笑う門には〜体感ショック

どんな人でも一回こっきりの人生...だから自ら楽しもう。
人に迎合してなんか居られない。
好きなことを思う存分やろう。
己の良いと思うことを淡々とやる。

そろそろ花見ですか 3/305

今日は18度まで上がる予報です...。

が、寒の戻りがあるようです。
三寒四温と言うことでしょうか。
春はそこまで来ています。

朝の筋トレとリロの散歩を消化してデスクに向かったところです。
今日は久しぶりに建築構造の大先生と夕方から一杯やる予定です。
先生と会うのは名古屋で仕事をすることへの相談です。
自家発電で何とかやろうと思っていますが世間様の年齢の壁は厚く高齢者には冷たい返答が続きます。
先日断ってきた東証一部の会社はオーバースペックいわゆるスキルが高すぎるという意味でしょうか?
なんとも府に落ちない内容です。
スキルが低いのでお断りされるのなら納得の範疇ですよね。

とまあ、世の中は人により様々な考えで動いていると思います。
何が常識で何が本筋なのかも定かではないのが今の世の中です。
世の中も時代と共に変わりました。
これを換えてきたのはその時代に生きる人間の価値観と質の相違かと思います。

国会ではいい大人が真顔であたかも正当な仕事の振りをした行為がなされています。
言語道断です。
誰が入金したかなどというどうでもいいことに税金と時間を無駄にしている自民党の西村とか西田とか、本当に良識のある人間が国会議員になっているとは思えない。
事の問題の本質を全く理解していないぼんくらと言えるでしょう。
まさしく烏合の衆と化しています。

その点、自然は嘘をつかない、いいですね。
チャント桜の季節がやってきます。
皆に春の訪れを告げ心を明るくさせてくれます。
石鯛釣り好きの私はいつ頃行けるかとそわそわする季節です。

お孫ちゃんと花見をするのが楽しみです...。

アンフェアー供3/295

あくまでもゼロ回答にしたい政権与党と官僚たち...。

郵便局で寄付金の支払いの人間が答弁と違うだろうということに虚偽があるとして告訴するとしている自民党の諸君に猿芝居はいい加減にして欲しいと言いたい。
いい大人が寄ってたかっていい篝をつけているとしか思えない。

確か籠池氏は職員が振り込んだと言っていた。
彼の奥さんが振り込んだという答弁ではなかったという理由らしいが副園長なので平たく言うと職員の一人であると解釈しても一般的である。
このことで筆跡鑑定をした大馬鹿者が居るということのほうが問題である。

国の税金で勤務している総理婦人お付の谷さんに公的場所で聞けばいい話しである。
彼女は恐らく公務として日々仕事をしていたと思う。
省庁からの命を受けての勤務は誰が見ても公務である。

子供にも説明の付かないことを毎日税金を使って会議らしいことをやっていることも問題である。
臭いものにいち早く蓋をしたいと言っているだけである。
とかくこの世はアンフェアーである。

昨日の大阪高裁の結論で高浜原発が再稼動になったらしいが地裁と180度違う判決である。
これまで数々の冤罪も生んできた裁判官に責任の追及は無い。
人間の一生を左右する判断に責任を持たなくていいのだから不思議な身分である。
いわゆる役人と同じで特権階級を前提としている。
故にこの世はそもそも平等ではないことから全て始まっていることになる。
平民だけに建前的な平等論を押し付けているのが国家と言うことになるだろう。
我が日本は憲法に記載されている三権分立さえ怪しいことが多いのが現実である。
私はブログで何度も投稿しているが責任の所在しない人間を社会人と呼ばない。

今回の日々偉そうにしている国会議員が都合のいい文面だけを抜粋して保身で有利に導くように誘導している様は実に滑稽である。
選挙の際は吟味すべきである。
下らない人間に権力を渡すとこうなるという実例であろう。

正義とは人によって変化するものではないことを願うのみである...。




アンフェアー 3/275

連日世間を騒がせている森本学園の真実...。

安倍氏以下政権与党は必死になって権力で押さえつけようとしている様が見える。
安倍夫人が発したとされるFBの文面は官僚がしたためた文面であることは報道でもされているように間違いないだろうと思われる。
実に整理整頓した文脈はこれまでの安倍夫人の唐突性のある人の作成ではない。
文章は必ずその人の個性が映し出されるもので小説家はそれで成り立っていると言っても過言ではない所以である。
文章は必ず個人や職業の癖が出る。

この一つをとっても私人であると強固に訴えてきた安倍総理を初めとする論理が崩れる。
例のFAXをゼロ回答でしょうとおっしゃっているがそれから調整していくと文面は続き現在の結果に辿り付いた事の事実はそれの全てを裏返すものであること明白なりと思う。

神風の正体を我々国民は知りたい。
籠池氏を抹殺して幕引きを図ろうと必死であるが証人喚問の時に暴言と恫喝めいた質疑をしたのは与党のみというのも世間は見ている。

だから私は群れる奴は嫌いである。
数の論理で正しいということは無い。
民主主義を数の論理と履き違えていつしか正論になっていることが間違っている。
確かに籠池氏は三種の契約書の額の違いは明らかに違法であると思うが国会答弁での真意は未知数であると思う。

政権与党と官僚に正義があるとすれば堂々と関係した人間を証人喚問で呼ぶべきであろう...。

アンフェアーを前提に誤魔化してはいけませんよ...。

証人喚問と参考人招致の差別 3/245

昨日は丸一日、籠池氏の証人喚問でしたね...。

ところが関係しただろうと思われる官僚たちは責任の追及が無い参考人招致と言うことである。
この差をなんと見るのか、単なる現政府の正当性をホローするための茶番劇と見た。
安倍夫人が特に関係していると思われることに与党と官僚が一丸となっての防御であろうと思われる選考である。
この連中に真実を追究することなど関心が無いということである。

先の天下りの件で官僚OBが後輩の天下りの斡旋を「人助け」と称していたことに現政府や国会議員がとりわけ騒いだ様子も無かったことが記憶に新しい。
いつの間にか幕引きされているではないか。

今回の森友学園問題で一民間人が国会で証人喚問をされて堂々と敢えて虚偽の大馬鹿をやってのけるだろうか?
一般的な常識で判断するとありえないと思うのが妥当と思う。

本日の予算会議でまたもや自民党の西田が安倍に向かって政府側(国側)に瑕疵が無いと答弁していたが奴は裁判官でも幹部でもなく一介の参議院議員である。
安倍政権に対する迎合でしか他ならない。
この場に出すに値しない偏った高圧的な人間である。

私は安倍夫人も関係した官僚も等しく証人喚問で問いただすべきと思っている。
世に対し性善説で物事を計ると大きな間違いが待っているという事実が多々起きていることからもたとえ総理婦人と言え官僚と言え性善説をはずして平坦に見識すべきである。

トカゲの尻尾切りとはよく言ったもので必ず本体は生き延びるわけである。

安倍も空元気でもし関係していたら総理職も議員職も辞すと宣言しているので引っ込みが付かない。
ついでに稲田の関係も煙に巻くつもりであるだろう。
我々国民は本当は何があったのかを知りたいだけである。
そこに悪が働いていたならその者は去って欲しいだけである。

こんな小細工を平気でやる連中が国を牽引しているのだから良くならないのは納得する...。

証人喚問午前の部 3/235

本日の午前中、森友学園の籠池氏の証人喚問・参議院の部が終わりました...。

第一発目で出てきた西田氏の質疑は明らかに自民党内部の保身要素が強い内容だった。
私はこの席に立つにふさわしくない人間と言える。
彼は「国会の大砲」と異名をとる男らしいが実に論点がずれていて的を得ていない。
この場で財務内容が健全でないことを追求しても全く意味が無い。
この男に最大の時間40分を割いたのは税金の無駄である。
全て税金が使われている意識がないのである。
税理士上がりらしいが断じて税務会計を調査する場ではない。
こんな奴が議員で幅を効かしているから国が良くならない。
よって最低。

論点は財務に問題ありながらも何故に急速に認可と国土売却が決まったかにある。
そこに強い力が働き忖度があったか否かを確認しなければならないはずである。
安倍一族から100万円の寄付についての証明は難しいがあの様子だと事実だろう。
但し選挙区が違うと言うことで違法ではないらしい。
従って事実なら収支報告書に記載されなければならないはずである。
多分、貰った貰っていないで幕引きだろう。

財務省、国交省、航空局、大阪府の当事者の証人喚問が絶対に必要である。
私の偏見かもしれないが税金で食っている連中にまともな奴は居ないと思っている。
この学園のことは氷山の一角で全国で行われているだろう。

午後は衆議院で行われるのでじっくりと見ることにする...。
愛犬 liro
愛犬 liro
幸福を呼ぶ
お茶目なリロ
dandy の プロフィール
統合セラピスト・出張専門「健悠舍」
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
病は気から!
にほんブログ村 健康ブログへ
磯の王者物語!
にほんブログ村 釣りブログ 石鯛釣りへ
やりたいことをやれ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
自然体で臨め!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
時流を読もう!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
気に入ったらクリックを!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
絶景/三本岳・子安根
絶景/子安根
livedoor 天気
  • ライブドアブログ