2008年09月25日

裏読み 銀行持株会社化の理由と市場の不安

本日の裏読みです。

日本経済新聞
25日(木)
・ゴールドマン、増資1兆円超に拡大 米証券 信用補完急ぐ
米証券大手ゴールドマン・サックスが銀行持株会社への移行に続き、総額百億ドル(1兆円超)以上の大型増資に踏み切る。半分を引き受けるのは著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイ。ゴールドマンは米金融界に影響力のあるバフェット氏を大株主にすることで、信用不安を払拭する。銀行持株会社化と増資という緊急対策はモルガン・スタンレーと同じ。市場は「ゴールドマンは金融危機を切り抜け安定成長するとバフェット氏が確信している証拠」と受け止めている。

・産油国、投資先見直し 政府系ファンド、米金融不安で損失
KIA(クウェート投資庁)はは2000億ドル以上の資産を保有する世界有数の政府系ファンド。今年初めには米シティグループやメリルリンチに総額50億ドル以上を投資した。しかし資産価値が下がり、2億7千万ドルの損失が生じた。こうした投資や株価下落の責任を問う声が上がっている。KIAは低迷する国内株式市場へ資金供給を増やす方針を明らかにした。中東・湾岸産油国の政府系ファンドの間で、米国株中心の運用姿勢を見直す動きが出始めた。

・米証券2社、なぜ銀行持ち株会社に? 資金調達の安定化狙う
米証券大手のゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが銀行持株会社化を申請し、米連邦準備理事会(FRB)が認可した。証券会社は日々の市場取引きが中心なのに対し、銀行は貸し出しや、預金という長期にわたる取引が多い。当局は国民生活への影響の違いを考え、銀行への支援をより手厚くする。万一の際に公的支援を得られる枠組みを選択したのだろうとのこと。監督当局は米証券取引委員会(SEC)から、FRBと米連邦預金保険公社(FDIC)に変わる。

・外為市場ドルの上昇力鈍く 米信用不安の解消見極め
外国為替市場でドルの上昇力が鈍くなっている。期待先行でドル高が進みすぎたとの声もある。米政府が前週末に金融安定化法案をまとめたが、米議会との調整が難航、市場参加者が米信用不安の解消につながるか見極めようとしている。米上院銀行委員会のドット委員長が「今の状況では受け入れられない」との発言がドル安を進めた。具体策がまとまるまで、ドル買いの材料にはならないとの声が多い。

・国際商品相場が乱高下 原油・金など 米金融危機で拍車
米国の金融危機を受けて国際商品相場が乱高下している。米株式とドル相場が大きく動くにつれ、商品の値動きも荒くなっている。株式相場の下落でリスクをとりにくくなった投機マネーが売買を縮小し、一部の市場参加者の取引の影響が大きくなっている。ドルへの不安感から安全資産とされる金には逃避資金がほぼ一貫して流入した。NY金は22日903.9ドルと約2ヶ月ぶりに900ドル台に乗せて引けた。



branch_72 at 13:00│Comments(0)TrackBack(1) 裏読みDaily News 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. モルガン・スタンレー  [ かずまの出来事 ]   2008年09月25日 14:10
裏読み 銀行持株会社化の理由と市場の不安 資金調達の安定化狙う米証券大手のゴール...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
kizasiチャンネル株
moblog