2007年07月30日

アストンマーティンDB9 3

以前のヴォランテでも触れましたが、
シフトのP、D、N、Rの4スイッチは
エンジンスタートボタンを中央にセンターコンソール
上部に横一列に並んでいます。

各ギアをマニュアル操作するときには、
ハンドル脇のパドルを操作することになりますから、
このスイッチ配列もデザイン上カッコイイと
思えてしまいます。

国産車やドイツ車なら、
非合理的でコストがかかると言って、
作り手は嫌がるでしょう。
しかし、そこはイギリス車。アストンマーティンです。

カッコイイ事にすべてを注ぎ込んでも
それらしくて、ただただ感心するばかりです。

イギリスは時間にも余裕のある人達のみに
このスーパースポーツカーを作っていることが
よく解るところでしょうか。
bridgehk at 23:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Amazonライブリンク
Profile
亀井 久史
東京練馬で輸入車販売店を経営しています。営業年数は12年になりました。優良の中古輸入車をメインで扱っています。そのほか部品用品等車関係の事であればなんでもご相談下さい。夜な夜な自ら好きな車で首都高速等走っていたりします。サーキットも行きます。ツーリングも大好きです。