供が生まれてからは家族旅行が増えた。
そして、今回は家族で海外旅行へ出かけることになった。
行先は…

ハワイ!!

実は、ハワイへ行くのは初めてである。いつか行きたいと思っていたが、いつでも行けると思いそのままになっていた。今回は、妻のリクエストで行くことになった。

現在、関空からハワイへは、LCCの就航が相次ぎ、航空券が安くなる傾向になっている。昨年、エアアジアXとスクートが就航し、一気に価格競争が進んだ。大手の日本航空やデルタ航空は人気が高く強気な価格設定なのだが、ハワイアン航空は安くなった。

今回は、深夜に出発するエアアジアXでハワイのホノルル空港への旅となった。
スポンサー
Archives
楽天市場
Profile

快晴

お知らせ
コメント・トラックバック大歓迎です。リンクも歓迎です。なお、他人に対する誹謗・中傷、記事と全く関連性のないコメント・トラックバックがあれば予告なく削除することがあります。
また、アダルトサイトおよび画像に接続するコメント、トラックバックは理由の如何に関わらず容赦なく削除します。




アクセストレード





相互リンク募集中!
相互リンク御希望の方は、コメント欄に御記入願います。
また、こちらからお願いする場合もあります。
※読者申請に関しては基本的には承認しておりますが、宣伝目的、ほとんど更新されていないものに関してはお断りする場合があります。
Recent TrackBacks
Recent Comments
  • ライブドアブログ