ホームシアター「建築」記

ホームシアター欲しさに建てた我が家。シアター機器は4K映像+3D音響対応の第三世代に進化。8Kテレビも導入!

かつてのiPod/iTunes/iTunes Storeで、音楽ダウンロード時代に覇権を握ったアップルですが、その分ストリーミングでは後手に回った印象がありました。しかし捲土重来を期したApple Musicでは、同社のハード、ソフト、サービスを存分に生かしたシステムを造り上げ、昨年時点 ...

他誌でナンですが、興味深いのでご紹介。 「立体化よりも音質向上!? Dolby Atmosミックスの音楽的効用を探る」 https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1359133.html (引用) 当初は、興味本位でスタジオ見学してきたのだが、実際にDolby Atmosで音楽を聴かせ ...

アップルが、ひょっとしたら音楽配信に革新を起こすようなことをはじめました。 ロスレスやハイレゾの提供にくわえ、Dolby Atmosを活用した「空間オーディオ」を「ミュージック」で使用可能にしたのです。 アップルはカジュアルなモバイル製品でも「空間オーディオ」が楽し ...

パイオニアブランドのAVアンプ、SC-LX904の試聴会に行ってきました。このアンプは本来2019年モデルで、海外では販売されていましたが、市場規模の小さい日本では発売できなかったと説明していました。ちなみに販売規模は米:欧:日で50:25:1くらいとのことでした。 会場はOnky ...

米国のグラムメタルバンド、Mr.BigのSACD「Lean into it」が先日配達されました。オリジナルは1991年に発売されたこのバンドのセカンドアルバム。シングルカットされた「To Be With You」がこのバンドとして初の全米No.1を記録し、他の数多くの国でもチャートのトップを飾り ...

現代の映画音楽の作曲者としてこの二人が二大巨頭であることに異を唱える人は多くはないでしょう。ジョン・ウィリアムズがオスカーを38回ノミネート(!)で5回獲得しているのに対し、ハンス・ジンマーは10回ノミネートで1回獲得とアカデミー獲得の回数は意外と差がありますが ...

2020年はベートーヴェン生誕250年でした。テレビでも多くの特集が組まれ、改めてその偉大さを実感する機会も多かったと感じています。我が家では私の好みもあり、ベートーヴェンのAD/SACD/CDは、マーラーとブルックナーの次に多い感じです。 オルトフォンは最近ベートーヴェ ...

ステイホーム時間が長くなり、ホームシアターで充実した時間を過ごしている方も多いと思いますが、普段できなかったことが出来るのも利点。我が家ではシリーズものを「通しで観る」というのをたくさんやりました。マーベル作品やDCコミック作品を全部通したり、「スターウォ ...

今年ももう年末。 映画界では、オリビア・デ・ハビランド、ショーン・コネリー、エンニオ・モリコーネ、チャドウィック・ボースマン、マックス・フォン・シドウ、カーク・ダグラス、エディ・ヴァン・ヘイレン、ジョン・ル・カレ、イアン・ホルム、ケニー・ロジャースなど、 ...

「ダークナイト」三部作や「インセプション」、「インターステラー」などで知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作「TENET」をようやく観てきました。IMAX大好きのノーラン監督らしく、今回もIMAXや65mmなどラージフォーマットの撮影機材がふんだんに使われているので ...

年の瀬も押し迫ってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私自身は仕事環境の激変があり、4月以降Philewebの書き込みをさぼってしまいましたが、それなりにAVを楽しんできました。今年購入した機器はこちら。 4Kテレビ:パナソニックTH-55GX850 UHD-BDプレーヤ ...

4K/8K放送がはじまって早四ヶ月超。皆様いかがお楽しみでしょうか。私はもうドップリと入れ込んでおります。シアタールームにはパナソニックの4KレコーダーDMR-SCZ2060を導入し、JVCのレーザー光源のネイティブ4KプロジェクターDLA-Z1で4K放送を鑑賞。リビングルームには70イ ...

さて、昨年12月1日に「鳴り物入りで」スタート(その割に一般的な認知は低い!?)4K/8K放送。ネイティブコンテンツは潤沢とは言えず、NHK以外はアップコンものが多く、NHKも再放送が多いのが現実ですが、HDとは圧倒的な画質の差を感じることが多いのも事実です。Blu-rayからUH ...

いよいよ来週末の12月1日から4K/8K放送が始まりますね。 私は2014年に始まった124/128度CS放送を使った4K試験放送を地下シアターで導入し、1チャンネルしかなかったものの各局が制作した数々の4K番組を楽しみました。今回始まったBS4K放送とはスペックが若干異なりますが、 ...

我が家のアナログプレーヤー、ラックスマンのPD-171はすこぶる快調でトラブル知らず。デジタルのハイレゾやDSDの解像感や音場感とは異なった、音圧やコクといったアナログの魅力を存分に伝えてくれています。最近買った新品ADで良かったのが女性ボーカルのジェシー・ウェア。 ...

ソニーの新型プロジェクター、VPL-VW855を銀座のソニーショップで見てきました。VW855は昨年の製品のVW745のレンズをVW1000/1100/5000並みのARC-Fタイプに換装し、可変アイリスを追加したものと理解してよいと思います。個人的には出るのが二年おそかったと感じます。270万円 ...

昨日の横浜みなとみらいホールのラトル/ロンドン交響楽団のコンサートを聴きに行ってから、ふと気づくと「マラ9」を口ずさんでいる私ですが、今日は台風が近づく荒天の中、泉岳寺のヤマハミュージックジャパン東京本社ビルに、セパレートAVアンプの新製品先行試聴会に行っ ...

今更ですがJVCのDLA-Z1は同社初のリアル4Kプロジェクターで、民生用モデルではトップクラスのレンズの他、レーザー光源による広色域や3000ルーメンの高輝度など、現在もリファレンスモデルとしての地位を確立しており、私も画質には満足して使っていますが、一方で我が家の場 ...

本日12月19日、「発売前日にお届け」というAmazonの売り文句通り「Dunkirk」のUHD-BDが届きました。 このディスクは映像や音声に語りどころがたくさんあるのですが、映像マニアとしてはまず監督のクリストファー・ノーランに言及しない訳にはいきません。映画マニア受けする ...

今日、横浜のJVCケンウッド本社で行われた、今年のプロジェクターの新製品DLA-X990Rと590Rの先行視聴会に参加してきました。冒頭で、20周年を迎えたJVCのプロジェクターの歴史を振り返っての紹介があり、HD1がターニングポイントであったという説明がありました。私も現在使 ...

↑このページのトップヘ