ワールドカップ・ブラジル大会の決勝戦。ドイツ−アルゼンチンの試合は、1−0でドイツが勝ち、西ドイツ時代を含めて通算4回目の優勝を果たした。ドイツの優勝は、1990年の旧西ドイツでの優勝から6大会ぶり。

90分では勝負がつかず、延長前半でも得点が入らない。そして、延長後半8分に、ドイツが先制。このまま逃げ切って終了した。

ドイツは強かったですなあ。層が厚く、スター選手がたくさんいるみたい。

アルゼンチンは、86年以来の優勝はならなかった。

大会MVPはメッシ(アルゼンチン)。記者投票とはいえ、決勝トーナメントでは、目立った活躍をしていないので、個人的には腑に落ちない気がします。

ドイツの優勝、おめでとうございます!