我が家のアナログプレーヤー、ラックスマンのPD-171はすこぶる快調でトラブル知らず。デジタルのハイレゾやDSDの解像感や音場感とは異なった、音圧やコクといったアナログの魅力を存分に伝えてくれています。最近買った新品ADで良かったのが女性ボーカルのジェシー・ウェア
715XW8+4-mL._SL1200_

買いやすい値段ですが、45rpmで二枚組。ずば抜けたワイドレンジを味わえる一方で、微妙にハスキーで艶のある歌声はアナログの雰囲気が良く合います。もともと私はフィギュアスケートの佐藤有香さんが使っていたのでこの歌手を知るようになったのですが、大人の女性ボーカルの魅力が詰まっています。

また、最近の大物としてはベルリンフィルの「レジェンダリーレコーディング」を挙げないわけにはいきません。6人の巨匠(この言葉が似合う人は最近少なくなってきました)の黄金時代の録音が「アナログで」蘇っています。
61m2NgCKxcL._SL1200_

フルトヴェングラーのシューベルト、ベームのモーツァルト、カラヤンのチャイコフスキー、クーベリックのドヴォルザーク、アバドのブラームス、ブーレーズのラヴェルと、さもありなんの垂涎のラインアップ。しかも6枚で15000円と買いやすく、オーバーエンジニアリングでない音質も好印象。これを買うと同じ内容の320KbpsのMP3もダウンロードできますが、これはハイレゾのFLACだったらなお良かったと思います。実際ベルリンフィルレーベルは物理メディアを買うと192KHzのFLACなどがダウンロードできるものが多々あります。

さらに久々にカートリッジを新調しました。我が家の現用はオルトフォンのSPU Meister GEですが、同じオルトフォンから出た「オールドSPUを再現した」というSPU #1を買ってみました。Meister GEが楕円針なので、あえて丸針の#1Sを選びました。
DSC_7282

これは雰囲気違いますね。SPUならではの抜けの良さはそのままですが、ズドーンとダイナミックで骨太。繊細な感じは出ませんが、アナログらしいという意味では非常に魅力的。スクラッチノイズが少ないのも古いディスクを聴くときに有利に働くでしょう。ユニバーサルアーム専用という点も、この価格帯のカートリッジを購入する人にはそれほど問題にならないと思います。「アナログディスクの情報量を最大限に引き出す」というのではなく、リラックスしてアナログをアナログらしく鳴らすのに非常に良いカートリッジと感じました。