世界バレーでメダル獲得を目指す日本は、セルビア・モンテネグロと対戦。2セットを奪われたものの、第3セットから巻き返し、ファイナルセットまでもつれ込み、セットカウント3対2で奇跡の逆転勝利を飾った!

いや、これは奇跡やない。今の日本にはそれだけの実力があると思う。E組全勝のセルビア・モンテネグロに勝ったことは大きい。今大会で、一番熱のこもった試合で、見てて一番見応えがあった。

もっとも、依然として自力で決勝進出はできない。が、まだ可能性は残されている。明日、イタリア戦に勝つのが絶対条件。そして、あとは2敗で日本を含む数チームが並ぶので、得失セット率、総得点、失点率などで比較して決められる(詳しくは知らん)。

前回の覇者、イタリアとの戦いは厳しい。が、日本に敗れたセルビア・モンテネグロはイタリアに勝った。だから、単純な発想やけど、決して勝てない相手ではないと思う。頑張って勝利をつかんで欲しい。

アジアシリーズは、日本ハムの対戦相手は中華台北(台湾)のLa Newベアーズに決まった。

※セルビア・モンテネグロ

今年2月にモンテネグロが独立したため、今回が最後になる。次回からはセルビアとモンテネグロに別れる。セルビア・モンテネグロとして最初で最後のメダルを狙うことになる。かつてユーゴスラビアの時代に訪れたことはあるが・・・うーん、別に何もないかなあ。ただ、首都ベオグラードにはドナウ川が流れていて、その景色が美しかったくらい。