大阪から♪Backpackerかく語りき♪

2012年までに101カ国訪問、47都道府県制覇した元バックパッカーが語る

日本、タイに2−0で勝利も・・・

ワールドカップ・アジア最終予選。日本は、アウエーでタイと対戦し、2−0で勝利した。
これで1勝1敗、勝ち点3となった。
しかし、得失点差で3位となり、出場権獲得の2位以内には至らなかった。

勝ったことはよかったのだが、決定力不足は続いており、20本近くシュートを打って2点。
もどかしさが残った。
初戦のUAE戦のような審判でなければ勝てる相手だったから、勝って当然の試合。

正直、すっきりしていません。

高畑淳子が謝罪会見、息子の逮捕を受けて

芸能ネタはあまり書かないのだが・・・
今回は気になったので書かせていただく。

俳優の高畑裕太容疑者が強姦致傷罪で逮捕されたことを受けて、母親である高畑淳子さんが会見を開いた。息子に対して、厳しい叱責と自分の教育を責めた。また、息子の代わりに誠意を持って謝罪したこともあり、比較的好意的に受け止められている。

ただ、個人的には違和感を感じている。
もちろん、会見の内容自体は悪くないと思っている。むしろ誠実な対応でよかったと思っている。
だが、根本的なことを言うと、そもそも会見を開く必要があったのか?

息子とはいえ、もう22歳の成人である。一人の立派な人間である。
母は何も罪を犯していない。連帯責任を負う必要はない。
迷惑をかけた人にのみ謝罪すればいいのであって、たとえ芸能人であっても国民に謝罪する必要はない。

連帯責任という風潮。
私は嫌いである。

リオのパラリンピックが資金難

オリンピックが終わり、次はパラリンピックが開催されるブラジルのリオデジャネイロ。しかし、パラリンピックの入場券の販売が目標の12%にとどまっており、資金難に苦しんでいる。

そして、資金難を理由に不参加の可能性がある国が10カ国ほどに上るという。

ブラジル政府が資金援助するとはいえ、それでも足りないとか。

オリンピックと比べて関心が低いとはえ、ここまでひどいのは初めてではないかと思う。
大々的ではなくてもいいから、無事に開幕を迎えてほしい。
選手たちには活躍を期待します。

リオ五輪終了。日本は史上最多のメダル41個獲得

リオ・デジャネイロオリンピックが8月21日に閉幕した。
日本は、金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個の計41個のメダルを獲得した。メダルの数では史上最多。
今回は、カヌー、男子卓球など競技初のメダルを獲得するなど、目立たなかった競技や種目で活躍した。

前回のロンドン五輪よりも楽しめたような気がします。

次は、2020年の東京。
楽しみにしているが、今年のような猛暑でやるのか?
大丈夫なんだろうか?


男子体操団体、日本が金メダル

リオデジャネイロ・オリンピックの男子体操で、日本は団体で金メダルを獲得した。団体の金は2004年のアテネ大会以来3大会ぶり。予選では、ミスが相次ぎ、4位で決勝進出。しかし、決勝では日本はほとんどミスのない演技をした。

2位はロシア、3位は中国だった。

それにしても、素晴らしかったですねえ。結果的には、演技の順番が日本にとってプラスに働いた。さらに、予選で上位だった、ロシアや中国、米国にミスが目立つという皮肉な結果になった。

おめでとうございます。

女子団体も続いてほしいですね。

元横綱・千代の富士が死去。享年61。

昭和の大横綱の一人である元・千代の富士(九重親方:本名・秋元貢)が膵臓がんのため7月31日に死去した。61歳だった。

私が子供の時、横綱といえば千代の富士だった。北の湖、隆の里、旭富士、大乃国などのライバルもいたが、千代の富士の強さは際立っていた。だが、横綱になるまでの道のりは決して平坦ではなく、脱臼などのけがの影響もあって、初優勝まで、初土俵から10年以上経過していた。横綱に昇進した時、すでに26歳。名横綱としては遅い出世だった。それでも、優勝回数31回(歴代3位)、通算勝利数は1046勝(歴代2位)という偉大な記録を打ち立てた。


それにしても、61歳で逝去するとは思っていなかった。早すぎる。
ご冥福をお祈りします。

参議院選挙。自公は大勝、民進は大敗。

参議院の通常選挙で、与党の自民党と公明党は、議席を伸ばし、改選前の議席と併せて過半数を確保する見通し。さらに、改憲派のおおさか維新の会の議席と合わせると憲法改正に必要な総議員の3分の2以上を確保することになった。

一方、民進党は改選前の議席を大幅に減らし、共産党は改選前の議席を少し上回る見込み。
社民党は、1議席を確保できるかどうか微妙な情勢で、生活の党や日本のこころを大切にする会、新党改革は議席の獲得が厳しくなった。

アベノミクスを支持し、憲法改正に前向きな国民が多かったという結果になった。

私は、憲法改正は条件次第なのだが、アベノミクスは全く期待していない。
私の意思は、少数派ってことになった。

富裕層ならともかく、低所得者にとってはアベノミクスは自殺行為に近いのだが・・・。
正直、民主党政権時代の方が生活が楽だった。

生活に困っていない人が多いんでしょうなあ。

記事タイトルダッカ襲撃事件で、日本人7名犠牲(続)

日本人7人を含む20人が犠牲になった、バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃事件。犠牲となった日本人7人の遺体は政府専用機で、今夜帰国する。

イスラム国(IS)のテロによって、イスラム教に対する偏見を持つ日本人が少なくない。
多数のイスラム国家を訪れた私は、実際多くのイスラム教徒と現地で出会い、会話もした。みんな親切で、客人として家まで招待されてもてなしてくれたこともあった。
中には、バクシーシとかいわれてお金を要求されたり、奢らされたりしたこともあったが、身の危険を感じたことはなかった。
イスラム教徒の9割以上は親切な人が多いし、イスラム国に不快感を感じているイスラム教徒は少なくないと思う。
ネットでは、破門できないのかとか信仰を捨てることができないのかという書き込みがある。

はっきり言おう!
できないのである。
イスラム教は、入信するのは自由だが、捨てることはできないのである。破門する権利もないのである。
それをするには死ぬしかない。
ただ、罪のない人を殺す権利もない。信仰を奪う権利もない。
イスラム国は、それをやった。だから許せないし、イスラムと同一視してほしくないのである。

機会があれば、触れることがあるかもしれないが、今回はここまで。

ダッカ襲撃事件で、日本人7名犠牲

7月1日にバングラデシュの首都ダッカで発生したレストランの襲撃事件。日本人7名を含む20名が犠牲になった。犯行グループは、20代の学生7人で、警察官との銃撃戦で6名が死亡し、一人が拘束された。イスラム国(IS)が犯行声明を出したものの、直接関係しているという証拠はなく、恐らくイスラム国に共鳴した集団で、支援はなかったと思われる。
バングラデシュは、親日国で国旗も日の丸をモデルにしたほど。私は2003年に訪れたが、多くのバングラデシュ人に親切にしてもらった思い出がある。
しかし、イスラム国にとっては、日本人に限らず、異教徒で外国人なら誰でもよかったのかもしれない。
バングラデシュのために働きに来た人々をこのような形で、失うのは残念でならない。

ご冥福をお祈りします。


バレーボール日本男子、リオ五輪出場逃す

リオデジャネイロ・オリンピック出場出場を懸けたバレーボール男子・日本代表はオーストラリアに3−0のストレート負けを喫し、通算成績は1勝4敗となった。残り2試合をストレート勝ちしても、勝ち点で4位以内に入ることが出来ず、2大会連続でオリンピック出場を逃した。

8チーム参加で、アジア1位もしくはそれ以外で上位3位以内であれば、出場が決まる最終予選だった。日本は開幕戦はベネズエラに勝ったものの、中国、ポーランド、イラン、オーストラリアに敗れた。アジアの国々に対して全敗。これでは、出場できる方がおかしい。

テレビで見ていたが、全然勝てる気がしない。気迫が感じられない。
実力が足りないと言ってしまえばそれまでなのだが、今の日本代表は勝てない原因が分かっていないような気がする。「自分たちのバレーをやれば勝てる」という信念で戦ってきたが、それで勝てなくなると、「何故なんだ?」って感覚ではなかろうか?

これ、バレーに限らないんだが、日本って、敗因の追求ってやらない人が多いような気がする。
さらに負けたことに対する反省や検証も不十分のまま次に進む例が多い。
実力を上げることも大事だが、対策を考えることも重要な気がします。

残り2試合あるけど・・・正直、勝てる気がしないなあ。

岩手県を旅行

大船渡線BRT5月4日から家族旅行で岩手県に来ています。
東日本大震災から5年。かつて鉄道が走っていた気仙沼から盛までBTSというバスに乗りました。一応、鉄道の仮復旧という形なんですが、ずいぶん立派に舗装された専用道路になっておりました。JR東日本はこのまま鉄道を廃止して、このBTSを正式に導入したいようですが・・・実際どうなるんでしょう。
震災から5年、BTSの沿線は今も津波による災害の爪痕が残っています。
旅人としては、こういう形ですが、現地でお金を使うことしか出来ないですから。

今年のGW

梅田スカイビル20162016年のゴールデンウィーク。4月29日から5月8日まで、休めることになった。
前半は、両親の実家で過ごした。今日は、大阪の梅田スカイビルへ行ってきた。こどもの日にちなんだイベントがあり、鯉のぼりがたくさん泳いでいた。
また、パトカーや消防車が展示していて、2歳の長男ははしゃいでいました。

明日から、家族旅行に行ってきます。

京都鉄道博物館がオープン

4月29日、京都市に日本最大級の鉄道博物館「京都鉄道博物館」がオープンした。徹夜組を含めオープン前に、2000人以上もの人が並び、大混雑した。
かつて、JR弁天町駅のそばにあった「交通科学博物館」と京都市の梅小路蒸気機関車館の収納物とトワイライトエクスプレスなど最近まで使用していた車両などを展示している。

私も訪れてみたい気持ちはかなりあるのだが、しばらくは混雑してそうなので、もう少し落ち着いてからにします。

囲碁の井山棋聖が「十段」奪取し、7冠達成

囲碁棋士の井山裕太6冠(26歳)が十段戦の挑戦手合5番勝負の第4戦で、伊田篤史十段に勝ち、3勝1敗で十段獲得。これで、井山・新十段は囲碁の挑戦手合制の7つのタイトルを全て獲得した。囲碁界では史上初。

井山裕太7冠(注)は、一昨年に4冠に後退したが、昨年2冠を奪還。これまで、棋聖、名人、本因坊、天元、王座、碁聖を獲得していたが、あと残された十段を獲得して、7大タイトル独占となった。

すごい快挙であるし、偉大なことをやってのけたと思うし、もっとマスコミが騒いでもいいくらい
ただ、気がかりなのは、現在の囲碁界は、井山7冠1人で引っ張っている感じであり、同世代のライバルがいないということ。韓国や中国では、どんどん若手が出てきているのに、日本は少ない。実は、現在、井山7冠は26歳であるが、韓国や中国ではもう若手ではない。10代で世界タイトルを獲っているのである。
実際、井山7冠は国内では最強であるが、世界となると中間のトップ棋士に苦しめられている。

将棋界では、羽生善治名人が1996年に7冠を達成している。当時は大きな話題になったが、囲碁ではどうなることやら。残念ながら、熊本と大分で発生した地震の影響でニュースでは大きく取り上げられなかったが、これはある程度仕方がない。
それでも、これをきっかけに囲碁に興味を持ってくれる人が増えると良いですね。

余談ですが、私はアマ6段の免状持ってます。


注)慣例として、7冠という表現は囲碁界では一般的ではなく、通常は複数のタイトルを獲得しても、最高位のタイトルを表記します。つまり、7つのタイトルを獲っても井山棋聖という言い方をしますが、分かりやすくするために便宜上、本ブログでは書かせていただきました。
国際棋戦、(世界戦)では段位を示す風習なので、井山九段になります。
なお、将棋界では、4冠、5冠などという表記はよく使われます。

九州で余震が続く

4月14日に発生した熊本の大震災。17日になった今でも余震が続いている。
大阪在住の実家でも、余震の影響で電灯のひもが揺れたり、揺れを体感することがある。

被害状況は深刻で、鉄道も道路も寸断され、救援物資も十分届かない模様。
熊本だけでなく、大分でも深刻で、かつて大分で働いていた自分としては気になって仕方がない。
明日から出勤するので、大分の状況はもしかしたら職場で聞けるかもしれないが、心配ではある。

公共交通機関が運休しているので、現地で支援したくてもいける状況ではない。
落ち着いたら、迷惑のかからない範囲で、訪れたいと思う。旅人として、出来るのは現地でお金を落とすくらいしか出来ないから。
スポンサー
Archives
楽天市場
Profile
お知らせ
コメント・トラックバック大歓迎です。リンクも歓迎です。なお、他人に対する誹謗・中傷、記事と全く関連性のないコメント・トラックバックがあれば予告なく削除することがあります。
また、アダルトサイトおよび画像に接続するコメント、トラックバックは理由の如何に関わらず容赦なく削除します。




アクセストレード





相互リンク募集中!
相互リンク御希望の方は、コメント欄に御記入願います。
また、こちらからお願いする場合もあります。
※読者申請に関しては基本的には承認しておりますが、宣伝目的、ほとんど更新されていないものに関してはお断りする場合があります。
Recent TrackBacks
Recent Comments
  • ライブドアブログ