2009年12月21日

iTimeLapse


フォルダーが届いたのでiTimeLapseで撮影してみました。
iTimeLapseはiPhoneでインターバル撮影から動画作成まで行えるアプリです。

e89a8a93.png

6794b3d9.png
起動するとプロジェクトを指定します。

9630f43c.png
撮影のパラメタ設定画面。
項目は多くないので設定は簡単で、撮影開始をクリックして撮影を始めます。
c084f70b.png
画像サイズは結構選べますね。

dea41e68.png
撮影が終わるとレンダーで動画を作成します。
ここでもパラメタが指定可能で、標準で持っている音楽もつけれます。

60ebbb71.png
レンダーが終わると再生で見えるようになります。

4a6a90cb.png
作成後はそのままYoutubeなどにuploadできます。

dc4bc386.png
日本語が怪しいのはご愛嬌(笑

521ddfaf.png
詳細で設定した内容がそのままYoutubeの説明に反映されるようです。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by テルテル   2009年12月23日 00:28
iPhone、面白そうですねぇ。
以前、我が家でもiPhoneに機種変しようと家内に直訴したんですが、却下されました。orz
仕方がないので、asukaさんのを見て満足してることにしておきます・・・どこまで我慢できるかなぁ。
2. Posted by asuka   2009年12月25日 00:14
>>テルテルさん

完全にSoftbankに乗り換えるならそんなに高くないかもしれませんが、携帯電話としてみると使いやすい物じゃないです(苦笑

iPhone遊べるのですが、電池は持たないし通話はしにくいし・・・って感じですね
でもやれることが色々あるので、しばらくiPhoneの話題が続きそうです(汗

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔