DUXjZhvX0AAFITz
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/25(木) 13:12:31.40 ID:CAP_USER
    2018/1/25 12:55
    シリーズ最新作『アイカツフレンズ!』4月よりテレビ東京系列でアニメ放送開始!今作は2人のアイドルがユニットを組んで、トップアイドルを目指す


    このたび株式会社バンダイは、オリジナルIP「アイカツ!」シリーズ最新作『アイカツフレンズ!』の商品展開と、テレビ東京系列でアニメーションの放送開始を、2018年4月よりスタートすると明らかにしました。

    「アイカツ!」とは、「アイドル活動」の略称で、2012年10月にスタートし、データカードダス、テレビアニメ、玩具などのクロスメディア展開を実施中。

    3作目となる『アイカツフレンズ!』は、「友達と一緒にアイカツ!」をコンセプトに、シリーズ初となる2人のアイドルがユニットを組んで、トップアイドルを目指すストーリーです。

    4月からはデータカードダスの展開を筆頭に、カードを収納するバインダーや、アイドル達が愛用するアイテムなど、関連商品も続々発売予定となっています。



    TVアニメ『アイカツフレンズ!』とは?
    『アイカツフレンズ!』は、アイドル活動“アイカツ!”にはげむアイドルたちの努力と友情の成長物語。
    スターハーモニー学園の普通科に通う「友希(ゆうき)あいね」は、友達を作るのが大得意な女の子。学園のトップアイドル「湊(みなと)みお」と友達になって、一緒に“アイカツ!”のステージに出ることに!?


    待っていたのは「蝶乃舞花(ちょうのまいか)」や「日向(ひなた)エマ」など、個性豊かなアイドルたちとの出会いや芸能界のお仕事、学園生活と大忙しの毎日!


    2人組の『フレンズ』を組んで、目指すのはトップアイドル、キラキラ輝く『ダイヤモンドフレンズ』!

    「神城(かみしろ)カレン」「明日香(あすか)ミライ」の2人がまとうドレスの輝きは、まさにダイヤモンド級! 集めた数だけドラマがあるっ!


    『アイカツ!カード』でドレスアップ! ファンも友達、カードも友達! 友達いっぱい、夢いっぱい! 『アイカツフレンズ!』はじまります!

    関連情報

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    (C)BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

    https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1516847794

    続きを読む

    04

    1: 田中 ★ 2018/01/25(木) 05:59:09.48 ID:CAP_USER
    アニメ「けものフレンズ」を題材にしたスマートフォン用アプリ「けものフレンズぱびりおん」の配信日が、1月26日に決定しました。24日のニコニコ生放送「第17回けものフレンズアワー」内で発表されたもの。

    当初は2017年内にリリース予定とされていましたが、2018年1月下旬に配信延期となっていました。

     「けものフレンズぱびりおん」は、ジャパリパークの各エリアに「あそびどうぐ」や「ジャパリまんじゅう」を設置し、集まってきたフレンズを観察するゲーム。
    ニコニコ生放送では、アライグマ役の小野早稀さんらが実機によるプレイ映像をまじえつつ、配信間近のゲーム内容について紹介していました。

    配信時間は26日の「昼ごろ」とのこと。基本プレイ無料で、一部アイテム課金あり。

    画像はニコニコ生放送より

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/24/news151.html

    続きを読む


    あんスタ次イベント『輝石☆前哨戦のサマーライブ』発表!
    発表後のみんなの反応は・・・?



    続きを読む

    kaizi

     

    福本伸行の大人気マンガ「賭博黙示録カイジ」の「絶望の城編」から、鉄骨渡りのストーリー部分をPlayStation VR向けにゲーム化した作品となります。

    プレイヤーは主人公のカイジとなり、佐原や石田といった作中の個性豊かなキャラクターたちと共に鉄骨渡りにチャレンジすることができます。更にゲーム内では、VRならではの臨場感から、高所での鉄骨渡りの恐怖感はもちろん、原作での名シーンの数々が展開され、実際に作品の世界に入り込んだかのような体験をすることができます。 続きを読む

    123

    フェイスブック人工知能研究所の報告書によると、人間との会話をシミュレーションする開発中のAIチャットボット、”会話エージェント”に機械学習を用いて交渉のやり方を教えていたところ、最初は非常に順調に進んでいたのだが、ある時点でそれらの調整をせざるを得なかったという。

    なぜなら途中からチャットボットが、人間には理解できない独自の言語を作り出し、その言葉を使って交渉をし始めたからだ。

    続きを読む

    このページのトップヘ