最近の相場の低迷でブログにも活気がなくなってきたので新しいブログを作ってみました。

新ブログは非常にローカルな地域限定です。

さてサブプライムローン問題はどういう着地をするのでしょうか?

ゞ睛撒ヾ悗梁纂困亡悗靴討修隆覿箸療蟷颯泪諭爾減って株価が下がる。
▲蹇璽麝用者が返済できないで困る。

この二つは実際には独立に考えられないでしょうね!

つまり△凌佑和腓靴藤贈劭稗達鵑謀蟷颪呂靴討い泙擦鵝E蟷颪靴討い襪里廊,中心です。

そして現在の救済は,了餠發亡悗靴討狼雎曚噺世┐媛燭箸なるかもしれません。

しかし△両暖颪巡って,鳳洞舛垢譴亰覿鋲韻犬海箸繰り返されます。

そこで住宅ローンが長期であることが明らかなのですからそれが払い終わるまで金利を上げられないということは今後半永久的にインフレコントロールの手段として金利を上げることができないわけです。30年とか金利を上げられないなんて異常です。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ_| ̄|○ 少しでも記事に興味を持たれた方はランキングに投票をお願いいたします。

では△亘榲に困っているかと言うとそうは思えません。例えば年収300万円の人が二人の子供にそれぞれに1部屋を与えていたとしたらどうでしょう。

このような状態の人をその状態で救済するのは適当とは思えません。

もし、一部屋で親子4人が生活していたとしても持ち家を持っているならそれで十分だと私は思います。

さてもし年収300万円の人が5000万円の家に住んでいる。この家の不動産価値が4500万円に下落したなら、とりあえず2500万円の家に移動してもらうのがすじではありませんか?

空いた家には少し裕福な人に入ってもらえばいいんです。

もともと5000万円の借金なら2500万円の家に移ってもらって不動産下落損分を負担して3000万円の借金に変えれば、貸し手はサブプライムローンの回収が完了し、借り手は返済額が30%減少します。

新しい3000万円の借金への借り換え保障と裕福な新しい買い手が見つかるまでの保障を政府が行うことの方がコストは安く済むと思うのですが。(もし、新しい住宅を交通の便の悪いところに建てるなら新しい住宅着工が生まれます。)

何故かと言うとそのような作業をいっぺんには出来ませんから徐々に行ってうまくいけば不動産価格は上昇はしないまでも下落に歯止めがかかるからです。

低収入の人が広い家に住んでいて収まる問題でしょうか?

物凄く交通の便が悪く、極端に狭い家の人だけを政府が救えばいいのであって、そのような人だって最初に考えるべきは借家への移動のはずです。





ただリテア・クレアは100万円以上なのでそれに比べれば可能なレベルでしょうか?HSBCに限ればネットウイング証券で細かく買えるのですがラインナップの不足は...。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ_| ̄|○ 少しでも記事に興味を持たれた方はランキングに投票をお願いいたします。



1万円分のJCBギフトカードが貰えます。3/31までです。

 

本日のNY!

以前紹介の手数料全額キャッシュバックを始めるオリックス証券。(SGアラブも買えます。)↓




本日のBRICsとVISTA





 _| ̄|○ 少しでも記事に興味を持たれた方はランキングに投票をお願いいたします。

株・投資ランキング



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

税制で優遇されます!