自転車

2009年01月11日

重量級レモンブラッシュアップ

43ed9ec7.jpg今年初のオープン工作室に参加して、レモンのブラッシュアップ。

今回行った作業は、たわみの原因と思われるシートポストの改良。
それとおまけでハンドルのフラットバー化。

シートポストは元々、チタンパイプ+カーボンポストだったのだが、
長さが足りない。
それならばということで、チタンパイプ+アルミポストで作り直した。
結果、長さは丁度良くなったのだが、強めに漕ぐとたわむという問題が・・・

今回工作室の周りで乗った際に確認してもらったところ、
やはりシートポストがたわんでいることが判明。
そこで、チタン部をSUSに置き換えることに。
確かチタンは純チタンだったと思うので、引っ張り強度とかヤング率は大きくなるはず(不確か)。

作り直した結果、漕いだときの「グワングワン」感はほぼなくなった。
ただし、段差を乗り越えたときの衝撃吸収性は、十分実感できるほどある。
よって、衝撃吸収は、フレーム側が(も)担っていることが分かる。
写真を見れば分かると思うが、たわみを許容する構造になっているから
衝撃吸収能力は自然に高くなる(特別太いパイプを使っているわけでもないし)。
ちなみにほぼ乗っていないにも関わらず、
わずかながら既にパイプは曲がってきているので、いつか破綻(曲がりが許容限界を超える)することは間違いない。
それが乗って10時間後になるのか、はたまた3週間後になるのか、1年持つのかは試してみないとわからない。
恐ろしい話に聞こえるかもしれないが、それがプロトタイプというもの。


ハンドルをフラットバーにしたところ、外観は大分すっきりした。
乗ってみたところ、予想通りかなり速度が出る。
まだ不完全なパーツの整備をきちんと行えば、ツーリングに十分使えると思う。


ちなみに今回画像を携帯電話で撮ったのだが、
機種変更したせいか、今までよりも荒く画像が出力される。
デジカメ購入するかなぁ・・・

bt_72 at 22:35コメント(3)トラックバック(0) 

2008年12月08日

シートポスト

06259457.jpg長さが足りないシートポストを改造。

安いΦ28.6のシートポストを購入し、エポキシ接着剤を多めに塗って
チタンパイプに挿入。
以前使用したΦ27.2のものよりはましだが、もう少し太くてもいいな。
計算ではΦ29.8で丁度よくなるはずだが、公差もあるし・・・

強度的には少し不安な面もあるが、
わざとここを弱くしてフレームを守るというこじつけをしてみたり。


bt_72 at 23:32コメント(2)トラックバック(0) 

2008年12月07日

車載

9efdff49.jpg暫定的に完成した「重量級レモン」
内装変速使用によりスポーツ的ではなくなってしまったが、
見た目がシンプルになり却って面白いかも。

と思ったのだが、内装変速は車輪を外すのが面倒、というか、
出先で付け外しするのは実質不可能と言っていいかも。

ただ、車輪が外せないのは輪講にとって不利なのだけど、
元々重量が大きすぎる「重量級レモン」。輪講なんてする気にはならない。


持ち運びには自動車を使えばいいかなということで(レモンの開発思想とは真逆だが)、
試しに愛車R1に積んでみた。
この車に積めれば、大体の車で可能なはず。


ホイールベースが長すぎるので、予想通りそのままでは積み込めない。
前輪を外しても無理。

ヘッドチューブ辺りの接続部を外して、シートポストを抜けば積める事が判明。
ただ、接続部の付け外しは非常に面倒で、頻繁にはやりたくないな。
何か良い接続方法を考えたほうがいいかもしれない。

bt_72 at 11:14コメント(2)トラックバック(0) 

ひとまず完成

8cca7129.jpgとりあえず完成した。

外装変速で考えて色々とパーツを集めていたのだが、
いざ組んでみるとディレーラー関係が上手く動かない。

今回はフレームの検証が主目的なので構成はどうでもいいか(どうでも良くはないけど)と考え、
手持ちの自転車からパーツを剥ぎ取り、内装変速にしてみた。

出来上がって少し乗ってみた感想としては、「まだまだ詰めが甘い」といったところ。

今後細部を仕上げるか、これ(フレームが体重に耐えられるか検討)はここで終了にするかは検討する必要があるな。

bt_72 at 00:29コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月25日

金属磨き

206af1be.jpg組み立てに必要な部品が届かない
&
疲れてて組む気が起きないということで、
とりあえずフレーム磨き。

本当は荒い紙やすりから始めて、徐々に目を細かくしていけばいいんだけど、
手持ちがないので、いきなりスポンジみたいな金属磨きで磨いてみた。

多少光沢が出てきたので、まぁ良しとしよう。

bt_72 at 23:26コメント(2)トラックバック(0) 

2008年11月24日

自転車自作

48799833.jpgとあるプロジェクトに参加して、自転車を作っている。

この状態で5.6kg。BBとクランクとフォークでたぶん1kgは削れると思うけど、
それでも4.6kg。重い。
重量は強度とトレードオフの関係だから、俺の体重にあわせると仕方ないかな。
ただ、まだ試作の前段階なわけで、これからまだまだ軽くできるけど。


ここからどういう構成にするか悩み中。
とは言ってもポタリングに使うわけで、変えられるのはハンドル回りくらいかな。

bt_72 at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月28日

シュワルベ ステルビオ

02e2646e.jpgリカンベントの後ろタイヤを「コンチネンタル」の「グランプリ」から
「シュワルベ」の「ステルビオ」に代えた。

グランプリに不満があったわけではなく、トレッドに無数にひびが入り、
高圧に耐えられるか心配だったため。
昨年はほとんど自転車に乗らなかったため、あまりゴムが磨耗しているわけではなく、もったいないことをしてしまった(高価なタイヤだったし)。

代替品として何がいいかなーと、アマゾンを見てたところ(今はアマゾンでも自転車パーツが買えるんだね。そんなに安くないけど、送料や支払方法の問題、在庫状況がその場で分かるということ、在庫があれば翌々日には届くことを考えると、結構使いやすい存在であると思う)、ステルビオが目に入った。

シュワルベのステルビオと言えば、小径車用タイヤの中でも軽快さ軽さともに上位に入る逸品。でも高くて中々手が届かないんだよなー。ということで(どういうこと?)、一本ならいいかと思い購入してしまった。5000円以上するってのに・・・
リカンベントにはそんなに頻繁に乗らないから、もっと安いタイヤでも良かったとあとで後悔したり。


アマゾンから届いて早速タイヤ交換をしてみた。
趣き深いものを感じさせるグランプリのサイドのブラウンからうってかわって、
ステルビオの精悍なオールブラック。
どっちが好みかと言われたら、見慣れた分もあるかもしれないがグランプリなんだけど、ステルビオも悪くはない。どちらにしろリカンベントの奇抜なフレームの前には存在感が霞んでしまうんだけど。


見た目では多少太くなった(1.00→1.10)ので多少衝撃吸収性がよくなっているとは思うんだけど、tsunamiは前輪に体重の多くがかかるから、後輪の衝撃吸収性はあまり関係ないんだよね(だったらなおのこと、高級タイヤはいらなかったんでは・・・)。


試走をしようと思ったら外は雨。
そのうちのんびりと平地を走りたい。


bt_72 at 21:42コメント(2)トラックバック(0) 

2008年03月28日

CHERUBIM ULI

1bb54494.jpgオーダーしていた自転車がやっと来た。

詳しいことはおいおい。

bt_72 at 01:02コメント(3)トラックバック(0) 

2008年02月11日

自転車自作

最近車で移動することが多いせいか、自転車に乗らない。

正確に言うと自転車単体では乗らないだけで、車に積んで行った先で乗ったりとか
実家に帰ったりしたときには乗ってるんだけど。

そういう用途には、今持ってる自転車ではDAHONが当てはまるんだけど(トラコンは故障中)、DAHONはあのステムのグニグニ感がなんともね・・・ステムが結構頻繁に回ってしまうし。

で、そんな思いを持ちながらネットを眺めてたらなかなか面白いものを見かけた。

「フォークとレモン」
http://sugulemon2.blog69.fc2.com/

ネットでも一部でしか話題になってないのと、サイトの作りから受ける印象のせいなのかは分からないが、現在この自転車がどのような状況になっているのかは分からない。でも面白そう。

「重心の位置を最適化しフレームの弾性を利用することで楽に走れるようにする」というのはちょっと眉唾な気もするけど(結局動力は人間なんだし)、方向としては間違ってないような気もする。大体小径車って後輪に体重の大部分がかかって、それって効率としてどうなのかなって思ってたし(駆動輪に重量がかかるのはまずいという話をどこかで聞いた気がする)。
なお個人的には、楽に走れる云々よりも、身長が高い人に合わせた小径車(折りたたみ自転車および分割自転車)が作れそうなことに興味が湧く。180cm以上の人に合った小径車ってなかなかないんだな。

「フォークとレモン」のサイトを見てると自分でも自転車が作りたくなってくる。
フレームの自由度からして、作るなら小径車。
溶接の技術を習得して、そのうち自分で作りたいものだ。


ちなみにサイクルテックikdさんの日記にも面白い折りたたみ自転車が出てた。
http://ikd21.exblog.jp/blog.asp?iid=&acv=&dif=&opt=2&srl=7158834&dte=2008%2D02%2D01+21%3A52%3A00%2E000
これもワンオフかぁ。



bt_72 at 22:51コメント(1)トラックバック(0) 

2007年12月15日

シートステーの曲げ

ロードレーサー(に限らないけど)で、
振動吸収性を上げるためにシートステーを「ノ」のように曲げているものがあるんだけど、
あれって効果あるのかな?と思った。

金属を専門に勉強したわけじゃないから分からないんだけど、
スチールとかチタンは弾性変形領域の変形で衝撃を吸収してるはず(塑性変形じゃ元に戻らないし)。
で、曲げることで、振動を吸収しやすい=弾性変形しやすい、というのが疑問。
細いチューブを使うとか、肉厚を薄くするとかならなんとなく分かるけど、というか正直なところなんとなくしか分からないけど。

そもそも弾性変形ってどういう原因で起こってるんだっけ?
確か、金属が硬くなる(弾性変形しにくくなる?)っていう一例として加工硬化ってのがあるんだけど、加工硬化ってのは格子の欠陥部分に他の原子が入り込むことで起こるというのを聞いたことがある。
ってことは、シートステーの曲げによって、欠陥を作り出しているのか?
もしかすると、あらかじめテンションをかけておくことで、結合が緩まされて動きやすくなってるとか。
でも、逆にあるところまで動かされているんだから、さらに動かすとなるとさらに大きな力の入力が必要になる気もするんだが・・・

bt_72 at 00:27コメント(2)トラックバック(0) 

2007年11月29日

キャノンボール

最近2chの自転車板で気になっているのが「キャノンボール」。

ちなみにキャノンボールってのは東京〜大阪間を24hで走るというもの。
アメリカ大陸横断が元ネタなのかな?

なんかそういうチャレンジブルなのっていいよねーと言う話。



それとはあまり関係ないんだけど、最近オンロードを速く走る自転車が欲しいなぁと思ったり。
思いっきり力の限り肉体の限界まで挑んでも大丈夫な自転車が。


手持ちの自転車だとリカンベントがその用途に一番当てはまりそう。
ただ、リカンベントは乗ってて非常に面白いんだけど、バリバリ走るって感じじゃないんだよな。基本楽チンだし。上り坂はそうも言ってられないけど。


で、そうなるとやっぱりロードバイクかなと。
やっぱ自転車を趣味とするのに、ロードを所有したことないというのもね・・・

bt_72 at 22:21コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月18日

サイクルモード

行ってきた、サイクルモードに。
なお、写真はほとんど撮ってない。ブースの人に声かけるのに一所懸命だったとか、
写真よりも目に焼き付けておきたいとか格好いいこといいたいところだけど、
実のところ、写真を撮るのに慣れてないだけだろうね。
しかもカメラ忘れて携帯電話で撮るしかなかったし・・・









コルナゴ





コルナゴのロード(モデル名失念)。確か完成車で100万円を越えていたと思う。
ここまで来ると庶民には手が出せないような気がする・・・
あ、でも車を買うと思えば安いのか、な?
ちなみにコルナゴは、試乗する人がとても多かったのが印象的だった。




で、とりあえず一回りしようかと思ったのだが、試乗車で空いているものがあったので乗ってみた。ものはたぶん、かなり安いシングルスピードバイク。

試乗コースが短かったのと、俺にはバイクのサイズが小さかったためよく分からなかったが、そこそこ軽快な乗り味だった。


小径車に数台乗った後、本格的(?)なロードバイクに乗ってみた。
ものはBMCというメーカーのカーボンバイク。
持ってみると笑っちゃうほど軽い。
乗ってみても簡単にトップスピードに乗る。
ただ、サドルが合ってなくてケツが痛かった・・・
最近アップライトに乗ってなかったしなぁ。
ともかくこのバイクだったら、寮周辺の坂にも挑戦する気が起こりそう。


ロードバイクにも乗ってみたので、
意識を完全に変り種バイクにシフトした。








オリバイク







金澤輪業扱い予定のoribike。折りたたみ自転車という意味の名前かな?
サイトで見る限りは「デザインのためのデザイン」という気がしたのだが、実車を見ると結構スマートに感じた。
まぁ、ブロンプトンの2番煎じという感じは拭い去れないけど。













スマートコグ






スマートコグの新作。16インチロード。
「やっぱりいくら頑張っても小径車はフルサイズロードに走行性能の点で勝てないだろ」と俺は最近思ってるんだけど(今になってやっと)、それに挑む自転車が出てくるのは面白いなぁ。ということでかなり期待の自転車。
16インチというコンパクトロードにしても小さいホイール径も珍しいが、
なによりカーボンのコラム(と言っていいのだろうか・・・)が目を引く。
個人的には「強度的に大丈夫なのか?」と思うのだが、スマートコグなわけだし
そこら辺は考えているのだろう。中にアルミとかスチールが入ってるとか。




興味がある自転車は結構試乗が出来て(俺の興味を引くものが他人とずれているため)、
その中でも面白かったのが、タルタルーガS17
どちらもセミリカンベントというのかな?

タルタルーガは自転車とリカの合いの子というのかな?乗りやすいリカンベントといった印象。
実はタルタルは以前から気になってはいたのだが、
ネットでの評判が「中途半端(リカの良さもアップライトの良さもあまりない)」というもので、つまり、姿勢はアップライトより少し楽だけどアップライトだって慣れで克服できるし、リカよりもスピードが出ないから軽快じゃないし(リカはあー見えて出力がある。アップライトだと上方に逃げる力が、シートによって逃げなくなるため。下手に重いギアを踏むとひざを壊すほど)。
で、正直あまり気にしてなかったんだけど、そういう問題じゃないね、タルタルは。

乗っていて面白い。あの姿勢は乗ってて愉快になる(ちなみにリカは痛快ね)。
感覚的には言われている通りアップライトとリカの中間みたいな感じなんだけど、
ネガティブじゃない気がした。足して2で割るんじゃなくて1.5ぐらいで割るみたいな。
それから、タルタルはさすが日本製(製造は日本じゃないだろうけど)のためか、詰めて作られている感覚を受けた。リカの大味な感じがあまりしないというか・・・(そんなにリカに乗ったわけじゃないけど)。
それから一番大事なところ、折りたたみが出来るのなww
あれだけ楽しくて保管場所にも困らないって、かなりいけてると感じた。

って、タルタルをほめるのはそこそこにしといて。


S17なんだけど、これも以前から知っていた。
ネットで注文募集していて、値段が59800円。
自転車を知らない人がどう思うか知らないが、安い。
フレームがスチールでパーツが激安なものを使ってるとしても、
あの変な形の自転車を小ロット(たぶん)生産なわけで、激安と言ってもいい。

つまり品質に問題があるんじゃないかと。

というわけで興味はあったにもかかわらず注文はしなかった。
品質のほかにも、あまりにも変な形で乗りにくそうだとか(リカに乗ってる奴が言う台詞か?)、パーツのグレードアップがしにくそう(内装3段なので)とか色々あったけど・・・

で、その自転車が試乗可というので迷わず乗ってみた。

う〜むと、うなった。

視線は車に乗ったときと一緒(セミリカはほぼそうだけど)。で、窓なんかもちろんないし、下ハンドルだから視界を遮るものはない。これはやばい。欲しくなる。

値段が値段だけにフレーム造形はいまいちだし(リンク部分とかお世辞にも美しいとはいえないし、全体的にチープ)、タルタルみたいにスポーティ感もないんだけど、これはこれでありだなと。
試乗後、開発した人(見た目はそこら辺にいるおっちゃん)と話をして、結構いい加減な感じがするんだけど、気さくで好感が持てたり。
「そこら辺を走るのに楽しめるように」がコンセプトで、ちなみにそのおっちゃんは中国での通勤で実際に使ってるとか。テレビでよく見る人民大移動みたいな通勤に耐えられるのかは疑問だが・・・


この他にも良かった自転車はいろいろあったのだが(というか自転車に乗れるだけで楽しかったのだが)、ひとまずこんなところで。

bt_72 at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月12日

モーターショー

東京モーターショーに行ってきたよ!

車についてのレビューは他の人がやってるから、
自転車乗りとして自転車についてでも






poru1






ポルシェなのに











poru2







アリビオ・・・・・・



















arufa1










アルファなのに



















arufa2






ベローチェ










スマートを見てたら、
カップルで来ていた女の方が、
「これ買うならメルセデスのAクラス買った方がいいじゃん」
って言っててちょっとむかっと来たり。
いや、別に車なんて個人の趣味だと思うんだけど、
小さい車ってことで馬鹿にしている感じを受けたもんでね。

ちなみに実を言うと俺も「正直スマートってどうなんかなー」
って今一な気がしてたんだけど(オイッ)、
実車はかなりそそられた。
欲しい車がどんどん増えていくなーー。








smart1

bt_72 at 22:37コメント(3)トラックバック(0) 

2007年09月30日

シュワルベ マラソン-2

dbb9a599.jpg自転車に着けてみた。
ビッグアップルよりも少しスタイリッシュになったかな。
サイドの反射材が結構目立つ。

ちょっとだけ走った感じでは、ビッグアップルよりも硬く感じる。
店員が「コンパウンドが少し硬くなるから乗り心地も硬くなりますよ」
といってたけど、確かにその通りかも。
硬いといっても、スポーツ車に乗っていた人だったら別に気にならないレベル。

走りが軽くなったかといえば・・・なったかもしれないけど、前回乗ったのがだいぶ前だから、よく分からない。

30kmぐらい走って判断したいところ。

しかしカスタムしてると、フロントにも変速機をつけたくなってくるなぁ。
Speed系はフレームの問題でつかないんだけどね。
フロントのギア数だけ増やして手変速とか、スラムのデュアルドライブにするとか、
変速数を増やす手はあるんだけど。

bt_72 at 17:44コメント(0)トラックバック(0) 

シュワルベ マラソン

c2c5995f.jpgTsunamiにタイヤを取られたDAHON SpeedP8。
乗る頻度が高くないから機会を見てタイヤ買えばいいやと思ってたけど、
ないならないで困るし(車載用なので、何かあったときに必要)、
たまたま自転車屋にいったので、買っちゃった。

元々付いていたのがシュワルベのビッグアップル。
20×2.0なのでボヨンボヨンしていて乗りごこちがいいのだが、
路面抵抗が大きい気がしていた。
さすがに幅2.0は広すぎかなとおもって、細いものを物色。
シュワルベのステルビオとかコンチネンタルのグランプリ(どちらも1・1/8だったかな?)を買おうかと思ったんだけど、店員に「そのぐらいにすると、チューブも替えなくちゃいけませんよ」といわれ、いざというときにビッグアップルと共用できるようにシュワルベのマラソン(20×1.5)にした。
マラソンにしたもう一つの理由は、車に積んでおくから常に空気圧チェックするわけではないので、少しぐらい空気圧が減っててもパンクしにくいかなということだったり、体重が重いから細いとパンクするんじゃないかということだったり・・・


で、家に帰って早速装着したんだけど、結構太い。
重さも測ったわけではないけど、ビッグアップルとあまり変わらない(500円アップのマラソンレーサーの方が良かったか?)。
考えてみると以前ダホンのインパルスに乗ってたときは、プリモのコメット(20×1.25)を一年間履いていて一回しかパンクしなかったわけだし、ステルビオでも良かったかも。
実際に走ってないからなんともいえないけど。

bt_72 at 00:28コメント(0)トラックバック(0) 

2007年09月28日

Tsunami2026

e03fc417.jpg新境地発掘ということで、リカンベントを買った。

色々あって、結局TsunamiCrをフレームで買うことに。
新規購入&寄せ集めのパーツでとりあえず組んでみた。

スペック:
・フレーム、ハンドル、ステム、シート・・・純正
・前ホイール・・・サイクルハウスジロの手組みホイール(105ハブ)
        +シュワルベビッグアップル
・後ホイール・・・ロルフ・ドロマイト+コンチネンタルグランプリ+シマノLXスプロケ
・リアディレーラー・・・シマノXT
・前、後ブレーキ・・・AVID・SD5、シマノXT+カーボンブースター(→オーバースペック)
・シフター&ブレーキレバー・・・シマノLX(一体型)
・BB・・・シマノデオーレクラス
・クランク&チェーンリング・・・シマノソラ+VELTA60T
・ペダル・・・DAHON・P8に付いてた折りたたみペダル
・チェーン・・・シマノデュラエース×3

ってなところだろうか。見事なミックスコンポ。
調整中な為、フロントディレーラーは組みつけてない。

見れば分かると思うけど、自転車を趣味としている人ならば、
余ってるパーツ+αで組めるぐらい普通のパーツ構成なので、
興味ある人は少しでも割安でフレームを手に入れて組んでみるのも面白いかも。
ただ、何気にチェーン3本は痛い。5〜6千円は軽く飛ぶし。



リカ1






ちなみにこれが乗ったイメージ図(というか写真)。見苦しい顔はモザイクで。
見た感じは窮屈そう。実際はそうでもないんだけど。

ちなみに公道を走ってると、大人には驚かれ、子供には笑われる。
羞恥心を無くさないと乗れない。
でも、乗るだけで笑いが取れる乗り物って、案外貴重かも

bt_72 at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 

2007年08月28日

続・2輪or3輪

どっちにしても、街中では指差されて笑われるだろうけど、
3輪の方が笑われる規模は絶対大きい。10の何乗とかいうレベルで。
ある意味痛車よりも笑われるかも。
でも3輪の方が機械としてみた場合格好いい。
楽しさもシチュエーションがはまった場合、3輪の方が大きそう。
10の何乗とかいうレベルではないかもしれないけど。

でも、3輪買っても、「どこを走るのか」とか「どこに保管するのか」とか「駐輪できないよ」とかあるし・・・

2輪も乗ってみて面白かったけど。
正直、暗闇の中を少しぐらい試乗したぐらいじゃ魅力がわかりずらい。
適度なアップダウンがある草原のなかを走る道を小1時間くらい走って決めたい。

多分走行性能的には3輪より2輪。
輪講とかの持ち運びも比較的しやすそう。


悩んでるうちにこんな時間かーーーーーー

bt_72 at 01:42コメント(0)トラックバック(0) 

2007年08月26日

悩み

2輪にするか、3輪にするか、それが問題だ。

bt_72 at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月24日

tikit その2

fbf2e20e.jpg試乗してきました。tikitに。

とりあえずすぐ買わないにしてもやはり気になるし、「やっぱ現物見ないとなんともいえねー」ということで、
群馬県高崎市にある「CYCLETECH IKD」まで下道通って二時間半、ドライブがてら試乗&見学にいったと。


IKDさんは知名度の割にすごく小さい店なんだけど(なかなかみつからず迷った)、壁にはフライデーがたくさんかかっていて、初めて見る実車にすこしクラクラするほど。

店の人はきさくな感じかつ、自転車が好きなんだなぁと思わせる印象。いきなり行って拒絶されずに一安心。webだときつい印象を受けたもんで・・・


話もそこそこに、さっそくtikitに試乗。
残念ながらサイズがMだったため、ジャストフィットとは行かなかったのだが(それでも改造トラコンよりは合ってるが)車体およびハンドリングのしっかり感は感じ取れた。16インチ径が悪印象を与えることはなかったと思う。段差は通らなかったので、衝撃吸収性はわからないが・・・
ただシステムゆえに、ステムに少し剛性の弱さを感じた。体重の問題なので、日本人のほとんどは大丈夫だろうが。個人的にはあの「ステム折りたたみシステム」はあまり好きではない。トラコンはあれがないから選んだというのもあるし・・・
ただ折りたたみ性という面では必須とも言えるしなぁ。


tikitの折りたたみシステムはかなり秀逸。目的遂行の為には手段を選ばないアメリカ的とでもいうべきだろうか。
機構の詳しい説明は省く-というか見ないとよくわからないだろう- が、すでに言われているようにワイヤーアクションが肝。それから各部のロック機構も重要かな。ワイヤーはブレーキ用なので汎用品。折りたたみ部はすぐ壊れそうというわけでもなさそうだが、一部雑な扱いをすると心配な部分が・・・
折りたたみピポッドなどの回転部は、かなり丈夫なようだ。

tikitの印象はとりあえずこんなものかな。


ちなみに写真を撮り忘れたので、市役所周辺の写真でごまかす。

bt_72 at 11:40コメント(2)トラックバック(0) 

2007年06月16日

Bike Friday tikit

tikitといえば、この動画を見た人も多いとおもうけど・・・
http://video.google.com/videoplay?docid=-3252558018224124003


日本で話題になったとき(3月頃?)、しばらく日本に入ってはこないというような話を聞いたんだけど(全然確かじゃないけど)、この前読んだ本では6月発売とあった。

以前自転車欲しい欲しい病にかかっていた時、ロードレーサーか走行性能が高いフォールディングバイクかリカンベントかなぁと思っていたところ、上記の動画を見て「これやべぇ、欲しい」と思っていた。それから、シートポストとBBのつなぎ目付近の構造がメカニカルハァハァと思っていた。

そこに6月発売の情報。でも自転車雑誌の情報ほど当てにならないものはないしなぁ・・・ということで、取り扱いをしている自転車ショップに電話確認することに。

回答は「6月中には入ってくる。現在は予約受付中。入ったら連絡する」とのこと。「もしかして予約しないと手に入らない!?」と思って、勢いで予約した。
でもその後ちょっと冷静になって、いったん予約をキャンセルさせてもらった。
店には悪いことをしてしまった・・・。

予約をキャンセルした原因はその価格。本体価格が178000円(税抜?)そのほかに専用輪行袋や前キャリアなど、オプションもあって、色々と欲しいものを揃えたら(16インチは所有したことないから、タイヤとかチューブも必要か・・・)たぶん20万を超える。

お金はある用事でとても必要で足りないんだけど、tikitを買うお金ぐらいはなんとか工面できる(と思う)。
とは言っても高価な買い物、試乗もしないで買うのもなぁ・・・というわけで。
それから自転車買っても頻繁に乗るのか?とか、DAHONのP8はどうするのか?とか問題もあったり。

ちなみにtikitの色展開は、黒×青の一色。サイズはS,M,Lの三サイズ。
色は黒一色が欲しいな(もしくはシルバー)と思うけど、サイズが三種類あるのは非常に好印象。そういえば、16インチでサイズ展開する自転車って聞いたことないな。
まぁ、Bike Fridayはオーダーメイドが売りだから、三サイズってのは退化かもしれないけど。ただあの凝った構造でオーダーは無理だろうな。
ともかく実車を見て、試乗してからだなといったところ。

なお欲しい人は、関東圏内だったら、「CYCLETECH-IKD」さんに聞くといいだろう。


bt_72 at 20:26コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月01日

vikkino

10705783.jpgテレビを見ていたら、盛岡の雫石町で高級機械式時計を作っているという話があった。

男なら大体そうであるように、機械式時計には興味があるのでググッテみる。
なるほど、セイコーの高級部門なんだな。
でも値段が安くても30万とか。
オメガのスピードマスターなんかもそのぐらいするからそんなに高くない、
というかむしろ安いのかもしれないが、
現在1万円の時計でそこそこ満足している俺としては、
30倍の値段を出す気がしない。

本当のおしゃれさんは時計とか靴にお金をかけるらしいけど、
俺は本当のおしゃれさんどころか偽者のおしゃれさんでもないので、
別にクオーツ式の安い奴でいいか、と納得させる。
いや、本音を言うといい時計使ってみたいけどね。


で、「時計に30万かけるなら、自転車を買うかなぁ」と思っていたら、
突然「vikkino」の存在を思い出した。http://www.vikkino.com/
vikkinoってのは、コムカイさんという人が設計した折りたたみ自転車で、
かなり格好いい。
一時期俺もすごく欲しくて、
わざわざ東京まで試乗しにいったんだけど(しかもかなり押しかけ)、
値段が俺にはちょっと高すぎて(KleinのMTB買った次の年だったし)諦めた経緯がある。
ちなみに値段はフレームだけで25万する。

で、社会人になった今、無理をすれば買えなくはないというレベルには来たんだなというわけ(なのか?)。
とりあえず壊れそうだけど車はあるし、テレビも買わなくてもたぶん大丈夫だし(PCの液晶は欲しいかも)、特に問題が出なければ(奨学金の借金はあるけど)あと半年後くらいにはフレームだけは買えるかも。

でも25万は高いよなぁ・・・というところで、vikkinoには新型が登場していたっぽい?
更新日付を見るとかなり前から出ていたみたいだけど・・・

トップの小さい画像でしか判断できないけど、「R16"」ということから、vikkino Rを元にして17インチWOを16インチWOにしたのかな?それからリアサスがついてるっぽい。あ、フレームの形も結構変わってるなぁ。今回の方が、フレームの剛性が取れそう。

うーん、しかし、リアサスが付くのは意外だ。
vikkino Rはシティコミューターだという認識があって、サスペンションはそのコンセプトに合わない感じがする。特に、画像でついてるのはコイル式のショックなわけで、オンロード車ならエア式という概念も覆している。
個人的には、小径車に必要なのはリアよりもフロントサスペンションと思っている。その意味でもこれは意外だ。
まぁ、フロントはパンツァーのハブサスをつければいいのか。


で、結局、もし買える財力があるとして、vikkino欲しいの?買うの?と聞かれると、
微妙なところかも。
話が横道にそれるけど、今住んでるところは小径車でたらたら走れる環境じゃなくて、
「自転車だったらロードレーサーを買ってヒルクライム」ぐらいしかできないところなわけで、ロードレーサーを買うのが正しい。
(ちなみにフルサイズバイクならいいんだろっ、てことで変速のないピストなんか買ったら死ぬ)。
(そういうわけで、結構興味のあるリカンベントもきついかな(坂に弱いらしいし))。
でも、ロードレーサーってストイックすぎてちょっと引いちゃうんだよね。もうそれに乗ったら言い訳できないとか。って言い訳したいのか?

まぁなんだかんだでギミックもあり、見ていて面白い小径車に戻る、と。

で、高級小径車も結構増えていて、最近面白そうだなと思ったのが
OX ガゼル
フレームの形も面白いし、性能もよさそう。重量3kg超えはちょっとつらいけど。
ちなみに安く組んで25万くらい。

それからずーっと前から気になっていたクワハラのというか輪天堂の小径車。
今だとガープだな。
完成車売りで、一番安いモデルが18万円。

あとDAHONを買ったときに候補にあがったBike Fridayも候補にあがるか。
それから各ショップのオーダー小径車とか(折りたたみできないけど)。


ここまで書いてきて思ったけど、欲しいという気持ちはあるけど、本当に必要なの?と言う気持ちも湧いてきた。
普段車に自転車を積んでいて、ドライブして目的地付近でぶらぶら自転車を走りまわすという用途では、ダホンでそんなに不満がないというのが現状だし(ダホン自体のパーツのグレードアップをしたいという気持ちはあるけど)。

とりあえず冷静になれということかな。

bt_72 at 00:06コメント(2)トラックバック(0) 

2007年03月14日

トランジットコンパクト改  ver0.2

忙しくなっていじれないトラコン
トラ2








ちなみに新しく導入したのは、日東のテクノミックステム。なお、ブルホーンハンドルは以前から使っていたTNI。
もう少しステムが長いといいんだけどなー。それと、このブルホーンハンドルは小径車には長すぎるな。もっとリーチが短いものの方がスタイルとしては合いそう(ポジションとしては悪くないんだけど)。

チタンのシートポストは、全然しならなくて具合がよい。
逆にフレームがたゆんたゆんとたわんでしまって問題あり。
ステンレスパイプで補強しようと思ったんだけど、時間切れー。

今流行の外装9段変速も試してみたいけど、
どちらかといえば、道草画日記さんで成功している固定化の方がトラコンにはあっていると思うので、興味がわいている。
固定化の方が安く済みそうだし、外装化ってメンテとかいろいろと面倒になりそうなもんで。









トラ1








斜め後ろからの図。
結構前の雑誌(というかムックか)に載っていたクワハラ・グリフォンを意識している。
あのグリフォンは格好よかったなー(もしかしてグリフォンじゃなくてガープかも。いや、むしろゴブリンかも。雑誌を捨ててしまって確認できない(´・ω・`))。

このトラコンも、スイングアームをもう少し伸ばすと格好よくなるのだが、フレームが折れるからな・・・。別に今のままで、乗る分には問題ないし。











トラ3






これですよこれ!
ステムをノーマルステムにすると、ここまでハンドルを下げることができるんだよねー。ブルホーンハンドルだとアーレンキー一本で、「ぐるっ」とハンドルを回すことができるし。
でも実際に転がしてみたところ、あまりハンドルを下げると持ちにくいことが判明。
サドルを持って転がしてもいいんだけど、方向転換が厳しいし。
収納するときは、シートポストを逆から入れると省スペースになりそうだな。




bt_72 at 17:14コメント(4)トラックバック(0) 

2007年02月20日

泥除け

0a5ef360.jpg注文していた泥除けが到着。

トレンクル用の泥除けなんだけど、別にトレンクルを買ったわけではない。
ワンタッチピクニカにつける予定。


ところで泥除けといえば、
昔は泥除けをつけてない方が格好いいと思っていた。
なんというか、付ける付けないが格好いい格好悪いとは結びつかないと思うんだけど(というか、無いと不便だろう)、当時は泥除けが付いてるともっさりした印象を受けてちょっとダサいと思ったわけだ。
で、加齢とともに、泥除けをつけた自転車の佇まいに「良さ」を感じるようになった。今となっては泥除け結構好き派である。

泥除けのタイプとしては(タイプわけがあるのかは分からないが)、タイヤと同じ位の細さでかつタイヤにぴったりとフィットしたものが、泥除けの存在感を消していて好み。って泥除けそんなに好きじゃないんじゃないか?



話を戻して。
以前も小径車用の泥除けを探していて、結局通販で購入して、トラコンにつけた記憶がある。
記憶によると泥除けの色は白だったし、形も少し違うなぁと思ったんだけど、
よく考えたら、前回買ったのはwill bike用で、今回はトレンクル用。同じ商品を買ったと思いこんでいただけで、実は違う商品だったんだな。白色ってのが気に入らなくて前回は黒のカッティングシートを貼ったんだけど、銀色なら別にそのままでもいいかも。
ちなみにwill bikeはタイヤの径が12インチに対して、トレンクルは14インチ。でも泥除けは同じ曲率っぽい。will bikeが手抜きをしてるっぽい(現在トラコンは14インチに弄っていて、will bikeの泥除けがばっちり決まってるから)。
手抜きといっても、どっちもパナソニックだけど。

bt_72 at 10:42コメント(2)トラックバック(0) 

2007年02月16日

ステム延長

ステム1






この部品はステム延長部品。






ステム2







こういう風にノーマルステム(すでのカーボンパイプで自作していて、「ノーマル」ステムと言えるかは微妙)を延長するわけだ。

現在これはワンタッチピクニカにつけてるんだけど、もともとトラコンについていたものを移植したため、トラコンが走行不能な状態に。

そろそろトラコンを復活させようかということで、この部品を買おうと思ったのだが、なかなか売ってない。前回手に入れたときもたまたま手に入ったし。


で、困ったときの和田サイクル(小径車の聖地)ということで和田サイクルに電話をしたところ、店主ではなく若い店員のためか、商品をいっても伝わらない。
「そんなものありませんね」といわれたんだけど、俺は以前にあんたの店で見せてもらったんだよ!と思ったけど、そんま暴言は吐かず、「以前うかがったときに見せていただいたんですが・・・」という感じで話を進めるが、全然わからない。
結局、写真をとって送ったんだが、無いと。
和田サイクルさんも品揃え悪くなったんかね。店員の態度も悪いし、知識もないし(俺がさんざん違う!って言ってるのに、「それはアヘッド用の変換アダプターですね」というし)。

しょうがないから、近所の店で相談してみるかな。

bt_72 at 23:08コメント(3)トラックバック(0) 

2007年02月06日

お前ら、たたんじまえー

98465480.jpgmobikyが日本で売られていることを知ってから、寝ても覚めてもmobikyのことばかり(は言いすぎだけど)。あの折りたたみ方法はかなりいいよなぁ。構造も面白いし。

俺は体がでかいからか、小さいものに引かれるんだけど、やっぱり小さい自転車といえば折りたたみだよな。
実は輪行するわけじゃないし、玄関前はそこそこのスペースがあるから保管場所がないわけじゃないんだけど、やっぱり変形するってのは魅力的だ。

でも、最近ワンタッチピクニカを買ったばかり出しなーということで、画像はmixiで既出なピクニカ。

このピクニカは、だいーぶ昔の自転車で、中古をネットオークションで手に入れたんだけど、なかなかのお気に入り。
ポジションが窮屈なので、カーボンパイプとアヘッドステムを使ってポジション変更したところ、無理なくのれるようになった。
折りたたみはシートステーを握ると一瞬で完了。ただ、「ペシャン」と縦につぶれてたたまれるので、折りたたんだ後コロコロ転がすのは不可能。横のスペースはかえって増大するので、折りたたむ機会があるのか迷う。
あっ、そういえば車に積むときは便利だった。


そういえば、bikefridayから、16インチの面白い折りたたみ方法を採用した自転車が出るらしくて、動画を見るとそっちも魅力的。bikefridayなら走行性能にもこだわってそうだし。でも値段がすごくなりそうだけど。


そのほかに本格的なロードレーサーとかリカンベントとか、変わったところでトライクにも乗ってみたくて、欲望は尽きないなといったところ。



bt_72 at 16:39コメント(4)トラックバック(0) 

2007年02月04日

Mobiky genius

29a8496e.jpgいつの間にか日本でも発売になってたみたい「Mobiky genius」

12.5インチのタイヤを履きながら3段変速をもち、さらに高身長の人にも対応するフレームジオメトリと、俺の理想はかなりかなえている自転車。

「Mobile Bicycle」さんのblogによると、気になる値段は輪行(自転車を電車にのせること)袋付きで8万円。
これが安いか高いかは人によると思う。


輪行目的だとやはり、たたんだまま転がせるというのが大きい。
となると競合車は車輪径を考えて「トランジットコンパクト12.5インチ(39800)」「ストライダ16インチ(54800円)」「バイポッドアント14インチ(129675円)」「MC-1 16インチ(49,770円)」といったところだろうか。

トラコンとストライダがその値段なのは、変速機能が付いてないということで納得できるかな。そうなるとMC-1の安さが魅力に感じるかも。個人的にはアントがすごく興味があるんだけど、あまりにも高すぎる。シマノのカプレオを採用していて回転系は悪くないのはわかるんだけど・・・

話を元に戻してMobikyのコスパだけど、内装変速3段付き、泥除けもついてるし(短いから泥はねはありそうだけど)そこまで悪くないと思う。トラコンを前後アルミホイール+内装三段変速にしてポジションをいじったりすると、4万円近くかかるし。
ただその理論でいくと、トラコンを前後14インチ外装8段にして(つまりアントと似たような構成にすると)6万円ぐらいかかることから、アントもそんなに高くないという結論に至るけど。


電車輪行だと「ハンディバイク8インチ(28140円)」というのが非常に安く感じるけど、個人的には12インチをきるととたんに走行性能が落ちると思うので、チョイノリ以上の人は選ばないほうがいいかなと思う。いや、これで30kmとか走ってる人もいるから気合次第なんだろうけど。


Mobikyの走りはそんなに良くないとのことだけど、お散歩自転車としてはそんなに不満がでないような気がする。
俺が現在ワンタッチピクニカ12.5インチを日常使いにしていてあんまり不満が出てないんだけど、これよりは走りそうだし。


ホイールベースも長いし、一度Mobikyに乗ってみたいところ。
5万円を切るような価格だったら飛びつきそうだなぁ。

bt_72 at 10:12コメント(3)トラックバック(0) 

2007年01月27日

Dahon Speed8

c15a318b.jpgこの冬の通学用自転車。
MTBはスパイクタイヤ履かせちゃったので、雪が積もらない状況では使いづらいので・・・。

2006年製Speed8はデフォルトのタイヤが、シュワルベのビッグアップル(20×2.00)のため、タイヤが太すぎて泥除けは付かない・・・と思われてるんだけど、実はぎりぎりつく。
ただ、俺がつけてるのは純正のスチール製なんだけど、かなりぎりぎりで、プラスチック製だと付かないかもしれない。
それからスチール製は、見るとわかるように後ろの長さが足りない。
俺はカーボン板を切ってボルト止めして延長してるけど、もうちょっとスマートに行きたい。というか、もっと長くしてくれよと。あれは欠陥品だろう。

それから、ステム部分をちょっといじってある。とはいってもポン付けだけど。
もともとのステム部分の径が、今はなきノーマルサイズのアヘッドステムと同じ径なのでこの芸当ができる。
なお、オーバーサイズのステムも、市販のシムをかませれば付くから、高身長ゆえにポジションに困ってる人は試すといいかも。お気楽ポジションで走りたいなら別にそのままでいいと思うけど。

あと、やっぱりサドルは標準じゃきついね。特にポジションをいじると。
サドルを変えたいと思っても、ポストとともに専用品だから、ポストから変えなくてはいけない。



総合すると、そんなに悪くはない車種かと。俺のはステム部分が簡単に回るという欠点があるけど・・・。


bt_72 at 12:24コメント(0)トラックバック(0) 

2006年11月02日

ライト

af5abc33.jpg日が落ちるのが早くなってきて、自転車用ライトが重要になってきた。

現在使ってるのは自転車用ライトメーカーCATEYEの、HL-EL100というLED3灯の単3電池4本使用モデル。
アルカリ電池使用で30時間もつから電池のもちは悪くないのだが、光量が少し不足しているように思う。

CATEYEというメーカーはブラケットを共通化してるので、一つのライトを複数台で共有できるというメリットがある。
なので、現在使用しているHL-EL100よりも明るいライトを買った場合、なんの工夫もせずにすべての自転車に取り付けられるという利点がある。

ただ、明るいライトは結構値段が高く、5000円ぐらいする。しかも自転車にしか使えない。

そこで一般的なミニライトがいいかなぁと。
スーパーファイヤーなどのアルミ製ミニライトは結構明るく、普通の懐中電灯としても使え、なによりデザインがいい。
自転車のハンドルに付けるブラケットはベルクロで取り外しが出来るので、共用も出来る。
ただ、配光性などが自転車で使用するのに適しているか、電池のもちはどうかなどが問題である。

本当はバッテリー式の自転車用ライトが最適なんだが、2万円以上する・・・しかも雨に弱いとか聞くし・・・

bt_72 at 14:49コメント(0)トラックバック(0) 

2006年10月08日

トランジットコンパクトCT

6a2f9382.jpg一応やりたいことをやったということで。(ホワイトバランス間違って、青みがかっているが、それはそれで。)
これから、ブルホーンハンドルにしようかなと思ったりはしてるが(ポジションが窮屈だから)。部品はあるけど、気軽に乗るという目的には沿わない。

「CT」ってのはcarbon&titanの意味で、ステムポストをカーボンに、
シートピラーをカーボンとチタンの組み合わせにしただけで、
フレームやらなんやらはなにも変わっていない。

多少でも軽くなったかなと思って体重計で量ってみたところ、
12kgを切るか切らないかくらい。スタンドを付けたら間違いなく12kgを超える。
軽量化する気を削がせる自転車だ。

ペダリングの回転数が上がるとサドルがたわむので、
ステンレスで補強をしようかなと思うこの頃。

リアの外装多段化も考えているが、予算が・・・

bt_72 at 17:18コメント(0)トラックバック(0) 

2006年10月02日

補強

555f999b.jpg溶接だけだとちょっと不安かなということで、
補強を施すことにした。とはいっても気休め程度だけど。

とりあえず模型屋で買ったガラスクロスを切って(本当はカーボンクロスがいいけど高い)、エポキシ接着剤を塗りたくってはる。
接着剤が乾くまでの固定としてビニール紐でしばる。超適当。

なんか皮膚に付くとまずいらしいが、めっちゃくちゃ素手でやってしまった。
むしろ手で伸ばしたくらい。


最近、ご飯を食べても食べてもお腹がいっぱいにならない (>Д<)
成長期か?

bt_72 at 22:26コメント(4)トラックバック(0) 
profile



kose



日々の出来事や
趣味についての日記を書いているブログです。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ