2017年11月15日

平成30年度 私立小入試速報会・入塾説明会

平成29年11月14日(火) ぷらいまりー幼児教室 苦楽園本校にて、10時30分~11時30分まで、平成30年度私立小学校入試速報会と入塾説明会を行いました。
雨の降る中、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

平成30年度各私立小学校入学試験の問題や面接、実技などを、そして近年の傾向等もお話しさせていただきました。
せっかくお足元の悪いなか、ご参加いただきましたので、ついつい話過ぎてしまい15分ほど超過してしまいましたが、皆さま熱心にメモをとられていました。

また、今回は入塾説明会も兼ねておりましたが、駆け足でのお話になってしまいました。
詳しくはHPや、速報会にてお渡しいたしました資料やパンフレット、あるいはHPにアップさせていただいております『ぷらいまいー便り』をご覧いただき、‟子どもを傷つけない受験”を、そして私どもが日々大切にしていることを知っていただけたらと思います。

また、速報会でもお話しいたしましたが、無料体験会も随時受け付けておりますので、まずはぷらいまりー幼児教室の授業をご体験いただきたいと思います。
どうぞお気軽に苦楽園本校までお問合せくださいませ。

今回は外部の方対象に速報会を行いましたが、平成30年1月16日(火)に、内部生対象の私立小入試解説会を苦楽園本校にて10時30分~12時まで行う予定です。
より詳しく各小学校の問題等の解説をさせていただきますので、ぜひこの機会に入塾をご検討いただき、この入試解説会にもご参加いただきますよう、スタッフ一同お待ちしております。

image1





bprimary at 15:47|Permalink

2017年11月09日

講演会「私立小学校の先生が教える 学校えらびの秘訣」 ~神戸海星女子学院小学校 学校紹介~

平成29年11月7日(火)10時30分~11時30分まで、ぷらいまりー幼児教室 苦楽園本校にて、神戸海星女子学院小学校 教頭 石倉哲也先生と仁川学院小学校 広報部長 前川和裕先生をお招きして、教育講演会を実施していただきました。

まず、仁川学院小学校 前川先生からは「学校えらびの秘訣~伸び続ける力をはぐくむ私立小学校教育~」というテーマでお話ししていただきました。
私立・国立・公立の教育の違いをいくつか例を挙げていただきながらお話しくださいました。
 
 私立小学校・・・建学の精神に基づいた特徴のある教育を実施
           宗教教育
           女子教育
           英語教育
           先生が変わらない→卒業後も続く教師との交わり

 国立小学校・・・大学と連携した先端的な授業を行う実験的学校・実践校
           ・教育実習生の受け入れが多い
           ・教育実験校と研究による特殊な取り組み
 
 公立小学校・・・地域密着でスタンダードな教育をあまねく公平に実施
           先生が同じ学校におられるのは平均5年
           →卒業の時に担任してもらった先生がいないことがある

 学校えらびのポイント
  ●checkpoint 1 「教育は人」        
   子ども・教師を見れば学校が見える

  ●checkpoint 2 「こどもは環境で育つ」  
   校舎の造りや施設、教室の様子を見ることでそれぞれの学校の価値観やこだわり、
   先生方の考え方が見える

  ●checkpoint 3 「親が学校を好きになる」
   子どもは親を見て育つ。親が好きな学校は子どもが好きになる。
   大切なのは親御様がその学校をどれだけ好きになっているか、
   わが子が楽しく通っている姿をイメージできるか

  ということでした。

神戸海星女子学院小学校 教頭 石倉哲也先生からは、神戸海星女子学院小学校の日々の様子を映像を交えてお話ししていただきました。
今回は短い時間でしたが、親御様の質問にも答えていただき海星女子学院小学校を志望されている親御様には有意義な時間だったかと思います。

長いスパンで大切なお子様をお預けすることになりますので、学校選びは慎重になりますが、今回のお話でご自身のお子様の学校選びのポイントが見えてきましたかと思いますので、あとは実際に学校に足を運んでいただいて、ゆっくりお決めになられたらよいかと思います。

image1


image2image4




bprimary at 14:39|Permalink全学年 | イベント・講習会

2017年11月02日

神戸大学附属幼稚園入園検査 親子面接練習<年少下クラス 内部生限定>

平成29年10月29日(日)ぷらいまりー幼児教室 神戸元町校にて、神戸大学附属幼稚園入園検査対策 親子面接練習を行いました。
今回は通常のおけいこの一環として行うものですので、内部生対象です。

当初予定されていました22日(日)が台風により1週間延期となったものの、29日(日)も台風の接近に伴いまたも延期しないといけなくなるかと危惧しましたが、何とか警報も出ず行うことができました。
とはいえ、一時的には雨風の強くなる中、雨でビショビショに濡れながらも、おひとりの休みもなくお越しくださいました。

ちょうど神戸大学附属幼稚園対策講座が10月24日(火)から始まり、検査は年が明けてからになりますが緊張も高まってくる頃とあって、ご父兄の皆さまは真剣そのものでした。
どの親御様も落ち着いてお上手にお話しされていました。
少し恥ずかしそうにされているお子様もおられましたが、この2~3ヶ月の成長は著しいものがありますし、12月にはこの入園検査対策講座に付随している親子面接練習があります。
神大附属幼稚園志望の内部生はあと一度面接練習がありますので、初対面の大人の方に慣れておく練習をしておかれるのもよいかもしれませんね。

それにしても、このころのお子様のかわいいこと、かわいいこと。
お歳を聞くと指でも示してくれますが、指3本出すのも難しそうに一生懸命なところがなんとも言えません。

神戸大学附属幼稚園は環境、教育課程も素晴らしい園ですので、入園検査に向けて頑張りましょう。
どんな些細なご相談も、担当講師やスタッフに遠慮なくお聞きくださいませ。




bprimary at 14:58|Permalink