夕方ランチの日

本当ならば今日は、母親を病院に連れて行く日だった。

昨夜、帰宅後、母親に出発時間を確認すると・・・

「明日、病院には、行かないから・・・」と素っ気無い返事

なんで?と聞ける親子関係でない為(笑)

その一言で本日の予定は、大幅変更となった。

が、しかし、ソコは、臨機応変に対応

午前中は、今日の午後予定してた件を前ノリにし

午後は、急遽、人と会う約束を入れた。

午後1時半に新橋で待ち合わせ

一時間強の打ち合わせ

気がつくと3時近くになっており

「これからランチでも」と考えてた

歩いてる途中で電話が入り

新橋から虎ノ門の駅まで歩いてしまい

「面倒くさいから このまま渋谷へ」と。

渋谷に到着の頃 夕方?になり

簡単にマクドナルドでハンバーガーを買い事務所に即座に戻った。

営業マンには、有りがちなランチの摂り方

なるべく、きちんとした時間にランチにする様に心がけては居るが

やはり、営業優先の為 こういう日も良くある

食べられるだけ 幸せ?!と(笑)

まぁ、出来れば定時に食べたい食事だが・・・

【今日の詩】

失敗を乗り越える執念を持て。
執念こそが、失敗を成功に変え、不可能を可能にするのだ

yjimage


9月 ラストの週

また、夏が復活したかの様な暑い日。

朝一で直行する予定の車内

急に腹痛 

「大腸憩室炎が、また始まったのか?」

途中駅で下車するか?悩んだが、結局、渋谷駅まで我慢

早目に出て来たので遅れる事は、無かったが

約束相手が、遅れ・・・の日。

そして、大事な商談打ち合わせが開始

果たし今後、この商談日が、記念日となれば・・・と思う日

そんな9月 ラストの週が、はじまった。

最後に笑えるか? また今月もとなるか?

それは、今週の動き方次第でしょ!

【今日の詩】

 
【永遠に挑戦し続ける安室奈美恵の言葉】
(1)...

「やっておけばよかった!」
と思うことはいっぱいある。
でも、だからこそ
今の自分がある。
(2)
この世界は「やりたい」
という気持ちだけじゃ
続けられない
(3)
怖がらずに、思い切って
一歩前に踏み出してみたら
人との出会いや、新しい自分の
発見が待っていた。
そこで得たものが、
今の私を作っているんです。
(4)
私にとって輝いている人は、
常に全力で取り組む姿勢のある人。
いやなことがあっても
次から頑張ろうと
前向きに思える人が素敵。

(5)

迷いや不安は何をするにも
付きものだし、時には
失敗だってある。

だけど、つまずいたからといって
そこで終わりじゃない。

軌道修正したり、
失敗から学ぶことで、
また新しい道は開けてくる。

(6)

簡単にダメだと折れるのか、
それとも「どうにかしてやろうじゃん」
と立ちあがるのか…

私は後者の方が楽だと思う。

(7)

母のことがあってからは
ずっと辛かった。

なんでこんなに
濃い人生なんだろう。

もう仕事も
安室奈美恵でいること
もやめたいと
思っていました。

だけど、今がどん底だとすれば、
これ以上悪くなることはないはず。

そう思うと、少しずつ
楽になれました。

(8)

自分のやりたいことがあって、
それに対して100%の自信が
あるなんてことは私もまれ。

常に迷いもあるから。

でも、そんな時はハッタリも
すごく大事かなって。

胸を張ってやらないと、
せっかくいいものを
作ったとしても
伝わらないだろうし、

相手にも不安を与えちゃうでしょ。

(9)

「まだ頑張れる!」的な感じで
自分に言い聞かせます。

やらなきゃいけないことは
たくさんあるし。

気合いですね!

(10)

私は、ひとつのことが
うまくいったからといって
現状維持しようと守りに
入りたくない。

リスクを恐れず、
現状維持ではないことを
あえて選択してでも、
常に挑戦し続けたいんです。

a5f9f317-0f59-4e2b-b35d-3101e40d873f-300x207

祝日:「秋分の日」

秋分の日を迎え 先日までの暑さも薄れ

普段着の持ち合わせが、少ない私には、「何を着て行くか?」迷う日でもあります。

通勤車内は、真夏の装いの方、もう?冬なの?と言う方 様々です。

相変わらず、祝日も休まず 朝から来週の準備作業を・・・

今週予定していた「ある大事な事柄」が、電車遅延のせいで

次週に繰越してしまい こちらの予定も多少、狂ってしまいましたが

延期も6日の延期でしたので 何とか計画には、間に合うでしょう!

この大事な事柄が、当方の思惑通り進んでくれれば・・・とセツに願ってもいます。

「新商品」の太鼓判を押されるか?否か?ってトコです。

それと同時にアレコレと平行させながらの所もあるので

とても大事な来週ともなります。

まぁ、用意周到で事にあたりたいとも思います。

夏に咲かせよう!と思ってた満開の花

秋になるか? 冬になるのか? はたまた咲かずに終わるのか?

【今日の詩】

加藤清正は晩年に、

「自分は一生の間、

人物の判断に心を尽くし人相まで勉強したが、

...

結局はわからなかった。

ただいえるのは、

誠実な人間に真の勇者が多いということだ」

と言ったという。

結局、

誠実な人はありのままの自分というものをいつもさらけ出しているから、

心にやましいところがない。

心にやましいところがなければ、

いつも正々堂々と生きることができる。

それを、

自分をよく見られたい、

よく見られようなどと考えて、

あれこれ作為をすれば、

そのことが一種の後ろめたさともなって、

力強い信念に満ちた活動もできにくいだろう。

商売というとなんとなく駆け引きのように考えるかもしれないし、

そういうものが全く必要ないというわけではない。

しかし、

根本はやはり誠実にありのままの姿を率直に示して、

それを相手に了解してもらうということでなくてはならない。

そうでなく、

駆け引きや術策だけに頼っていたのでは、

長きにわたって信用を得、事業を発展させていくことはできない。

結局、

最後に人を動かすものは誠実さであることを、

指導者は知らなくてはならないと思う。

_____

yjimagemainimg01

最後の親孝行・・・という記事

【最後の親孝行】

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。

...

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。

カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、 06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、 自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。 殺害時の2人のやりとりや、

「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」

という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

-----------------------------------------------------
お金は諸刃、人を幸福にも不幸にもする。
あなたは「今」、お金に幸福にして貰ってますか?

考えさせられる内容に

自身の状況と照らし合わせながら

今の仕事に真剣に取り組み

必ずや、勝ち取りたいと思った・・・

21270964_880253662153014_5289908800753847408_n

9月も後半戦突入

秋風も感じられる様になりましたが

まだまだ、夏日の様な今日の昼

本日、予定していた大事な事柄

電車の事故(総武線)で急遽、延期となってしまった。

当社が、参加しない事柄でしたが、新商品の効果測定を兼ね

専門家達が、集まり その商品が、本当に『売れる』のか?の判断

当社も期待していた事だけに延期となったのは、多少、予定も狂うが

コレは、これで仕方有るまい!

そんな連絡を受けた後、外回り営業&打ち合わせで出かけて行った。

まだまだ、眩しい太陽の陽を避けながら歩く

以前と違うのが、汗の出方

今日は、心地良い汗も掻きながら・・・

打ち合わせは、3時間弱

時間もかかったが、確実に一歩、一歩前進

新商品の件、新システムの件

本当にあれや、これや・・・忙しくもあり

そういう時、必ず、また、新しい案件が、入ってくる

どれもこれも手を付けたい!

カラダは、一つ 許容範囲も既にオーバーに近い

分散して出来る事、早くに収入となるモノ

先ずは、ソコを固めていかないと!と思いながらも

次々来る商品やシステム案

興味もあり 頭の中は、パニック状態でもあるが

楽しさは、人の5倍にも10倍にもなって来てる

ランチ時間を過ぎた頃のランチ

これもまた、よく有る事。

この9月の後半戦は、更に頭を使いながら予定を入れ込まないと

【今日の詩】

 ■ 社長の仕事  ■ 
    
     「売る力」を、磨いているか?
──────────────────────────────
経営は、

...

売れないと、続かない。

どんなに優れた商品を持っていても、
どんなにマネジメントが優れていても、

売れないと、続かない。

だから、「売る力」が、とても大事。

それにもかかわらず、

どうやったら、売れるのか?
どうやったら、買ってもらえるのか?

知らない経営者が、多過ぎる。
学ぼうとしない経営者が、多過ぎる。

売れなければ、
経営は、絶対にうまくいかない。

その簡単な事実から、目をそむけてはいけない。

幸運にも、売る力は、
才能だけでは決まらない。

磨き上げられるものだ。

売る力を、磨いているか?
営業力を、高めているか?

「売る力」を、徹底的に磨いていこう。

     ― 浜口隆則・著『社長の仕事』

14520370_1148962958522632_8640673500966731480_n

記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ