地盤は家を支えるための最も大切なポイントです。
まずは地盤を調査することから住まいづくりはスタートしますが、地盤調査とは一体何なのでしょうか?



■地盤調査って何?

地盤調査は、住宅やビルなどの建物、道路や堤防などの土木建造物を建てる際に地中内部の性質を知るための調査です。
この調査を行うことによって、建物をより安全で安心につくることができ、自然斜面の安全や地盤が強いか弱いかを知ることができます。


■地盤調査すると何がわかるの?

地盤調査をすると、地中の地層構成や土の強度がわかるので、硬い地層がどのくらいの深さまで続くのか確認できます。
また建物に対する基礎づくりを考える上で、杭であれば、杭の長さや杭径、杭の本数など考えるための目安になります。
地表面から硬い地面をすぐに確認できれば、比較的安い費用で基礎づくりができるでしょう。
その他地盤調査によって、圧密沈下や地震が起きた時の液状化、地下水状況などを検討するための数値を求めることができます。


■なぜ地盤調査が必要なのか

例えば、田んぼのように軟らかい土の上に家を建てたらどうなると思いますか?
間違いなく、家が傾いたり沈んだりするでしょう。
これは、田んぼの土が家の重さに耐えきれなくなって土が破壊されたり圧縮されることが原因で起こる現象です。
高層ビルや橋など、住宅よりもはるかに重い建物は、普通の地層であっても同じ現象が起こると考えられます。
建物をより安全に保つために何をした方がよいのか、なかなか普段確認できない地面の中を診断するために地盤調査は非常に重要です。
自然災害である地すべりや、崖崩れに対しても地盤調査することによって、どの場所が滑りやすくなっているのか、どこから崩れてしまうのかなどの情報をキャッチすることもできます。


■地盤調査は義務ですか?

地盤調査は設計施工基準に基づき、一部例外をのぞいては原則として調査する必要があります。
一部例外とは、木造2階建て以下の場合や、施工基準による現場チェックシート上調査の必要がないと判断された場合で、それ以外は調査の必要があるとみなされます。
必要であるにも関わらず、地盤調査を行っていなければ瑕疵担保保険に入ることはできません。
瑕疵担保保険制度は、住宅に対して保険をかけるか、法務局に多額のお金を担保しておくことが義務化されています。
住宅供給者のほとんどは、担保すると大変で運転資金が残らなくなってしまうので保険に加入することを選択しています。