3-15041G41H3
「なにがはじまったって?」
「センチなさよなら合戦がさ。みんながあした太陽が沈むのを見られないのは自分だと思いyou beauty 陷阱こんでいるんだ。きっとみんなひとりずつここへきて、きみにさよならを言うぜ。おれが一番乗りだと

思ったが――さっさとすませちまおうとな――セ・ネドラに先を越された」
「きみが? きみは叩いても死なないやつだよ、シルク。悪運が強すぎる」
「おれの運はおれが作ってきたんだ、ガリオン。運命の駒をいじるのはそうむずかしいことじゃない」小男の顔がなにかを回想するように、ぼんやりとした。「おれたちなかなか楽しい思いをし

たよな。悪いことを補ってあまりある楽しさだった。人間に望めるだけの思いはしたよ」
「きみもセ・ネドラやぼくの祖母と同じくらい悲観的なんだな」
「どうしてもそう思えちゃうんだよ。ひどくおれらしくないことだがね。あまり悲しんでくれるな、ガリオン。もしおれがそのひとりになれば、非常に不快な決定をくだすいやな思いをしないで

すむんだ」
「へえ? どんな決定だい?」
「おれの結婚観は知ってるだろう?」
「ああ、知ってる。何度も聞かされたからね」
 シルクはためいきをついた。「にもかかわらず、どうやらリセルのことで決心Amway傳銷しなけりゃならなくなりそうなんだよ」
「いつになったら決めるのかと思ってた」
「知ってたのか?」シルクはびっくりしたようだった。
「みんなだって知ってたさ、シルク。リセルはきみを獲得しようとし、そのとおりのことをした」
「いやになるよ――もうろくしてついに罠にはまっちまうとはな」
「きみがそんなひどい目にあってるとはぼくなら言わないね」
「おれはこんなふうなことを考えてまでいるんだ」シルクは憂鬱そうに言った。「リセルとおれはこれまでどおりやっていけると思う。しかし、の寝室へこっそり廊下を歩いて忍び

こむのは、どういうわけかちょっと失礼な気がするんだ。そういうことをするには彼女のことが好きすぎるんだよ」
「好きすぎる?」
「じゃあ言ってやるさ」シルクはかみつくように言った。「おれはリセルに惚れてるんだ。はっきり聞きだせていい気分だろう?」
「ぼくはただ明確にさせたかっただけさ。きみがそれを認めたのは――自分にたいしても――これがは實德じめてなのかい?」
「ずっと避けようとしていたんだ。なあ、他の話をしないか?」シルクはきょろきょろあたりをうかがった。「あいつがよその空間を見つけて飛んでいってくれりゃいいのになあ」と気むずかし

げな口調で言った。
「あいつ?」
「あのいまいましいアホウドリだよ。またもどってきやがった」シルクは指さした。