社会人3年目で新築まとめぶろぐ

新サイト「ぶちくまどっとこむ」に移転しました。ご愛顧いただきありがとうございました。

カテゴリ: 日記

どうも、ぶちくまです。

だいぶ散文的にブログ運営を行っていたがために、
いまいちまとまりに欠けた「社会人3年目で新築まとめぶろぐ」であります。
今回、真剣にブログ移転について考えましたので、まずはその概要をチェーケラッ!(CDTV風に。あれ、ランク王国だったかな)


そもそもどうしてLIVEDOORブログ?

livedoorといえば、ぶちくまとしてはいまだに頭からホリエモンが離れない。
もちろん、livedoorを選択したのとは全く関係ない。
livedoorブログさんには別段、こだわりもなければ不満もない、まぁ普通だなぁという感想で、
もともとfc2ブログを開設したのだが、amazonアソシエイトに応募して見事に落選。
今後恒久的にそのブログでは申請できない旨通達があったため、
泣く泣くlivedoorブログに移ってきた、そんな経緯でござんした。
ちなみに、amazonアソシエイトの落選は、シンプルに5日ほどしか運営せずに応募してしまったためだった。
ほいで、開設半年ほどしたので、またアフィリエイトについて考え始めたのが、つい最近のこと。
ふんわりと、アフィリエイト広告が張れるようになったことは、皆さんお気づきでしたか?
超大手A8.netさんは、ほとんど審査を要さず開始できました。
そうしたら、だんだん真剣にアフィリエイトによるブログ運営について考えるように。
別に、このようなブログで収益があがるわけではないのですが、
なんとなく、この毎日文章を書くという習慣が性に合ってるなぁと感じ、
本格的に趣味にしたい、と思い始めている次第です。



よりシンプルな「ブログ」という形を追求すると

まぁ、文章が書ければそれでいいのです。
で、あれば。もちろんlivedoorでもできるし、というかどこでもできる。
しかし、よそのブログを見てみると、もっとシンプルで、簡素で、かっこいいブログがたくさんあります。
それでいて、コンテンツの見せ方に長けている。
そして、なんだか似ている。メイン記事に、見出しを付けて、続きを読む。サイドカラムから人気記事へ誘導、みたいな。
こりゃ、ある程度に通ったテーマを使って、みんなブログ運営してるんだなぁと気づいたね。
「新潟のローコスト住宅を探してみよう」という、
ぶちくまブログのトップページ的なものがあるのですが、
このページはただ会社名が羅列しているだけになっており、あまりにもお粗末。
その際、表にして見やすくしたいなぁと思っていたのだけど、
それもlivedoorブログだとうまくできない。
htmlを組めばできそうなのだけど、ちょいと面倒。→いまさら気づいたけど、普通にコピペするとlivedoorブログでも表はできそうだね。
そいで、ある程度洗練されたテーマを使えば、
ぶちくまにもかっこいいブログ、いやブログと言わずとも、ぶちくま専用のサイトが造れるんじゃないかと、
まぁそう考えたわけなのですよ。


やっぱり行きつく先はwordpress

皆さんも、ブログ開設する際に、どこの運営会社がいいか調べたことと思います。
そして、wordpressをお勧めされたはず。
しかし、純粋にブログを楽しむうえで、wordpressはハードルが高い。
それは、まずやるべきことがたくさんあるから。
そして、お金がかかるから。
もちろん、wordpressにも無料でできるものがありますが、
それなら最初からいろいろプリセットされている大手無料ブログのほうが使いやすい。
wordpressの魅力は、
自分好みにカスタマイズできる。
というところにあると思います。
これからブログを趣味にするというのであれば、やっぱり好きにレイアウトを考えたり、
あるいは微々たるものでも収益につなげられる形にしていきたいものです。
livedoorとてボランティアではないので、ぶちくまのブログに広告を張り付けることで収益を上げています。
それが自分の意図しない広告であったり、クリックしやすい位置に張るために
閲覧者としても見づらくなるというデメリットがあります。
これはブログとしては致命的です。
広告も効果的なものであればいいのですが、あまりにも無関係であれば景観に影響しますし、利便性も低下します。
ただでさえ人が来ないブログなのに、不快感を与えるようでは数少ない読者を満足させることができませんからね。


とはいえ、wordpress移行は勇気がいる

とりあえず、現在のところは開設するところまでは行きつきましたが、
ちょいと面倒だった開設作業。
いずれ、細かい部分に関しては向こうのブログで解説しますが、
今回はめんどくささについて共有できることを目標とします。
まず、wordpress自体はブログ用のソフトウェアみたいなもので、
自分の好きなサーバーにインストールすることで利用できます。
おいおい、サーバーなんて持ってねぇよって方が当然いらっしゃるかと思いますが、
まさにぶちくまもサーバー何ぞ持っておりませんゆえ、当然ながら、どこかしらからサーバーを調達してこねばなりません。
漁船をチャーターし仕掛けで釣り上げられればいいのですが、
サーバーはそうはいきませんので、誰かのサーバーを借りる必要があります。
サーバーは、安いところでは月々数百円から、年間何万円も取られるところまで、ピンキリです。
つまり、wordpressを導入するということは、実質優良だといっても過言ではない。
また、自分のサイトを持つということで、好きなアドレスにすることができます。
これがいわゆるドメイン取得というもので、ぶちくまはシンプルに自分の名前を付けて、一番キャッチーな.comを購入。
この使用料も年間1000円程度取られます。
つまり、利用料が年間1万円程度かかるということに。
ちょっと勇気がいる額です。
ぶちくまは、これを覚悟の値段ととらえました。
どんな趣味でも、やり始めればお金がかかります。
「おいら、東京に出て音楽で飯くったるねん」みたいな固い決意で裸一貫でネット世界に上京してきたのです。


どこのサーバーがいいか考える

検索すれば大体エックスサーバーが進められます。次点でロリポップ。
ぶちくまはエックスサーバーにしました。
ロリポップのほうが安いのですが、サーバーが少し弱いらしいという口コミが多い。
一方で、エックスサーバーは平均的な料金設定でありながら、ブログ運営するうえで必要なものがほぼ揃っているし
サーバーとしても安定している。
ということであまり悩まずにエックスサーバーに決定。


どこのドメイン会社がいいか考える

7月中であればエックスサーバー一択。
なぜなら、人気どころのドメインが永年無料で使えるキャンペーンやってるから。
わたくしは何もキャンペーン適用されず、開設したとたんにこの仕打ち。
リンク張っとくので、存分に利用してやってください。
ぶちくまはお名前ドットコムなるところから年間利用料支払いながらドメイン維持していきます。


サーバーとドメインがそろったら

もう、これで土地を買って住所申請もしたので、あとはそこに家を建てるだけです。
エックスサーバーなら、自動インストールがあるので、そいつをぽちっとするだけ。
まぁ、正直ここからが結構面倒。
ドメイン移管して自分の住所をエックスサーバーに登録したり、
その住所にちゃんとwordpressが立ち上がっているか確認したり。
詳細は別記事とします。


これでブログは完成

ブログ、完成しました。ただ、wordpressが立ち上がってもまだやるべきことはたくさんあります。
これもwordpressのデメリットの一つ。
自分好みにカスタマイズできるということは、逆に自分でしなければただの白いページになってしまうのです。
wordpressカスタマイズ編はまた後日ということで。



エックスサーバーのリンクはこちら


お名前ドットコムはこちら



緩めの雑談でもひとつ。

こんな脈絡だとか道理だとかとは
とんと無縁にただ漠然と更新している
ぶちくまブログでありますが
なんと本日、訪問者様が200名を超えました。
ぶらぼーですね。
現在のところアフェリエイトもアソシエイトもアドバータイズも何もしとらんので
自分も含めて経済的には一円たりとも動かしていない経済効果0円のこのブログですが
すでに200名の方が何かしらの方法でこのブログを訪れ、ぶちくまという未知なる生物との邂逅を果たし、そして去っていったのですね。
なんだか感慨深いですね。

考えてみればインターネットという有象無象が蔓延る奇怪な世に門戸を開いたのですから、
200という数字はもしや少ないのかも知れません。
いやしかし!
現実世界で200人の前で演説の一つでもぶってみなさいと言われたら
ぶちくまなんかは恥ずかしさのあまりに
耳から血を噴き出して死にます。
またひとつ、恥辱と言う名のぶちが体に刻まれてしまう。。。
それをブログという言葉を介し200名様に何かしらの刺激を与えられたのであれば
それなりにこのブログにも意味が生まれたのやも知れませんね。

そしてとりあえず何にも関係ない
ローコスト住宅ブログランキングのリンクを貼っておくので
気が向いたらその肉球でぽてりとクリックお願いします。



ローコスト住宅 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

記事投稿テストを兼ねて。文章を考えるのは随分と久しぶりのようです。
ブログタイトルはキャッチーに語呂よく社会人3年目としましたが、実際には新築をしてから振り返りをするというスタンスですのでタイムラグが生じています。ご了承をば。 また、躓いた分だけ年齢も重ねてます。残念なことに収入だけは新人同様ですので、若い世帯の参考になればいいなと思います。
慣れるまでは特にまとまりなく思いついたことを気楽に書いていき、後ほど読みやすいように編集できればなと考えています。 いますが、実際にはどうなることやら






このページのトップヘ