10月9日(月・祝) お天気に恵まれた佳き日、平塚市内の三嶋神社様で婚礼が執り行われました

お二人の1日をご紹介いたします

HY1_7503

HY1_7519

白無垢に角隠しの花嫁。
手結びの帯は「縁を結ぶ」
ご両家様のご縁が結ばれた瞬間です

HY1_7652

挙式前にはお二人の写真撮影があります。
本殿の前で凛々しく、そして美しく

HY1_7746

こんなお茶目なショットも撮りますよ

そして挙式が始まります・・・・・

HY1_7831

三献の儀、緊張の面持ちのご新郎様ですね

小盃は過去を表し、二人の巡り合わせを先祖に感謝
中盃は現在を表し、二人で力を合わせて生きてゆく決意
大盃は未来を表し、一家安泰の願いを込めて

三三九度の盃には、こんな意味があるんですよ

そして指輪の交換

HY1_7851

どきどきしながらも、新婦様の左手薬指にしっかりとはめることが出来て、ホッとしたご様子

お式は滞りなく進み、お二人は晴れて夫婦となりました


挙式後は、ご披露宴へとまいります

HY1_7941

お二人の似顔絵と、ご新郎様手作りの鳥さんたち
和飾りのリースはご新婦様の手作り
「ようこそ」はご新婦様の手書きです
お二人ともとても器用で、スタッフ一同 尊敬と感動です

ご披露宴の会場は、市内の「割烹 竹万」様です。
歴史ある名店をお選びになりました。
 こちらは、竹万様のパンフレットを撮らせていただきました。
FullSizeRender

ご披露宴の会場には、ご新婦様のご希望で、「思い出の着物」を飾りました

HY1_7945

竹万様でしかいただくことの出来ない「開運 竹酒」ももちろんご用意いただきました
この「開運 竹酒」は、青竹の節と節の間に日本酒が入っており、その作り方は企業秘密

HY1_8009

その竹酒は、お二人で協力して注ぎ穴を開けます。
竹の節と節の間に溜まった水を飲むと不老不死になるという、中国の伝説にちなんでいる、
「お二人の永遠の愛を誓う儀式」でございます

竹酒での乾杯後、お食事が始まり、そしてご新婦様はお色直しをなさいました

HY1_8093

黒引き振袖にお色直し
このお着物は、ご新婦様が気に入ってくださったことはもちろん、
私たちスタッフも「ぜ~~~ったいオススメ
の、ものなのです

HY1_8133

お色直し入場後は、「祝い寿司」
大きな大きな杓文字を入れ、皆さまに振舞いました

HY1_8115

HY1_8202

もちろんお二人も

HY1_8213

その後は和気あいあいと祝宴が進み、ご家族写真もパチリ

HY1_8365

ご新婦様からお母様へ感謝のお手紙、そして花束贈呈

HY1_8413

今までありがとうそして、これからも私たち二人をよろしくお願いします

HY1_8421

締めのご挨拶はご新郎様のお母様からいただきました

HY1_8428

これにて、K家・H家のご結婚ご披露宴、めでたくお開きとなりました

その後、お二人の写真撮影をしてからお引上げいたしました

HY1_8479


HY1_8496

お二人が初めてHIPにご来店くださってから、長いようで短い打合せ期間でしたが、
たくさんお話をして、ご希望に出来るだけ近づけるようにいたしました。

お二人や、ご両家の皆さまにとって、大切な、大切な1日のお手伝いが出来ました事、
大変有難く、大変嬉しく思います。HIPをお選びくださり、ありがとうございました

どうぞ、末長くお幸せに
街中で見かけたらお声掛けさせてくださいね