Kenny Barron Trio

昨夜、Village VanguardにKenny Barron TrioのJazzライブを聴きに行った。
「マンハッタン満喫月間」の企画第一弾として。

shigeさんと二人で行った。

Village Vanguardへ行くのはこれが2回目。前回はこちらへ来て間もない頃。その時のライブも良かったが、今回はもっと良かった。やはりVillage Vanguardは外れがないかも?

料金は、35ドルで1ドリンク込み。チケットはソールドアウトで満員御礼だった。

---
Kenny Barronという人、ピアニスト兼作曲家で、たくさんCDを出している。
今回のトリオ、ベーシストに日本人のKitagawa Kiyoshiという人が参加していた。(だから観に行った)

6曲くらい演奏して、激しい曲からバラード系の曲まで、ホントに飽きさせない演奏だった。Kitagawaという人、とにかくすごかった。見た目から風格が漂っていたけど、ベースソロの時に完全にイッていた。。。

最後に演奏してくれたCalypsoという曲、メロディーラインというか、モチーフがすごく良くて、ドラムソロもすごかった。Calypsoをwikipediaで引いてみたら、「カリブ海の音楽スタイル」とある。納得。

「アフリカ人奴隷たちがお互いに言葉が通じず、音楽でコミュニケーションをしたのが始まりである。」とも。

確かに、言葉を超えた良さが伝わってきた。(Kenny BarronのLandscapeというCDに収録)

帰り、shigeさんとKenny BarronのCDを買おう!ということで意見が一致。

おそらく自分の数少ないジャズ・ライブ人生の中でベストなライブだった。

ジャズのうんちくを語れるほど知識も経験もないけど、あの微妙な「テンションの調和」がたまらない。やはり、こちらに住んでいる間にもっとライブを観に行かねば、と再認識した。でないと一生後悔しそう。。。

---
ちなみに、Village Vangurdのライブの前に、Gさんも誘って「大四川」という中華レストランで食事をした。こちらも、なかなか良いレストランだった。それにしても、麻婆豆腐、激辛だった。。。