2023年02月10日

週末の独り言

IMG_1670IMG_1670








私がお手伝いをしている、サッカースクールの
小学2年生のY君が1年間限定で
山村留学制度を利用して
田舎の山の学校に行くので、しばらく休部致します。
と、お母さんから話がありました。

「山村の学校には、新3年生は8名しかいない所です、
夏休み、冬休みには帰省しますので
その時にはサッカーに参加させて下さい」とお母さん。
Y君はサッカーが大好きで、山村留学に行く為に
習い事をスッパリ!?辞めましたが、
サッカーだけは続けたいので帰省の際には
活動に参加する事、3月いっぱいまでは週2回の
練習には欠かさず行く事、また復帰したら
チームに入る事を条件に山村留学に行く事を決めました。

可愛い子には旅をさせろ!

幼い時に1人環境の違う場所に行き、
そこで寝食をお世話して頂く人々と過ごし、
新しい友達と勉強や遊び、
自然豊かな山村の生活の中で
Y君の感性を育んで彼を成長させてくれると思います。

私の子供も事あるごとに山や海でのキャンプに
連れて行きました。
登山をしたり、海、川で泳ぎ、
野生動物を見たり、星空を眺める。

Y君と同じ年にはサンパウロから
日本の福島の学校に短期留学をさせて、
ホームステイで福島の家庭で
お世話になり今でも交流があります。

そんな体験が心身ともに子供達を逞しく
強くして行くと思います。

世の中がコロナや、ウクライナとロシアの戦争で
世界中が不安定な状況になり、日本国内でも
強盗殺人事件や、いじめ問題等、
親は子の成長を心配し過ぎてやや!?
過保護に育てている様に思われます。

人は自立して行く事が大事です。

小学生時代から親はいづれ独りで歩いて行く力
を考えて子供を育てる事が
今必要ではないかとつくづく思う。

良く聞かされた言葉に、
「魚を与えるだけではなく、
魚の釣り方を教えれば
自分で魚を取って自立して行く」と。




brazil060224 at 16:52|PermalinkComments(0)

2023年02月03日

ブラジルのサッカー育成

maxresdefault




コッパサンパウロU-20は、
パルメイラスの2連覇の優勝で幕を閉じました。
【決勝戦は、パルメイラス2対1アメリカG】

この大会で活躍した選手がクラブのトップチームに昇格したり
ブラジル国内のビッグクラブへ移籍、
またはヨーロッパのクラブへの移籍
が可能となります。

ブラジル国内のクラブは育成選手に力を入れ、
毎年行われるコッパサンパウロU-20の大会参加
にも力を入れています。

その実績は、すでにヨーロッパのクラブで活躍する
ブラジル選手は100名にも
上っています。
そして、ヨーロッパの各クラブで活躍し、
クラブに好成績をもたらしています。
南米からヨーロッパへ移籍する選手の
50%がブラジル人選手です。

近年では、ブラジル国内のビッグクラブが
地方の育成クラブと提携して数多くの選手育成を
行っていますが男子のみだけではなく、
女子選手の育成にも力をそそいでいます。
そしてトップチームにあげた選手を
更に磨きをかけてヨーロッパのクラブへ
紹介をしていきます。

豊富な資金力のあるヨーロッパのビッグクラブは
ブラジル人選手の力を高評価して獲得を目指し、
ブラジルとヨーロッツパクラブの
サッカービジネスが成立する様です。

先日、知り合いのブラジルのサッカー関係者から
ブラジルの田舎のクラブで選手育成を検討中で、
日本からの協力、投資に興味のある人はいませんか?
との連絡がありました。
計画はこれからですが、
しっかりしたプロジェクトであれば、
多分?投資をする人も出て来るかも知れません、
と、返答。


      IMG_0310      







人のお世話、人を育てると言う仕事は
サッカーに限らず大変な仕事になります。
しかし!立派に育て上げれば、
素晴らしい達成感と実績、評価を得る事が出来ます。
その過程は、長く決して楽ではありませんが、
人を育てると言う仕事には限りない可能性と
生き甲斐を感じる所です。


2023年01月24日

サンパウロ杯2023

maxresdefaulttrofeu_copinha_2022





サンパウロ杯
COPA SAOPAULO DE FUTBOL JUNIOR 【U-20】2023
が今年も開催されました。

2021年はコロナ!?の影響で?中止となりましたが、
昨年、2022年は開催されました
1969年から続けられている、
プロサッカー選手の登竜門としての注目の大会です。

ヨーロッパのスカウトも訪れるこの大会は、
ブラジル全土からクラブ128チームが参加
4チーム1グループでリーグ戦を行い、
上位2チームが決勝トーナメント
に進出します。

決勝戦は、ブラジル時間1月25日午後3時30分
にキックオフです。この日はサンパウロ市の
市政誕生日で祭日です。

128チームがサンパウロ市、サンパウロ州周辺の
試合会場付近に寝泊りをして優勝を目指しますが、
遠くはアマゾンや、赤道付近のサルバドールから
クラブのバスで2日、3日掛かりで
参加するチームもあります。

昔!この大会に日本の大学選抜、読売ヴェルディ、
名古屋グランパスのサテライトチームが
参加した事がありますが、
全てグループリーグ敗退でした。

今年の決勝に進出したのは、
パルメイラスESとアメリカMGの2チームです。
パルメイラスは、準決勝でゴヤスを2−1で破り、
アメリカMGは、サントスを3−0で破って
決勝の舞台に上がって来ました。

パルメイラスは昨年の優勝に続き
2連覇を目指しての決勝に臨みます。
サテ!?どちらのチームが栄冠を勝ち取るのか?
注目です。

ちなみに過去の各州ごとの優勝回数ですが、
サンパウロ州29回 リオデジャネイロ州10回、
ミナス州5回、リオグランデドスール州5回
この4州でほとんど優勝しています。

パルメイラスは、サンパウロ州  
アメリカMGはミナス州のチームです。

両チームの健闘を祈ります。


2023年01月04日

ペレ氏永遠なれ サントスFC葬儀

20151023185210_0[1]17409795527526







昨日、ブラジルに住む友人はペレ氏のお葬式に
サントス市まで行った、と連絡がありました。
彼の住む町からサントス市に行くには、まず、
飛行機でサンパウロまで1時間、そこから
サントス市まで車で2時間以上はかかる距離です。
ブラジル国内からたくさんの人々が
ペレ氏にお別れをしにやって来ました。
葬儀はサントスFCスタジアムで行われました。


1740979561283817409795376967




本当に生前のペレ氏の愛された人柄を痛み
人々は哀悼の心を伝える為に皆参列しました。
ペレ氏の永眠は世界中に報道され、
ブラジルの人々はこんなにもペレ氏が世界中で有名で
愛されていた事を改めて知り更に
ペレ氏の思い出と悲しみに包みこまれました。


1740979547976617409795428504






左の写真は、サントスFCのサポーター【応援団】
が作成したフラッグで
「背番号10番の応援団」と言う心意気は、
 ペレ氏も天国で喜んでいる事と思います。
          合掌 


brazil060224 at 10:33|PermalinkComments(0)

2022年12月30日

ペレ氏永遠なれ

P110043120170609134131_0[1]









2022年12月29日サッカー界の王様キングペレ氏が永眠しました。
82歳でした。
世界中のサッカーファンから愛された ペレ氏 に
心からご冥福をお祈り申し上げます。

世界のペレ氏です、もう何も説明する事はありませんが、
私の思い出を少し回想したいと
思います。

サンパウロ市内でサッカー事務所を開いていた頃に、
日本からのサッカー視察の方が
来られ、サントス市のサントスFCスタジアムを
案内した時の事です。

サントスCスタジアムの近くにある小さな床屋さんの前で、
私は「ペレ氏はこの床屋さんにしか来ませんよ」
ニューヨークに行ってもパリに行っても
その地域の有名な床屋には行かず、必ず
この床屋さんに来ますよ。」と、
【実際にその床屋の中にはペレ氏の等身大の写真がありました】
視察の方に説明をした直後!!!
何と!!!ペレ氏がその床屋に行く為に現れたのです!
本当にビックリでした。
ペレ氏はビックリしている私達に気さくに
挨拶してくれました。

ペレ氏のこの気さくな人間性は、
父親のジョアン・ラモス・ド・ナシミエント
【通称ドンジーンョ】
の教えが影響しているとの事です。

父親もサッカー選手で180僂梁臺舛
センターフォワードでした、
地元の強豪アトレチコミネイロで活躍しましたが、
膝の怪我で活躍が困難となり一家はサンパウロ州の
バウル市の小さなクラブへ移籍しましたが、
怪我の悪化で引退。
ペレ氏は靴磨きをしながら家計を
助ける日々が続きました。

そんな中でペレ氏はサッカーを続け、
冷静で物事をしっかり見極めて判断、
行動する父親のサッカー哲学の教えと
共に気さくな人間性も学んで行きました。

1973年にペプシコーラとサッカースクール
を世界中で開催すると言う契約を交わしました。
当初は1年間の契約でしたが、5年間続いたとの事です。

そのペレサッカースクールは日本にも来ました、
東京でペレ氏を歓迎するパーティ−が開催された時に
スポンサーの方から!「うちのペプシコーラ−をどうぞ」
とペレ氏に勧めたら!
ペレ氏は、
「私は、ミネラルウォーターと、ミルクしか飲まない」と、
断られたと言う話しを、してくれました。

さすがに!ペレ氏、健康管理も徹底してました。

          合掌 


brazil060224 at 10:20|PermalinkComments(4)

2022年12月19日

激闘の末に アルゼンチン代表優勝

59AA416B2CB0A7207FB2514433F8CC89DEC11E2B














【撮影:サッカージャーナリスト徳原氏】


2022年現地時間12月18日
カタールワールドカップ決勝戦
アルゼンチン対フランスの試合は
誰も予想もしなかった展開となりました。

前半終了までは、2−0でアルゼンチンがリード
後半になるとフランスの猛攻が実を結び、
2−2の同点に追いつき更に、
延長戦後半にアルゼンチンが3点目を入れた直後に
フランスが3点目を入れて3−3の同点に追いつき、
そのまま延長戦も終了、決着はPK戦となりました。

カタールワールドカップの決勝戦の試合は
アルゼンチンのメッシ フランスのエムバぺ
の両チームのスーパースターが躍動してのゴールで
勝敗の行方がどちらに勝利の女神がほほ笑むのか?
分からない!?
観戦している人々もテレビで見ている人も
ハラハラ!ドキドキ!の展開となりましたが、
アルゼンチンがPK戦【4−2】を制して見事優勝
を勝ち取りました。

36年ぶりの3度目の優勝のアルゼンチン 
特にキャプテンメッシは
5度目のワールドカップで頂点に立ちました。

アルゼンチン国内では、
「メッシはFCバルセロナでは活躍するが、
アルゼンチン代表では力を出さない」
そんな、批判の声がワールドカップで
負ける度にありました。
その批判はメッシの心の中で、
いつか優勝を勝ち取る強い意志になったのではないか?
と、思う所です。

メッシ【35歳】はこの先まだまだ選手として
活躍する事をコメントしています。
4年後のカナダ・アメリカ・メキシコ
共同ワールドカップ開催で、
メッシの華麗なプレーが
また?見る事が出来るだろうか?

アルゼンチン優勝おめでとう🏆



brazil060224 at 23:05|PermalinkComments(0)

2022年12月10日

波乱のワールドカップ

20221205181446_953












【韓国戦後に病気のペレ氏へエール】



ブラジル対クロアチアの準々決勝は!
まさかの!!!!PK戦でのブラジル敗退は、
誰もが予想しなかった結果となりました。

人間が行うスポーツですから、
いつも絶好調と言う訳には行きません。
その時に調子が悪いと難しい局面を
打開できない事態になります。
クロアチアは苦しい戦いを制して来た経験と、
クロアチア人魂とでも言いましょうか
相手に屈しない最後まで挑む姿がブラジル戦でも光りました。


サッカーも人生も何が起こるか分からない、
4年に1度開催される世界ナンバー1を決める
今回のカタールワールドカップでも
その試合は大荒れの様子です。

同じ日に行われた、
アルゼンチン対オランダ戦も厳しい激突の試合となり、
アルゼンチンはメッシの1ゴール、1アシスト
とチームに大健闘しましたが、
終盤にオランダに追いつかれて2−2で延長戦を終わり、
決着は、こちらもPK戦となり、
4−3 でアルゼンチンが勝利しました。

この試合のレフリーのスペイン人マテウス・ラオス氏は、
18枚ものイエローカードを連発!?
さすがのメッシもこの対応には苦言をコメント。

準決勝は、共にPK戦を制した、
アルゼンチン対クロアチアとの対決になります。

今夜、モロッコ対ポルトガル 
イングランド対フランス 
の準々決勝が行われます。

この2試合もおおかたの予想を覆す試合が?
行われるかも知れません。
サテ!?どうなりますか、注目です。


brazil060224 at 11:17|PermalinkComments(0)

2022年12月03日

カタールワールドカップ決勝トーナメント

ZebraWallpapers



31204




















カタールワールドカップ2022のグループ予選が終了し、
各グループ上位2チームが決勝トーナメント
進出が決定しました。

今大会、ドイツ、スペインを破りグループ1位通過での日本の躍進は世界に衝撃を与える快挙でした。

ドイツは予選敗退、韓国はポルトガルを2‐1で
破り予選2位通過。

今回メキシコは予選1勝1敗1分の
3位で予選敗退となりました。

ブラジルは、予選3試合目の対カメルーン戦で
0‐1で負け!?てしまいましたが、辛くも!
2勝1敗、予選2位のスイス(2勝1敗)に
得失点差の1差で首位となりフランスとは
決勝まで行かないと当たらない山にはいりました。

どこの代表チームも参戦にあたり選手の怪我を
抱えて苦労する状況があります。

今大会のベスト16の代表チーム!❓

どこにも優勝のチャンスがあるのではないか?と、
思わせる番狂わせが続々と起こっています。

ブラジル代表のネイマール選手も右足の怪我の
治療、リハビリを最大限に行っているとの事ですが、
果たして?回復し再び大舞台に戻ってくる
事が出来るのか?復活を祈りたい。

                           
                     
  

                 

brazil060224 at 11:17|PermalinkComments(0)

2022年11月20日

カタールワールドカップ開幕

ZebraWallpapers












2022年カタールワールドカップが開催します。
ここに来て、
フランス代表のストライカーベンゼマ選手が
左大腿直筋負傷で3週間の離脱で
代表を離れました。
これはフランス代表にとって大きな痛手となりました。

11月17日付アメリカのデーター会社グレースノート社の
優勝予想は、
1位ブラジル、2位アルゼンチン、
3位スペインとオランダ、以下ベルギー、フランス

11月19日付イギリスのブックメーカーの予想では
ブラジル4.5倍 アルゼンチン5倍 
フランス、イングランド 7倍
スペイン9倍 ドイツ11倍 との予想です。

開催国のカタール、日本、韓国は、251倍で、
参加国32チーム中24位の予想となっています。

知り合いのサッカージャーナリスト氏は、
11月17日から現地に滞在し取材を行うとの
連絡がありました。
円安の中、物価高のカタールで
長期取材をするのは中々大変!
と、嘆いていました。
大会期間中にサッカージャーナリスト氏の
現地の裏話も入って来ましたら紹介したいと思います。

優勝予想の結果通りになるのか?
それとも?意外な結果になるのか?
白熱する真剣勝負のサッカーを楽しみたい。



brazil060224 at 10:07|PermalinkComments(0)

2022年11月09日

ブラジル代表メンバー決定

           ブラジル代表2022カタール









カタールワールドカップ2022ブラジル代表メンバー
【写真・ブラジルサッカー連盟サイトより】

2022年11月7日ブラジル時間午後1時、
ブラジル代表監督チチ氏が !
2022年カタールワールドカップに挑む
ブラジル代表メンバーを発表
しました。
チチ監督は、2016年から代表の指揮をとり、
代表試合数76試合
58勝13分5敗と言う戦績を残しています。

【代表メンバー26名は以下の通りです。】

GK  Alisson (リバプール)
       Ederson(マンチェスターシティ)
       Weverton(パルメイラス)

DF  Danilo   (ジュベントス)
       Dani Alves (プーマス)
       Bremen  (ジュベントス)
       Alex sandro(セヴィリア)
       Alex telles (セヴィリア)
      Thiago silva(チェルシー)
       Mrrquinhos(パリスサンジェルマン)
      E Militao (レアルマドリッド)
      
MF BrunoGuimaraes (ニューキャッスル)
      casemiro      (マンチェスターユナイテッド)
      Fabinho     (リバプール)
      Fred        (マンチェスターユナイテッド)
      LucasPaqueta  (ウエストハム)
      EvertonRibeiro       (フラメンゴ)
      Antony       (マンチェスターユナイテッド)

FW  Gabrieljesus    (アーセナル)
        GabrielMartinell  ( アーセナル)
        Neymar     (パリスサンジェルマン)
        Pedro     (フラメンゴ)
        Raphinha    (バルセロナ)
        Richarlison   (トッテナム)
        Rodrygo            (レアルマドリッド)
        Vinicius Jr          (レアルマドリッド)

これから大会に挑む各国代表チームの
気がかりは選手の体調です。
すでに日本代表選手にも怪我人が出て
メンバーの交代をする状況は想定内であっても
ベストメンバーでの戦いに向けては気持ちの面で
マイナスにならない事を祈りたい。
ブラジル代表、日本代表の活躍を期待したい。


brazil060224 at 10:25|PermalinkComments(0)