笑う門には〜体感ショック

どんな人でも一回こっきりの人生...だから自ら楽しもう。
人に迎合してなんか居られない。
好きなことを思う存分やろう。
己の良いと思うことを淡々とやる。

昨日は受験 5/225

昨日の測量士補の受験は調布の電気通信大学で行われました...。

体調が優れずしかも30度を越す真夏日とあって結果はかなりギリギリでしょうか。
結果を見るまでは分からないと言う状態で終わりました。
覚えていたはずの計算式をパッと頭から飛んだ状態の問題が数問もありましたからね(苦笑)。

まあマークシート性ですので取り合えず黒く塗りつぶしはしました。
元々高年齢のボケ防止で始めた挑戦です。
これに合格していないと次は本命の土地家屋調査士と言う受験が8月下旬に待っています。
その為に本命の午前中の製図試験を免除するためでした。

結構な受験生が来ていました。
その殆どが若い人が多くたまに私みたいな老人と女性が居ました。
やや早く家を出て調布駅前の喫茶店でのんびりと時を待とうと思っていましたが同じような人で満員でした。
皆さん下を見て刻限まで勉強です。
私の隣の若者は小田原から来たそうです。
あの辺の人も受験地は東京になるそうです。・・・大変ですね。

61歳の時に二ヶ月で宅建に挑戦して合格しました。
その9ヵ月後にFP2級に挑戦しましたが舐めて2週間の勉強で臨みましたが見事不合格。
及第点にそれぞれの科目に10点前後足りませんでした。

いろんなボケ防止があると思いますが運動と勉強と好きな趣味がいいのかもしれません。
特に計算を扱うことがいいと思います。

これまで建築や各種デザイン、販促コンサルなど広範囲で仕事をしてきましたがやはり年齢による経年劣化は否めません。
が、老いて益々盛んと言う言葉通り前進あるのみです。

そろそろ石鯛釣りにも行きたいですね。
相変わらずの金欠病で石鯛釣りは贅沢な遊びです。

もうすぐ非常に良いことがドサッと舞い降りることでしょう...。

またもや学校に安倍の忖度か? 5/185

森友学園に継ぎ加計学園問題が炎上した...。

これは明らかに安倍晋三の忖度であろう。
どうもこの夫婦は権力というものにふさわしくない不純な方向へと進む人物である。
またもやここでも責任発言を豪語したが私の拙い人間学で分析すると。

むやみやたらに責任という言葉を連発する人間が責任を取った覚えは無い。
私も雇われ社長時代に苦い経験があるが顧問をやっていた爺さんにすっかり利用された挙句敵方に寝返りを打たれ責任放棄されたのである。
本人曰く「全く知らない」と先方と口裏を合わされていたので私は孤立した過去がある。
この男が良く口にした言葉が「責任」であった。
とにかく「責任」という言葉の大安売りをする奴にそんな気はさらさらないのが本音で往生際悪く逃げの一手である。
安倍みたいにすぐ熱くなる人間にこの傾向が多く見られる。
一方、官僚なる人間は熱くなったら負けと知ってか否か冷静さを装い絶対に「責任」という言葉は口にしない。
「男どもの悪巧み」と昭恵婦人も見抜いているみたいなブログ。

このような人間たちを私の育った鹿児島では「七金(しちきん)と七金(ななきん)」と呼ぶ。
己のことを純金だと称しているがいずれにしても金として価値が無いという意味である。
我々国民はこんなことをして貰うために税金で食べてもらっている訳ではない。
基本的に国民の代表という自覚の欠落した人間が国のリーダーをやっていると言える。
問題が出ること事態に問題がある。

そろそろ安倍氏は引退の時ではないだろうか。

そんな暇があるのなら日本国として拉致問題でも真面目にやってほしい。
この問題は他国とは無関係で解決すべきである。
また東京五輪を出汁に使って全く無関係な共謀罪を正当化する幼稚さなどもう限界でしょう。

もっとまともな国に戻すべきと私は思います...。



あの人たちに生まれつき無いもの 5/125

やっと自民党に安倍一強に対抗馬がが出てきそうです...。

このところの安倍陣営で起きていることは傲慢な国会運営でしょう。
それを受けて任命された閣僚や官僚の失態が目立ちますね。
憲法改正やテロ対策準備法などをやると何かいいことが起きそうな言い回しですが実は政府の都合で戦争をやりやすくなるだけで総国民を政府及び官僚の監視下に置きたがっていると言えます。

これは言語道断の本末転倒で国民から監視されるのは彼らで全く持って真逆です。
先日の国会で「安倍が私の考えを知りたければ読売新聞を読め」と答弁した。
この男、何様になったつもりか?
また森友学園のことで「家内のことも誠実に応えているではないですか」とも答えた。
しかもニヤニヤしながら国会はおろか国民を愚弄したこの男は既に限界を過ぎて終わっているでしょう。

この者たちに欠落と言うか生まれつき本来備わってないものがあります。
良心、良識、常識、知性、感性、理性、正直、親切、感謝などなど一人の人間としてなければならないものが一切ありません。
財務省の佐川が出してきた真っ黒になった海苔弁ならぬ意味の無い文書。
これを差し出して資料ですと良く言える度胸が凄いと思った。
ひと言、「違法ではない」と言っていたが私が思うにそれなら法律が悪い。
あいつらがやりやすくなる歪んだ法律こそ即刻改正すべきだろうと思います。
税金の高給取りで高学歴を納めた役人(高級官僚)の実態です。
奴らは真面目に仕事をしていないと言えます。
果たして自分の妻や子供に説明できるのでしょうか?

こんな出鱈目が通る社会がおかしいと思いませんか?
50%を越す国民が相変わらず現政権を支持している我が国は沈没寸前だと思っています。
たいして北朝鮮と変わらないのではないでしょうか?

また先日は豊洲市場の件で座長をやっていた男が実にひょうきんな発言をしましたね。
彼は元環境省出身の官僚上がりでなんでも小池のおばさんの顧問らしい。
問題の論点が全く見えていない。
あいつも使えない男ですね。
小池のおばさんも「策士策に溺れる」の通りに足跡を残しています。
あの方の動きも辻褄が実に合わないことばかりです。

何党でもいいから国民のために働く議院と役人を増殖すべきであろう...。

立夏 5/55

さ〜て今日は立夏、こどもの日です...。

昨日は北海道五ヶ所で30度を超えたところがあったそうですね。
地球規模でおかしい。
高速の渋滞もいづこも30キロ以上と皆さん苦労しての移動です。
私はやることもなく暇にしています(笑)。

2日は建築構造の先生が我が町を訪問してくれて夜は久々にスナックでカラオケをやりました。
お互いに10曲ぐらいは歌ったでしょうか、何かが溜まっています(苦笑)。
お店のママに聞くとずっと暇だったらしいですが満席になりました。
私がこの店に行くと満席とまでは言いませんがいつも程なく埋まる盛況です。

友人・龍ちゃんの行きつけの東中野のVでも同じ現象が起きて客寄せパンダと言われています。
スカスカ状態が帰るまでには席が殆ど埋まっているのです。
どうもこれは「神秘のクロス」のパワーかもしれません。
左右両手にくっきりあるこの手相の持ち主はかなり少ない珍しい手相らしいです。

よろずの神々や先祖に守られていると言われるこの「神秘のクロス」はそろそろパワー全開となることでしょう。
再度書きますと掌を横に走る感情線と知能(頭脳)線との間に下から縦に走る運命線にできる十字形のことを言います。
運命線の理想は中指と薬指の間に抜けていくものらしいです。
私は左手がその通りで右手は中指と人差し指の間に伸びています。

さてさて今日は朝の筋トレも終えて午後は愛犬リロとジープのショールームに散歩に行く予定です。
もうすぐGRAND CHEROKEEを買えそうな予感がしています。
これまで思ったことは大体近いところまで到達してきたのでこれも「神秘のクロス」パワーだったのかも知れません。

と、都合のいいことだけを選択していくエゴイストは楽しい人生を送れるぞ、なんてね...。

何もないGW 4/295

今年もGWが始まりました...。

春を通り越して初夏を思わす季節となりました。
そして私の大好きな真夏がやってきます。
石鯛ブログを拝見させていただいていますと各地で良型を手にした石鯛師が投稿されています。
なかなかいいものです。

さて私はと言うとGWは例年の如く静かにしています。
子供たちが小さい頃から一度も遠出したことが無く、と言うのも私は展示会の仕込みでGWは仕事でいつも出勤していたのです。
また敢えて混むのが分かっていてそこへ突入する勇気もありませんでした。

当時の家族孝行は祭日を仕事で潰しその合間の日に日帰りか一泊ぐらいの小旅行ぐらいはしましたね。
上野動物園、サンシャイン水族館、マザー牧場とかでしたか。
日際の休日出勤の代休が私の自分へのご褒美で離島遠征へと出かけたものです。
三泊四日の三本岳釣行が恒例でした。
私にとっては石鯛師として一番充実していた時代です。

事業を失敗してから金銭的な余裕が出来ず三本岳にはもう15年ほど行けていません。
行けてないと言うよりお金の掛かることの離島遠征やゴルフを挽回の日が来る日まで封印したのです。
石鯛釣りはもっぱら近場の千葉の外房や南房で我慢、ゴルフは行っていません。
年に数度は鹿児島でも竿を出します。
顧客の貸倒でできた9億強の債務は人生を変えました。

人間の人生は予測が出来ませんね。
予定通りでしたら既に名誉職に引き下がり忙しく全国の石鯛釣行に明け暮れていたはずなのに。
私自身は強運の持ち主と思っていますので挽回のチャンスがあります。
挽回ももうそこまで来ていると思っています(ニヤ)。

こんな天真爛漫な人生観が私を救ってきたのかもしれません(笑)。
下を向くより前を狭いより広く近くより遠くを見ることが絶対です。

もっと広くもっと遠くへ羽ばたく人生です...。



愛犬 liro
愛犬 liro
幸福を呼ぶ
お茶目なリロ
dandy の プロフィール
統合セラピスト・出張専門「健悠舍」
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
病は気から!
にほんブログ村 健康ブログへ
磯の王者物語!
にほんブログ村 釣りブログ 石鯛釣りへ
やりたいことをやれ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
自然体で臨め!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
時流を読もう!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
気に入ったらクリックを!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
絶景/三本岳・子安根
絶景/子安根
livedoor 天気
  • ライブドアブログ