試算表からB/S・P/Lへ

試算表からB/S・P/Lへ

お金のやり取り、仕入れや売上などの取引の結果として、「試算表」というものが出来上がります。

例えば前回の例で言うと、

『現金については、1,000円あったものが100円の事務用品を買ったので900円のこることになります。
事務用品費については、100円計上されることになります。』

ということでしたので、最終的な試算表には、

・現金 900円
・事務用品費 100円

が残っていることになります。


そして、これを「貸借対照表(B/S)」と「損益計算書(P/L)」に切り裂きます。

貸借対照表には、現金とか固定資産など資産として残っているものや、借入金の残高などが入ってきます。

これに対して、損益計算書には、売上とか仕入とか経費(上記の事務用品費など)が入ってくることになります。



ちょっと難しいかもしれませんので、実際の数字をそろそろ使っていきましょう。

次回は、うちの事務所の昨年末の貸借対照表が、やっと登場しますよ。


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星