2016年02月07日

平成27年度スキー合宿ボーイ隊編

27shi-boy

なかなかブログを更新していなかったことをお詫び申し上げます。
2月6,7日にかけて団行事のスキー合宿に富山県らいちょうバレーに行ってきました。
各隊の活動についてはホームページをご覧ください。

今回のボーイ隊の活動は、無線を使い、そして、手旗も使って問題を出したりする『通信』を中心とした活動をしました。

実は、ちょっとしたトラブルがありましたのでご報告いたします。
初日、スカウトたちがゲレンデでスキーを楽しんでいる時に、あるスカウトのスキー板が外れ、コース外のちょっとした崖に落ちてしまいました。

私は、別のスカウトと別行動していたので、その場にいなかったのですが、無線で「隊長!崖に落ちました!」と聞こえ、びっくりしてもう一度確認したら「スキーの板が崖に落ちました!」と連絡がありました。

スカウトじゃなくてよかったと一安心しましたが、とりあえず、スキー場の職員の人に連絡することと、団委員の人に連絡することを伝えました。たまたま私がいた場所は携帯が繋がらず、すぐに連絡することができなかったのです。そして、私と行動を共にしていたスカウトは早く滑ることができなかったので、現場に行くまでしばらく時間がかかることを伝え、とりあえず役割分担して無理をしないよう伝えました。

とりあえず現場に到着したところ、なんとかスキー板を回収することができたので、一安心しました。それぞれの状況を確認したところ、スカウトたちは実に見事な連携プレーを行っていました。

●スキー板が落ちた崖の近くに一人。この辺に落ちたことを教える役目の人。
●班長とスキー板を落としたスカウトがいっしょにいて、無線でそれぞれの行動を連絡する役。
●職員に知らせにいった人。
●一番スキー(ボード)がうまく、早く団員に知らせられる人。

適材適所の役割分担を行って行動していたのです。

スキー板は、レスキューの人が来て回収してくれる予定でしたが、回収できたことも無線で連絡して、その後、団委員の人にも無事回収できたことも連絡がつき、事無きを得ました。

スキー板が外れたのは、レンタルスキーで調整が良くなかった事が原因と思われますが、大事に至らず本当に良かったと思っています。それと、何かあった時に必ず連絡するということもスカウトたちが守ってくれたことも良い結果を生んだと思っています。

そして、2日目はいよいよ手旗による行動指示により、スキー場難関コースの全員制覇も達成できました。2日間、怪我もせず楽しくスキー合宿を終えられたことを本当に嬉しく思います。

あらためて、素晴らしいスカウトたちに感動することができました。
皆さん、本当にお疲れさまでした。


bsk_22 at 20:14コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月10日

平成27年度ボーイ隊8月キャンプ

H27,8canp
今回は整備された場所でのキャンプでしたが、だからと言って楽なキャンプをした訳ではありませんよ。
スカウトたちには国旗掲揚ポールを立ててもらいました。今まで習った結びを利用して、どのようにしたら出来るかを考えてもらいました。初めてやることにスカウトたちは戸惑っていましたが、ヒントを出しながら立ててもらいました。すこしは応用力がついたかな。

スカウトゲームはいつもやりたいと思っていましたが、今回は時間を取ってたっぷりすることができました。
スカウトゲームはルールや目的があり、一つのゲームを変化させていき、面白く、またはやりやすく、時にはレベルを上げるなど、創意工夫がスカウトたちの創造力を育てる良い活動であります。一部のスカウトはルール説明や指導、新たなルール作りなど、とても上手にやっていましたが、やはり全員で意見を出し合う雰囲気になれば、みんなが成長できるだろうと思いました。まあ、まだまだかな。

最近慣れてきたのか、ご飯を大変上手に炊くようになりました。美味かった。

夜は星空観察で星や星座を見つけながら、時々流れ星を見つけることもできました。もちろん、天の川もばっちり見えましたよ。スカウトたちに「この星は何からできているんだろうね〜。」とかいろんな質問をしながら楽しんでいました。その中で、「この空や星や海はだれが作ったんだろうね〜。」と聞いたところ、「分子が固まってできた。」とか、「ビックバン!」とか言っていましたが、あるスカウトは「神様が作ったんや。!」と言っていました。
とても大事なことを言ってくれたことに感動しました。ボーイスカウトが野外で活動する理由の一つとして大切なことをみんな気づいたり感じたりしてくれたでしょうか。神へのつとめ、そして、感謝の心を育んでいってほしいですね。

スノーケリングはみんな楽しみにしていた活動でしたが、こちらが心配していたことも全くなく、楽しんで活動できたと思います。一人だけ浮き輪に捕まりっぱなしの人がいたみたいでしたが・・・ちなみに団のホームページの写真には、スカウトの頭の上と浮き輪の上に何かいるのが分かりますか?見つけた人は観察力がある立派なスカウトかもしれませんね。

今回は珠洲まで遠征したキャンプでしたが、協力頂いたリーダー、それと保護者の方には心から感謝申し上げます。良い思い出になったキャンプだったと思います。

bsk_22 at 23:19コメント(1)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2015年07月15日

平成27年度ボーイ隊7月隊キャンプ

1436879220559
今回のキャンプでは、副長に具体的なプログラムの計画書作りと実施をやってもらいました。
簡易シェルター作りです。
私自身は経験がありますが、本人(副長)にとっては初めての経験で、もちろんスカウトたちも未経験です。
これほど楽しいことはないでしょう。スカウトの中には、「えっ、これで寝れるの?」とか「今日、これで寝るの? めっちゃ楽しそう!」など様々な感想がありました。実際ぐっすり寝れたみたいです。でも蚊が・・・(笑)

営火はスカウトだけでやりました。リーダー抜きで。これまたスカウトたちは楽しそうでした。自分たちでかってに薪を組んで、火をつけ、何の話をしていたのか分かりませんが、楽しそうにしていました。

やはりボーイ隊はこれができるから楽しいのではないでしょうか。自ら判断し行動できる人間への第一歩でしょう。経験を重ね、技能を習得し、仲間と楽しい時間を共有することが、お互いに向上して成長していってくれると思っています。

やはり、キャンプはいいですね。

追伸 今回参加してくれたベンチャースカウトはボーイ隊の時と比べて、本当に成長してたくましくなり、そして、現在のボーイ隊のスカウトたちを楽しませてくれたし、良き先輩像を示してくれたと思います。
本当にありがとう!!


bsk_22 at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2015年05月06日

平成27年度合同キャンプ(津幡1、金沢10、金沢22)

BlogPaint
5月3,4,5日の2泊3日にかけて、津幡第1団キャンプ場にてボーイ隊3隊合同のキャンプを行いました。
水汲みをして運び、トイレは穴を掘り、参加したほとんどのスカウトが体験したことがない環境でのキャンプ場でした。

混成班での活動で、初めて顔を合わすものどうしでしたが、そこはスカウト!徐々にお互いを理解して仲良くやっていってくれました。6年生のスカウトにとっては何もかも初めてで、最初はここでどうやってキャンプをするのかという想像すらできなかったと思います。沢山やることがあり、なのに何をやっていいかも分からず、戸惑うことも多かったと思います。班長も主に中学1年生がメインで、その子たちも決して経験豊かな先輩スカウトとも言えません。そんな中、話し合い、協力し合い、分からない時はリーダーに聞きながら、みんな頑張っていました。

今回はテーマソングも決めました。『谷間のキャンプ』の一部を変えたものです。活動の最中のちょっとした合間にリーダーが歌い出し、少しずつ声も大きくなり、口ずさむスカウトも出てきました。歌声が聞こえるキャンプはとても気持ちのいいものですね。この歌を歌うと、きっとこのキャンプを思い出してくれるのではないでしょうか。

各隊のリーダーも様々な準備をして頂き、食糧、装備、賞品、プログラム計画など。私自身は快適なキャンプができたと思っています。本当に有難うございました。

料理バトルでのスカウトの料理も本当に美味しく頂きました。営火のスタンツも大変楽しませて頂きました。
キャンプの時間が流れるとともに、感謝と楽しみが大きく膨らんでいったキャンプでした。

スカウトたちにとってはとても大変なキャンプであったと思いますが、とても大きな感謝の心を持ち、心から楽しむことができた思い出に残るキャンプなったことと思います。そして、とても大きく成長できたキャンプだったと思います。我が団のスカウトは他の団のリーダーに評価されたということも、とても素晴らしい経験になったと思います。

津幡第1団、金沢第10、スカウトそしてリーダーの方々、本当に有難うございました。


竹ご飯

料理バトル

料理バトル 試食

bsk_22 at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2015年03月23日

平成26年度スカウト祭り(番外編)

様々な催し物があった今回のスカウト祭り。
ゲームコーナー、キャンプ体験、シロクマ鍋、まきまきパン作り、工作、ミニバザー

その中の一部ではありますが、動画をアップします。

ゲームコーナー(フラフープ下ろし)

シロクマ鍋

まきまきパン作り

bsk_22 at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 
全体 

2015年02月08日

平成26年度スキー合宿ボーイ隊編

今回のスキー合宿でのボーイ隊の課題は観察・推理の問題を各班で作り、翌日交換してそれぞれが答えを探しに行くという課題でした。

スキー場内観察・推理ハイキングです。

建物・ゴンドラ、リフト、食堂などの特徴、当日の積雪量、木の種類、動物の足跡、様々な問題をスカウトたちは作ってくれました。問題を解きながらほぼすべてのコースを滑走することもできました。

問題の中の1つで「〇〇食堂の1番人気は何?」というものがあり、スカウトたちは勇気を出してお店に入り、「ここの1番人気のメニューは何ですか?」と聞いたところ、「昨日も君たちくらいの子供が来て同じことを聞いていったよ。」とおじさんに言われたそうです。

翌日の朝にはゴンドラ乗車中に、ほぼ真下にカモシカを見ることもできました。
が、一部のスカウトしか気づいてくれませんでした。

話は戻って初日の夜は手旗を覚える課題を与えました。
今回は、手旗のトランプとカルタを使って楽しみながら覚えてもらいました。と言うより、まず数字を覚えることから練習して、やっとトランプ遊びをすることが出来ました。
それから、カルタはやはり覚えていないので、スカウトハンドブックを見ながらやることになりました。
手旗が珍しいのか、保護者の方で写真や動画を撮っている方もおられました。

そして、次の日、私からの課題で指定された時間に、あるポイントに行き、私を見つけなさい。そして、手旗で指示を出すので、理解した班は直ぐに行動を開始して下さい、という内容でした。

一つ班は2回目で理解し、直ぐ行動してくれました。別の班は3回目に理解してくれました。
「ゴンドラ乗り場に行け。」という指示でしたが、そこで副長がおやつとジュースを与えるというご褒美でしたが、最初に来た班がいい物をもらえたようです。

最後に来年度に上進するスカウトたちの訓練(月の輪訓練)も例年通り行いましたが、ボーイ隊の活動は楽しそうだという印象を与えることが出来たかな(?)と思いました。

充実したスキー合宿になったと思いますが、来年度に新たなメンバーを迎えて楽しい活動をどんどんやっていきたいと思います。

 頂上から滑走
 中三の滑り
 みんなの滑り

bsk_22 at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2015年01月29日

平成26年度スキルアップセミナー(ゲーム・ソング)

NCM_0122
1月25日、寺井地区公民館でスキルアップセミナー『ゲーム・ソング研修会』があり、我が団より3名の参加がありました。
ゲームの講師の方は、とても素敵なお姉さんでした。(これは置いといて・・・)
様々な年代、上から下まで多くの経験をお持ちの方で、その場その場で臨機応変に変化させながら対応できる方でした。その中で勉強になったことは、

●ゲームをやるには”目的”や”ねらい”がある
●身体を動かすことは、とても大切なことである
 (声を出すことも含む)
●集団ゲームやグループワークは、様々な効果がある
●ルールを守ることも大切である


ということです。
社会性、自己表現、協力、役割分担、思いやり、互いに認めあう、自己の能力の発見、創意工夫、など。

様々な効果が期待できるゲームがありますよね。
それを考えて、工夫して応用していくのがリーダーの仕事ですね。
自分もワクワクしながら、「次はこれをやってみよう!」と思えるようになるとしめたもんです。

午後からは福井連盟の「しかみちさん!」

最近の研修所では基本動作訓練がないそうなので、各隊で集散時に歌う定番の歌を中心に、動作も入れながら、そして、楽しい歌も交えながらやって頂きました。
そこで、

●声を出すことは元気がでる
●歌で教える(伝える)
●楽器や鳴り物を使うと、より楽しくなる


それと、これは言っていませんでしたが、

●歌が苦手な大人は、得意な子供に頼めばよい

です。
これをやってくれた子は、きっと自信もつくし、リーダーシップも育つし、何よりも活動が楽しくなると思いませんか?

各集会ごとに、メインの活動が中心となりがちですが、その中に10分でも5分でもゲームや歌の時間を設けても良いのではないかと、改めで感じました。
と言うより必須ですね。

これからも、ゲームと歌は遊びを通して教育的効果が高いツールとして、どんどん活用して楽しんでやっていきたいと感じました。

講師の方々、この講習を開催して頂いたスタッフの方々、集まって頂いた多くの方々にお礼申し上げます。


bsk_22 at 22:52コメント(0)トラックバック(0) 
全体 

2015年01月19日

H26年度 ノッティングボード作りと手旗訓練

ノッティングボードとはロープ結びの結びの見本で、板などに張り付けたものです。
以前のように、本を見てその結びをして張り付けたのでは、何に使われるか、どのように結ぶのか、さらに、その結びの名前すら忘れてしまいます。完成させただけの達成感に以前から疑問を感じていました。

そこで、今回はHPに書いた通り結びの特徴用途イラストなども加え、実際に何をする時に使うかを書いてもらいました。

作ってもらう時に、これらの特徴を入れることを伝えてやってもらいました。最初は、結び方も分からない。何に使うかも分からない。しかし、特徴を知り、使い方を知り、実際に使われる具体例をあげると、「なるほど!」と納得して次々とアイデアを出していってくれました。

「この結び方で薪を連続で繋げていくと、はしごができるよ。」と教えて、スカウトたちは模型を作っていきました。

「じゃあ、こんどキャンプがあった時にはしごを作って木に登ってみようか。」

こんな具合で作品を作っていきましたが、時間切れ。班集会で続きを!発表はスカウト祭りで!!

最初は戸惑っていたスカウトたちが、少しずつ夢中になり、昼食を遅らせて作品作りに没頭していた姿は、
とても良い活動になったなあと感じました。

●深く知ることが楽しい。 
●知ることが次の楽しみを生む。
●さらに大きな夢につながる。

このことにつながる活動ができたと思います。

さて、手旗ですがまだまだ訓練途中。冬合宿でほぼ修得してBP祭に挑もう!!

私の夢は白山登山で砂防新道と観光新道の対面で手旗のやり取りをすることです。
望遠鏡がいるかな・・・(笑)



更新!!
動画をアップします。
参考になれば幸いです。

初級のノッティングボード

bsk_22 at 21:01コメント(2)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2014年12月29日

平成26年度スケート(ボーイ隊)

ボーイ隊ではユニセフ募金の後に、県民スポレクプラザに行ってスケートしてきました。
以前からユニセフ募金の後に、何かボーイ隊でも楽しい活動をしたいとのスカウトからの要望がありました。

今年度は、特に6年生のスカウトたちが先輩スカウトがなかなか活動に参加できない中、班キャンプなどを積極的に参加し、自分たちの力でこなしてきました。多くの失敗や体験を通じて、多くのことを学んだのではないかと思っています。それに対するほんの小さなご褒美のつもりでこの活動を取り入れました。

スケートに行く前に、スカウトたちに聞いてみました。

「サンタさんって、いると思う人?」

さすがにボーイ隊の年代になると人数が少なかったのですが・・・

「今日は、サンタさんから手紙がきました。」 英語で書いてある手紙をみんなにみせました。
すらすらとは訳してくれませんでしたが、以下の内容になります。

私はフィンランドのサンタです。
君たちはこの一年間本当にスカウト活動にがんばってくれましたね。
本当によくがんばってくれました。
ところで、アナとエルサは私の友達なんだよ。(アナと雪の女王の登場人物)
それで、彼女らに君たちを氷の世界に招待してくれるよう頼んでおいたから。
招待状を送ります。
どうぞ、楽しんできて下さいね。
それでは、楽しいクリスマス、そして、良い年をお迎えできることを願います。

さて、スカウトたちは信じてくれたかどうかは分かりませんが、
楽しそうにスケートをしていたと思います。

これからも、自分たちがやってみたいこと、チャレンジしてみたい活動を
どんどん、グリーンバー会議にあげてきて下さいね。

副長たちからも小さなクリスマスプレゼントをもらってました。

これからも、感謝の心を大きく育て、共に素晴らしい新年を迎えましょう。



bsk_22 at 18:29コメント(3)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

2014年11月10日

平成26年11月ボーイ隊、班・隊キャンプ

今回はボーイ隊では初めて土子原こども野外広場を利用してのキャンプでした。ビーバー時代に来たことがあるスカウトは懐かしい気持ちもあったのでしょう。当時もボーイ隊の隊長であった私はビーバーキャンプに手伝いに来て、子供たちにいじめられました。しかも、覚えてないと言うのでなおさら・・・
その子たちも今はボーイ隊の隊員になっていることを考えると、立派になったなあと思います

さて、前回の団キャンプの中での班キャンプでは、食事を失敗した班はリベンジに成功したと思います。翌日の朝食では飯盒で作ったご飯はうっすらとお焦げがついた良い香りのご飯が食べれたので、これぞキャンプのご飯!を食べることができました。キャンプは質素でも美味しいご飯を食べるに限る!ですね。

全ワシ班はロープ結びに熱心に取り組んでいました。結べるだけでなく、どんな時に使うのかも理解しながら次々とチャレンジしていました。垣根結びはやはり手こずっていましたね。

コブラの簡易ろ過機は、完全にきれいな水にはなりませんでしたが、スカウト自身は満足したようです。

手旗の練習は今年度初めてなので、時間の関係上、全部の文字はできませんでしたが、あとは自主練習を期待します。

リーダーの食事は動画でどうぞ!

夜の水引材工は、大人のキャンプでやったもので、その時に参加したスカウトがバッチリ覚えていて、みんなに教えてくれました。教えることの難しさも分かったかもしれません。上手にできたスカウトもいれば、挫折したスカウト、およびリーダーもいました。

翌日は読図のプログラム。地図の読み方を少しは理解できたかな。2万5千分の1の地図は見たことがないスカウトがほとんどでした。

特に今回参加したスカウトたちは、本当に素直に課題にチャレンジしていってくれました。そして、出来たことを素直に喜んでいたと思います。達成感とやりがいを感じてくれたと思います。やはり、ボーイ隊は精神と技能が飛躍的に伸びる、伸ばさなければいけない時期でもあります。だから、楽しんで取り組んでいたスカウトたちを見て本当に嬉しかったです。

それと、私が出来ないことを副長が自主的にフォローしてくれたこと、足りない部分を補ってくれたことも、とても有り難く思いました。そして、他隊リーダーや団委員の方々にも協力頂きました。

さらに、持って帰ってきたゴミを保護者の方が「明日のゴミの日に出しておきます!」と言って持っていってくれたこと。本当に皆様のおかげだと感謝しております。今回も本当に心から楽しいと感じることができたキャンプでした。

最後に、今のスカウトたちもいずれはグリーンバーになりますが、後輩たちにしっかり教え、自分自身も向上して、楽しい班キャンプができる先輩に育っていって下さいね。

全ワシ班の夕食

コブラ班の夕食

リーダーの夕食


bsk_22 at 22:17コメント(2)トラックバック(0) 
ボーイ隊 

livedoor プロフィール
記事検索
Recent Comments