ホームシアター「建築」記

ホームシアター欲しさに建てた我が家。シアター機器は4K映像+3D音響対応の第三世代に進化。8Kテレビも導入!

年の瀬も押し迫ってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私自身は仕事環境の激変があり、4月以降Philewebの書き込みをさぼってしまいましたが、それなりにAVを楽しんできました。今年購入した機器はこちら。 4Kテレビ:パナソニックTH-55GX850 UHD-BDプレーヤ ...

4K/8K放送がはじまって早四ヶ月超。皆様いかがお楽しみでしょうか。私はもうドップリと入れ込んでおります。シアタールームにはパナソニックの4KレコーダーDMR-SCZ2060を導入し、JVCのレーザー光源のネイティブ4KプロジェクターDLA-Z1で4K放送を鑑賞。リビングルームには70イ ...

さて、昨年12月1日に「鳴り物入りで」スタート(その割に一般的な認知は低い!?)4K/8K放送。ネイティブコンテンツは潤沢とは言えず、NHK以外はアップコンものが多く、NHKも再放送が多いのが現実ですが、HDとは圧倒的な画質の差を感じることが多いのも事実です。Blu-rayからUH ...

いよいよ来週末の12月1日から4K/8K放送が始まりますね。 私は2014年に始まった124/128度CS放送を使った4K試験放送を地下シアターで導入し、1チャンネルしかなかったものの各局が制作した数々の4K番組を楽しみました。今回始まったBS4K放送とはスペックが若干異なりますが、 ...

我が家のアナログプレーヤー、ラックスマンのPD-171はすこぶる快調でトラブル知らず。デジタルのハイレゾやDSDの解像感や音場感とは異なった、音圧やコクといったアナログの魅力を存分に伝えてくれています。最近買った新品ADで良かったのが女性ボーカルのジェシー・ウェア。 ...

ソニーの新型プロジェクター、VPL-VW855を銀座のソニーショップで見てきました。VW855は昨年の製品のVW745のレンズをVW1000/1100/5000並みのARC-Fタイプに換装し、可変アイリスを追加したものと理解してよいと思います。個人的には出るのが二年おそかったと感じます。270万円 ...

昨日の横浜みなとみらいホールのラトル/ロンドン交響楽団のコンサートを聴きに行ってから、ふと気づくと「マラ9」を口ずさんでいる私ですが、今日は台風が近づく荒天の中、泉岳寺のヤマハミュージックジャパン東京本社ビルに、セパレートAVアンプの新製品先行試聴会に行っ ...

今更ですがJVCのDLA-Z1は同社初のリアル4Kプロジェクターで、民生用モデルではトップクラスのレンズの他、レーザー光源による広色域や3000ルーメンの高輝度など、現在もリファレンスモデルとしての地位を確立しており、私も画質には満足して使っていますが、一方で我が家の場 ...

本日12月19日、「発売前日にお届け」というAmazonの売り文句通り「Dunkirk」のUHD-BDが届きました。 このディスクは映像や音声に語りどころがたくさんあるのですが、映像マニアとしてはまず監督のクリストファー・ノーランに言及しない訳にはいきません。映画マニア受けする ...

今日、横浜のJVCケンウッド本社で行われた、今年のプロジェクターの新製品DLA-X990Rと590Rの先行視聴会に参加してきました。冒頭で、20周年を迎えたJVCのプロジェクターの歴史を振り返っての紹介があり、HD1がターニングポイントであったという説明がありました。私も現在使 ...

私自身が動画解像度の高いDLPの絵が好きということもあり、1月にこのブログで、DLP素子を使用した4Kプロジェクターが発売されるという記事を書きました。その製品が実際に発売され、自宅視聴にお貸しいただけることになりました。また我が家の現用機のJVC DLA-Z1とは価格が大 ...

今朝方のApple Special Eventをご覧になった方も少なくないでしょう。かくいう私もその一人。ちなみにAppleがストリーミングで提供するイベントのライブ映像を見るのにベストな方法は、パソコンやスマホの画面ではなく、Apple TVでテレビなどの大画面に映して見ることです。 ...

さて、UDP-205はもちろんUHD-BD再生用の映像プレーヤーとして導入したので、まずは40枚に達した我が家のUHD-BDをたっぷりと鑑賞しようと意気込んでいたのですが、諸処の事情によりオーディオプレーヤーとしての性能チェックが先になりました。我が家の現在のメインの2ch(ス ...

最近ホームシアター界でちょいホットな新ハードのひとつ、UHD-BDプレーヤーのOppo UDP-205。我が家でも導入して、ようやく週末二回分ほど使いました。最近は映像プレーヤーは安価なモノしか作られなくなってしまったので、UDP-205は至極まっとうに設計されていると感じます。 ...

我が家のUHD-BDは35枚になりました。基本的にBDで持っているものは買わないので、ほぼ新作ばかり(「ラビリンス」などの例外はあり)ですが、クオリティに関しては玉石混交という印象です。特にHDRの画質のばらつきが大きいのが悩みのタネ。 例えばこの「スーサイド・スクワ ...

面白い製品がアナウンスされました。ホームシアター向けの「リアル」4Kの「DLP」プロジェクターが台湾のBenQから登場します。 フラッグシップモデルとして導入されるW11000は、テキサスインスツルメント社製の2716 x 1528 (4.15 million)ピクセルのDLP素子を、JVC同様の時 ...

さて天吊り設置は何事もなく終了し、無事映像も出たのですが、マイナーな問題もいくつか。まずPS4ですが、DLA-Z1のことを「4K@4:2:0まで、HDRは2Kまで」の表示デバイスとして認識しています。で、実際に2Kに落としてもHDRが使えるようにはなりません(苦笑)。まぁPS4のアッ ...

というわけで、JVC初のリアル4Kプロジェクター・DLA-Z1が我が家にやってきました。 これまで使用していたソニー・VPL-VW1100ESはドナドナされて行きました。VW1100は(キャリブレーションに苦労はしましたが)非常に完成度の高いプロジェクターだったので、Z1への交換はあ ...

2016年はあれよあれよという間に我が家のホームシアターの機器がほとんど総入れ替えになる激動の一年でした。 アフター ビフォー オリジナル 3月にUHD BD導入を決め、パナのDMR-UBZ1を購入すると、あとは芋づる式にAVセンターを交換しヤマハのセパレートに、パワーア ...

JVC初のリアル4Kプロジェクター、DLA-Z1の内覧会に行ってきました。 JVCはこれまで「4K」と銘打ちながら、フルHD解像度のパネルを時分割で二回使う「e-Shift」のD-ILA素子しか持たず、したがって実力的にはFull HDの二倍程度の解像度で、本来Full HDの4倍であるはずの4K解像 ...

↑このページのトップヘ