不妊治療始めました


私は不妊治療を39歳から始めて、半年で人工授精の2回目で授かることができ、
40歳で出産しました。

現在、こどもは2歳を迎え、高齢で体力の衰えを痛感する子育てと
両親の介護が間近に迫っている不安を抱え、それでも子どもの成長が本当に
救いであり、希望であり、幸せだからこそ、毎日の苦労も乗り越えられる・・・
そんな暮らしをしています。

私がこのブログを立ち上げたのは、同じ立場の、特に女性の人に
少しでも参考やメンタルで助けになればと思い、自分の経験を書きました。

でも、ココロない知識もない以前に、人の気持ちも分かろうとしない人から、
最初に産婦人科病院に行って、ハラスメントを受けた記事に対して、
「だったら最初から不妊治療にいけよ、おばさん」という辛辣コメントも貰い、
やっぱり理解のない人も世の中には大勢いるんだなぁと思いました。
たった1件のコメントがこのコメント。。とほほです。
削除しました。

私は今は仕事をしていませんが、当時は仕事をしながら不妊治療を
していました。ごくごく一般的社会の目線で経験をして感じたことを書いています。

高齢出産を決して勧めたり、若い人に高齢になっても妊娠できるよと言いたい
訳じゃないです。若い時に授かれれば、経済的な苦労はあっても体力的には
出産のリスクも高齢に比べて低い事から、子どもを望んでいる女性なら
若い内に出産した方がいいのは医者じゃなくても誰にでもわかる事です。

なら、なぜ私の様な高齢出産者が出るんですか?
生きづらい世の中だからです。本当にせちからい世の中です。
現実にお金に縛られ、親子でも信頼関係が築けず、自分たちの生活だけで精いっぱい。
今後は格差社会はますます広がる一方となるでしょう。
今は20歳の若い人たちも、20年経てば40歳になる。。当たり前の話だけど、
これをリアルに実感できている若い人はあまりいないと思います。
だって、自分がそうだったから。
若い時って、その時の悩みや生きることで精いっぱいで、将来を考える余裕なんて
正直なかったし、40歳や80歳になって、ますます悩みが増える将来があるなんて
考えたくもないし。

今の若い人たちが年月が経ち、40歳になっているころ、今40代を迎えてる私よりも
経済状況は更に過酷になっているはずです。
物が豊かになっているので、有利かと思われがちですが、後に生まれた人ほど
現在の社会状況が続くならば不利になる。つまりは、今後も高齢で子供を産みたい
私の様な人間が増え続けるし、中には生みたくても産めない人が出てくるはずです。

先日、同じ世代の女友達と雑談してた中で、若い時にもっと今みたいな
不妊治療や卵子の老化や高齢出産のリスクなど知らせて欲しかったと
いう意見がでました。
20年前、1995年当時はネットの普及はまだなく、携帯電話が出始めてまもない
時だから、確かに情報は少なかったと思います。
でも、いくら卵子の老化と警笛を鳴らしても、若い世代が理解できたとしても、実際の
社会状況が良くならない限り、高齢出産はなくならない。
だったら、今の現実にそった生き残る方法や自分らしく生きられる最善の方法を
それぞれが見つけていくしかないではないですか。

好きで高齢出産するわけじゃない、パートナーを始め協力が得らる人が少ない
境遇の女性もいるんですよ?女性だけで妊娠できますか?
高齢出産の人を煙たがったり、高齢で妊娠を希望する女性に対して
ココロないことばを言う産婦人科医は沢山います。
同じ女性であっても・・・です。若い人からも「なんでこんな高齢で?」という目で見る人もいる。
治療をしてると、そういったハラスメントも、治療にかかる費用への不安、体への
不安、治療してるのに、本当に授かれるだろうか・・・妊娠か否かの判定が決まる
までの間、治療の苦労が報われるだろうか?という期待と落胆の連続・・・
いろいろな不安と闘いながら必死に今も頑張っている女性を応援したいじゃないですか。

話は変わりますが、私、先日乳腺炎になって、久しぶりに出産した
産婦人科病院に行きました。痛いし、熱がでて。
処置を婦長さんにしてもらいながら、現在の妊婦さんの年齢状況も聞いてみました。
私が通っていた妊婦さんはの最高齢は44歳で自然分娩だったそうです。
でも、なるべく高齢の妊婦さんは帝王切開になるパーセンテージも高く、
高度の医療機関への転院を勧めいるのが現状だとのことです。

確かに高齢はネックなんです。
でも、だからと言って、たとえ偏見の風潮があっても高齢を必要以上に
気にやまないでほしい。好きで高齢で産むわけではないのです。
私が不妊治療をしている時、見せてもらったデーターに
違和感?を感じたんです。
医療機関は40歳~43歳をラストチャンスの様に言って、高齢出産のリスクを
ピンポイントで言われます。事実それは本当にあることだとは思う。
でも、私が通っていた不妊治療クリニックでは、若い人も結構いたんです。
最初は高齢を気になっていたけれど、治療を続けていく内に最初よりは
気にならなくなってきました。なぜなら高齢でも妊娠している人を沢山いたから。

これは私の私的な意見だけど、よく高齢だから妊娠しずらい、妊娠しても
ダウン症などの確立が高くなる・・と言うけれど、年齢だけで区切られた
データーでは広範囲過ぎて抽象的すぎて、あまり参考にならないような気がしたのです。
年齢以前に、現実に自分の体が妊娠しやすいか、妊娠しずらいなら
問題を抱えている原因がどこにあるのか、その次に年齢なんじゃないか・・と。
ダウン症の確率データーも、もっと個人個人で違うはずです。

更に年齢面でみるなら、他人よりも過去の若い時の自分に比べて、
今の自分の体で妊娠する確率がどのくらいなのか。。
そういった視点でのデーターの方が、より現実にそった選択ができるのではないかと
思ったのです。
パートナーとの兼ね合いも含めて妊娠出産には年齢だけでは決められない
複雑なプロセスがあるように思えます。

出産は普通分娩でした。40歳だったけど、6時間で子宮口が10センチ
開いてくれて。妊娠しずらい体ではあったけど、出産はうまくできたことに感謝です。
こどもの産声を聞いた時の達成感や喜びは何とも言えない、今も
自分の生きる糧になっています。「終わった、とにかく無事に乗り超えられたんだ」
と思いました。

でも新たな悩みといか、考えさせられる事案もできてきました。
不妊治療の時は妊娠することしか頭になったけど、まだまだその先がある
んですよね。
生まれたばかりの子どもを見たとき、自分は孫を見ることが出来ないかもしれない。
だって、子どもが自分と同じ年に親になったら私は80です。
そこまで見届けてやれるだろうか。。。

おそらく一人っ子にさせてしまうだろう。
うまく、結婚できて子どもにも恵まれて、天寿をまっとうするときに見送ってくれる
人がいる人生であってほしい。
その為に私は親として、どれだけの事をこのこにしてやれるだろうか・・・

それでも、こうして人の親になれたことに、わが子に感謝の気持ちでいっぱい
です。大事に育てたいと思っています。




新年、あけましておめでとうございます。

昨年、恨み節で終わったブログ。
いやー、良くない。
そんな訳で、新年は明るい話題から!

resize10191


不妊治療のクリニックを1月4日に卒業しました~!
いや~、この日のクリニックは新年初日だったようで、
いつにも増して激混み('A`|||))。
患者もサジィ(先生)も看護師&スタッフ全員疲れてました。

15時に予約を入れて、内診で呼ばれたのが3時間半後の
18時40分
結局、この日に会計を済ませてクリニックをでたのが20時半。

クリニックに通うようになって、1ヶ月たったころから退屈しのぎに
「その日にどんな治療をしたか、サジイとの言葉のやり取り、
時間がどの位かかったか、会計はいくらだったか」
記録を取り始めてファイルにまとめてたので見返してみると・・・・
待った時間は今回ワースト2位でした。

因みに1位は8月のお盆前の連休前の前日。
11時に予約を入れて、21時15分解放。
どうやら遅い時間帯の予約や年末年始の様な特別連休の時期の前後が
混む様で要注意ですな。外せるならば他の日に入れた方が負担が少ない。
でも、私もそうだったんだけど、今年の年末年始って4日金曜日も
休みで9連休になる会社が多かったんじゃないかな?
だから、なるべく仕事を休みたくないと思うと、自然と人が集中してしまった
という事なんだろうね。

とはいえ、無事卒業できました。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン。
涙、涙の卒業でした。
ぶぅは約半年の期間の治療で、人口受精2回目での妊娠。
40歳という高齢の割には短期間で治療も費用も軽度で済み、ホントにラッキーでした。

内診室ではサジィが「今日は妊婦健診ばっかなんだよー」と言ってたくらい
ラッシュだったみたい。会計でも紹介状の入った封筒をもらってた人がいて、
私以外にも今日は卒業した人がいたみたいです。


resize10192

内診では、サジィがぶぅのお腹の子の心臓音を初めて拾って聞かせてくれました。
今までずっと画像だけだったので、エコー機械に音がでるとは知らなくて
びっくりした。w(゚o゚)w オオー!
前回よりも強く波形にもでていて、「うん順調」の言葉に一安心、うるうるしてしまう
お腹に痛みとか出血とか異常を感じなくても、「ホントに生きてるだろうか?」って
妊婦健診の度に診察台に座る時はドキドキしてたもので・・

廊下に出てロビーで待ってると、心が落ち着くんだけど、この後の問診室でも、
キューピー人形を用意してくれて、これが・・・また泣けてくる。。
「ホントに今日で卒業なんだぁ、じわわーっ」て、気持ちを抑えようと
するんだけど、どうしても込み上げてきてしまう。
「これからお腹の赤ちゃんに災いがあってもキューピーちゃんが代わりに引き
受けてくれて、無事に出産まで守ってくれるからね、スタッフみんなで作るんだよ^^」って
サジィがまた泣かせること言うんだな。

それで、ぶぅも用意してた手書きの手紙と、お茶菓子を渡して「お世話になりました。
ホントにどうもありがとうございました」って言いました。
手紙にはね、半年の治療で授かれたけど7年近く子供のいない悩みを持っていたこと。
最初の病院で突き放された対応されたこと。
ここのクリニックに初めて来た時、人の多さに圧倒されて、もう断られてしまうんじゃないか
=子どもを持てないのかと思った事。
電話相談で診てくれるといった時のありがたかったこと。
まぁ・・・書けばキリがないし、ハードな仕事なのは分かってたから、負担に
ならない様に、3枚くらいでまとめたんだけど、感謝してる気持ちは伝えられたかなぁ。。
手書きの手紙なんて、10年以上書いてないもんな。

人工授精でさえ、これだけ泣けてくるんだから、体外で授かったら
干物になっちゃうくらい、涙で嬉しいだろうなぁ。。。

「出産したら知らせてね、旦那さんにもよろしく伝えてね^^、おめでとう。」
サジィは必ず、毎回「旦那さんによろしく」と言ってくれる。
ホントなら、二人で挨拶したい所なんだけど、「多分激混みで何時までかかるか分からない」
と予想し、旦那さんは家にいてもらって正解だったな。


 今回、時間がかかったのは、問診室での後に、処置室で転院先の病院での
説明があったから。ここの処置室では注射や採血といった処置の為だけじゃなくて、
看護師からこれから初めて受ける治療や薬がある場合、事前に署名が必要な
書類などの説明をうけるのにも処置室が使われるのです。
 
 前回の宣誓通り、転院先の病院を最初のA産婦人科病院にしなかった。
それで別の病院を探すことになったんだけど、サジィが言った通り、
分娩施設がある産婦人科病院は減少していて、私の住んでる町でも5か所くらいしか
ピックアップできず、その中で一番大きかったのが、最初の病院だった。

どうしようか・・・A病院にはN医師以外にもたくさんの産婦人科医がいるだろうし
妊娠したとなれば、前回とは違った対応なのかもしれない。「大人になるか?自分」という葛藤。
でもね、あのN医師に診てもらうのはもう、嫌だったんだ。
サジィとの落差を目の当たりしたら、なおさら戻る気持ちにはなれず、結局規模は
最初の病院よりは小さくて、若干遠いんだけど、「腕は確か」というB病院にした。
というか、あとで分かったんだけど、サジィが書いてくれたメモの病院だったんだよね。
サジィが「あそこならいいんじゃない?」というんだから、いいのかなぁ・・・。
でも、自分で確かめてみないと不安ではあった。
これでBも悪かったら、最悪。1時間半かけて大学病院に行くしかない。

紹介状の説明をされた時、さらにもう一枚の紙の説明を受けた。
渡された時は封をされてたから、画像に取れなかったんだけど、
それは出産報告書のようなもので、
これから先、出産に立ち会った医者に書いてもらうもの。
人工授精か体外か、妊婦はOHSSや黄疸などの症状がでてるか、帝王切開か自然分娩か
生まれてきた子どもの状態など、書く項目が結構あって
「サジィ何でこんなの知りたいんだろ?」と疑問顔をしたら、看護師さんがね
「産婦人科学会で義務つけられていて、追跡調査をして統計を取ってるんです」とな。

不妊治療はもはや珍しい事じゃなくて、これからもどんどん需要がでてくるのでは
ないかと思える出来事でした。

因みに「転院先にはいつ行けばいいんでしょうか?」と聞くと
「薬を1週間分出しますから、その間に行ってください。」とのこと。

今日で8週と3日。
すでに悪阻が出始めてきて、典型的な乗り物酔いの様な気持ち悪さと
ムカムカ感がでてきた。
血行が悪くなるのか、パソコンを使ってないないのに、目の疲れからくる
肩こりと頭痛も出始めてきた。

普段なら、市販のナロンエースと言う頭痛薬を飲んで睡眠をとれば、半日で
治るのだが、さすがにお腹の赤ちゃんの事が気になり、飲めない。
食べるものも、年末年始だというのに、うどんとかおかゆとか、おもちとか。。。
限られたものしか食べられなかった。
好きだったコーヒーの香り、肉の焼く美味しそうな香り、お米のたけるニオイ
情報で知ってたけど、ほんとに「これのことか!」と思うくらい突然にやってきた。
もう、こうなると年末年始は寝てるしかなくて、ベットで寝てばかりいたら今度は、
夜の寝つきが悪くなり辛かったので、昼間は朝日の沢山はいるリビングで横になるとか
テレビを見たりゴロゴロして、体に「今は昼間なんだ」と教えるように色々と
対策が必要になってきた。

仕事が始まるのが7日なのだが、うまく体調調整できるかな。
少なくとも転院先の病院に行くまでに体調をととのえておかなきゃね。
では、このブログは次回から妊婦編に変わりますが、よかったら参考に
また読みに来てくださいね。

それでは!

翌週に再度卵胞チェックに行った。
前回「あまりいい先生じゃないなぁ・・相性わるいな」って薄々気が付いてたんだけど、
結局、ほかの方法が見つからなくて同じ先生に不妊外来で予約をいれたんだ。

まだこの時は、医者とはいえ・・・あるいは必要な事なのは頭で分かっていても、
伴侶以外の他人に足を開くことに、誰であっても、抵抗感があった。
「いい年して」と思われそうだが、やっぱり最初の内は婦人科の・・あの診療台に
慣れてなかったんだ。今は信頼できる先生なら何の抵抗もないんだけどね。

だから、この時も同じ先生に診てもらった方がいいような気がして、
再度予約をいれて診てもらった。

これは、私個人の感じ方なんだけど、どの科でも患者にとって医者との信頼関係が
いかにその後の治療に重要であるか。
不妊治療だって、信頼関係があるから安心して足を開けるんだよね。

「今回は、どのくらい卵胞が大きくなっているだろう・・・。」
病院に向かう時は、ちょっと楽しみというか期待もあったように・・・思う。
下着を脱ぐことも、診察台で受診することも最初の時よりは随分緊張が
なくなってた。

しかし、N医師は「ふんふん。なるほど。」の一言で、超音波の器具を早々に抜かれ、
「はい、もういいですよ。」と言われて終了してしまった。
やけに時間が短かった。

着替えを済ませ、問診室に戻り、言われたショッキングな言葉。。。

「うーん、排卵してませんね。」

「(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?あの先週8mmだった卵胞は???」

「消えちゃってたよ。小さくなって測れない」

「ひっぃいいいいいいいいいいΣ(゚д゚;)Σ(゚д゚;)Σ(`□´/)/」



まるで奈落の底に突き落とされたような・・・そんな気分だった。


でも、N医師は最初の診療の時点で、おおよその検討がついていたみたい。
事前にプリントアウトしてた不妊治療専門クリニックの資料を渡してくれた。
まさかそこが今回すんごいお世話になるクリニックになるとは思いもしなかった。

「とりあえず、ここに行って相談してください。この病院では不妊治療はしてないから。」


何だか突き放されたような、「はい、あなたはこれで御終い」ぐらいの勢いで
切り上げようとして、その態度が・・・なんかカンに触ったんだ。
こっちは、ものすごくショックを受けてる・・・。
多分、不妊治療の知識がない先生だったんだ。
でも、患者が納得してないのに、「あなたがどういう感情を抱こうと、私にできる事は
ここまでなので、あとは関係ない」という態度はどうもおかしい。

だから、今思うとこのN医師に聞くべきじゃなかったんだけど・・・食い下がったんだ。
「生理は規則正しくきています。。なのに、どうして排卵してないんでしょうか・・?」

さぁ、みなさん。
N医師は、なんて答えたと思います?








N医師:「ま、年だからね」
ぶぅぶぅ:「ムカッ(`-´メ)
(ここまでは、我慢できた。おぅ、そうだぜ!来年2月で40になるよっ。)

N医師:「て、いうか・・・オタクの場合、それ以前の問題だしね」
(旦那さんが性交での射精ができない事を言ってる)
ぶぅぶぅ:Σ( ̄ロ ̄|||)はぁぁ?

N医師:「まぁ、ここに来てもハッキリいって時間の無駄。」
ぶぅぶぅ:「・・・・(コイツ、私とこれ以上かかわろうとしてないな。)」

私、その時、怒りで言葉がまとまらなかった。
何て言うんだろう、ひねくれた捉え方かもしれないけど、暗に

「ここはあんたの来るところじゃないんだよ」


って言われてるような気がしたんだよね。
2度とコイツに股診られたくないと思った。
そして一歩寸前で、こう言いたかった。


「・・・あんた、それでも医者かよ?」

医者はさ、治すのが仕事だろ?
「排卵してない」って言われて事実とはいえ、ショック受けてんだよ。
それなのにフォローせずに、その傷に和がらしたっぷり塗り込んで、どうすんのよ?

この後お世話になる不妊治療クリニックの検査で、排卵してない原因や
射精への解決策、卵巣や卵胞などの女性の体の仕組み、妊娠のプロセス、
その上で今のぶぅぶぅに必要な治療、いろんな事を学んだんだけどサ、
たった数ヶ月で知識と気持ちのモチベーションが全然ちがって来た今だからこそ、
余計にあの時の医者の態度が理解できない。
「長い年月、何人もの女性の体を診てきて、その結果があの言葉か?」・・・と思うの。

サジィの私(患者)に対する言葉がけがね・・・全然違うのよ。
多分ね・・・サジイみたいな先生がN医師の立場だったらね、きっとこう言ってくれるの。

「この病院にはあなたの排卵障害の原因を調べる検査や設備がない。
高齢も原因にあるかと思うが、それ以外にもあるかもしれないし
何ともハッキリした事が僕からは言えない(分からない)。
だから、なるべく早く、このクリニックに行って治療を受けた方がいい。
そして、妊娠できるように頑張って、また会いましょう。またおいで。」

どうよ?
全然違うでしょう!?!?!?


・・・・・
あたしはね、あんたに「それ以前の問題」なんて言われたいが為に
病気の事も、恥ずかしぃ心の部分も言ったわけじゃねーんだよ。
「それじゃ出来ない(妊娠)」ことが分かってるからこそ、何かいい解決方法を、
情報がないかを知りたくて、アンタを医者だと思うからこそ言ったんだろう?
年取ってるなんて自分がよーくよ~く一番しってるんだよ。
だからこそ焦ってるんだよ!!!!
その必死な思いや、藁をも縋る思いで来て、来て聞いている背景を
今までのやり取りでアンタわかってるだろう????

それが分かってて、あの野郎(もう医者としての尊敬も扱いもないww)
あれだけの言葉を吐きやがった!!

少なくとも、「妊娠したい」と思って来ている女に
対して言う言葉かぁあああああ!

と・・・暴れる一歩手前だったかな・・・。
いや、そんな元気もないくらい、精神的にガタガタだったかも。。。

どうやって、家に帰ったか覚えてないもんな。

でも、「とにかく早く、紹介したクリニックに行った方がいい」とオボロゲながら
言われたのが最後だったように思う。。。

何とも表現し難い、ただ、ただすんごい惨めな気分。
なんで悪い事してるわけじゃないのに、こんな無様な思いをしなきゃいけないんだ????

その病院を出て振り返った時ね、まるで、まるで・・・。病院の建物がね・・・。
「妊娠してなきゃ診てやんだよーだ!」って馬鹿にした顔でせせら笑ってる感じがしたの。。

この病院ね、地元では定評のある病院。
食事もね、高級レストランのような食事で4種類のメニューから選べたり
土曜日にはディナーでステーキが出ちゃったりしちゃうんですってさ!
ネットでも悪い事、書いてるあるの、まず見ない。
けけっ。私、第1号でばらしちゃうよ・・・?

場所も職場の通勤途中にあるし、新築で移転したばかりの病院は本当に綺麗だった。
腕もさぞかし、いんだろうよ。
だけどさ。。。。一番根底にある大事なものが欠けてるんじゃないの?????

この先生の貰ったHPの紙で、サジイに会えたからサ、そこだけは感謝するよ。
だけど、この時誓ったんだ。

妊娠しても、この病院だけは
絶対世話になんねぇ!!!

このページのトップヘ