2014年12月22日

☆最終回 踊る!整体癒身流


時々あいだが開くことがあったものの、ほぼ週一のペースで
このブログを10年と数ヶ月続けさせて頂きましたが、今回を
もちまして「踊る!整体癒身流」は終了とさせて頂きます。

長い間、誠にありがとうございました。

それでは皆様、どうぞお元気でお過ごし下さいませ。
さようなら!


brother40 at 20:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年12月12日

☆水道橋〜品川散策


前回の続きです。

水道橋の「プロレス・マスク・ワールド」を後にして、総武線で
秋葉原へ行き、そこで京浜東北線に乗り換えて品川駅で下車
してみました。

品川駅は新幹線に乗るときに利用するぐらいなので、駅の外に
出るのは10年ぶりぐらいです。

ちょうど夕食時だったので何か食べて帰ろうと思ったのですが、
土地勘が無く周辺のお店を知らないということもあったので、
とりあえず品川駅の目の前にあるウィング高輪へ行き、地下
にある「築地玉寿司」というお寿司屋さんに入ってみました。

まずは、刺身の盛り合わせ・マグロのホホ肉焼き・特製サラダ
などを注文してみたのですが、中でも全く期待せずに頼んだ特製
サラダが、意外にも美味しい!

このサラダはトビコをまぶしてあるのがミソで、野菜のシャキシャキ
感とトビコのプチプチとした食感が、美味しさを引き立てていて
印象に残る一品でした。
(※特製サラダの内容は時期により変更することがあるようです)

そして、お寿司は「築地にぎり」というのを頼んでみました。
にぎりに茶碗蒸しとみそ汁が付いたセット品なのですが、人気の
あるネタが一通り楽しめるので、特に食べたいネタにこだわりが
無ければ充分満足出来るセットだと思います。

「築地玉寿司」を出た後、帰りに一杯だけ飲んで帰ろうと思い、1F
にある「mango tree cafe +bar」に寄ってみました。
品川駅の目の前という立地からか、外国のお客さんも多く、海外
のカフェやバーの様な雰囲気がなかなかいい!

店内はガンガン音楽が鳴り響いているので、静かな雰囲気で
落ち着いて飲むという感じではありませんが、たまにはこういうのも
悪くないですね。

ここでは鱈子がまぶしてあるフライドポテトをつまみにモヒートを
飲んでみたのですが、結構美味しかったです。

特に目的を決めず、水道橋〜品川をちょっとだけぶらぶらした
だけの休日でしたが、それなりに楽しく過ごせた一日でした。










つづく




brother40 at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年11月25日

☆水道橋〜品川散策


10月上旬頃の事ですが、水道橋駅〜品川駅周辺をちょっとだけ
ぶらぶらと散策してみました。

水道橋と言えば、プロレスグッズを取り扱うショップが何軒かある
ので、駅をおりたついでに初代タイガーマスクやその直弟子
である4代目タイガーマスクのマスクを主に製作されている中村
ユキヒロさんの(プロレス・マスク・ワールド)に行ってみました。

3Fがショップフロアで(※現在は同ビル2Fへ移転されているようです)、
5Fがマスク博物館なので、まずは5Fの博物館に行ったのですが、
ここでは初代タイガーマスクが80年代当時に使用していた大変
貴重なマスクをはじめ、仮面貴族・ミル・マスカラスや他の著名な
マスクマンのマスク等が展示されていて、プロレス好きには
たまらない空間!

また、当時の雑誌や本など、かつて自分も持っていたグッズも
いくつか展示されていて、子供の頃の宝物にまた出会えたような
懐かしい気持ちに浸る事が出来ました。

次にショップフロアにお邪魔したのですが、マスク製作中の忙しい
なか、中村ユキヒロさん御本人に親切に対応していただけて
ありがたかったです。

訪れた時は、まだショップ店舗が2Fへ移転する直前で、移転
準備のために店内の展示商品を少なめにしているとのことで
したので、また改めてリニューアルされた(プロレス・マスク・
ワールド)にお邪魔したいと思っております。




次回へ続きます。









つづく

brother40 at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年11月19日

☆漁師町での食事 のどぐろの塩焼きと刺身


「のどぐろ」と言えば、全米オープンテニスで準優勝という快挙を
成し遂げた錦織圭選手が、帰国したら食べたいものとして真っ先
に挙げていましたね。

「のどぐろ」とはアカムツの別名で、口の中が黒いことから、主に
日本海沿岸でよく用いられる呼び方だそうです。

以前に「のどぐろ」の煮つけを食べたことがありますが、今回は
塩焼きと刺身でいただきました。

塩焼きと刺身のどちらで食べても、(白身のトロ)と呼ばれるだけ
あり脂の乗りも良く、一口食べると口の中に何とも言いようの
無い旨味が広がり最高に美味い!

あまり気安く感動という言葉を使いたくは無いのですが、「のどぐろ」
は食べた人を感動させるだけの風味がある魚ですね。









つづく



brother40 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年10月22日

☆漁師町での食事◆,茲海錣了豹



今回は漁師町滞在中に食べた「よこわ」の刺身について
書いたみたいと思います。

「よこわ」というのは本マグロの若魚のことで、関東では
メジとも呼ばれています。

いただいた「よこわの刺身」は、滞在地から比較的近い
鳥取県の境港で揚がったものではないかと思うのですが、
脂の乗りも程良くあっさりとした風味がとても美味しい!

山陰地方では、普通にスーパーでも売っているようですが、
東京では「よこわ」というのはあまり馴染みがありません。

一部の寿司店や鮮魚店などでは「メジ」として出している
と思いますが、東京でももっと手軽に本マグロ若魚の刺身
が手に入ればありがたいですね。

お酒のつまみとしてだけでなく、白飯と一緒に食べても
良く合うので、ご飯のお供にも最適な刺身です。


次回は「のどぐろ」について書いてみたいと思います。









つづく


brother40 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年10月06日

☆漁師町での食事 々肇坤錺ぅニ

法事で兵庫県の日本海側にある漁師町・柴山に滞在した
のですが、やはり漁師町ということもあり色々と美味しい
ものに出会えたので、何回かに分けて書いてみます。

まずは当地の名産で9月に漁が解禁となったばかりの
「紅ズワイガニ」。
地元では略して紅ガニと言ったり、香住ガニとも呼ばれ
ているカニです。

なぜ「紅」と名付けられているかというと、通常のズワイ
ガニ(松葉ガニ)と比べると、茹でる前から赤っぽい色を
しているためです。

紅ズワイガニとズワイガニ、名前だけを比べるとよく似て
いますが生態はそれぞれ異なり、漁期も紅ズワイガニは
9月から漁解禁で、ズワイガニは11月上旬頃からの漁
解禁ですので漁期が違います。

また、漁法も紅ズワイガニはカニ籠漁で行い、ズワイガニ
は底引き網漁で行うので、捕り方も違います。

さて解禁になって間もない紅ズワイガニの味ですが、その
身はズワイガニと比べると若干水っぽいと言われる事も
あるようですが、新鮮な身は充分に美味しく、何と言っても
カニ味噌が絶品。

特に私は、新鮮な身にカニ味噌を塗り付けて食べるのが
好みで、この食べ方だと身とカニ味噌の旨味を同時に味
わえるので文句なく美味い!
新鮮な紅ズワイガニで、至福のひと時を過ごさせてもらい
ました。


次回は滞在中に食べた刺身について書いてみます。

















つづく





brother40 at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年09月22日

☆激突!


久しぶりに映画・「激突!」(1971年 アメリカ)をDVDで鑑賞
しました。

古い映画ですがテレビのロードショーなどでも度々放送された
事があったので、ご覧になられた方も多いのではないかと
思います。
この映画は、あのスティーブン・スピルバーグが監督として
世に出るきっかけとなった作品として有名ですね。

主人公のデイヴィット・マン(デニス・ウィーバー)が借金の
取り立てを行うために、車を走らせカリフォルニアへ向かって
いるのですが、その途中、前を走る古い大型トレーラーが
かなりの低速でノロノロ運転をしていた事にイラつき、強引に
大型トレーラーを追い抜いて先を急ぎます。

しかし、その行為が引き金となって、大型トレーラーの運転手
から執拗なまでに命を狙われる事態に陥ってしまうという内容
です。

最後まで大型トレーラー運転手の顔が判明しないのと、追い
抜かれたぐらいで、何故そこまで悪意を持ってデイヴィット・
マンの命を付け狙う必要があるのか、その訳をはっきりと
説明していないところが、この映画の面白さと恐怖感を
増幅させる要因になっています。

徐々に精神的・肉体的に追い詰められていくデイヴィット・
マンの計り知れない恐怖と大型トレーラー運転手の執拗な
までの殺意がうまく描かれていて、まさにシンプル・イズ・
ベストを地でいくような映画!

スピルバーグ作品の中では、いまだに一番好きな映画です。










つづく



brother40 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々のコラム 

2014年09月10日

☆腰痛の代表的な原因疾患 その3


前回の続きです。

┨椎間板ヘルニア
椎間板の線維輪が断裂することで髄核脱出が起こり、その
結果、神経根を刺激・圧迫して発症する。(※髄核脱出のない
潜在性ヘルニアでも神経根を圧迫することがある)

主な症状は腰痛・下肢神経痛(坐骨神経痛・大腿神経痛)。
特にL4〜L5間に多い。
発症年齢は若い世代に多く、50歳以上の発症は比較的少ない。
好発部位である下部腰椎間のヘルニアでは、整形外科テスト・
SLR(ストレートレッグライジング)の陽性率が高い。

また、打腱器によるPTR(膝蓋腱反射)やATR(アキレス腱反射)
は減弱・消失している事が多く、足背部の知覚鈍麻も認められる
ことがある。

脊柱間狭窄症
中年以降で、腰痛・下肢神経痛とともに間欠性跛行が認められ
るものはこの疾患の可能性が高い。
ヘルニアと同様にPTR・ATRは減弱・消失することもあるが、
ヘルニアと違いSLRの陽性率は低い。

その他の原因疾患
脊柱の運動によって全く影響を受けない自発痛・安静時痛や
夜間痛が認められる場合では、何らかの病変による内臓性
腰痛の可能性が高いので、病院での精査を勧める事が大切。

※一口に腰痛といってもその原因は様々ですが、一般的な施術
現場でよくみられる代表的なものを何回かに分けて簡単に書き
出してみました。












つづく

brother40 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)整体のお仕事 

2014年09月02日

☆腰痛の代表的な原因疾患 その2


前回の続きです。

セ兩性腰痛
日常生活での不良姿勢が習慣化することで、主に背腰部の
脊柱起立筋が拘縮して筋疲労性の姿勢性腰痛が発生する。

ぎっくり腰の様な激しい痛みではなく、持続的な鈍痛、倦怠感、
突っ張り感などが多い。
椎間関節性腰痛を伴う事がある。

脊椎すべり症
関節突起間部に分離が認められる(分離すべり症)と分離が
認められない(無分離すべり症)とに大別される。

L4〜L5棘突起間のレベルに階段変形が認められるケースが
あり、一般的に腰椎部の前弯は増強している。
腰を反った時や捻った時に痛みが増す。

Ю堋念鞠骨折
多くは骨粗しょう症を基盤とした椎体の圧迫骨折。

特に閉経期後の女性に多く、骨折の好発部位は胸腰移行部。
ぎっくり腰として発症することが多い。
患部の棘突起に手拳叩打法を行うと、著名な叩打痛が認め
られる。






次回に続く


brother40 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)整体のお仕事 

2014年08月26日

☆腰痛の代表的な原因疾患

施術現場には、肩こり・腰痛でいらっしゃる方がとても多い
のですが、特に腰痛に関して言えば、腰椎の動きによって
痛みの誘発が認められる運動性の腰痛(脊椎性腰痛)を扱う
事が多く、大別すると急激な動作や重量物の挙上などが原因
となって発症する急性腰痛症(ぎっくり腰)と非外傷性の慢性
腰痛症に分けられます。

何回かに分けて、施術現場でよく遭遇するこれら腰痛の原因
疾患となる代表的なものを簡単にですが書き出してみます。

…粘峇慇畧腰痛
腰痛の原因が椎間関節にあるもので、ぎっくり腰の主な原因
のひとつ。
急性の椎間関節性腰痛は椎間関節捻挫による疼痛である
場合が多い。
慢性の椎間関節性腰痛の場合は、加齢による椎骨変性を
基盤とした椎間関節症。
特に腰仙部に痛みがあり、大部分はL4〜L5椎間関節部・
L5〜S椎間関節部に圧痛が認められる。
また、上殿部に関連痛を生じる事もある。

筋・筋膜性腰痛
椎間関節捻挫とともにぎっくり腰の原因のひとつ。急激な過
伸展や捻転による筋・筋膜の部分断裂・炎症が痛みの原因
となり、脊柱起立筋のほか棘突起外縁部の多裂筋・回旋筋に
好発する。
その他殿筋部に発症することもある。
慢性化すると局所の循環障害が原因となり、疼痛・筋硬結を
生じる。
疼痛部位の大部分はヤコビー線より上で、急性では患部に
熱感・発赤・腫脹など炎症反応が認められる事がある。

スプラング・バック
棘上靭帯や棘間靭帯が過伸展・部分断裂・炎症などを引き
起こしたために発症する腰痛。
ぎっくり腰の症状を訴えることが多い。
疼痛部位はL4〜L5棘突起間やL5〜S棘突起間に圧痛がある。

な儼狙脊椎症
加齢による椎体変形、椎間板変性、靭帯の緊張・肥厚、脊柱
筋の疲労・緊張といった脊柱の周辺組織の変性で発症する。
中高年以上に多く、主な症状としては腰痛、下肢神経痛、動作
開始痛、中腰などの同一姿勢で痛みの増悪などがある。
椎間関節性腰痛が関与するものでは下位椎間関節部に圧痛
がみられ、筋・筋膜性腰痛が関与するものでは上位腰椎の外
方に疼痛があり、脊柱起立筋部に硬結や圧痛がみられること
がある。




次回に続く。


















brother40 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)整体のお仕事 
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数