2006年10月19日

実母が代理母!? (あかね)4

ようこさん

孫を代理出産」の記事は、私も気になっててん。ようこさんが取り上げてくれるんちゃうかな、って秘かに期待してたで。伝わった? Ryokoさんが紹介してくれはったブログ(http://agnos.blog16.fc2.com/)、じっくり読ませてもらったよ。代理出産が持つさまざまな問題点が、わかりやすく整理されてて、すご〜くためになりました。Ryokoさん、ありがとう! 

その結果、代理出産については、大きく2つ考えなアカンことがあるんやな、ってわかったわ。1.いろんな問題がある代理出産を今後日本が認めていくかどうか(認める場合の条件はどうするか)、2.向井さんちの双子ちゃんのように、すでにその方法で生まれた子供たちを、日本の社会がどう受け入れていくか、ってことかなぁ。

2日のブログで私は、主に2.について書きました。いろいろ議論はあっても、生まれてきた子供たちの幸せを考えたら、実子と認めてあげてほしいなぁ、って思いがあったから。向井さんご夫婦に対しては、法律の網をかいくぐってフライングした、という批判も出てるようやけど、医学が進歩して法律が追いつけてない状況の中、どうしても子供がほしいカップルが一縷の望みに賭けはったことを責める気持ちにはなられへん。ましてや、生まれてきた子供たちに罪はないし、社会が温かく迎えてあげてほしい、って気持ちになるねんなー。

ただ、1.についてはやっぱり慎重にならざるを得ないよね。

ようこさんの言うように、家族から「代理母になって!」ってプレッシャーをかけられるなんて、考えるだに恐ろしいし、依頼者カップルが子供が生まれる前に事故で亡くなるって可能性も、考えたらゼロじゃない。代理母がお産で亡くなる危険もあるし、子供を手放したくないって言い出す可能性もありやもんなー。どうしても子供がほしい人にとって、最後の手段とも言える代理出産やと思うんやけど、やっぱり条件を絞って「例外的に認める」ことにするしかないのでは?って今は思ってます。法律の整備も急務やなー。

「子供を産んだ」「産んでない」「産みたい」「産みたくない」「産みたいけど難しい」……人によって立場も考え方もいろいろ。だから議論するのが難しいんやろなー、この問題。TVのコメンテーターも、なんとなーく奥歯に物が挟まったような物言いの人が多かったよね? みんな自分なりに思うところはあっても、違う立場の人を傷つけたくなくて、言いにくいんやろな、って気がしたわ

一連の報道の中で、じつは私自身がいちばん腑に落ちたのは、あるお医者さんの一言やってん。「遺伝子という意味では、同じ人間の遺伝子ですから、あなたのも私のも隣の誰かのもほとんど変わらないんです。養子をもらうという選択肢もありますね」。だけど、それは私の「腑」であって、向井さんや他の誰かの「腑」ではないねんなー。

だから、自分と意見が違っても、その人の選択をできるだけサポートしてあげられる自分でいたいし、そんな社会であってほしいな、ってやっぱり思うのです。記者会見での向井さんが、すごく疲れてはるように見えて、ちょっと心配になった。幸せになってほしい、って思ったでー。


今日も読んでくださってありがとう クリックしてくださった方の幸せも祈ります〜(^0^)/↓↓↓
人気blogランキングへ RANKING



breakthrough123 at 01:01│Comments(4)TrackBack(0)出産 | 社会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひらめちゃん   2006年10月19日 05:19
沢山のリスクを背負う代理出産する人の勇気にもっと目をむけてあげなあかん。また頼む人も代理母も含めたリスクをすべて受け入れなければ、あかんと思いました。また向井夫妻の様な例も認めつつ、子どもを産みやすい・育てやすい社会に、そしてもっと不妊治療への援助をすべきでは?大阪府では「不妊に悩む夫婦は10組に1組、そのために特定不妊治療にたいする経済的負担を軽減するため費用を助成」する制度もあります。これは高額な治療の場合だけやけど。京都市では保険内の治療にも援助がある(!)そういうことももっと考えて行きたいね!
そうそう、テーマを提供。選択的夫婦別姓についてコラムをかいてくれません?私は旧姓で生きていきたいのです。私は変わりたくなかったのですが夫にも変わってほしくなかったのであみだで名前を決めたら夫の姓になってしまったんです。くやしい。いまだに後悔。
2. Posted by あかね   2006年10月19日 22:51
5 ひらめちゃん♪
不妊治療ってとてもお金がかかる、って聞いたことあります〜。自治体によっては援助があったりするんですね! そういう支援も増えていくといいですね子供を産みやすい・育てやすい社会になるといいなあ。最近は産科医も少なくなっていて、産むのも大変そうですもんねー そういう問題もまた考えていきたいですわ。
あ、「夫婦別姓」ですか! うわ、これは勉強せねば。ケッコンのとき「オットの姓のほうがかっこええから」って理由でじつは改名しちまいました 名前に限らず、「選べる社会」が基本ですよね!
3. Posted by ある。   2006年10月20日 10:53
考えても、答えが出ぇへん問題て
どないしても存在するんですよね。
人それぞれ、立場がちゃうわけやし。

みんなが納得できる答えみたいなのって
現実的には、やっぱ無理なんかな〜、て思たり。

あたしみたいに、脳天気に毎日生きられたら
こんな問題も無いやろケド
心とか、体の問題抱えてる人も、いっぱいいてはるもんね。

ちょっとでも、手助けしてあげれるコトあったら
やっぱ、したりたい思う。
でも、代理出産して、言われたら・・・。

「さすがにそこまでは・・・。」やろね。
それが実の娘やったら、どないやろ??
まだ娘はちっちゃいケド
そのうち、これがあたしの現実になるかもしれへん。

う〜〜ん、考えさせられます。
4. Posted by あかね   2006年10月20日 12:03
5 ある。さん♪
そうですねえ、もしうちの娘たちに「ママ、産んで」って言われたら……。っていうか、うちの場合は年寄りの私に期待するより(^^;、たぶん姉妹間での問題になっちゃうでしょうね。

う〜ん…代理出産が日本でも法的に認められるようになっても、やっぱり当事者が相当悩んで決めることになるんでしょうねー。ほんまに難しい問題です。

そういう意味でも、やっぱり向井さんご夫妻の勇気と心労は察するに余りありますね。坊ちゃんたちも相当注目されるでしょうけど、のびのび育っていただきたいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字