2013年04月

2013年04月19日

新たなるスタートへ

4月14日(日)「スパイシージャム復活解散ライブ〜どっちやねんTonight〜」 
東京公演@下北沢440
IMG_8938

東京の会場も大入り大盛況で終わることができました。
IMG_2916

本当にありがとう。

セットリスト
●3月30日(土)@心斎橋club jungle
1.桜ノスタルジア
2.恋のドライブ
3.ゼロセンチ
4.行こう
5.希望の夕立
6.Vivid Love
7.アカズノフミキリ
8.心ひとしずく
en1.笑えるように
en2.感謝の響き

●4月14日(日)@下北沢440
1.空からのプロポーズ
2.恋のドライブ
3.ゼロセンチ
4.行こう
5.夏曜日
6.Vivid Love
7.アカズノフミキリ
8.心ひとしずく
en1.笑えるように
en2.感謝の響き


大阪ライブ同様、まだ全く実感がない。とにかく皆と久しぶりにスパイシージャムのライブ空間を共有できたことが単純に嬉しくて、楽しくて、だた、ただ、それだけ。

でもここで一区切りです。

あらためて、

大阪公演を一緒に盛り上げてくれた大橋タカシ、

東京公演を一緒に盛り上げてくれた伊東和哉、有ちゃん

サポートkey.杉本さん、坂さん、

会場に足を運んで頂いた関係者、スタッフ、元メンバー、サポートメンバー、

そしてお客さん、

本当に本当にありがとうございました。


そう言えば、僕は今まで音楽をやってきて解散というものを経験したことがない。

スパイシージャムが僕の音楽人生の始まりであり、全てだった。

もちろん良い事ばかりではなかったけれど、本当に幸せでした。


抜群の音楽センスを持った元メンバー、サポートメンバーが奏でてくれたフレーズ

いつも側で見守り続けてくれたスタッフや関係者からもらったアドバイス

いつも温かい声援をくれたお客さんと交換したソウル


全て僕の心の中で生き続けています。

それはこれからもずっと変わらない。


そして、

永瀬くん。

あなたがいなかったら、今の僕は存在しません。

本当にありがとう。

近いうちにゆっくり飲もね。


最後になりましたが、

この8年間、

スパイシージャムに関わってくれた全ての人たちに感謝します。


本当に本当に、

ありがとう。

ありがとう。


そして、

これから早渕恭弘をどうぞよろしくお願い致します。

新たなるスタートへ。

bucchilog at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月03日

心斎橋ありがとう

3月30日@心斎橋クラブジャングル

スパイシージャム復活解散ライブ〜どっちやねんtonight〜


ホンマにホンマに おかげ様で超満員御礼ソールドアウトで大感謝です。ありがとう。ありがとう。
IMG_1848


IMG_9901

お客さんをはじめ、関係者、大阪のサポートメンバー、本当にたくさんの方が来てくれました。


ライブの途中、自分が歌っているのに自分が歌っていない感じ、なんかうまく言えないけど、そんな気持ちに陥りました。不思議な感覚。どちらかと言えば気持ちいい感じ。


皆の温かい声援と熱い気持ちが僕の背中を押して、幽体離脱したのかもしれない 笑


とにかくとにかく、本当にありがとうございます。


それにしても、もっとたくさん皆と話したかった。


一晩では身体が足りん。


終演後、身体が4つくらいに分かれたらいいな、なんて思いつつ 笑


でもやはり分かれなくて(天津飯じゃあるまいしね)


本当にあっという間の夜でした。


大阪でのスパイシージャムがひとまず終わりを告げた、ということをこうして文章にすると、まだ実感が湧かないし、かといってそれはもちろん事実なのですが、

とにかく今は次の東京公演を最高の一日にするためにしっかり準備をして、がんばろうという気持ちでいっぱいです。


早く東京の皆にも会いたい。


ということで、待っててね。


4月14日(日)
「スパイシージャム復活解散ライブ〜どっちやねんTonight〜」 東京公演
■下北沢440
http://www.club251.co.jp/440/
■出演:スパイシージャム / 伊東和哉(O.A)
■time:OPEN/18:00 START/18:30
■ticket:前売¥3000 / 当日¥3500
【チケット代+food(ビュッフェ形式)+1drink込み】

チケットをご予約したい方は、 名前、希望するライブの日程、枚数を明記の上、
info@spicyjam.net まで送信お願い致します。


オヤスミナサイ☆

bucchilog at 01:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)