ばんわ~。猫好好です。
 世の中言ったもん勝ち! に愚痴るよ~。

 自称モデルとか、作家とか、写真家とか、ブロガーとか世の中いっぱいいるんだが、どんな自信があって宣言してんのかなと疑問が尽きません。
 猫好好は自己評価が低いから比べたらアレなんだが。

 知り合いの、自称作家さんの話。
 いわゆる、自己啓発系の話を書いてるんだがなかなか宣伝がステキで参っている。
 付き合いなんで、本は買ったけどな。
 出版披露パーティなんかも参加したりして、とても華やかだ。
 本を出版したら「披露パーティをしないといけないみたいで」とご本人が言ったんで、単純なわたしはそう言えば、作家もそう言えば披露パーティみたいなの出版社主催でやってるよな、と考えて作家になるってたいへんだなと思ってた。
 印税なんかも出版時に契約して一括で払ってくれるとか。ウハウハやな、と簡単に考えて少なくとも文壇デビューだと、当時は羨ましくもあって、素直に関心したんだが。
 帯の推薦文は、自称作家さんが関わったとあるグループの当時のリーダーが書いてて、⚪◯氏推薦と裏表紙にも他の名士の名前とともに書かれてて、かっこええなぁと思ってました。
 が、ここ最近出された本を偶然だがある共通の友人が読んで、ちょっと首をひねって私に聞いてきたのよね。
 「言いたいことは分かるんだけど、何だかこれって絵本を小難しく書いたみたいでさ、内容が薄っぺらいんだよね。好ちゃんどう思う」
 この人とはとても私は仲良しなんで正直に、
 「うう、ごめん。読みづらくって読んでない。最後まで読んだんだ。すげーな」と正直な感想を言ったら、
 「ああ、分かるそれ。文章がちょっと気取ってんのよね」と、彼女は歯に衣着せぬ発言で、ズバズバ切り込んできました。
「実は私も半分で挫折した」
 とのたまうから、その後二人で大笑いだったんだが。
 (出版された本はAmazonでも買えるので、ここで晒してもいいんだが身元がバレたらたまらんので内緒で)
 意地悪く聞こえたら、ごめんなさいね。なにせ、ここは愚痴を垂れ流すところなんで素直に言っちゃますよ。
 自称作家さんはとても人が良くて、いつも人当たりがよくて頭も良くて、表立って敵を作らない人なんですよ。PTAでもラスボス的存在って感じ? 常に感謝も忘れず、ニコニコしていい人なんです。
 んで、廻りにYESマンを揃えるのが上手い。中にはわたしみたく言いたくてもNOと言えないのも含まれていると思うが、結局彼女にNOとは言えないから、やっぱりYESマンの集まりなんだよな。
 本が出版された後も、感想を言ってくるのは上記の友人以外は全てYESマン。だから褒め言葉ばかり。辛口批評なんか皆無。
 私なら、疑うが彼女は自作にも自身があるから正面からその褒め言葉を受け止めてる。
 その強さも、自信も羨ましい限りなんだけどね。
 啓蒙活動と啓発活動が好き? というか指導的立場に今はなっているからだけど、モットーが「なりたい自分になる」。
 で、その通り人生を歩んでて、マジで羨ましいことこの上ない。子供も皆挫折すること無く進学校へ合格し、母親たる彼女はいわゆる苦労知らずで、順風満帆なんですよ。
 そんなの目の当たりにしたら、愚痴の1つでも言いたくなるって事ですよ。
 で、意地悪な好ちゃんはそんな内容の本が、なんで出版されたんだろうと調べたんです。
 そしたらデビュー作とその後の本が違う会社から出版されてました。どれも聞いた事がない出版社だったから ??? 。
 で、出版元を調べたら何と「自費出版」でした。
 なるほど。
 そうか、そうだったのか。と友人とふたり膝ポンで納得したのでした。
 チャンチャン。

 でも、疑問が残る。
 自費出版でも今時は出版記念パーティーをやるのか?
 昔は同人として、そー言った場所で密かに売ってたんだけどね。