ID

期待を大きく下回る大味な映画

Resurgence とは、「復活・再起」を意味するとのこと。

公開が発表されてから、かなり期待をしていた映画。
早速、4DXで観てきました。

しかしながら、結論から言うと、どうしようもない凡作。
駄作とまでは言いませんが、4DXでなければ寝てしまっていたかもしれません。

前作から20年後の世界という設定だけあって、懐かしい顔ぶれが続々登場する冒頭部分は期待通りの展開でした。
ところが、肝心要のエイリアンの ”お礼参り” 以降が一向に盛り上がらない。
20年前の大戦により人類が手に入れたテクノロジーを上回る脅威をエイリアンが見せつけてくれるのか思いきや、さにあらず。
大して代わり映えもしない攻撃で人類を襲ってきます。
脅威が全く脅威として伝わってこない!これがこの映画の一番ダメなところ、失敗だったと思います。
前作で感じた絶望感が全く感じられません。 

続編が作られるようなラストの締めくくりになっていましたが、同じ脚本家、同じ監督だったら観に行く気がしません。
前作で唯一のビックネームだったウィル・スミスが本作に出演していない理由がよくわかりました。

脚本は陳腐だが、4DXによる演出は迫力あったので、どうしても興味がある方は4DXで観ることをオススメします。
2Dだとたぶん寝てしまいます。