何もない土地に建てる新築と違い建て替えは、既存の家を解体し仮住まいを探すなど考えなければならない項目がたくさんあります。
ここでは建て替えのベストなタイミングについてアドバイスしていきましょう。

■建て替える理由をはっきりさせる

建て替えは、建物の老朽化を理由に検討する場合と、親との同居などライフスタイルの変化を理由に建て替えをする場合があります。
近年は、東日本大震災などのような大きな自然災害によって、耐久性のある住宅や太陽電池パネルを設置した省エネ住宅を検討する人も増えてきました。

■依頼先をはっきりしてから建て替えをする

建て替えをお願いする依頼先によってその後の流れは大きく変わってきます。一般的にハウスメーカー・工務店・建築家と3つの選択肢がありますが、それぞれ異なった特徴を持っているので住宅に求めるものが何であるかを具体化して依頼先をしっかり決めることも重要ポイントです。

■引越しや仮住まいの費用を確保する

建て替えは、家を取り壊すことが前提であるため、完成するまでに住む場所を確保しなくてはなりません。
できる限り通学や通勤に支障のない仮住まいを探し、荷物の整理や片づけも必要になります。
引越し費用や解体費用があることも頭に入れて、予備費を計上しておくとよいでしょう。