大阪から♪Backpackerかく語りき♪

2012年までに101カ国訪問、47都道府県制覇した元バックパッカーが語る

国内紀行

ライラックに乗って旭川へ

ライラック2019年北海道大学の学食で昼食を済ませ、大学のキャンパスを散策。朝から小雨が降っていたが、北大にいる頃には、傘を差すほどではなくなっていた。
札幌駅に向かい、ここから特急ライラック25号に乗って旭川駅行くことにした。ライラックは、国鉄時代からL特急として活躍していたが、新車両の誕生とともに、スーパーカムイに愛称が変更になり、2007ねんに引退していた。そして、2017年に、かつて青函トンネルを走っていた「スーパー白鳥」の車両を転用して、復活した。
スーパー白鳥時代に乗車した経験があり、外見も格好良く、乗り心地も悪くない。
妻と長男は初めて乗る車両で、長男はライラックを見た途端、はしゃいでいた。
15時30分、ライラック25号は定刻に札幌駅を出発。札幌近郊の市街地を抜けると広大な第二が広がり、遠くに見える雪山を見て妻は感動、写真撮影を何度もしていた。大阪では見られない景色ですから。
快調に進み、16時55分、定刻通りに旭川駅に到着した。反対側には、網走行きの特急大雪3号が待機していた。長男にとって初めて見る車両に興味津々。大雪が出発するまで、ホームから離れようとしなかった。

札幌市電の電車事業所

札幌市電除雪車札幌市の路面電車に乗って、電車事業所前という停留場で下車した。この停留所の近くに、電車事業所というそのまんまの名称の車庫があり、時間が合えば見学することができる。
いろんな車両が並び、妻だけでなく長男も大興奮。
個人的に興味を引いたのは、ササラ電車という除雪車両。
北海道でしか見られない、路面電車専用の除雪車で、竹で作られたササラというブラシ上のもので、除雪作業を行う大変珍しい車両である。
人生で初めて見ました。
20分くらいの見学を終えて、再び路面電車に乗って、大通駅へ戻ることにした。戻るといっても札幌市電はループ状に一周しているので、折り返しでなく、片道で一周したことになる。もっとゆっくり乗りたかったのだが、時間の都合で、電車事業所前以外で立ち寄ることはできなかった。

札幌市電

札幌市電円山公園から、地下鉄に乗って大通駅まで戻る。電車に乗るのが好きな長男は、地下鉄に乗れるだけでも楽しそう。
そして、大通駅からは、札幌の中心を1周する札幌の路面電車に乗車した。かわいい路面電車に長男は大興奮。ただ、乗ったはいいけど・・・どこで降りるか全然決めていない。
電車が好きなら・・・ということで、車庫のある「電車事業所前」という電停で降りることにした。

北海道神宮

北海道神宮北海道札幌市、いや北海道を代表する神社と言えば「北海道神宮」・・・って、そのまんまですが。
なかなかの名所であり、北海道のパワースポットでもある。
桜の名所であるが、訪れた4月27日は、まだ3分咲きくらいでした。
それでも、花見を楽しむグループがいました。
小雨が降ったりして、寒かったですが、妻は満足してくれました。
5歳の長男は、地下鉄に乗ったことが楽しかったみたいです。
最寄りは、地下鉄の円山公園駅。


小樽到着から札幌へ

小樽札幌電車そういえば、日付を書き忘れていたが、乗船日は4月25日で、小樽港に到着したのは翌日の4月26日だった。この日は平日だったが、私たちのような子供連れの家族も多く乗船していた。
子供が保育園児だから平日でも旅行ができるのだが、小学生となると、休んでまで旅行に行っていいのかどうか・・・ちょっと悩む。

それはともかく、定刻より15分早い20時30分に小樽港に到着した。小雨が降っていた。
小樽を観光する時間を取っていないので、タクシーに乗って小樽築港駅に向かった。歩いても25分程度なのだが、雨であること、5歳の長男がいるので、さすがに無理だった。
そこから、電車に乗って札幌駅へ向かった。私たちにとっては、2015年以来の乗車なのだが、車窓を楽しむことなく、ぐったりとしていた。

新日本海フェリー

フェリー4月舞鶴から出港した新日本海フェリー「あかしあ」は、翌日午前10時に小樽港から出港した「はまなす」と行き違った。肉眼でもはっきり見えるくらいだったので、楽しむことができた。
ビンゴ大会も行われたが、残念ながら家族そろって、外した。
5歳の長男は、フェリーで風呂には入れるのが嬉しいのか2回も大浴場に行った。
船旅を楽しんでいるうちに、北海道の小樽港に入港した。

舞鶴港から北海道

今年のゴールデンウィークは、北海道へ家族で行くことになった。
10連休あるので、海外旅行も考えたが、航空券が・・・あまりにも高額過ぎて断念。

仕事が終わって、すぐに帰宅。休む余裕もなく、出発!
JR難波駅すぐのOCATから舞鶴フェリーターミナルへ直行するバスが出ている。
それに乗ってフェリーターミナルへ行った。
舞鶴港から新日本海フェリーで、小樽フェリーターミナルまで約21時間の船旅である。
舞鶴港

南島

南島父島の南にある南島。ツアーでガイド同伴でないとは入れない秘境の島。自然豊かな島で、海も真っ青で美しい。白い砂浜は、ほとんどはサンゴが細かくなったもの。そこには、カタツムリの殻がいっぱい。もう絶滅しているが、カタツムリが世界遺産登録の決め手の一つになったらしい。

ちなみに、画像に移っている扇池という入江。入ることができます。

小笠原諸島へ

小笠原海運1今年のGWの旅行として、小笠原諸島へ行くことにした。久々に鉄道のない旅、しかも24時間船に乗る長い船旅である。
嫁が船に乗りたいという一言で、あれこれ検討したうえで、小笠原諸島に決めた。独身時代の私には全く思いつかなかった場所である。ただ、海外をたくさん訪れた私には、この島が日本本土から最も行きにくい所というのに魅力を感じるようになり、船で行ける様々な目的地の中で、ここしかないと思い、決断した。
南米やアフリカへ行くより時間がかかる秘境の地。しかも、交通費だけで、ハワイを超えた…。
とにかく、日本の秘境でリフレッシュしてきます。

岩手県を旅行

大船渡線BRT5月4日から家族旅行で岩手県に来ています。
東日本大震災から5年。かつて鉄道が走っていた気仙沼から盛までBTSというバスに乗りました。一応、鉄道の仮復旧という形なんですが、ずいぶん立派に舗装された専用道路になっておりました。JR東日本はこのまま鉄道を廃止して、このBTSを正式に導入したいようですが・・・実際どうなるんでしょう。
震災から5年、BTSの沿線は今も津波による災害の爪痕が残っています。
旅人としては、こういう形ですが、現地でお金を使うことしか出来ないですから。

熊本で震度7の大地震発生

4月14日夜に熊本で震度7の大地震が発生した。その後も大きな余震がつつき、16日には大分県でも大地震が発生し、別府市をはじめ避難勧告が出た。この一連の地震により多くの家屋が半壊もしくは全壊し、犠牲者は41人に上り、17日になった今も余震が続いている。

交通網は寸断され、九州新幹線は車両脱線復旧の見込みが立っていない。JR豊肥本線も線路が被災した。

私は、かつて大分市に住んだことがあり、友人や知人が少なくない。また、親戚も長崎県におり、縁が深い。
心配ではあるが、今のところ妻の知り合いを含め被害は出ていない。
それが救いではある。

17日は雨の予想で、二次災害が心配である。
犠牲者に哀悼の意を示すと共に、被災者の1日も早い回復をお祈りいたします。

梶田隆章教授がノーベル物理学賞受賞

2015年のノーベル物理学賞に、梶田隆章・東京大学教授が受賞された。
昨日の大村智・北里大学特別栄誉教授に続き、2日連続で日本人の受賞となった。

梶田教授の受賞理由は「ニュートリノに質量があることを証明した」ということである。
詳しいことは分からないのだが、物質や宇宙の謎の解明に大きく関与されることらしい。

それにしても、2日続けて日本人の博士がノーベル賞を受賞するというのは素晴らしい。
しかも、海外でなく日本国内の研究が中心というのも。

ダイエーが消える。イオンが完全子会社化

イオンはダイエーを完全子会社すると発表した。2015年1月1日までに、ダイエーの株式を100%取得する。
業績不振の続くダイエーの再建を図り、2017年をメドにダイエーの屋号が消滅する。

幼い頃からスーパーといえばダイエー。大阪では、まずダイエー。今も近所にはないが、わざわざ京橋のダイエーに買い物へ行くくらいである。

ちょっと寂しいですけど、仕方ないのかなあ。

石垣空港

石垣空港今年のゴールデンウィークは石垣島へ行ってきました。
石垣空港は、大型ジェット機も離発着できる昨年完成したばかりの空港。

そして愛称は、「南ぬ島」空港。”ぱいぬしま”と呼びます。
現地の言葉でしょうが、知らないと読めない。

国内線とあるが、国際線ターミナルもあります。ただ、現在は運休してます(3月までは台北線があったそうです)。

9ヶ月の息子にとっては初めての飛行機。とりあえず、途中から寝てくれていたので、助かりました。

石垣島のゴールデンウィークはすっかり夏の気候。大阪では長袖だった服装。ここでは暑い!

大井川鉄道に乗車

ブログネタ
鉄道 に参加中!
大井川鉄道13月の連休、と言っても連休の最終日の23日。大井川鉄道に乗ってきた。
これまでたいてい一人旅だったが、今回は同伴者がいる。嫁と7ヶ月の息子。
 大阪から新幹線で掛川まで乗り、そこから在来線で金谷駅まで。

金谷駅から千頭行きの普通電車は、緑色の電車。
かつて南海高野線で走っていた車両である。

一駅先の新金谷駅までは市街地を迂回するような線形。
新金谷駅で下車。そこからメインの一つの列車に乗り換える。

天竜浜名湖鉄道にて

ブログネタ
鉄道[電車・気動車・車窓風景・駅] に参加中!
天竜浜名湖鉄道3天竜浜名湖鉄道に乗ってきた。新所原から掛川を結ぶ第3セクター鉄道。
1日フリーきっぷがあり、1,500円で乗り放題。
途中で、乗り降りして満喫しました。
天竜浜名湖鉄道には、古い駅舎が多くレトロな雰囲気を感じさせてくれます。
そして、天竜二俣駅には現役ではないと思うが、現在も使用できる機関車転車台があります。
ミカン畑や茶畑が美しい沿線風景。
なかなか良かったです。

浜名湖

ブログネタ
静岡県の旅行 に参加中!
昨日で仕事納め。静岡県に来ています。
天竜浜名湖鉄道という第3セクター鉄道に乗りました。
奥浜名湖駅で途中下車。
新幹線や東海道本線に乗れば南から眺める浜名湖であるが、天竜浜名湖鉄道なら北側から眺めることが出来ます。
なかなか美しかったです。周囲にはミカン畑があり、このコントラストもいい。
ただ、鉄道で訪れる人は少ないように思う。
奥浜名湖駅付近

余市・ニッカウヰスキー工場

ブログネタ
☆北海道においでよ!☆ 第2弾! に参加中!
余市・ニッカウヰスキー工場北海道の余市という町に、ニッカウヰスキー北海道工場がある。JR余市駅から歩いてすぐ。目立つので、すぐに分かると思う。
余市にあるのは、ウイスキーの本場であるスコットランドの気候に近いから選ばれたという。
西洋の城壁のように囲まれた敷地。縄文のような入り口で受け付け。無料で、営業時間内なら誰でも入れる。

余市・ニッカ工場中も、スコットランドのウィスキー工場をモデルにしており、どことなくスコットランドにいる気分になります(スコットランド行ったことないけど)。

ウイスキーの製造工程を学べる。ちょっとした社会見学です。
その後は試飲が楽しみ

倶知安にて

倶知安の町並ゴールデンウィークの5月2日。函館から特急で長万部まで乗車。そこで、鈍行に乗り換えて倶知安という駅で途中下車。
5月なのに、まだ山には積雪が残っていました。

こんなのどかな町ですが、将来、北海道新幹線が延長されるとこの倶知安に新幹線の駅ができる。町の活性化という点では喜ばしいことであるが、その代わり在来線はJRから分離される。まだ正式には決まっていないが、のどかなローカル線(一応「函館本線」という立派な幹線ですが、この辺の雰囲気はローカル線そのもの)をなくしてまで新幹線が欲しいのだろうか?

倶知安にて

倶知安の町並ゴールデンウィークの5月2日。函館から特急で長万部まで乗車。そこで、鈍行に乗り換えて倶知安という駅で途中下車。
5月なのに、まだ山には積雪が残っていました。

こんなのどかな町ですが、将来、北海道新幹線が延長されるとこの倶知安に新幹線の駅ができる。町の活性化という点では喜ばしいことであるが、その代わり在来線はJRから分離される。まだ正式には決まっていないが、のどかなローカル線(一応「函館本線」という立派な幹線ですが、この辺の雰囲気はローカル線そのもの)をなくしてまで新幹線が欲しいのだろうか?

青函トンネル記念館

青函トンネル記念館バス停松前から函館バスで、福島町へ向かう。雨の予報だったが、幸い雨は降らなかった。福島町にある青函トンネル記念館前というバス停で下車。そして、ここのバス待合室がなかなか凝っている。
青函トンネルをイメージした半円状。

そして、その近くに青函トンネル記念館がある。

青函トンネル記念館二本のパイプ状の建物があり、そこが記念館。入場料は400円。
青函トンネルの構想から完成まで、青函トンネルの歴史や工事の規模が詳しく展示されている。
個人的には、かなり興味を持って見ることができた。

でも、青函トンネル開業時にはそれなりに賑わっていたと思うが、今は少ないようだ。それでも、2015年に北海道新幹線が開業するので、それでどれだけ客を呼び込めるかが勝負でしょうね。


仙台空港鉄道

仙台空港鉄道仙台空港から仙台駅まで鉄道で移動しました。仙台空港鉄道は2007年に開業した鉄道。「仙台空港アクセス鉄道」と表示されているが、社名は「仙台空港鉄道」である。

ステンレス製の通勤型車両であるが、座席はクロスシート車。乗り心地は悪くない。
2011年の東日本大震災で被災した仙台空港と鉄道はほぼ復旧しているが、周辺は空き地が目立ち、復興が進んでいないように見える。それでも、津波の被害を受けていない内陸部は何もなかったかのような街並みだった。

まさに空港アクセス鉄道で、それまでは何もなかった地域を通るので、これから開発が進むと思います。

Peachで仙台へ

peach air4月29日、関西国際空港から仙台へ行った。利用したのは関空を拠点に置くピーチ航空Peach Aviation。
ピーチは、昨年第2空港島にできた第2ターミナルから発着する。LCC向けと言うことなのだが、今のところ利用しているのはピーチだけ。
チェックインは、基本自動チェックイン機を使用。それから荷物を預け、すぐにセキュリティーへ。便利なのだが、似たような雰囲気なので、機内預かりに持つがないのに、そこへ並ぶ人がいた。

国内線ターミナルには、店が数軒ある。軽食も食べれる飲食店があるが、価格は高め。
定刻の7時25分に、ピーチ航空MM131便は出発。

peachメニュー座席間隔は狭いが、1,2時間程度ならさほど疲れないかも。飲み物などの機内サービスはすべて有料。メニューが置いてあったが、結構割高。試してみたくなったが、結局やめた。
全体的に悪くはないのだが・・・ホスピタリティーが薄い気もした。
対応が事務的。安ければいいという人向けかなと思う。

まあ、安かったらまた利用すると思う。

フラノマルシェ

ブログネタ
北海道でっかいどぉ に参加中!
フラノマルシェ富良野へついたけど、天候は雨。外での観光はあきらめて、富良野の複合商業施設・フラノマルシェへ行ってきました。
富良野のお土産や軽食などが売られ、ここに来れば富良野の物はたいてい賄えるのではないかと思います。

ラベンダーなどの花の時期は早く、実はまだ観光シーズンではない。
それでも、ゴールデンウィークと言うことで、多くの観光客がいました。

江差線(木古内〜江差)

江差駅函館から江差線に乗って、江差へ行ってきました。
木古内駅は新幹線の駅ができることもあり、工事中。ここから1両のディーゼルカーに乗って江差駅へ向かう。
山間部を走り、のどかな風景が続く。でも、駅の周辺には意外に民家が多かった。
ほとんど観光客で、まともな客が果たしてどれだけいたのか。

実は、木古内に着いて初めて知ったのであるが、木古内〜江差間は、来年5月に廃線になる事が決定している。新幹線の開業は2015年の予定であるが、その開業を待たずに廃線になる。

来年のゴールデンウィークの江差線。
えらいことになりそうである。

松前城

ブログネタ
行ってみよう!日本の城 に参加中!
松前城1北海道の南端にある松前町へ行ってきました。
ここには、北海道で唯一の日本式の城「松前城(福山城)」がある。
本丸御門と3層式3階の天守閣があり、町のシンボルにもなっている。
本丸御門は重要文化財に指定されている由緒ある建築物であるが、天守は外観復元された鉄筋コンクリート製。内部は資料館になっている。

なかなか良かったのだが、残念なのは窓がガラス張りで、一般的な城(?)にある展望スペースがない。それは仕方がないけれど、窓ガラスが汚れているのは感心できない。とても外の写真を撮る気分にはなれなかった。

ところで、松前城では毎年ゴールデンウィークの時期に「桜まつり」をやるのであるが、今年は開花が遅れていて、ほとんどつぼみだった。冬桜だけが5分咲きといったところだった。

まあ、こればかりは仕方ないですね。
でも、大阪から行きづらい城の一つである松前城。行きたいと思ってもなかなか行くことができなかった松前にようやく行けたことで、個人で気には満足できました。

GWは北海道

函館駅2013今年のゴールデンウィークは北海道へ行くことにした。北海道は3年ぶり。
東北新幹線に乗り、スーパー白鳥に乗り換えて青函トンネルを通り、今日は函館に宿泊。
現在、2015年の開業を目指して北海道新幹線の工事が進められている。青函トンネルでは、すでに在来線の線路にもう一本レールが敷設されていた。木古内駅では、すでに駅の工事が進んでおり、地元は歓迎ムード。
ただ、2015年開業時の終着駅の新函館駅(仮称)は函館市ではなく北斗市に造られる。正直、こちらは複雑な心境ではないかと思う。

函館の夜は早い。20時頃には閉店する飲食店が多く、駅の近くで開いていたラーメン屋で済ませた。
ちなみに、函館のラーメンは、塩が基本です。味噌のイメージがある人がいると思うが、あれは札幌が発祥。
もちろん醤油もあるが、函館ラーメンといえば塩ラーメンでスープは透き通っている。
うまいですよ。

関西で大地震

4月13日の午前5時33分。淡路島が震源の大地震が発生した。
大阪市内の自宅も大きく揺れた。

95年の阪神・淡路大震災の時と違い、今や家族を守る身。とにかく妻を守ることに専念した。
揺れが止まったところでテレビを見た。

巨大な自身だったようだが、奇跡的に一人も出なかったのが幸い。

とりあえず、家屋損傷や負傷者は出たものの、大きな被害もなく、津波もなく無事で良かった。

大分県のUSA

宇佐駅駅名表大分県にUSAという地名がある。

まあ、これはアルファベット表記した場合であり、宇佐(うさ)と読む。宇佐駅は、特急も停車する大きな駅であるが、宇佐の中心はバスで約15分程離れたところにある。

宇佐を代表する名所は、宇佐神宮。

宇佐神宮2ここで、今年初めてじゃないけど初詣(?)を済ませました。

朱色の建物がなかなか美しい神社でした。

中津城

ブログネタ
行ってみよう!日本の城 に参加中!
中津城福沢諭吉ゆかりの地である中津市。中津には5層の立派な天守閣がある。
なかなか立派なんやけど、これは昭和39年に観光目的で、建てられた鉄筋コンクリート製。

実は、江戸時代には天守閣はなかったとか・・・。

中津城そのものに歴史はあるが、天守閣には歴史も何もあったもんじゃない。

城好きの私としては腑に落ちないが、それでも行って良かったと思う。
一応、天守閣の資料は勉強になったし、天守閣からの展望が、素晴らしかったから。
スポンサー
Archives
楽天市場
Profile

快晴

お知らせ
コメント・トラックバック大歓迎です。リンクも歓迎です。なお、他人に対する誹謗・中傷、記事と全く関連性のないコメント・トラックバックがあれば予告なく削除することがあります。
また、アダルトサイトおよび画像に接続するコメント、トラックバックは理由の如何に関わらず容赦なく削除します。




アクセストレード





相互リンク募集中!
相互リンク御希望の方は、コメント欄に御記入願います。
また、こちらからお願いする場合もあります。
※読者申請に関しては基本的には承認しておりますが、宣伝目的、ほとんど更新されていないものに関してはお断りする場合があります。
Recent TrackBacks
Recent Comments
  • ライブドアブログ