ショア侍JOEのJoe Style's

とにかく釣りと仕事が趣味!! 趣味と言える仕事に出会えた事に感謝。 釣りはあらゆるジャンルを楽しみます。メインはエギング!! ショア侍ジョー釣行記更新中♪ ☆ ヨロシクオネガイシマス(^.^) 友達申請お気軽にしてやってくださいませ(^^)

皆さん、こんにチンアナゴw

もうこのくだりには飽きましたかね(笑)

ただ単に、チンアナゴ言いたかっただけですwwww

でもそこのあなた!少しにやけたでしょ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

と、それはさておき

今回はフィッシングショースケジュールについてのお知らせです。

まずは
フィッシングショーOSAKA2018

トークショースケジュールです。


IMG_2622

ご来場していただける方々、お間違えないようにです。3日の土曜のステージは別号館となります^ ^

どうぞよろしくお願いします。

その他の時間は、殆どSHIMANOブースのエギングと書いたロッドを並べているコーナーにてお待ち致して居ります。

お手洗い、トークショー待機時間前などは留守にしています(笑)

その次は、


2月16.17と参加させて頂きますのでよろしくお願いします。

ラストは


九州ですね!

こちらは3月17日土曜日のみなのでよろしくお願いします。

ということで各地の熱きエギンガー達の皆様、お待ちいたしておりますのでガンガンお越しくださいねぇ(≧∇≦)

IMG_0050



こんなのが、欲しかったを叶えるPEラインが、やっとのことで完成しました。昨日より公開可能となりましたので少し詳細をオープンさせていただきますね。

その名はPITBULL(ピットブル)と
           Tanatoru(タナトル)

IMG_2550

IMG_2549
FullSizeRender


さらに日本原糸.日本製造の安心ライン

ピットブルはライムグリーンと、スーパーブルー12本編についてはトレーサブルピンクとサイトライムの1色使い。150mと200mの2ラインナップ

タナトルは5色10M.1M.5Mピッチマーキングこちらは主にオフショア用なので詳しくはまたカタログなどで見てやってください。

4本編、8本編、12本編の3ラインナップ!!

使い手の好みによって編みを選べる!!これは本気で嬉しい。

さらに納得の高強度と低伸度

実釣、強度テストから数値計測にも実際に自分も立ち会いながらチェックしました。
使い込んだ後の劣化の数値も自分が今まで気に入って使用していたミッションコンプリートの強度に近いものが出ています!!
まさしくこんなPEライン欲しかったを叶えましたね!!
納得のびっくり価格は一番ラストにオープンします。
細かい製法や詳細は18日頃にSHIMANOホームページにもアップされますのでみてください。


IMG_20180112_171502

堀田さんも斉さんも納得のPEライン

それぞれのMAX強度は以下の通りです
12本編み0.6号でMAX6.3キロ
               0.8号でMAX8.3キロ
8本編      0.6号でMAX6.6キロ
              0.8号でMAX8.3キロ
4本編      0.4号でMAX3.9キロ
              0.5号でMAX4.7キロ
              0.6号でMAX5.7キロ

そして価格は!

なんと!!

4本編150m.   1230円 200m1570円
8本編150m.   2180円 200m2900円
12本編150m  3450円 200m4040円

号数一律。そこからの各店頭さんによる割引のお値段になるかと思います。

どうですかこれ??消耗品が信頼置ける強度でこの金額なら選ばない手はないかと思います。

発売は3月になっておりますので是非ともお楽しみにです(≧∇≦)






今晩わさびwww

懐かしのこのくだりからの記事(笑)

寒い所寒くてすいません(笑)(笑)

今回、皆様に僕がお伝えしたい事。

ターゲットを、狙うために重要な思考回路。


いつも釣れる場所が正解ではないという事です。とくに自分はショアからのエギングで、朝夕まずめとナイトエギングをここ最近やらないスタイルを通していて、デイゲームの楽しさを一人でも多くの人に知ってほしいと思っています。

やりたい潮の時間帯がまず目に絡むならやるときもあります、赤系の時は夜辛いけどやることもあります(笑)

でも見てくれている人達の一人でも多くの人に楽しいと思ってもらえる絵を少しでも届けたいんです。


それをやり続けて来て感じたことは、やはり何処で釣れたか?よりも何故釣れたのか?釣れなかったのか?を大切に釣りをすると見えてくることが沢山あるということ。

場所ではなく条件と理由。

きっと上級者である方達にはこれは当たり前なのかもしれません。

ですが、まだまだ何処に行ってもきっと開拓の余地がある土地は沢山あるのだと思います。

地元であっても通い慣れたポイントであっても常に頭をリセットし、初めて来た場所ならどういう所で釣りをしてみるか?を考え直してみる。

それには、普段釣果をあげている経験からターゲットがどんなとこで釣れているか?何故そこが釣れるのか?をしっかりみつめ直して検証する力が必要になります。

そしてその条件と合うような新たな場所で1から竿を出してみる。さらには、潮の時間帯もそこに絡めることが重要だと思います。

どんな潮でどんなタイミングで釣れたのか?という知識も自分の中にしっかり蓄積しておくことです。

価値ある一杯に辿り着く為に。

近隣の行き慣れた土地でもまだまだ竿を出したことがない場所も沢山あると思うので危険がない所であるならばこんな所はどうだろう?という場所でドンドン釣りを楽しみチャレンジして欲しいと思います。きっとそこにはまだパラダイスが存在しているかもしれません(^^)

今回宮崎県日向市にてロケをさせていただきました。そこでも、アウェイでしたが地図を片手に自分の経験と照らし合わせて真昼の良型を、楽しんできました!


一部結果がこちら、いろんなプロト等の関係でイカの胴の写真しかありませんがこの時期にしてはかなり良きサイズです。知らない場所、通い慣れた場所で大切にしたい条件は、また後日SHIMANOテレビやルアーマガジンソルト さんにて掲載ありますので詳しくは見てやってください(^^)

そして前回は熊本県天草、初めての舞台にて


アウェイの洗礼、ルアーマガジンソルト さんにて本誌発売となりました。今月1月号です。見てやってください。

少しでも皆様がデイゲームで楽しみながらイカが釣れます事を願っております(^^)


天草にてオレンジカモのエクスカウンター大活躍。

このページのトップヘ