可愛い大人へ°・*.。.☆

お空が広がる古い車でプチグルメを楽しみ、 小さなキャンピングカーで産地に出向いて食べ歩く。 慎ましく少し贅沢に毎日を楽しむ仲良し夫婦のお茶目でハッピーなお話

店主さんがラーメン職人!

こんにちは(╹◡╹)♡

東京湾フェリーで
40分の旅を楽しんで久里浜港に到着した私たち
これからダンナ様の古い記憶の中のラーメン屋さんに参ります

そこは意外にも突然に目の前に現れました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
久里浜港のフェリー乗り場から走ること数分の場所です
でも営業しているのか知らん?

IMG_4123

駐車場が見当たらなかったので
近くのホームセンターに駐車させてもらって(感謝♪)
勢いよく降る雨の中をラーメン屋さんに向かいました

そばまで行っても
お休みなのか営業しているのかよく分からない…
店内を覗いてカウンターにお客さんの姿があるのを見て
ホッと安心して入店!

店内はテーブル席が二つとカウンターがあります
この屋台っぽい風情が好きですー

IMG_4132
 
私たちはカウンター席に座りました
目の前にあるクラッシャーと生ニンニク
ダンナ様が潰してくれる予定(*・ω・)v

IMG_4128

…と  店主さんを見ると
お愛想を言うわけでもなく
唯ひたすらにラーメンを作っています
その目は真剣そのものです
引き寄せられて目が離せなくなりました

IMG_4127

そして出されたラーメンがこちら!

IMG_4129

細めのストレート麺に
ややこってり系の豚骨醤油が馴染みます
うん!美味しいー😋

IMG_4131

食後 改めて店主さんを見ると
先ほど同様に真剣な表情でラーメンを作り続けていました
中々見る機会がありませんよね
こんなにラーメン作りに心血を注いでいるお方
下を向いて黙々と…見ていて気持ちいいくらいです

IMG_4133

そうしている内に
周りを見渡すと店内ほぼ満席に…
ご近所さんらしいお客さんで賑わってきましたので
早々にお店を後にした私たち

私は美味しくいただきましたが
ダンナ様はどうだったのでしょうか?

昔に味わったラーメンの記憶と
この日のラーメンが遜色なく美味しかったならいいのですが
得てして記憶の中にあるものは
実態以上に 美味しく 美しく生き続けますからね(*´∀`)♪


そして 後は唯ひたすら走るだけ
一層激しく降る雨の中を
オプティマ号は真っ直ぐに真っ直ぐに我が家へと進みます

さて
どんなに土砂降りかって言うと…

IMG_4135

前がよく見えないくらいの
土砂降りです!
ちなみに前を走る黄色いクルマはアルファロメオです
小粋でステキなクルマなんですよ

IMG_4136


そんな私たちのオプティマ・プチ旅行!

勝浦でいただきたかった〆の坦々麺は
おさかな処のあとに寄る予定のお店が閉まっていました
そんなに遅い時間ではなかったと思うのですが
勝浦の夜はとても早く〆ることが出来ませんでした

ですが今回のプチ旅行を
久里浜の美味しいラーメンで締めることが出来るなんて
ハッピー・ハッピーな夫婦です(๑>◡<๑)


それでは皆さま
今日はこの辺でヾ(๑╹◡╹)ノ"マタネー


●田島家 久里浜店
  神奈川県横須賀市久里浜8-5-8
  電話 046-835-2373
  営業時間  11時〜21時
  定休日  不定休


フェリーに乗って旅行気分を満喫!

こんにちは(╹◡╹)♡

皆さまは
千葉県と神奈川県を結ぶフェリーが有るのをご存知ですか?
その名は 東京湾フェリー!
千葉県は房総半島から東京湾を横断して
神奈川県は三浦半島までを40分で結ぶ定期便なのです

IMG_4111

コレが乗船チケット
運転手のダンナ様は車両運賃に含まれていて
助手席の私は旅客運賃に相当します
〆て4710円!

 IMG_9813

乗船レーンで
出発時刻を待つオプティマ号

IMG_9811

その時刻が近づいて
フェリーの 中へ 中へと 入っていきます

IMG_4112

駐車スペースはこんな風になっています

IMG_4113

スタッフさんの指示に従って
順序良くクルマを停めます
モタモタしないこういう所って流石の日本人です!

IMG_9812

前方に微かに見えるのが三浦半島
そろそろ出発しまーす

IMG_4115

ビーサンのダンナ様とクロックスの私
カモメの飛びかう姿を見ながら久里浜に向かいます

IMG_4120

もう目の前が三浦半島です
神奈川県に近づくに従って黒々とした雲が立ち込めて
雨足が強くなりました

IMG_4121

こんなソファー席もあるんですよ
船内の写真を余り撮りませんでしたが
イスは広々としていましたし デッキは開放的でした

IMG_4117


ワーイ!到着!
ここが三浦半島の久里浜港!

コンニチワ!横須賀╰(*´︶`*)╯♡

IMG_4122

乗船時 千葉はあんなに晴れていたのに
神奈川に到着してみると土砂降りです(´;ω;`)
フェリー🚢で僅か40分の隣県さん お隣さん同士ですが
気候の違いをしみじみ感じました

こうしてフェリーでの旅が終了…!

私にとっては初めてのフェリー旅でしたが
昔ダンナ様は乗ったことがあったということです

その頃の話の中で
美味しいラーメン屋さん🍜の話を聞いていましたので
今回そちらを探しに行くことも
このフェリー🚢旅の大きな目的の一つでした('▽'*)ニパッ♪

ラーメン屋さんの名前も忘れていて
場所もうろ覚えで見つかるかなぁー
今でも有るのかなぁー
と 探しながらクルマを走らせていると…


アッ!

アレは もしや…

発見!!

IMG_4123

もう少しで通り過ぎてしまいそうでしたが
ようやくダンナ様の記憶が蘇りました
久里浜港から意外に離れていない場所にあったんですねぇ

そしてこちらのラーメン屋さんの店主さんは
これぞ   ラーメン職人! だったのです!


それでは皆さま
この続きはまた明日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

勝浦の繁盛店らしいけれど…

こんにちは(╹◡╹)♡

このお盆休みを千葉県は房総に来て
海で遊ぶこと自体が楽しいのですが
さっき獲れたばかりの地魚をいただけることも
房総の大きな楽しみの一つです

でも、お盆の間は漁師さんは漁に出ていません
だから、それほど期待もせずに行きましたが
例によってタクシーの運転手さんに美味しいお店を聞いて
そちらのお店に向かいます

太東から勝浦に移動して
オプティマを停めた場所からほど近い
 「おさかな処○○」 と名打った、とあるお店に入りました

ほぼ満席に近かったのですが
カウンター席に座ることができました
客層はどうでしょう
地元の人と観光客が入り乱れている感じでしょうか?

お店に入った私たちの顔見るなり若い店主と思われる人に

「料理には時間がかかります
  一度頼んだ料理のキャンセルはできません、
  それでもいいですか?」

いきなり真面目な表情で念を押され、
始めての出来事で少し面食らいましたが
そんなのはぜんぜんOK!
だって、ダンナ様の食事には家でも時間が掛かるんですもの
ダラダラ飲むのは私たちの専売特許なんですものね


二人で乾杯して🍻

IMG_4086

今までビールって滅多に飲まなかったのですが
最近ビールの美味しさに開眼した私!


ビールが届いた直後
お通しが来る前にお刺身の盛り合わせがテーブルに並べられました
こういう順番ってアリなんでしょうか(^◇^;)??

IMG_4089

遅れてお通しも並びます

IMG_4090

お刺身の五点盛りは
特筆するもののない中で 唯一 生鰹の美味しさは絶品でした
一度こういう生鰹をいただいてしまうと
近所のスーパーの生鰹が買えなくなって困りますー
また不幸になっちゃった


こちら皆さまあまりご存知ないでしょう?
しったか  という貝なんです!

IMG_4087

都内では滅多にお店には出て来ない珍しい珍味です
ダンナ様は大喜びでオーダーしました
私も塩茹での  しったか を初めていただきまーす


自然児のダンナ様が
楊枝でクルリンと外してくれました
ネッ!上手ー╰(*´︶`*)╯♡

IMG_4093

ですが 右側のように
上手く外せないこともあります

IMG_4094

この白い肝は雄なんですって!
だからいつも全てが白い牡蠣にを見て昔の人は
牡蠣は全てが雄(牡)だと思ったそうです
だから牡蠣には「牡」という字が入っています
そんな事をダンナ様から教わりました

貝の苦手な方が口にする
「苦みやクセが嫌なのよねー」というセリフを時々聞きますが
塩茹での  しったか   は貝独特の苦みがなくて
旨味の強いとっても食べやすい貝なんです!
私はアノ苦味も含めて貝全般が好きなのですが
今回  しったか  をいただけて最高の夜になりました

他に焼き物など幾つかいただいたのですが
やっぱり禿筆すべき物はありません
やはりお盆のせいなのでしょうか?
それで…「あの美味しい 生 鰹 を注文しよう!」と話していたら…

店主さんが言うには
             「生 鰹 だけでは出せない」     と…
何とこちらのお店では
盛り合わせでしか 生 鰹 をいただけないそうです(・・?)ナゼ?

私が不思議そうな顔をして店主さんを見ていたら
 
     「 生 鰹 が美味しいからって
         お客さんにソレばかり注文されると品切れになっちゃうからね」

なんだそうですよΣ('◉⌓◉’)エエー?!

「だったら
    たくさん仕入れれば良いじゃん」

と私だけに聞こえるようにダンナ様

こんなトンチンカンなことを
もっともらしく話すお店があるんですね:(;゙゚'ω゚'):キョエー

二代目と思える若い店主さんですが
見ていると他にも色々気になる点があったのです

例えば 私たちの時もそうでしたが
お刺身の盛り合わせが恐ろしく早くテーブルに並ぶのは
事前に切ってあるお刺身を冷蔵庫から取り出して
お皿に盛り付けていたからだったのですよ

また
お客さんの空いたお皿を片付けるところで
注文を受けたものを盛り付けているんですよ
不衛生じゃないのかしらって(゚ロ゚;)エェッ思いながら見ていました

それでも充分美味しいのは、さすが地元です
が… カウンターの隅に座ったおかげで
幸か不幸か 店主さんの様子が丸見えだったんです

地元でいただくお魚は
どこに入っても大体は美味しいものです
それを頼りにこちらのお店のように
たくさんの観光客が来る繁盛店になると
こうして上から目線になっていくのでしょうねぇー
ガッカリですねー
 

何だか辛口になっちゃいましたが
皆さま 今日はこの辺でヾ(๑╹◡╹)ノ"マタネー
 

番台付きのお風呂屋さん見っつけたぁー

こんにちは(╹◡╹)♡

千葉県 太東の海で思いっきり遊んで
勝浦に向かった私たち
我らのオプティマにはシャワーが付いていて
熱々のお湯でスッキリ身体を洗うことも出来ます!

ですが
旅先では必ずお風呂屋さんを見つけて入浴するんですよ
時々、びっくりするような入浴料で
すごく良い温泉に入ることもできたりします

そんな中
勝浦で見つけた背の高い煙突を目指して歩いて行くと
昭和レトロなお風呂屋さん 発見!
素晴らしいー(๑˃̵ᴗ˂̵)

明治 大正時代から創業100年以上のお風呂屋さん!
千葉県最古の銭湯♨️なんだそうですよー

IMG_1027

テンションの上がる私たち!
こちらが番台
ブザーを押すとおばちゃんが出て来てくれました

IMG_1051

ダンナ様が向こう側で2人分を払ってくれました

IMG_1056

こんな渋い風景
リアルには中々見ないですよね

IMG_1047

今で言うロッカー
これが昭和のお風呂屋さんのロッカーです

IMG_1054

ロッカー(って言うのかしら?)の内側です
何かお気付きになりましたか?
IMG_1055
鍵なんて付いていないんです
ご近所の知り合いばかりで、鍵なんて必要のない時代の産物
ほのぼのとした良い時代だったことが伺えます

昔の100円入れるマッサージ機だってあるんです
昭和のオトコとオンナは
こういうのに反応してしまいませんか

IMG_1052

そしてお風呂です!
時間が早かったせいか貸切でした
着替え終わった頃に
「ちわー」みたいに
番台のおばちゃんとお喋りしてるご近所さんが続々入ってきました

IMG_1057

タイムスリップしたような気分になれる
ひなびたお風呂屋さん
身も心もスッキリ綺麗になった私達
いつまでもここで営業していてほしいなぁ╰(*´︶`*)╯♡

さて
勝浦ナイトはここからが始まり!
地元の魚🐟をいただきながら美味しいお酒を飲みましよう


それでは皆さま
今日はこの辺でヾ(๑╹◡╹)ノ"

●松乃湯
  勝浦市勝浦43
  0470-73-0629
  営業時間 14:30〜22:15
  定休日 木曜日

早起きして向かった先は…

こんにちは(╹◡╹)♡

お盆の真っ只中ではありましたが
頭のてっぺんのお皿が乾き切る直前のダンナ様が
「明日 目が覚めたら海に行くぞー🏖」
って

それで翌朝5時に起きた私たち
前の晩に握っておいた🍙を2つ持って
寝起きの格好のままにオプティマに乗りました

渋滞アレルギー、混雑アレルギーのダンナ様は
お盆の時期に高速道路に乗るなんていうミスは犯しません(*⁰▿⁰*)キリッ
ひたすら下道を走って海を目指します
時間はいっぱいあるのでのんびり目的地に向かいます

ほーらね
クルマも走っていません

IMG_4075


ですが ここだけは別!
アクアラインに乗って目指す海へと一直線

IMG_0818

海ぼたるに入る行列を見ました
わ わ わ わ 恐ろしいー
立ち寄らないで良かった(=´∀`)ホッ

IMG_0827

空いた道を…

走る…

走る…

ワーイ🙌ワーイ🙌

太東の海に到着しましたー
オプティマのお屋根を上にあげて快適な空間を作りました!
潮の香りが私たちのテンションを上げてくれます

IMG_4077

早々に水着に着替えて朝食の準備です
これから目玉焼きを焼きまーす
水着の部分はカットしてま〜っす

IMG_4079

ご飯はおうちの炊飯器から
ランチジャーに詰めて持って来てますし
ダンナ様の必需品
自家製ぬか漬けキュウリも忘れずに持ってきました(╹◡╹)

IMG_4082

端っこにあるのがハム&目玉焼き!
お墨付きの "朝からシュワッ" も冷蔵庫で冷え冷え

IMG_4083

そして
曇り空から太陽の光が差し始めたのを見て
海に向かうダンナ様

IMG_4085

海で遊んでいると満面の笑顔のダンナ様…
笑顔の絶えることがないんですよ
波にもみくちゃにされて遊んでいると
1日なんてあっという間に暮れていきます

夕暮れまで遊んで、
ようやく頭のてっぺんのお皿も潤ったダンナ様と一緒に
太東の海を離れて宿泊地の勝浦に向かいました

お夕飯は 地魚をアテに🍶を呑んで
締めに 勝浦坦々麺 をいただく予定です(๑>◡<๑)v

それでは続きはまた明日!
今日はこの辺でヾ(๑╹◡╹)ノ"マタネー 

 
👍ポチッとお願いします
ブログランキングの応援を
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッ👍とお願いします

アリ地獄へ堕ちる方🐜↓

ご協力有難うございます😊
最新コメント