SPRが高くもなく低くもない PLOで頻繁にあるシチュエーション。微妙な強さを持つハンドがどうプレイすれば良いか難しい領域となり、ポジションを有効に使ったプレイであるフロートに効果が出てくる範囲でもある。

SPR4〜13以下は、

ポットレイズにレイズしてオールインできる額(3Bets以内)のレンジとなる。

参考

フローティングまとめ

SPRに対応したオールインできるハンドレンジを以下に紹介する。



オマハ SPR表

[表の補足説明]

1Bet:フロップ ポットベットしてオールインとなるスタック(SPRは1より低い) 
2Bets:ポットベットにポットレイズしてオールインとなるスタック(SPRは4より低い)
3Bets:ポットレイズにポットリレイズしてオールインとなるスタック(SPRは4より大きく13より低い)
4Bets:4回以上ポットレイズしてオールインとなるスタック(SPRは13より大きい)

OK:問題なくオールインできるハンド
Iffy:難しいシチュエーション 相手次第で決断するハンド
NO:コミットにならない限りオールインしてはならないハンド
NO Way:オールイン厳禁 オールインしたらフィッシュ扱いされるハンド
OK/Iffy:SPRが対象範囲内の低い方に属してるならOK,高い方に属するならIffyとなるハンド
Iffy/NO:SPRが対象範囲内の低い方に属してるならIffy,高い方に属するならNOとなるハンド



[追記]

ナッツじゃないビッグストドローなど下ストなど自分がそういう風に呼んでいる俗称で表を作ってしまい、分かり辛いと思うので実際にどういうハンドなのか例を出す。


ナッツじゃないビッグストレートドロー

ストレートのアウツは13以上あるが、そのアウツがナッツとしてカウントされないものを指す。



フロップ[ J♣−8♥−3♠ ]

あなたのハンド <10♠ 9♥ 7♦ 5♠ > 

ストレートのアウツは、Q:4 10:3 9:3 7:3 の13枚で、9,10はより上のQハイストレートがナッツとなるので、ナッツアウツは7枚となる。

このハンドは、ポットベットしポットレイズに対してオールインコールあるいは、ポットベットにポットレイズオールインまでしていいハンドに分類される。



下ストレートドロー

表ではそのように書いてしまったけれど、正確に言うと "サッカーラップ"
13カードナッツストレートドローと違いサッカーラップは下に伸びているストレートドロー



フロップ[ J♣−10♥−4♠ ]

あなたのハンド <9♠ 8♥ 7♦ 6♠

ストレートのアウツは、Q:4 9:3 8:3 7:3 の13枚 この組み合わせからナッツストレートとなるものは7しかなく、ナッツアウツは3枚だけとなる。

このハンドは、1ベット以内で収まるポットじゃない限りはオールインしてはいけないタイプのハンド



トップペア+リドロー(例1のようなハンド)

例1

フロップ[ K♣−9♠−5♠ ]

あなたのハンド <K♠ Q♥ J♥ 10♠

ペアとインサイド9ストレートドロー+フラッシュドローを持っている

例2

フロップ[ K♣−9♦−5♠ ]

あなたのハンド <K♠ J♥ 8♥ 6♠

例2はJeff yangのトップペア+リドローに含まれていない


※ ペア+オープンエンドストレートドローくらいが想定している基準だろう



※ 追記 2012/2/12日