仮想・暗号通貨は今後どうなっていくのか

仮想通貨の投資について朝日豊貴が分かりやすく記事を書いていきます。 札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡全国までキャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか。

朝日豊貴の仮想暗号通貨 livedoorブログ(札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡)

誰もが知っているフェイスブックが世界的に利用される国際通貨を目指し、独自暗号資産Libraを使用した金融サービスを開始することを発表した。


ホワイトペーパーによると、Libraは法定通貨と一定比率で交換できるステーブルコインを採用し、独自のブロックチェーン技術の特徴としてビットコインで採用されているPOWよりも効率的にトランザクション処理を行える独自のLibraBFTコンセンサス・プロトコルを利用


このブロックチェーン上でスマートコントラクトの作成・トランザクション論理のカスタム実装に利用可能なプログラミング言語「Move」を活用している。


Libra協会には、大手決済サービスの「Visa」や「マスターカード」「Uber」など30社が加盟。

まだ不透明な所が多いが、インターネット上で配車サービスや音楽を購入する対価として、ユーザーが保有するLibraを渡せるようになる見通しだ。


世界で27億人のユーザーを持つフェイスブックのLibraが決済用の暗号資産として浸透すれば、既存の金融業界が注目する存在には間違いなくなるのではないでしょうか。


今後のフェイスブック「Libra」に注目される。


あの韓国の電子製品メーカー大手サムスンが独自のブロックチェーンネットワークを開発しており、暗号通貨の発行まで検討していることがコインデスク韓国によって報道されました。


仮想通貨投資は本当に資産が増えるのか朝日豊貴が勉強して学んだ仮想通貨投資とは。
キャッシュレス化が進んで行く昨今、今後の世界情勢はどうなるのでしょうか。
北は北海道札幌から・仙台・東京・大阪・名古屋・南は九州福岡まで全国へ広がりつつあります。

開発のベースはイーサリアムのメインネットで現段階では社内実験段階にあるとのこと。
サムスン関係者によると、プライベートチェーン開発に焦点を当てているが、いずれパプリックチェーンに変換する可能性もあるとのこと。

サムスンはキャッシュレス分野では「サムスンペイのサービスを提供しており決済アプリにブロックチェーンとサムスンコインが実装されれば、サムスン暗号資産の利用率も高まって行くことも予想される。

投資・仮想通貨!今後日本にも幅広く普及するのでしょうか・・・
朝日豊貴が学んだブロックチェーン技術・キャッシュレス化が進んで行く中、仮想通貨の今後を予測



また先日発表された新型スマートフォン「ギャラクシーS10」では、イーサリアムなどERC20の暗号資産にも対応するウオレットが内蔵されている。

もしかするとサムスン主導の暗号資産経済圏が見込まれるかもしれません。

テックビューロが運営しているZaifがフィスコへ事業を譲渡することを決定しました。

そのためZaifが行っていた事業内容を11月22日付でフィスコへ移ります。
Zaifで口座開設している顧客は、21日までに今までの契約内容の権利義務をフィスコへ引き継ぐことに対して同意する必要があるとのことです。

もし同意しなければどうなってしまうのか疑問に思う人もいるかもしれませんが
Zaifに対して仮想通貨の返還請求しても対応してもらえない可能性があるみたいです。


今後、事業譲渡後のZaifは仮想通貨取引所を閉鎖して登録も廃止するとの見解です。

2017年4月に改正資金決済法が施行されて以降、初めてとなる。

今後、更に厳しい法整備が整って行くかもしれません。

朝日豊貴が勉強して学んだ仮想通貨投資とは。
キャッシュレス化が進んで行く昨今、今後の世界情勢はどうなるのでしょうか。
北は北海道札幌から・仙台・東京・大阪・名古屋・南は九州福岡まで全国へ広がりつつあります。

Zaif(ザイフ)取引所がハッキングされた事件にIPアドレスが特定
今年に入ってからコインチェックに続き、ザイフ取引所もハッキング被害にあったのはご存知かと思いますが、コインチェックがかなりの高額な金額だったため、もしかしたらその後に続いたため知らない人も多いかもしれません。

↑このページのトップヘ