家づくりにおいて、やはり家族の安全性を重視したいと考える方がほとんどだと思います。
しかし、新しい家づくりを行うことでシックハウス症候群が発症されてしまう場合もあることは確かです。
では、注文住宅・新築を建てる際にシックハウス症候群を防ぐためのポイントをご紹介していきます。


■注文住宅・新築で起こりやすい「シックハウス症候群」とは?

注文住宅や新築を建てる際に、起きてしまう可能性がある「シックハウス症候群」について、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
シックハウス症候群とは、内装を仕上げる際に壁紙・フローリングに使用されている接着剤や塗料などがあります。
これらに含まれているホルムアルデヒドといった化学物質を長く吸い込んでしまうことで様々な体調不良につながってしまうというものです。
基本的には頭痛や倦怠感などの症状が考えられますが、ひどくなってくると手足がしびれたり、吐き気や震えが止まらないなどの症状が表れる場合があります。
このシックハウス症候群というのは、かからない可能性もありますが、かかる可能性も考えられ、特にアトピー・喘息といったアレルギーを持っている子どもがシックハウス症候群になってしまうと、両方の症状が悪化する恐れもあるので注意しなくてはいけません。


■建材に気を付けるとシックハウス症候群を予防できる?

先程も書きましたが、壁や床に使用される接着剤や塗料が原因でシックハウス症候群になる可能性があります。
そのため、新築にする際にはフローリングを接着剤で何枚も貼り合わせる「合板タイプ」のものや「クロス貼り」するための接着剤に気を付けなくてはなりません。
現在改正建築基準法により化学物質が少ない建材を使うよう、建材や塗料に関して規制が行われており、以前に比べてシックハウス症候群は少なくなったと言われています。
これ以上の対策を行うのであれば、フローリングを無垢材にしたり、珪藻土・漆喰塗りの壁を取り入れることで対策可能です。
もしもシックハウス症候群が心配だという方は、ぜひ天然自然素材の無垢材を新築に取り入れてみましょう。

ただし、先程の合板タイプやクロス貼り用のものに比べると価格が高くなってしまうという欠点があります。
森大建地産ではそれぞれの資金計画に合わせた家造りが可能ですし、無垢材を取り扱う家づくりを得意としています。
どのような家づくりが行われているのか、一度無料相談回へ出掛けてみてはいかがでしょうか。