June 10, 2007

お引越し

2年以上居座ったこの場所を去るのは名残惜しくもありますが、
新装開店につきブログをお引越しします。

今後ともアリイチ本舗をよろしくお願いします!

お引越し先はこちら

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)daily life ☆ 

June 09, 2007

NU HOUSE

出展者の皆々様、お疲れちゃんでした。
意外と大変でしたね。

house


























NU住宅展
2007/06/11 (Mon)  -  2007/06/15 (Fri)
1号館5階CSTギャラリーにて / 入場無料

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(4)TrackBack(0)activity ★ 

June 02, 2007

efuto

絵封筒展 @ていぱーく

普段、パソコンを通した味気ない線ばかり見てるせいか、人の手によって描かれた自由な線が魅力的だった。しかも封筒の挿絵という身近な題材だからこそ感心も大きいし、いくら見ていても飽きない。すごく楽しかったので展示に併せて出版されたを買ったが、スキャンされ、レイアウトされた記録物では実物の魅力がちっとも伝わってこないのがやはり残念だ。本物には、紙の質感、シワ、筆跡などから溢れる差出人の表情や郵便物という機能を果たしたものとしてのリアリティーがあった。

2



























1



























3



























ところで、建替えが決まった東京中央郵便局はどんな姿になるのだろうか。


4

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)exhibition # 

May 26, 2007

コガ

古河総合公園パークカフェ
1



























柱細し、屋根薄し。
2



























ガラス多し、汚れ酷し。
此処、公園の休憩所なり、美術館に非ず。
噂通り、悲惨な様相。
3



























ゲート(設計:内藤廣)の方がよろしいようで。4




























5

  
Posted by bubu269 at 00:02Comments(2)TrackBack(0)go out ! 

ウマ

1



























2


























緑のアーチ
3



























4



























5



























6


























トイレ
7


























那珂川町馬頭広重美術館
8



























9

  
Posted by bubu269 at 00:01Comments(4)TrackBack(0)go out ! | exhibition #

ナス

1


























石の美術館
2


























3


























4


























5


























6


























7


























8


























那須歴史探訪館
9


























10


























11


























12


























13


























15  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)go out ! | exhibition #

May 21, 2007

『空間を実現させる理屈について』

北山恒氏の講演会。

テーマは上のタイトルどおり。意匠的な話でもなく、形式的な話でもない。与えられた敷地やプログラムに対していかに強い客観性をもって建築/空間を導き出すか。その理屈の主幹たるものは、あるときは熱環境であったり、あるときは構造、またあるときはコストだったりする。中でも構法的な話に重点があり、コストを抑えるための合理的な構法を見出すことに知恵を絞っているらしい。それでも住宅の設計では当然のように赤字とのこと。あなおそろしや。

住宅のプランについて。住まい方は住人が決めることだから機能配置論みたいなことはやっていない。そして、インテリアはできるだけがらんどうに。

建築と敷地について。敷地を切り取ってそこに建築を作ろうとすると経済論理の物質にしかならない。しかし、もっとマクロな視点で眺めることでコミュニティを育てたり地域に貢献したり文化を作ったりできるはずだと。

作風からはクールな印象を受けていたが、大事そうに発せられる「コミュニティ」という言葉に熱意を感じた。そして筋が通っているし、素直で分かりやすい話し振りだった。Y-GSAでも質の高い指導が行われていくであろうことが想像できる。

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)daily life ☆ 

May 12, 2007

歳をとったので...

1


























2

 


























3


























上ってやった。
4


























5


























6


























階段で。7



























8


























楽勝〜
9


























10


























11


























ガクガク、プルプル...
12




















  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(6)TrackBack(0)go out ! 

May 05, 2007

そうだ、京都行こう―鹿より八つ橋の巻

やっぱ京都どす。3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■三十三間堂2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■京都国立博物館
エントランスはどう見ても谷口テイスト。4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■細見美術館
設計は大江匡。5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

■南禅寺7

 

 

 

 

 

 

 

 


6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■COCON KARASUMA
リノベーションを手掛けたのは隈研吾。1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■京都芸術センター
小学校を転用。10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

 


 

■文椿ビルヂング
こちらもリノベーション。ショップやギャラリーなど。13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

締めはこいつで。おたべやす〜14

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(6)TrackBack(0)go out ! 

May 04, 2007

そうだ、京都行こう―と見せかけて奈良へ行くの巻

1

 

 

 

 

 

 

 

 


 

■法隆寺
初奈良、初法隆寺。
京都は、有名なものからマニアックなものまで小さな名所が多数分散しているのでGWといえども混雑はある程度避けられる。対する奈良は集中型。ザ観光地だ。

また、奈良(今回訪れた場所)は京都とは違って見所が少なかった。というか保存のために内部見学ができない場所が多く、教科書の写真で見た風景をなぞる程度の体験しか得られないのだ。東大寺でも正倉院は敷地内に立ち入ることすら許されていなかった。2

 

 

 

 

 

 

 

 


 


■東大寺大仏殿
寺院を体験するのに、この混み具合は頂けないなあ。
この中に彼が住んでいます。
3

 

 

 

 

 

 

 

 


 

鎌倉の彼とは違ってインドア派。4

 

 

 

 

 

 

 

 


 

■奈良公園
しかも鹿も初めて。哀愁。5

 

 

 

 

 

 

 





 

6春日大社

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ダイナミック。7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■奈良市写真美術館
東京都でお騒がせ、黒川さんの設計。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京の借景庭園には勝てまい。9

 

  
Posted by bubu269 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)go out !