フランスから薬杯

P1家造りが完成に近づき、骨董収集もスローダウンしていたが、久しぶりにフランスから到着した。

ointment pot 18世紀頃 
よくぞ無傷で残っていたものだ。

価格は9.5ポンドだが、送料が21ポンド!

フランスからも送料はかなりかかる。それがネック



P2家づくりで さんざん金を使い、仕事もしていないので、お金が減るばかり。

だから骨董収集もしぶくなる。

引っ越しで、集めてきた品物がどこにどうあるのかますますわからなくなっている。

家が完成したら、はやく再就職したいなぁ。

britishwaybritishway  at 06:04  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 骨董  

秋の北軽

10月後半に北軽井沢へ行ってきた。
庭は落ち葉で埋め尽くされていた。 風情があって良さそうに見えるが、栗の実がたくさん落ちていて、踏むとイガイガが危ないので、拾い上げるのが大変!

で、次に落ち葉は集めて腐葉土を作る。

P1


雨ばかりで、湿度も高い所なので、庭にはキノコが出現。食べられるのかな?

P2

そういえばバカマツタケがついに人口栽培できるようになったとか。
自分も松がないところで松茸を採ったことが一度あり、その名前は聞いていた。匂いもありほぼ松茸と同じだと思った。


P32階の軒下をキツツキにやられていた。
大きな穴になっていた。

よく調べると1階の軒下にも穴が!

フクロウの飾りはぶら下げていたのだが、ついに見破られたのか!?










P4
合板材を切り取り、色を塗ってから貼り付ける。


穴を空けっぱなしにしていると、そこから小動物が入り込んだりして大変なことになるらしい。

今回はさらにCDを使ったものをぶら下げてきたが、効果は出るだろうか??




10月21日 最終日、やっと晴れて浅間山が現れた。朝は−3度になってた。
冬は厳しそうだなぁ。
そういえば10月後半で、滞在中はずっと薪ストーブを焚いていた。

薪ストーブが最高!

PHOT037


今週また行く予定。
スタッドレスとかつけてないので、道路が凍結していないといいが。

britishwaybritishway  at 06:27  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

どうなるマイ ハーフビルド ホーム!?

家づくりが精一杯でブログの更新もままならない。

しかしやっと足場がなくなり外まわりが完成した。
こうして見てみると、自分で二度塗りした外壁材と大きな窓がポイントになった。

P1


中はまだまだ手間と時間がかかる。
天井の板張りが終了し、その後石膏ボードを貼った。
今は床の板張りをやっている。1階はほぼ貼り終わった。

P2


が、ここに来て小さなぎっくり腰に悩まされ、中断。。これ以上ひどくなったらやばいレベルに。
石膏ボード貼りが特に腰に負担をかけた気がする。100枚ぐらいは貼ったんじゃないかな? 重いのによくやったと思うし、それだから腰痛になったのだろう。

家が完成しても腰が悪くなって入居じゃ喜べない。
計画変更して、大工さんに余分にやってもらうしかない。

britishwaybritishway  at 16:34  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

初フリーマーケット参加

P1自宅建築がヘビーになってきた。その合間を縫って北軽井沢へ。

いたるところキノコだらけ!

かつては松茸狩りに夢中になっていた時があるので、雑キノコを目にするだけで胸騒ぎがする。

これは傘の直径が15cmはあった気がする。

赤松の生えている所では車を止めてざっと見てみたが、やはり松茸は出ていない。我が家の近くは日当たりが悪い松ばかりで、ちょっと環境的にありえなさそう。イノシシに食われているかもしれないし。

でも松茸を売っている人が峠のあたりでいるので、きっとどこかにはあるのだろう。


庭に生えている栗の木は、実はできるがやせている。 小粒ばかりで、茹でてみたが、小粒すぎてほくほく感がない。 残念。。
P2


今回はフリーマーケットで、手元になくてもいいと判断した骨董品を出品してみた。
波はあるが、売れるときは重なって買いに来る。 そうとう安くしたので、お買い得!と思った人もいただろう。
自分も少し身軽になれてよかった。

帰る日の最終日にようやく気持ちよく晴れた。 でも浅間山にはまだ雲がかかっていた。
P3


britishwaybritishway  at 12:21  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 骨董  

家づくり その2

2Fの天井貼りから今は1Fの天井貼りへ。
この1Fのリビングルームの天井は広くて、3日を要した。

なぜか?   長い板を1人で貼るのは難しいから。

左が収まれば右が飛び出し、じゃあ右をたたいて収めると左が飛び出す。
しかたなく急きょ真ん中あたりで切って2分割して納める。

板が乾燥して湾曲していると特に収まらない。 
P2

意地でやりぬいた。

その後キッチンを手がける。
同じくパイン材でしつらえることにした。 少し狭いので割とスムーズに進む。
だが、リビングルームとの接合部分を違和感なくつなげるのに苦労した。(きのう)

最後はカッターではみ出る部分を削り帳尻を合わせた。平成の名工になった気分。
汗はだらだら流れて、人には見せられない姿ではあるが、、

P1

が、家づくりであたふたしているうちに、トルコリラショックで、自分の保有FX資産が縮小!!!  自分の口座はしばらく見たくない。 

日本ではこれで破産した人も出たんじゃないかな?

britishwaybritishway  at 14:56  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

家づくりは続く

別荘に行くのも少なめにして家づくりに専念した。
汗をだらだら流しながらの作業でそれなりに忍耐力と体力はついた。

マイルームは、杉板に塗料を塗り、その後天井から貼っていく。
8畳ぐらいなのに二日かかった。

まあなんとか満足できる。

P3

だれも木を切ってくれないから、スライド丸ノコでばしばし切る。
中国製の1万円ぐらいだが、不満はない。
初心者にはちょうどいい。

P5

次はウォークインクローゼットの天井。
天井への入り口をつけてあるので、その部分を切り抜く必要があり、気が抜けない!

P4


PHOT3
で、切り抜いた部分は番号をつけて貼り合わせてフタとなるらしい。

裏に番号をつけたので、模様はちゃんと連続している。

子どもの頃は木工芸が好きだったことを思い出した。





次はパイン材を使った天井貼り。

ボンドとピンネイラーの併用で貼り付けている。

しかしパイン材はけっこう重い感じで、ピンという針で突き刺してボンドが乾くのを待つこの方式は不安。

木工ボンドだけでもつのかな??? 針は針の頭がないのでスルッと抜けやすそうだし。

P2

家族で団らんしていたら天井が落ちてきた、とかなったら笑えないけど。。

P1

ここまでに半日費やす。 
板が長すぎて逆にはめるのが難しくなることを発見。

リフォームやってる芸能人には負けられない。

britishwaybritishway  at 21:01  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!