リビングは家族みんなが集まる空間として大切な憩いの場です。
お客様を招いたりすることもある中心的な場所なので、誰もが居心地の良い空間にしたいと思うでしょう。
リビングの壁紙は、面積の大部分を占めるので壁紙選び1つで印象が違ってくるものです。
ここでは、リビングの壁紙選びについてご紹介していきます。


■家具や家電にマッチする色を選ぶ

リビングにはテーブルやソファー、オーディオ、家電など様々なものを配置します。
ですから壁紙自体シンプルで無地や地柄であるものを選ぶようにするのがポイントです。
リビング内にあるものとマッチしないカラーや落ち着きのない柄が広がってしまうと、せっかくの居室もゆったりとくつろげなくなってしまいます。


■理想のイメージを持っておく

リフォームで壁紙を貼り替えると、色やデザインによって大きくイメージチェンジすることができます。
今あるインテリアや、自分が理想とする和モダン・シック・ナチュラルなど具体的なイメージを持つことも非常に重要です。


■キッチンや廊下とも自然に馴染むように

リビングに続いて和室やキッチンがつながっている場合は、隣の部屋とのバランスを考えましょう。
できればひと続きを一色に統一すると空間が広く見えて圧迫感がなくなります。